アフィリエイトで稼げない理由と、稼げるブログの特徴

アフィリエイトを始めたものの、やがて稼げないと見切りをつけて
やめていく人にはとある特徴があります。

 

過去に、既にお伝えしているものが下記です。

 

 

・読者のことを思いやって文章が書けず、自分本位になっているため一向に
心を揺さぶる文章が書けない人。
→アフィリエイトブログの書き方のコツとは?

 

・「楽して稼げる」ことにばかり囚われ、全く稼げない最初の期間を
乗り越えられない人。
→働きたくないなら働かないで生きると決めてしまう

 

・無料の情報にばかりこだわり、正しく価値ある知識を仕入れないので、結局
何が正しいのかわからずノウハウコレクターになる人。
→無料で稼ぐことにこだわると失敗する理由

 

・諦めず最後まで継続することで必ず稼げるのに、生半可な覚悟で始めたため
稼げない期間に耐えられず、やがて脱落してしまう人。
→アフィリエイトを失敗しないための心構え

 

 

これらに加え、今回お伝えするのはブログでの「傾向」の話です。
詳しくお伝えしていくので、更に成功する未来を一歩引き寄せるためにも、
一度最後まで目を通してみてくださいね。

 

 

・自分だけの、唯一無二のブログを作る意識を持つ

・考え方の違いが価値になる。うまく組み合わせる
・自己ブランディングの重要性

自分だけの、唯一無二のブログを作る意識を持つ

自分のブログで、書くことの「傾向」を間違えると、うまく稼げない。
つまり、これがどういうことだかあなたはお分かりでしょうか?

 

 

少し考えてみてほしいのですが、ブログとは記事を書くことで成り立っている
媒体ですね。

 

始めよう!と思ったなら、まず記事を書き溜めて中身を充実させないことには、
そこに価値は生まれませんので読者さんも増えませんし、稼げません。
ブログとは名ばかりの、一ページしかないようなペラサイトだったり、
動画や写真ばかりで明らかに水増し目的のページを量産されても、決して
読者さんの心は動かされませんね。

 

 

なぜなら、読者は「面白い文章、ためになる記事」を求めてあなたや私の
ブログにやって来るわけですから、そこで一つも身にならない、何が言いたいかも
よくわからないページを見せられても、離脱されてしまうからです。

 

自分のブログで書く「傾向」を間違える…とは、つまりアフィリエイトブログなら
「アフィリエイトのことだけ」を徹底して書く。
…という、「かたよった書き方」をしてしまうと一向に稼げないということです。

 

 

アフィリエイトのことを教えたいからと、「アフィリエイトのことだけ」を
延々と、まるで教科書のように面白みのない文章で教えられても、
読むほうは何一つ楽しく読めません。

 

更に、アフィリエイトの学び方など検索に掛ければ、既にたくさん公開されて
いますから、今あなたや私がどんなに丁寧に説明しても、やはり
二番煎じ、三番煎じでしかありません。

 

 

ここで、少し考えてみてください。
あなたが読み手の立場に立ったとして、果たして読みたいのはどんな
ブログでしょうか。どのような文章でしょうか?

 

 

・延々と事例ばかりを並べ立てて、専門用語や難しい知識だけで終わる記事。
・時にストーリーや読み手の価値観、考え方を交えて難しい専門用語を一切
使わない、心に直接語り掛けるような記事。

 

 

誰でも書けそうな、専門知識を並べ立てた教科書のような平凡で、メリハリの
ない記事よりも、ストーリー性を持って感情に直接語り掛ける記事のほうが、
あなたは読みたいと思うのではないでしょうか。

 

稼げるブログというのは、書き手の「個性」をうまく演出できています。
一体、どういうことでしょうか?

考え方の違いが価値になる。うまく組み合わせる

例えば、このブログは「働かずに自由に暮らせる未来」を手に入れるため、
アフィリエイトで生計を立てることを目的としたブログです。

 

時間、お金、人間関係、住む場所。これらの、「4つの究極の自由」を手に
入れるために私たちは今自身の「資産」となる、ブログづくりを行っていますね。

 

そして、最短で稼ぐ未来を手に入れるために必要な「マインドセット」の話や
時に私自身の価値観、考え方を交えて、引きこもりやニート、フリーター、
今稼げていなくてお金の悩みを持つ人たちをターゲットに、記事を書いています。

 

 

やり方一つ違えば、このブログの傾向も当然変えることができます。
アフィリエイトのこと「だけ」を話すつもりなら、そもそも「指南」の項目
だけでも構わない、ということにもなりますよね。

 

 

そして、引きこもりやニートと一口に言っても考え方や価値観は様々です。
例えばの話、同じ「引きこもりやニート」をターゲットとしたブログを
行う場合でも、やり方は決して一つではありません。

 

私の場合は、私自身が「働くこと」にそもそも疑問を感じており、
「この先一生働いて、社会の奴隷として生きていくのは絶対嫌だ!」と思って
いますから、その思いを優先した記事を書いています。
つまり、どういうことだかお分かりでしょうか?

