ブログではプロフィール記事をしっかり書く

こんにちは、りうるです。

 

ブログを始める際、「記事をたくさん書くこと」に意識が向きがちですが、
もう一つブログでは非常に重要なことがあります。

 

 

それは、「自分のプロフィール記事を精魂込めて書く」こと。
いくら記事に読み応えがあり、読者の心を揺さぶることができてもあなたの
プロフィールがしっかり設定されていないと、ブログ自体の魅力が半減します。

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

・読者が記事に興味を持ったら、高確率で見るのが「プロフィール」

・人間は自分と「共通点がある人」に惹かれる
・読者があなたに強く心惹かれる可能性があるのが「プロフィール」

読者が記事に興味を持ったら、高確率で見るのが「プロフィール」

あなたのブログに初めて訪れる読者が、まず一番最初に興味を惹かれるのは
「ブログの記事・内容」です。
何らかの言葉を検索して、ヒットしたページを実際にクリックすることで
あなたのブログにたどり着きますよね。

 

そして、あなたのブログのたくさんの記事の中から、ヒットした一記事に
「なるほど」と心揺さぶられた読者は、あなたのブログ自体に興味を持ちます。
「他の記事も読みたい!」と思えば、最下部の他記事リンクをたどって
移動してくださる可能性もありますよね。

 

 

そして、いくつかあなたの記事を読み終えた読者が次に考えることが何か、
あなたはお分かりでしょうか?

 

そうです。読者は次に「この記事を書いている人は、どんな人なんだろう?」と
あなた自身に興味がわきます。
そして、プロフィール記事を探してブログ内のリンクを調べます。

 

 

この時、もしあなたのプロフィール記事がブログ内に無かった場合、
果たして読者はどう思うでしょうか?

 

せっかく書き手に興味を持ったとしても、
読者が求める「この人はどんな人か?」という情報があなたのブログから一つも
得られなかった場合。
読者は、「プロフィールはないのか。残念、だったらもういいや…」と
あなたのブログから去ってしまう可能性もあります。

 

 

 

砂浜の足跡

 

 

 

読み手が書き手に興味を持つ時というのは、「書き手の主張に共感した時」です。
つまり、書き手の文章を読んでいて「ためになる」とか「感心できる」と
感じた時ですね。

 

「こんな風に面白い記事を書けるこの人は、一体どんな人なんだろうか?」と
思うからこそ、読み手は書き手のプロフィールを探します。

 

 

面白くない記事、ちっとも心に響かない、そもそも最後まで読みたいとも
思わせてくれない記事を見ても、読者は書き手のことを気にもしませんよね。

 

中身のない記事を書いた人のことを知りたい、と思う人は身内でもない限り
いませんし面白い、ためになる記事を見せてくれたからこそ、
読み手に興味を持ち好感を持つのもごく、当然のことです。

 

 

そして、プロフィールとはあなたの「生い立ち」が書かれた記事です。
この記事で、生い立ちを詳しくまるで読み手が「体験しているように」リアルに
描くと、たちまちあなたに心を揺さぶられる読者が続出します。

 

それがなぜだか、あなたはお分かりでしょうか?

人間は自分と「共通点がある人」に惹かれる

過去や現在の境遇、出身地、年代、好きな物や価値観、理想の未来。
人間は、自分と同じ要素や考えを持っている人に親近感を抱きます。

 

 

例えば、芸能人がわかりやすいですね。
何気なくテレビを見ていて、Aという芸能人の出身地があなたと同じだと
わかった場合、あなたはこのように思うのではないでしょうか?

