ブログの内容で悩む前に。ブログネタに困ったら…

ブログを始めたての初心者であればあるほど、記事のネタには困りがちです。
始めて最初の期間はまだいいのですが、特に慣れてきた頃にふと頭を悩ませるのが
「ブログの内容」。

 

ネタがないと、記事は書けない。そう思うからこそ、「ネタ切れ」を恐れて
常に記事の候補をストックしておく、という方もいるかもしれませんね。
あるいは、その場で思いついたことを書く方もいらっしゃるでしょうか。

 

 

いずれにせよ、「書くことがない!」「思いつかない…」と悩みたくないからこそ
ブログの記事ネタはいつも、いくつかストックしておきたいもの。

 

最初の頃は私も、記事のネタについて悩んでいましたが今は「書くのが
追いつかないくらいどんどん浮かぶ」ようになったので、
記事作成に悩むあなたに「記事ネタ探し」の方法をご紹介していきます。

 

 

・ブログに書く内容は自由に決めていい

・ブログネタは書けば書くほど勝手に降ってくる
・ブログのネタ帳を作っておくと記事作成がはかどる

ブログに書く内容は自由に決めていい

ブログ記事を書く、と聞けば大抵の人がまず勘違いしてしまうことがあります。
それは、「ブログテーマに関連した記事しか書いてはいけない」ということ。
例えば、このブログなら「アフィリエイトで稼ぐ方法」ですね。

 

確かに、趣味や雑記ブログならいざ知らず「テーマを決めて、それに沿って
内容を決めていく」ブログなら、やはり「そのテーマのことしか書いては
いけない!」と思う気持ちもよくわかります。

 

 

でないと、あなたのブログに訪れた読者さんが「このブログ、テーマと全然
違うことばかり書いてある…」と興味を無くし、帰ってしまうかも…
と、不安にも思いますよね。私も、最初はそのように思っていました。

 

しかし、他の記事でも何度かお伝えしていますが、ブログに書く内容を
「テーマに沿ったものだけ」にすると、どうしても「ネタ切れ」が早く
なってしまいます。

 

…と、いうのもやはり、アフィリエイトなら「アフィリエイトのことだけ」に
沿って記事を書いていくと、その「アフィリエイトのこと」というネタが
出尽くした時、書くべきことが無くなってしまいますよね。

 

 

最初から、アフィリエイトだけ…とネタを極限まで「限定化している」ので、
当然尽きるのも早くなります。
そう、例えどんなにその専門知識が豊富だったとしても、です。

 

最初から的を絞りすぎると、かえって自分を苦しめることになります。
それに、専門的な知識ばかり教科書のように披露されても、読む側は何一つ
面白くありません。

 

 

 

ペン

 

 

 

なぜなら、知識をただ文章として羅列するだけではそこにあなたの「感情が
乗らないから」です。
少し、思い返してみてください。

 

小学校、中学校の教科書などは「専門的で、知識の吸収」には役立ったかも
しれませんが、一方で「読んでいて、楽しい。感情を揺さぶられる」ことなど
果たして、あったでしょうか?

 

 

ただ、事例をずらずらと並べていたりと「読み手の心に訴え掛ける要素」や
「読み手に対する問い掛け、書き手の価値観の表現」など、
一つもありませんでしたよね。

 

これでは、やはり「同じような調子で、心を動かされる要素がない」ので、
退屈で読んでいて「つまらない」となっても、仕方ありません。

 

 

私たちが書くのは、決してアフィリエイトなら「専門書のように、ぎっしり
専門知識や用語を並べた教科書まがいの文章」ではありません。
読み手の心を揺さぶるには、まず意識して書き手である私やあなたが「感情に
訴え掛ける」、つまり価値観や世界観、想いや思想をつづる必要があります。

 

自分の想いをつづれば、そこに感情が生まれます。
「辛い出来事」をつづる時は、一緒になって読者さんも深い悲しみを感じます。
「前向きな事例」には、一緒になって喜んでくださることもあるでしょう。

 

 

お分かりでしょうか?
感情を揺さぶるには、まず「感情に訴え掛ける」ことを意識して、つづる。
読者の心を揺さぶる文章が書けるからこそ、やがて成功に繋がるという話を
下記でしていますので、まだ読んでいなければ参考にどうぞ。

 

→アフィリエイトで成功するには信頼関係が大切な理由
→ブログ記事を書くコツは「読者のことを一番に考える」

ブログネタは書けば書くほど勝手に降ってくる

ブログで書く内容は、専門的なことやテーマに沿ったことだけではなく、
自分の「感性」や「価値観」に沿ったことをつづるからこそ、世界に一つ
「あなただけの、唯一無二の価値あるブログ」ができます。
下記も参考にどうぞ。
→「アフィリエイトは稼げない」は嘘。今からでも稼げる理由

 

 

そして、私が実際にブログを始めてから、記事を書くことを繰り返している時
感じたことを、ここでお伝えしておきたいと思います。

 

それは、「書けば書くほど、新たなネタが頭に浮かび上がる」ということ。
果たして、どういうことかあなたはお分かりでしょうか?

 

 

ブログ記事のネタ探しを行う時、あなたはまずどのように行うでしょうか。
大抵の場合、「何を書こう?」と考えることによって、新たな記事ネタが
浮かびますよね。
つまり、ネタ探しには「意識して、思考を巡らせる」ことが重要になってくる。

 

一方で、少し考えてみてください。
ブログの記事を実際に書いている時、あなたはどのようなことを考えていますか?