 

 

 

牛たち

 

 

 

同じ状況や境遇にあっても、考え方や価値観が違えば「相容れる人、
そうでない人」当然、両方が出てきます。

 

例えば引きこもりやニートを対象としていても、それぞれが目指す道筋は様々。

 

・外に出ること、とりあえず社会の枠に入り人と話すことを目指すのか。
・在宅でも稼げること、家にいながら稼いで自立することを目指すのか。
・外に出て、人間関係を築き社会復帰することを目指すのか。

 

…など、ひとえに「引きこもり、ニート」が対象と言ってもブログ一つで
何通りもの組み合わせができます。

 

 

更に、ブログで発信する思いや価値観もこれらに加えることができます。
例えば、社会復帰を目指しながらコミュニケーションスキルを鍛えるのか。
在宅で、「継続するための精神力」を鍛えながら、何事にも動じない強い心を
作っていくのか…など。

 

 

一人一人の価値観、考え方が違うようにブログでの発信も様々になります。
「AとCとEが正義だ!これを発信していくんだ」と思えば、それらを組み合わせた
唯一無二のブログを作ればいい。
「BとDとFとHについて発信していこう」と思えば、それらを組み合わせて
自分だけの、オリジナルのブログを作ることができます。

 

趣味や特技、考え方、価値観、個性、傾向、境遇、目指す方向。
これら一つ一つをうまく組み合わせれば、「どこにも存在しない、唯一無二の
あなただけのブログ」が出来上がるんですね。

 

 

読書のことをつづりながら、アフィリエイトで時に本から得た知識や思ったこと
を記事にし、時にギャグを交えながら面白おかしく展開するブログ。
ゲームの攻略を筆頭に、時にアニメや音楽の知識、感じたことを交えながらに
至極真面目に、感性をつづり真剣に聞いてもらえるよう工夫するブログ。

 

これらの「方向性」を理解し、うまく組み合わせ自分自身の持っているものを
活かせる人が、ブログで稼げる人たちです。

自己ブランディングの重要性

あなたは、自己ブランディングという言葉をご存じでしょうか?
一言で言えば自己ブランディングとは、
「自分を売り、その価値を高める」ことです。

 

つまり、自分自身をブログでの「商品」として、価値あるものに仕立て上げ、
誰にも真似できない唯一無二の「ブランド」として認知してもらう。

 

 

あなたの考え方や価値観は、あなただけのものですね。
世界中にこれだけ人間が存在していても、全く同じ考え方や価値観、趣味や特技、
世界観、境遇を持った人間はどこにもいません。

 

似た境遇、世界観、価値観などを持つ人はいるにしても「全く同じ」など
ありえませんから、それは逆に言うと「あなただけのブランド」であり、個性
ということになります。

 

 

つまり、自己ブランディングとは自分で自分の価値を高め、自分自身をブログでの
商品として、前面に押し出す…ということですね。

 

世界に一つだけしかない自分の個性と、世界に一つだけしかない自分の考え方、
更に趣味や価値観、人生観などを合わせて「どこにもない、自分だけの価値ある
ブログ」を自分で作る。

 

 

考えてもみてください。
これだけ世の中に人がいて、たくさんのサイトやブログ、テレビ番組などが
それぞれ個々として「機能している」その最大の理由は、
それぞれが「唯一無二の個性を演出している」からです。

 

つまり、「全く同じものなどない」からこそ、それぞれが一つ一つ、価値ある
ものとして個々に成立している。
言い換えれば、それぞれがそれぞれに「全て特別」ということになります。

 

 

いかがでしょうか。この個性の違い、とても魅力的だとは思いませんか?
それぞれに「ありのまま、自分だけの価値観や世界観を余すことなく発信する」
ただそれだけで、世界にたった一つの「唯一無二の、価値ある作品」の完成です。

 

 

 

気球

 

 

 

今の世の中、「人と同じ」「普通」では際立って価値を高めることはできません。
なぜなら、普通の「どこにでもある、いる」存在なら「別にあなたでなくていい」
ということになりますから、誰も見向きもしてくれませんよね。

 

人々は、個性あるそれぞれに独立した、唯一無二の存在に強く惹かれます。
価値を感じます。

 

 

特に、一般社会で生きる人々は今も社会で「足並み揃えて、はみ出さずに生きる」
ことを強要される傾向にありますから、その反動でなお「唯一無二の存在」に
価値を感じるのは、むしろ当然のことかもしれませんね。
→仕事をすることだけが人生の生きがいじゃない

 

私たちも、「ありふれたもの」よりも「唯一、それだけの存在」のほうに
一層、価値を感じる傾向が確かにありますよね。

 

はみ出して浮いてしまうのは嫌だけど、「はみ出しすぎて唯一無二の、特別な
存在」になってしまえば、誰しもに注目されることにもなります。
「出る杭は打たれる」社会ですが、「出過ぎた杭は打たれない」のも事実です。

 

 

ありのまま、好きなように価値観や世界観を「自分らしく」発信し続けた、
ただそれだけで「唯一無二」になれるのなら、これを活かさない手はありません。

 

ある程度の節度や配慮は必要ですが、人を気遣う優しさと心温かさあるあなたなら
今更、心配するまでもないことだと思います。
自己ブランディングを心がけ、「自分だけの唯一無二のブログ」を発信し続け、
世界でただ一つだけの存在として、価値を高めていきたいですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。