ブログの書き方に関して初心者が気をつけるべきこと

こんにちは、りうるです。

 

ブログを書き始めたばかりの初心者のうちから、
気をつけておきたいことがあります。

 

何事にも基礎がありますね。
ブログも、「正しい書き方」を最初からわかっていなければ後々、
「これではいけない」と気づいた時にいちいち軌道修正することになります。

 

そんな事態を避け、最初から正しい書き方を身につけておくためにも
一度最後まで目を通してみてくださいね。

 

 

・読者は「自分をしっかり導いてくれる人」に惹かれる

・主張ははっきり、言葉を濁さないことで信用が得られる
・批判を恐れないで自分の「伝えたいこと」を伝える

読者は「自分をしっかり導いてくれる人」に惹かれる

読者があなたのブログにやってくるのは、
今抱えている悩みの解決策が欲しいから、ですね。

 

何かしらの問題を抱えており、けど誰にも言えなくて悩んでいるかもしれない。
一人で考えるのがつらくて、もしくはもう考えても答えが出てこないからこそ、
「何か解決策はないか…?」とあなたのブログにやってくる。

 

そんな読者に対して、あなたの主張がはっきりしないものであれば
せっかく訪れた読者は、すぐに離脱してしまうことになります。

 

なぜだか、お分かりでしょうか?

 

 

読者はそもそも、「自分の不安を取り去って、間違いを正しい方向へと
導いてくれる、しっかりした人」の意見に従いたいと思っています。

 

「〜だと思います」「〜のほうがいいかも知れません」
「〜もありだと思いますが、個人的には〜のほうがいいのではないでしょうか」
のように、いつでも言葉を濁した主張…とも言えない主張ばかりしている人に、
読者はついていきたいとは思いません。

 

 

「はっきり自分の意見を発信できない人」は、端から見てもどうしても
頼りなく見えてしまいます。

 

「AよりBがいいと思うけど、自信がないからはっきり言い切れない…」という
その気持ちは、むしろよくわかります。
私もブログを始めた時は「はっきり言い切る」ということができずに、
「〜だと思います」のようなどっち付かずである種で逃げのような書き方を、
ずっと続けていました。

 

ですが、そんな書き方を続けていると読者に「この人、いつもはっきり言わない」
と思われて不信感を持たれてしまいます。

 

 

 

悩む女性

 

 

 

人は、特に迷っていたり誰かに「道を教えて欲しい、アドバイスして欲しい」と
思っている時は「はっきり言い切って欲しい」と思っています。
はっきり言い切ってもらえないと、「本当にこの人についていっていいんだ」
「この人の言うことなら信じられる!」という確信が持てませんよね?

 

常に「〜だと思います」なんて言い方をされると、「それって本当?」と
疑いたくもなりますし、挙げ句「もっとしっかりした人についていきたい」
とすら思われます。

 

 

何も、日常生活で「全てのことに白黒つけるべき」などと言っているわけでは
ありません。
しかし、ご自身のブログでは「はっきり自分の主張を言い切ること」
とても重要になります。

 

例え大して自信がなかったとしても、文章にそのあなたの「不安」を乗せる
べきではありません。
あなたが不安な思いを文章に乗せれば、読者も釣られて不安になってしまいます。

 

 

自分を不安にさせる人に、ついていきたいや信じたいなどと一体、
誰が思ってくださるでしょうか?

 

不安な思いや「これで大丈夫かな…」という思いを持つのもわかりますが、
ご自身のブログでは、その不安さえ打ち消すような自信を持った物言いを
していくように心掛けるのが「読者から信頼を得られる」一番の近道です。

主張ははっきり、言葉を濁さないことで信用が得られる

では、なぜあなたがブログで自分の意見を「はっきり主張する」ことで、
読者からの信頼が得られるのでしょうか?

 

それは、やはりいつの世も人は「しっかりした人、カリスマ性のある人」に
憧れるからです。

 

そもそもどっちつかずで、自分の意見をはっきり言えないような人には
「頼れる」という印象を持ちませんし、信用したいとも思いません。

 

 

少し思い出してみて下さい。
例えば、学校の一場面でもそうだったのではないでしょうか?

 

クラスの代表的な生徒が、発表会の場面で「はっきり主張を述べる」ことで、
その内容が例え間違っていたとしても、その子に対して誰しも「しっかりしてる」
という印象を受ける。

 

 

そう、例え間違っていたとしてもいいんですね。
ブログは、いくらでも後から記事を修正することができます。

 

「間違っているかもしれないことを、はっきり言い切るなんて恥ずかしい…」と
思われるかも知れませんが、そもそも
「自分の意見に自信を持って発信できない人」は、誰からも信用を得られません。

 

仮に間違っていたとしたら、後で「間違っていました」と謝罪してから
修正すれば済む話ですし、その間違いをごまかすことなく正当に謝罪するあなたに
むしろ、読者は更に好感を抱き信頼すること間違いなしです。

 

 

 

グッド

 

 

 

大事なのは、仮に間違ってしまった場合に「そこから、どうするか?」です。
間違いを正して、ごまかさない誠実さをもあなたが武器にできれば、
あなたのブログはもっと成長していき、読者から更に信頼を得られます。

 

