アフィリエイトの文章を書くコツ。○○してほしいは失敗の元?

今回は、少し見方を変えてアフィリエイトで「失敗する文章の書き方、
セールスのかけ方」についての話。

 

 

実際に、アフィリエイトで稼げない人の大半が「間違ったやり方」にいつまでも
気づかず、「なんで稼げないんだろう…」と頭を掻きむしっています。
私たちの目指す最終目的地は「働かずに自由に暮らせる未来」。

 

 

この未来を確実に、必ず手に入れるためにも「失敗する取り組み方」を理解し、
私たちは今後同じ道を踏まないよう作業を進めていきましょう。

 

 

・失敗するのは、相手に「求めすぎる」から?

・読者は「得をする話」に興味を持つ?
・相手を行動させるために今すぐできること

失敗するのは、相手に「求めすぎる」から?

最近、ふらりと気分転換も兼ねてネット上にあふれるブログを見て回りました。

 

特に、何か目的があったわけではないのですが強いて言えば「問題解決」の
ため、でしょうか。
私たちは、日々色んなことに悩み、自分では解決できないことの答えを求めて
ネット上の検索にかけ、ブログへとたどり着きますね。

 

 

そこに、まさに求める答えが書かれていればそのブログの書き手に共感し、
「この人を信じてみたい」と思っていただけるきっかけにもなるわけです。
→ブログの記事は自然体の自分で書く

 

ですが、ここで一つネット上のアフィリエイトブログを回っていて「これは
どうだろう…」と思うような売り込み方をしているものがあったので、
今回はそれらを例に話を進めていきたいと思います。

 

 

まず、このブログでも何度かお伝えしていますが、ブログとは相手の
「知りたい!」を満たすツールであって、私たち書き手の「知ってほしい」という
欲を満たすツールではありません。
書きたいことをただがむしゃらにつづっても、そこに「読者の興味を惹く要素」
が何一つなければ、せっかく書いたあなたの文章も見てはもらえません。

 

 

 

ノート

 

 

 

読者は、基本的に自分にとっての「メリット」を求めて、ブログへと
やってきます。
「知りたい」ことの答えを求めて、やってくる。
「新しい、自分の知らない情報」を求めて、検索にかける。
いずれにしても、「欲求を満たすため」行っていることですよね。

 

 

つまり、読者は「自分がメリットを得られない」と判断したブログや文章からは
「役に立たない、つまらない」とすぐに立ち去ってしまいます。
だからこそ、「書き手自身のこと」や日記のような文章を書いても見ては
もらえないし、読者の感情を揺さぶることもない。
→アフィリエイトは実績がない初心者でも稼げる

 

アフィリエイトブログで失敗する人にいずれも共通している書き方があります。
それは、「文章を書く時に、自分本位になっている」ことでした。

 

 

早い話が、「自分の書きたいこと」を優先的に書き、決して「読者が、読んで
どう思うか」「どう感じるか?」「何を求めているか?」ということにまず、
考えが至っていない。

 

文章のみならず、セールスのかけ方にしても同じで、「買ってほしい!」という
欲ばかり乗せた文章で、必死になってアフィリエイト広告を貼りまくる。
そう、つまり失敗する最大の要因は読者に「行動を求めすぎる」ことに
ありました。

 

 

一体、どういうことか。あなたはお分かりでしょうか?

読者は「得をする話」に興味を持つ?

少し、考えてもみてください。
例え書き手である私たちが、商品を「買ってほしい!」と切に思っていた
としても。当然、感情のまま「お願いです、買ってください」などと言われても
読者の心は動きませんし、買うはずもありません。

 

なぜなら、「それを買うことに(その商品がよほど欲しいものでもない限りは)
読者にとっての、利益がないから」ですね。
自分のメリットになる情報を探し、自分が得することを考えてブログに
やってきているのに、そこで書き手本位に「どうか、買ってください!」なんて
押し付けがましく言われても、買う気になるはずもありません。

 

 

アフィリリンクを大量に貼り付けることも同じで、例え言葉として
「買ってください!」とは言っていなくとも、「大量にリンクを貼る」
その行為が既に、読者の目から見れば必死に映ってしまいます。

 

「この人、こんなに大量にリンク貼って、よっぽど買ってほしいんだな…」
なんて、冷めた目で見られたいと果たしてあなたは思うでしょうか?
そんなカッコ悪い、必死さありありの様子にむしろ、嫌だなと思うのでは
ないでしょうか。

 

 

つまり、読者はあなたの文章や商品に「自分にとってのメリットが、まずない」
とわかるとそれ以上読み進めないし、買うこともない。

 

いくら「買ってほしい」と切実に頼んでも、書き手の「してほしい」という
感情と、読み手の「したい」という感情は結びついていません。
一言で言えば、「あなたは『してほしい』と思っているかもしれないけど、
それは私には関係ない」という状態ですね。

 

 

あなただって、現に見知らぬ人から急に「これ、買ってください。お願いします」
だなんて言われても、「いや、知らないよ」としか思いませんよね。

 

アフィリエイトを失敗するブログに共通していたのは、この「読者のメリット」
と「書き手のメリット」がすれ違い、一致していないことでした。
そして、そのすれ違いを生んでしまう一番の原因が、「どうか、買って」と
無意識にも押し売りのようになってしまうことにありました。

相手を行動させるために今すぐできること

アフィリエイトブログで失敗する人に共通していること。
それは、下記のようなことでした。

 

