自分のブログでは名前をしっかりアピールする

こんにちは、りうるです。

 

アフィリエイトブログを始めるからには、自分のプロフィールはしっかり
設定する、ということを以下の記事でお話ししました。
→ブログではプロフィール記事をしっかり書く

 

今回は、プロフィールと同様に「自分の名前を伝えることの重要性」の
話をしていきたいと思います。

 

 

いくら信念や目的、価値観をはっきり語っても、そもそも名前を読者さんに
覚えてもらえなければ、稼ぐことはできません。

 

アフィリエイトで稼ぐ上での、「自分の名前」に対する意識を正しく持てば、
やがて読者のあなたに対する印象をよくすることも可能になります。

 

 

・付ける名前は、本名でもハンドルネームでも構わない

・「この人誰?」となれば、読者の中であなたの印象は薄くなる
・「名前を覚えてもらう」ことで、読者にあなたを印象づける

付ける名前は、本名でもハンドルネームでも構わない

第一に、ブログで付けるあなたの名前は本名であろうが、
ハンドルネームであろうがどちらでも大した問題はありません。

 

やはり、アフィリエイトというネット上でのビジネスを行うのですから、
「本名のほうがいいんじゃないの?」と不安に思いますよね?
現に私も、本名のほうが印象を残せるのでは? と思ったこともあります。

 

 

しかし、やはりネット上で自分の本名を公開するには、
例えやましいことなどなくても、結構な勇気のいることです。

 

知り合いやかつての同級生、自分を知っている人にブログを読まれることに
抵抗を感じる人も大勢いますし、私も実際身近な人に目の前で自分のブログを
読まれるかと思うと、居心地が悪くなるのでできるだけ避けたいです。

 

 

特に、女性の一人暮らしであったりすると「身バレ」することに
抵抗を抱く気持ちもよくわかりますし、なるべくなら「密やかに、
身元を明かさず続けたい…」と思って当然ですよね。

 

 

 

猫の後ろぬいぐるみ

 

 

 

本名を一度晒してしまうと、「私の知ってる、あの人も見てるかも…」なんて
思うと落ち着かなくもなりますし、余計なリスクは回避したいですよね。

 

確かに、ネット上で本名を名乗ったり顔を晒す人というとインパクトがあるので、
その点は非常に強みがあるかと思います。

 

 

しかし、安心してください。
「本名でないから」「顔を晒していないから」不利だ、ということはありません。

 

少し、考えてもみてください。
例えば、有名な作家や著名人、芸能人ならば当然顔や名前を出すことで
元から持っている「知名度」を有利に使えるので、利用しない手はありません。

 

 

しかし、一般人が顔や名前を出したところで、知らない読者から見れば
「誰?」と思われておしまいなのがオチです。

 

それに、ネットビジネスだといっても何も、顔や名前で稼ぐわけではないので
あなたがブログで、「想いのこもった、人の心を揺さぶる文章」を
書くことができれば、顔や名前に関係なく商品は売れます。

 

 

読者は、あなたが「有名だから」「可愛い、かっこいいから」商品を買う
わけではありませんよね?
「あなたの文章が、心に響いた」から、「この人の商品を買いたい!」と思って
成約に結びつくわけです。

 

つまり、文章構成さえ間違えなければ実績も、顔も名前も全く「関係ない」、
という結論になります。

 

以下の記事も参考にどうぞ。
→アフィリエイトは実績がない初心者でも稼げる
→成功する人としない人。成功者を真似るとかえって失敗する?

「この人誰?」となれば、読者の中であなたの印象は薄くなる

しかし、確かに「顔も名前も関係ない」のは事実ですが、ここで一つ
注意しておきたいことがあります。
それが何だか、あなたはお分かりでしょうか?

 

 

「ブログを始める際は、自分の名前を適度にアピールしておく」ということです。
何も、しつこく「私の名前は○○です、覚えてください!」などと
押しつけがましいアピールをするわけではありません。

 

そんな風に言われると、読者は「何この人、関わりたくない…」とマイナスの
印象を持ってしまいますし、しつこくされると人は嫌気が差します。
ですから、しつこくするのでなくあくまで「さり気なく」、
自分の名前を覚えてもらえるようアピールしていく必要があります。

 

 

例えば、私は時々記事の冒頭で「こんにちは、りうるです」と言っています。
これは、自分の書き出しの一つだから、という理由もありますが
大きな理由として、「名前を読者に覚えてもらうため」というものがあります。

 

読者は、検索からやってくるのであなたの記事を「全て」見ているわけでは
ありませんよね。なので、究極一記事ごとにアピールしても問題ありません。

 

 