 

 

もちろん、ブログ記事とは適当に書いていても、読者や私たちにも「心理」と
いうものがありますから、その流れに沿って書かないことには
意図的に「心を動かす」ことはできませんよね。

 

しかし、いずれにせよ私たちがブログを書いている時、当然書くことや書き方を
考えているので、自然と「思考を巡らせる」ことにも繋がります。

 

 

何も考えずに腕を動かす、ということもある程度記事作成に慣れてきて、脳に
「ブログ脳」の回路が作られればできるようにもなりますが、始めたばかりの
初期段階で、それが難しいのも事実です。

 

そして、自然と行っている「思考を巡らせる」ことにより、普段は行き当たらない
些細な想いや行動、出来事にも細かく気づくことができます。

 

 

だからこそ、「書いていない時には気づかなかった」自分の細かな想いや、
思考、価値観世界観など様々なものが見えてきます。

 

例えば、思考を巡らせながら書いている時に「この前、あんなことがあったな」と
思い出します。すると、「そうだ、あれもネタに使える」「これも使えるな」と
自然と、いくつも勝手にネタを思いつくことになります。

 

 

お分かりでしょうか?
書いて、思考を巡らせることで「記事作成のスキル」も上がり、ネタも思いつく。
そして、ネタが浮かんだ時には「読者に伝えたいこと」がまた一つ増えたお陰で
「早く書きたい」とモチベーションが上がり、「読んでくださった時のこと」を
思えば、気持ちも高揚してくる。

 

私は、この感覚が好きなので記事のネタを見つけた時には、「早く、読者さんの
役に立つ記事を書きたい」と強く思います。
そして、結果的にその想いが向上心にも繋がり、記事作成のスキルアップにも
繋がると、そのようにも思います。

ブログのネタ帳を作っておくと記事作成がはかどる

そして、私は普段から何かにつけて「メモを取る」ことを習慣にしています。

 

例えば、以前「一行日記を付けている」とお伝えしました。
→「人生で後悔しない方法」を身につけるには?

 

パソコンのメモ帳や、紙のメモ帳に思いついたネタ、ふと感じたことなど、
「忘れないうちに」書き留めておくことで次見た時、
「ああ、この時はこんなこと考えていたんだ」と自分の想いを客観視できます。

 

 

そして、日記ならそれがまるで「自分が一日一日を生きて、通ってきた証」の
ように、鮮明に足跡として残ります。その足跡をあくる日ふと見返した時、
思うわけですね。

 

 

「ああ、この時はこう考えていたけど、今はこう考えている。少し、
考え方も変わったのかな」

 

 

自分の考えや想いをつづる習慣を付けておくと、後になって見返した時、
「今とは違う自分」の思考に気づくことができます。
そして、それは「自分の成長(または変化)」を客観視できることにも繋がり、
例えばその時点と比べて、「ちょっとよくない考え方」をしていると気づけば
そこから、意識的に修正していくこともできるわけですね。

 

 

反対に、その頃から成長していることに気づけば、より向上心を持って
「もっと、成長したい」と意欲的に努力することにも繋がります。

 

そして、何かにつけてメモる癖をつけておけば、ブログのネタ切れを防ぐ
ことにも役立ちます。

 

 

 

メモ

 

 

 

人間は、忘れる生き物ですね。
例えば、一度思いついたことでも「すぐに」書き留めたりしておかないと、
例え若くても記憶力に自信があっても、他のことに意識が向くとすぐに
忘れてしまいます。

 

ネタにしても同じで、一度ふとした拍子に「いいネタ、思いついた!」と
テンションが上がっても、そこで「書き留める」ことをせずに他のことを
しようものなら、やがてすぐに忘れてしまいます。

 

 

そして、後になって思うんですね。
「あれ、さっきいいネタ思いついたけど…なんだったっけ?」

 

このようなことを防ぐために、そしてせっかく思いついた貴重なネタを必ず
活かす意味でも、普段から「思いついたことをメモる」癖は役に立ちます。

 

 

ネタ帳、と言ってもきっちり紙に綺麗にメモしているわけでもなく、
私の場合はパソコンのメモ帳にサッと書き留める程度ですが、やり方については
人それぞれ、こだわりもあるので自分のやりやすいようにするのが一番ですね。

 

つい、せっかく思いついても「でも、パソコン別の部屋だし。今書くの面倒だし
また後でいっか」と思いがちですよね。
しかし、「思いついたその時」メモしておかないと、結局私たちは人間ですから
「他のことに気を取られているうちに、いつの間にか忘れる」んですね。

 

 

せっかく思いついたネタを無下にして、今後ネタ探しに困るくらいなら、
多少面倒でもその時メモしておくのが、確実に活かせる選択です。
そして、「すぐメモる」という「行動をする」ことで例え小さなことでも、
行動自体の癖も付きます。

 

パソコンにメモるのが面倒なら、紙のメモとペンを肌身離さず持っておけば
パっとポケットに手を入れれば済みます。

 

 

ネタがない!と嘆くよりも先に、ネタ探しにもちょっとした工夫を取り入れる
ことで、逆に書き溜めたネタだらけで「何から書こう?」とわくわくできます。

 

どうせ行うなら、ブログも記事作成も楽しくできるよう、工夫したいですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。