・文章を自分本位で書き、「読者の利益」まで頭が回らない。
・買ってほしい、と押し売りまがいのセールスを仕掛け、客を逃がしている。

 

1つ目については、上記でどういうことかご説明しましたね。
「相手の立場に立って」「相手の利益になることを書く」意識を持ち、まずは
読み手に興味を持ってもらえないと、アフィリエイトブログでは決して
稼げない、という話でした。
以下の記事も、参考にどうぞ。
→アフィリエイトで成功するには信頼関係が大切な理由

 

 

そして、2つ目についても詳しくお話ししていきましょう。

 

セールス、といえばあなたにはどのようなイメージがあるでしょうか?
「押し売り」「印象が悪い」「悪徳っぽい」…のような、決して良い印象を
持っていないかもしれませんね。

 

私も、現にインターホンの音に腰を上げ、カメラで玄関先に立つビジネスマンを
見つけると、「げっ、セールス」と正直思います。嫌ですよね、セールス。

 

 

しかし、この場で一つ真実だけをお伝えしておくと、セールスとは決して
「押し売りのスキル」ではありません。
むしろ、セールスとは「購入者に判断を任せ、背中をそっと押す」だけの
押し売りとは縁のないスキルです。

 

ではなぜ、一般的に「セールス」といえば私たちには悪印象が強いのか、
その理由をあなたはご存じでしょうか?
それはやはり、「正しいセールスのかけ方」を間違って使っている人が、
世の中にあまりに多いせいではないでしょうか。

 

 

例えば、先ほども言ったように「買ってください」と押し売りまがいに客に
頼むこと。これは決して、客に購入判断をさせておらず「自分の欲求を最優先」
にしていますよね。

 

買って、買って…と必死になって言われても、客はそんな相手に引くだけで、
決して「買いたい」とは思いません。
なぜなら、「買うことで手に入るメリット」を提示されていないし、こちらの
財布事情など考えもせず、ただ自分の都合で「押し売り」されている嫌な
印象しか与えないから、ですね。

 

 

 

ビジネスマンの握手

 

 

 

相手を、無理に「行動させようとする」ためのセールスとは失敗します。
本来のセールスは、決して「相手を無理やり行動させる」ようなものでは
ありません。

 

買ってほしいからと、感情のまま言葉通り「買って!」なんて言われても、
読者は引くだけ。
だったら、一体どうすればいいのか?
こういう時にこそ、「相手の立場に立って」という意識が生きてきます。

 

 

つまり、「自分なら、どうすれば買いたくなるか?」
「自分だったら、なんて声をかけてもらえれば、行動したくなるか?」
ということを考えて、冷静に行動する。

 

 

ここで、勘のいいあなたならもしかすると、一つ思い至ることがあるかも
しれませんね。
「自分だったら…」が引き金となって、思い至ること。それは、

 

「買ってくれ」と押しつけるのでなく、「買いたくなる」よう言葉をかける。
「読んでくれ」と言うよりも、「読みたくなる、興味を惹く」よう構成する。
「行動して」と言うよりもまず「行動したくなる」ように工夫する。

 

 

最終的に、商品を買うのはあなたではなくお客さんです。
つまり、購入判断をするのはいつもお客さん。実際に財布からお金を取り出すのは
いつも、お客さんですね。

 

だからこそ、そもそもお客さんに「買いたい!」と思ってもらえなければ、
商品など売れるはずもありません。
いくら「買って!」と言ったところで、お客さんの「買いたい欲求」を刺激
することはできませんよね。

 

 

買いたい欲求を刺激するために重要なのが、先ほども言った「メリットの提示」
つまり、お客さんが「得する理由」にありました。
・この商品を買えば、私は何を得られるのか?
・この商品を買うことで、自分はどうなれるのか。どんな未来が待っているか?

 

こういったことを先に「想像させる」ことで、お客さんの購買意欲は勝手に
高まります。
買ってほしい、と欲を見せるのはつい「自分本位で考え、客の立場になれない
から」でした。間違った使い方をする「セールス」まがいの人が多いからこそ、
その言葉そのものに悪印象を持つのも、うなずけることです。

 

 

私も、初めて始めた時にはブログで「押し売りまがいの、必死な売り方」を
してしまっていましたが、「相手の立場になること」を習慣として身につけた
お陰で、今は押し売りなどせずとも売れることを理解できました。

 

「売りたい、買ってほしい」という気持ちはよくわかります。
「働かずに自由に暮らせる未来」を手に入れるためには、読者さんに商品を
買ってもらうことが、必要不可欠ですよね。

 

 

しかし、だからといって欲に任せて押し売りしても、相手は引くだけで悪循環。
商品が売れることはない。
だったら、一旦切り替えて冷静になり、「どうすれば買いたくなるか?」を
考え、一つ一つ行動に移していくことでこそ、自由な未来は手に入ります。

 

 

世の大半のアフィリエイターが、今もまだ「セールス」の本来の意味に気づかず
間違ったセールスを仕掛けては、失敗しています。
今、ここで「正しいセールス」を知ったあなたは、既に彼らよりも数倍先を
行っています。働かずに自由に暮らせる未来へと近づいています。

 

だからこそ、学んだことを忘れずしっかり活かして、「読み手も、書き手も
幸せになれるビジネス」を着々と展開していきましょう。
熱意あるあなたですから、必ずできる力を秘めているはずです。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来


「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。