ここであなたの中には、一つの疑問がわくことかと思います。
「プロフィール記事を別に作ってるんだから、何もわざわざ名前アピールを
しなくてもいいんじゃないの?」ということですね。

 

確かに、プロフィールは書き手のことを最大限に述べる大きなチャンスです。
しかし、同時に「プロフィールを読まない読者」も一定数、います。

 

 

 

白い花

 

 

 

現に、私も他の方のブログを読んでも、プロフィールを読まずに帰ることも
ままありますし、よほど気にならない限りは滅多に読みません。

 

だからこそ、「普段から名前を積極的に、しかしさり気なくアピールする」
必要があるんですね。

 

 

ここで、新たな疑問がわくことと思います。
「そもそも、名前をアピールすることにどんな意味があるの?」ですね。

 

読者は、書き手の名前を知っていればそれだけ書き手に対して
「親近感」を覚えます。

 

無意識にでも、「名前を知っている人」と「知らない人」とでは、
前者のほうが親近感がわき、よりお近づきになりたいという意識。
あなたも持っているのではないでしょうか?

 

 

そして、「名前」を知っているだけでその人に対するあなたの中の印象は、
無意識にも「知らない人」よりも強くなります。

 

読者が「商品を買おう!」と思う時は、必ずあなたのことを「意識している時」
です。
よく知らない人や嫌いな人から商品を買おう、とは思いませんし、
知らない人に励ましのお便りなど、そもそも送ろうとは思いませんよね?

 

つまり、最初に名前を覚えてもらうことで、「あなた」という印象を、
読者にさり気なく植えつけるんですね。

「名前を覚えてもらう」ことで、読者にあなたを印象づける

読者があなたに親近感を持てば、よりあなたと読者との距離は近づきます。

 

名前も知らない人とはそもそも「距離を縮めたい」とは思いませんが、
名前を知って始めて、無意識にも「距離を詰められた感じがする」経験、
あるのではないでしょうか?

 

 

そして、名前は本名である必要はありませんが、
なるべく「覚えやすいもの」である必要があります。

 

例えば、「Cobalt revolution ** I loooove 8931(^○^**)」…などという
わけのわからない名前を付けられても、覚えるほう、呼ぶほうは困るだけです。

 

長ったらしくて見るのも面倒ですし、そもそもあなたに「お便りを送りたい」
と思ってくださったとしても、名前が長くよくわからないので、
呼ぶ時に困りますよね。

 

 

「この人、文章は素敵なのに名前が意味がわからない…」となれば、
それだけで不信感のもとになるし何より、長ったらしく覚えられない名前は
読者に対して極めて不親切ですよね。

 

呼び方に困る、という一点のみでせっかく送ろうと思っていたメールも、
「やっぱりやめよう…」となる可能性も、残念ながらとても高いです。

 

 

 

ポスト

 

 

 

コピーして貼り付ける…という手もなくはないですが、それでも
送りたいお便りの内容が真面目なもの、一生懸命に仕上げたものであれば
あるほど、あなたの「名前」がその文章を白けさせる要因になります。

 

そもそも、第一にそんなやさしくない名前の人に果たして、どれだけの読者が
お便りを送ろうと思ってくださるでしょうか?

 

印象づけるのは重要ですが、「妙な名前で読者を困惑させる」必要はありません。

 

 

文章と同じように、名前も「読みやすく、わかりやすい」ものを選ぶと
読者にも覚えてもらえやすくなります。

 

横文字ばかりで、つづりの難しい単語であればそもそも面倒なので、
覚えたいとも思いませんよね?

 

せっかく自由に決められるハンドルネームを、「カッコよく付けたい!」という
気持ちもすごくわかりますが、読者に対して細かな気遣いができる人こそ、
着実に成功する人です。

 

 

妙な名前で、悪目立ちするような印象を抱かせることは、そのまま
あなたに対しての読者の印象をマイナスにします。
同様に、読みにくい漢字、見慣れない漢字もやめたほうが無難です。

 

「名前くらい、好きに付けさせてよ!」と思うのは、ごもっともです。
何も、「自由に付けるな」と否定しているわけではありません。

 

 

しかし、これから長くネットビジネスを続け、読者と良好な関係を築いていきたい
と思うのなら、彼らにとって「接しやすい人物」であることも、
あなたがこれから築くべき魅力の一つです。

 

 

よくわからない名前をつけて敬遠されたり、やがて離れていかれるよりも
最初から「親しみやすい人物」として接するほうが、読者のあなたに対する印象は
確実によくなるはずです。

 

アフィリエイトについて、以下の記事も一度目を通しておくと参考になりますよ。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。