「間違わない人」よりも、「間違った時に誠実に対処できる人」のほうが
人は、信頼しようと思えるんですね。

 

 

人間ですから、誰しも間違うことはあって当然です。
むしろ、間違いに気づいて「訂正できる」器量を持っていれば、あなたはもう
二度と同じ間違いを繰り返さないでしょうから、ぐんぐん成長できますね。

 

ごまかせばごまかすほど、人からの信頼を失い不信感ばかりが募りますが、
「間違いを認め、ごまかさずに正せる人」になるだけであなたは
人間的にも成長でき、周りの人たちからどんどん信頼されていきます。

 

 

自分の意見をはっきり言わない人は、腹の内で何を考えているのか全く
見えないので、周囲からも敬遠されがちです。
「あの人、何を考えているかわからないな…」と感じる人、あなたの周りにも
もしかするとおられるのではないでしょうか?

 

何度でも「自分の主張を、衝突や批判を恐れずはっきり」言えることで
あなたは周囲や読者から一目置かれる存在になります。

 

 

人間は、争いごとに発展するかもしれない自分の主張や意見を、なかなか
はっきり言い切れない人が多いのは事実です。
特に、日本では「人の顔色を伺い八方美人に接する」人が多いのも、私も
よく理解しています。

 

だからこそ、文章として自分のブログで意見を主張する時は「はっきり言い切る」。
これができれば、そもそも「はっきり主張できない」人が多い中、はっきり言いきれる
あなたにカリスマ性を感じ、ついていこう!と信用してくださる方が現れます。

 

これをいつでも意識して、記事を書いていけばいつの間にか読者からの
信頼を得られている事実を、あなたは実感することになります。

批判を恐れないで自分の「伝えたいこと」を伝える

自分の伝えたいことを、はっきり言い切る。
そうすれば、読者にもあなたの想いや主張をしっかり伝えることができて、
より理解されやすくなります。

 

しかし、ここで一つ注意しておきたいことがあります。
もしかして、勘のいいあなたならもうおわかりかもしれませんね。

 

そうです。「主張をはっきり」とは言っても、「誰かを傷つけるような傲慢な
発言を意図的にすることではない」ということです。

 

 

誰しも、人に見下されたりバカにされたりすると嫌な気分になるし、
傷つきもします。
あなたも、まくし立てられるように上から怒鳴りつけられるよりも、
優しく問い掛けられたほうが気分もいいですし嫌な気持ちにもなりませんよね?

 

まるで読者の目上に立って、おどしたり説得するように意見を述べたところで、
読者はあなたを信頼することはありません。
信頼どころか、「何この人、偉そうに。何様?」とすら思われてしまいますし、
読者を見下したような態度は反感を持たれて当たり前です。

 

「自分の主張をはっきり言う」ことは、「上から目線でがなり立てる」こととは
全く違います。

 

 

 

手の上のイチゴ

 

 

 

自分の意見をただがむしゃらに「聞いて聞いて!聞かないと損するよ!」なんて
言われても、やはり押しつけがましくて逆に聞く気が失せてしまいますし、
反対に優しく、あなたの心に寄り添って共感するような言葉を掛けてもらえると
自然と読者も心を開き、あなたの言葉に耳を傾けてくださいます。

 

批判を恐れる必要はありませんが、「好き放題、何も考えずに意見を発信する」
こともまた違います。

 

読み手を常に「救う」つもりで…と言うと、少しおこがましいかも知れませんが
いつも「助け舟を出す」ように、「寄り添って」読み手の役に立つことを
一番に考えて、情報発信する。

 

 

自分のことなど、後回しです。
なぜなら、読者あってこそのブログです。読者の信頼を得られないと共感も反応も
成約も得られませんし、あなたがブログを開設した意味がなくなりますね。

 

「読者のご機嫌を取れ」と言っているわけではありません。
ただ、「自分が読者の立場なら、どんな言葉を掛けてもらえると嬉しいだろう…」
と常に考えて、人の心に寄り添える文章を書けるようになると、
自然とあなたも成長できますし、読者の方も心を開いてくれるんですね。

 

 

批判を恐れ、間違えることを恐れて自分の言いたいことも言えずに
はっきりしない文章ばかりつづっていても、読者は心を揺さぶられません。

 

最初はもちろん、「はっきり主張する」ことに慣れていなければやはり
勇気が要りますし、「何か言われたらどうしよう」と思う気持ちもわかります。
しかし、批判を恐れていては「誰の心にも響かない、中途半端な文章」しか
書けないんですね。

 

 

批判や間違いを恐れずに自分の意見を堂々と発信するからこそ、
読者の心を惹き付け「この人、頼れそうだからついていきたいな」と思って
もらうことができます。

 

私も、はっきり言い切るようにしてからお便りや成約を取れる数が少しずつ
増えました。

 

 

最初は勇気が要りましたが、今では「はっきり自分の意見を発信できること」に
誇りを持って、しかし謙虚さを忘れずに日々の更新を
していきたいと思っています。

 

まず、読者の信頼を得るためには「自分の主張をはっきり言い切る」。
あなたが長期的にアフィリエイトで成功していくためにも、非常に重要な
ことですので、今日からでも意識されてみてください。

 

働かずに自由に生きていくため、以下の記事も読んでみると参考になります。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。