勉強になるブログとならないブログの違いとは?

最近、少しネットサーフィンしていました。

 

そんな時に、
ふと目についたブログを読んで思ったことがありました。

 

 

読んで、ためになる。勉強になるブログと、ならないブログ。

 

 

あなたも、「これはどうかな…」と思うものがある一方。

 

「これは勉強になった!」と思うものに出会ったことも
あるのではないでしょうか?

 

 

勉強になるブログと、ならないブログの違い。

 

私が、実際に感じたことを元に、
お話ししていきたいと思います。

 

 

より、勉強になるブログやサイトを参考にする意欲が、
アフィリエイトでの成功にも繋がります。

 

 

・価値観のブレや違いを感じたら、読まなくていい

・参考になるかの基準は「なんか違う」と思うかどうか?
・積極的に学ぶ基準は「共感する文章かどうか」

価値観のブレや違いを感じたら、読まなくていい

ネット上には、たくさんのブログやサイトがあふれています。

 

 

星の数ほど存在するのですから、
当然読んで「いいな」と思うものがある一方。

 

「これはどうかな…」と、正直思うものもありますよね。

 

 

これは、ブログだけに限りません。

 

例えば、本を読んでいても「この人の文章は、心地よい」
と思えるもの。

 

そして、反対に「この人の文章は、肌に合わないな」
と思うものもあります。

 

 

特に、普段から文章を読むことに慣れていると、
自分に「合うか、合わないか」は次第に感覚的に、
感じ取れるようになってきます。

 

→読書で想像力を高めブログでの表現を豊かにする

 

 

しかし、読んでいて何かすっきりしなかったり、自分に合わない…
と思ったものを、最後まで読むのはストレスになりかねません。

 

 

実際に、私も「このブログはどうかな…」と思ったものを、
「とりあえず」という形で最後まで読んでみました。

 

 

もしかすると、
最後に何か共感できる文章があるかもしれない。

 

何か、
思いがけない役に立つ情報が掲載されているかもしれない。

 

 

そんな風に思って、「一応最後まで見てみよう」と読んだのですが。
結果は、正直「最後まで読むんじゃなかった」と思ってしまいました。

 

 

というのも、読んだことで最初からあった「なんか違うな…」
という思いが増幅されただけだったからです。

 

一体、どういうことでしょうか。

参考になるかの基準は「なんか違う」と思うかどうか?

なんか違う。

 

人の文章を読んでいても、「この人の話は面白いし、もっと読みたい」
と思える一方。

 

 

「この人の話は、つまらない。次はもういいかな…」
と思うこともある。

 

この違いがなんであるか、あなたはお分かりでしょうか?

 

 

それは、「価値観の違い」であることが非常に多いです。

 

私も、実際に多数の本やブログを読んできて
「肌に合うもの、合わないもの」を少しずつ理解できるようにもなりました。

 

 

つまり、書いてある内容に些細な違和感を感じたり。
はたまた、読んでいてどこかモヤッとしたり。

 

そういった文章は、
少なくともあなたや私の「勉強になる」ことはありません。

 

 

なぜなら、「なんか違う」
と感じる時点で価値観の違いがあらわになっています。

 

例えば、「私はこう思うけど、
この本には正反対のことが書いてある」場合。

 

 

自分の共感点と、違うことをつらつらと並べられても、
果たして以降楽しく読めるでしょうか?

 

興味を持って、集中して最後まで読めるでしょうか?

 

 

 

部屋の中

 

 

 

少なくとも、私は読めない自信があります。

 

ですから、私は今では「なんか違う本」「自分の肌に合わない文章」
を見かけたら、その時点で「読むこと」そのものを放棄しています。

 

 

「この本は、私のためにはならないな。」と思ったら、
その時点でパタンと閉じて、
また別の「肌に合いそうな人の本」を探し求める。

 

そのほうが、「合わない本」に疑問を感じながら、
読み進める時間を取らずに済みます。

 

 

何も、自分の肌に合わないからとその本が、
「質が低い」などと軽率なことを言っているわけではありません。

 

私には合わなかったけれど、他のAさんBさんには合う可能性もある。

 

 