 

「へえ、この人同じ出身地なんだ。なんかちょっと親近感わくなあ」

 

 

更に、血液型や出身の中学が同じだったりすれば、なおのこと
あなたはそのAさんに親近感を持ちますよね。挙げ句、
「この人、今まで興味無かったけど私と共通点が多いな」と思えば
あなたの中でその人の株は、特に何もしなくとも上がる可能性が高いですね。

 

 

同じように、ネット上の一人のブログでも「あなたとの共通点」を見つけると、
「同じ」だというただそれだけであなたは書き手にある種の親近感を持ちます。

 

音楽をしている人は音楽のブログやサイトを探しますし、
絵を描いているなら同じように絵描きのブログやコミュニティを探しますよね。

 

 

つまり、共通点があるからこそ「その物事に携わる上での悩みや感覚」を互いに
わかち合えますし、「やっている人にしかわからないこと」を同じように
体験した仲間には、親近感を抱いて当然ですね。

読者があなたに強く心惹かれる可能性があるのが「プロフィール」

共通点があるからこそ、「その人のことをもっと知りたい!」と思うのも
ブログなら「この人の他の記事も、もっと読んでみたい!」と思うのも、
「この人にコンタクトを取ってみたい!」と思うのもごく自然なことですよね。

 

だからこそ、そのあなたの「生い立ち」や「出身、価値観、理想の未来」など
あなた自身の情報を思う存分書きつづれるチャンスのある、
プロフィール記事をしっかり作成することが重要になってきます。

 

 

考えてもみてください。
せっかく、検索から来た読み手があなたの記事に興味を持ってくれたということは
次にあなたの「プロフィールを探す」可能性が高い、ということです。

 

つまり、あなたに「より共感でき、心を動かされる可能性が高い」状態である
相手が目の前にいるのに、「プロフィール記事がなかった」せいで
それ以降、二度とその相手はあなたのブログに訪れることがないかもしれません。

 

 

そうなってしまっては、せっかくあなたのファンになってくれる可能性のある
相手をみすみす、逃してしまうことに他なりません。
そんなことになってしまっては、あまりに残念すぎるとは思いませんか?

 

 

 

砂浜と海と自転車

 

 

 

プロフィールに書くのは、あなたの趣味や特技ではなく、価値観や生い立ちです。

 

例えば、「今まで引きこもって何年も外出しない生活を続けていたけど、
アフィリエイトを始めて人生が変わった」という経験。

 

「ずっと無職でいる自分に価値なんてないと思っていたけど、こんな自分でも
ブログで人を励ますことができると実感して、明るく生きられるようになった」
などの、実際の体験や想いを赤裸々につづります。

 

 

そうすることで、同じ状況や立場の読者ならより共感を得られますし、
「大変だった状況から、頑張って抜け出した現在」を語れば読者も、
あなたに勇気づけられ「やってみよう!」と行動する意欲がわいてきます。

 

私のプロフィール記事も、ブログ記事作成の参考にどうぞ。
→プロフィール

 

 

趣味や特技を紹介しただけでは、読者の感情を動かすことはできません。
「ふ〜ん、それで?」で終わってしまいますし、例え同じ趣味を持っていた
としても、そもそもあなたのブログがその趣味に関するブログでなければ
それも意味のないことになります。

 

価値観や想い、今までの苦労や体験を一生懸命につづるからこそ、読者の
心を揺さぶり共感を誘うことができます。

 

 

同じ苦労体験を持っていると、「この人も私と同じ、大変な思いをしたんだ…」と
思いますし、「この人なら、私の悩みをわかってくれそう」と思ったなら、
あなたのブログを隅々まで読むことにも繋がりますよね?

 

ただ、ウソを並べ立てたり、事実ではあっても、日記を適当につづるだけでは
読者の心を揺さぶることはできません。
あなた自身が想いを込めて真剣につづらない文章には、感情が乗らないので
その文を読んだ読者も、心が揺さぶられないのは当然ですね。

 

 

それはつまり、あなたの商品が売れないことになります。

 

ブログで「ありのままの自分を語る覚悟」を持って言葉を書きつづるからこそ、
そこに感情が込められ、読者の心を揺さぶる魂のある文章が生まれます。
だからこそ読者はあなたに興味がわくし、反応や成約も取れます。

 

そして、最終的に「働かずに自由に暮らせる未来」を手に入れられるんですね。

 

 

読者のことを考え、一文一文に魂を込めて「寄り添うような文章」をつづる
意識を持ち、あなたの素直な想いを一生懸命発信していくことが結果的に、
あなたが「最短で、確実に成功できる道」です。

 

正しい仕組みづくりについて、以下の記事も読んでおくと参考になりますよ。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。