ただ、「自分には合わない」というだけの話ですね。

 

わざわざ、合わないものを無理して取り入れるよりも、
それなら最初から「合うもの」を探したほうが、
有意義に時間が使える…と言っています。

 

 

自分の価値観に合わないものは、
読んでいる時常に「疑問」があるので、
つまり疑惑の目で見てしまいます。

 

共感できない文章を、
わざわざモヤモヤした気持ちで読み進めるくらいなら。

 

無理に最後まで読み切らなくても、
そこでやめてしまえばいいんです。

積極的に学ぶ基準は「共感する文章かどうか」

共感できない、
価値観の合わないものを最後まで読むメリットはありません。

 

なぜなら、すっきりもしないし読んでいてそもそも、
いい気分にもなれない。

 

 

ただ、「一度読み始めたんだから、最後まで読まなきゃ…」と
強迫観念に囚われてしまうと、
「読みたくないのに、読むことを強いている」状態ですね。

 

 

読みたくない、勉強にならない。

 

…と思ったなら、潔く読むことをやめてみるのも、
一つの行動です。

 

 

確かに、一度始めたものを途中でやめるのはそれこそモヤモヤする…
というのも、よくわかります。

 

私も、その思いがあったからこそ「つまらない」と感じる本でも、
かつてはずっと最後まで読み進めていました。

 

 

ですが、やはりせっかく自分の意志で選んだ本やブログなのに。

 

「読んでいて、楽しくない」ものをわざわざ読み進めるのは、
苦痛です。

 

 

何も、苦痛をわざわざ取り入れる必要はない。

 

どうせ選ぶなら、
楽しく取り組めるもののほうがいいに決まっています。

 

だからこそ、「楽しく読んで、楽しく身につくもの」
を積極的に取り入れる姿勢も、
あなたの成長を速める一つの行動だと、そう思います。

 

 

共感できない人の文章を、
無理に読んでもむしろデメリットしかありません。

 

 

実際に、私も無理して最後まで読んだことで、
読み終わった時の気分は最悪でした。

 

「読むんじゃなかった」と、
読んだことそのものを後悔するほどでした。

 

 

その理由は、やはり「書いてあること」
が自分の考えと全く違うものだったり。

 

はたまた、共感点が少なく「読者目線」
でない文章だったりしたせいでした。

 

 

 

本

 

 

 

この経験があるからこそ、私は「自分の価値観に合わないものは、
すぐに読むのをやめる」と決めています。

 

時間は、有限。

 

だからこそ、なるべく「自分の成長に必要なもの」
を積極的に、取り入れていきたいですよね。

 

 

自分と似た価値観の、
文章や本からのほうがよほど多くを学べます。

 

なぜなら、そもそも「共感できる」という前提がある。

 

 

そして、納得し共感させてくれるので「なるほど」と思うたびに、
興味を惹きつけられる。

 

更に、興味のあるものは人間意欲的に学べるからです。

 

→知識ばかり追い求めるとノウハウコレクターになる

 

 

共感点を参考にし、自分の中に取り入れることで人間性にも、
少しずつ磨きをかけることができます。

 

知らなかったことを新しく学べるのですから、
それも当然ですよね。

 

 

適当に、嫌々学んだことがあなたの身になるかというと、
そうではありませんね。

 

意欲的に学んだからこそ、身にもつきやすいのは事実です。

 

 

お分かりでしょうか。

 

参考になる文章の基準は、
「価値観が合うかどうか」「共感できるかどうか」。

 

→アフィリエイトブログを始めると成長する人になれる
→人間関係のトラブルを避けるために。人を○○する癖をつける

 

 

これは、
見方を変えればアフィリエイトの記事作成にも活かせます。

 

例えば、「学ぶ側」が価値観や共感点が多いと、
楽しく読める…ということを知りました。

 

 

だったら、意図的に「共感できる要素」を増やせば、
読者さんの興味を惹きつけ、
楽しく読んでもらえるということですね。

 

 

日々、読者が求めるものを考えながら。
そして、私たち自身も学ぶ意欲と意識を持って。

 

選ぶべき情報の取捨選択も、正しく行っていきたいですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。