読みたくなるブログ記事の書き方。「タイトルに○○を入れる」

ブログとは、読者あってこそ成り立つもの。
せっかく記事を書くにしても、「何も考えずただ書く」だけでは
いつまで経っても、読まれる記事を書けるようにはなりません。

 

まず、大事なのは「どうすれば、読んでもらえるか?」を考えて書くこと。

 

 

私も、最初は苦戦していましたが今では記事ごとの読者の滞在時間も伸び、
反応もいただけるようになり少しずつ成長の実感を味わっています。
今回は、私が実際に行っている「読まれる記事を書くために、すべきこと」
に焦点を当ててお話ししていきます。

 

 

・最も重要なのは「タイトルで読者を引き付けること」

・読み手の目線に立つことで「読まれるブログ」になる
・読者がブログを読む時に「何を求めているか」考える

最も重要なのは「タイトルで読者を引き付けること」

まず、最初に一つ考えておきたいことがあります。
それは、「読者はタイトルを見て、その記事を読むかどうか判断する」
ということ。

 

つまり、第一に「読まれる記事」を書くための最低条件として必要なのが、
「タイトルの最適化」。タイトルで読者を引き付けることに成功すれば、
「読んでみよう」と思ってもらえる可能性が飛躍的に上がります。

 

 

考えてもみてください。
どんな記事でも、まず「タイトルから」入りますよね。

 

タイトルのない記事など、そもそも存在しませんし仮にあったとしても、
そんな記事には「一目で何を言いたいのか、判断できない」からこそ、
まず「読みたい!」と思える要素がないことになります。

 

「一番目立つ、目を惹く要素」だからこそ、まずタイトルで「読者を
引き付けること」に成功しないと、そもそもその記事自体を読んでもらえる
可能性がなくなってしまいます。

 

 

例えば、タイトルに「○月○日の日記」などと付けた場合。
これだけでは、そもそも「タイトルで記事の内容を判断することができない」
ので、読者の心を惹き付ける要素が何一つないことになります。

 

この文章からわかるのは、○月○日、日記…ということだけ。
日記、ということはわかっても具体的に「何についての事柄か?」ということが
一つも見えてこないため、あまりに要領を得ません。

 

なので、結局「何が書いてあるのか、タイトルから判断できない」からこそ、
それはつまり「一目で読者を引き付ける」のに失敗した、ということになります。

 

 

 

シャコガイ

 

 

 

一方で、良い例をあげてみましょう。

 

 

・「知っていますか?○○すれば反応が取れる方法」
・「○○を失敗しないために必要な2つのこと」
・「○○をすれば、○○になれる最大の理由とは?」

 

 

あなたは、なぜこれらが「読み手を引き付ける、良い例」となるのかその理由が
お分かりでしょうか?

 

 

まず第一に、どの例にも共通しているのは「何をすれば、何になれる(失敗を
回避できる)」ということが具体的に表記されているからです。
つまり、一目で「これをすれば、こうなれる」ということがわかる、「読み手に
記事の内容を要約して伝えられている」んですね。

 

だからこそ、「読む前に記事の内容がわかる」記事ですから読み手は具体的に
読む前から「記事の内容を理解し、読むべきかどうか判断できる」わけです。
間違っても、「何が書いてあるかわからない」という状態ではありませんよね。

 

 

そして、「タイトルで読み手を引き付ける」最大の効果を持った手法が、
もう一つあります。

読み手の目線に立つことで「読まれるブログ」になる

もう一つ、タイトルで読み手を引き付ける最大のメリット。それは、どの記事も
共通して記事の中に「読み手にとってのメリットが盛り込まれている」こと。

 

先ほどあげた3つの例を、再度あげてみますね。

 

 

・「知っていますか?○○すれば反応が取れる方法」
・「○○を失敗しないために必要な2つのこと」
・「○○をすれば、○○になれる最大の理由とは?」

 

 

この3つに共通しているのは、「読み手にとってのメリット」つまり
「この記事を読めば、私(僕、俺)はどうなれるか?」という「その記事を読んだ
ことにより、手に入れられる未来」が散りばめられている、ということです。

 

 

自分の立場に置き換えて、考えてみるとわかりやすいかと思います。
例えば、この記事のタイトルは「読みたくなるブログ記事の書き方」。

 

この中に潜むメリットは、「読みたくなるブログ記事」の書き方。つまり
ほぼ全てですが、要は「この記事を読めば、読みたくなるブログ記事を書く
ことができるようになりますよ」「私はその方法を知っていますよ」と、
暗に読者さんにお伝えしている、ということになります。

 

 

つまり、読みたくなるブログ記事の書き方を習得すれば、どうなるか?を
読者が「この記事のタイトルを見た時点で」自分の頭の中で、想像するわけです。

 

 

 

何考えてるの?

 

 

 

「読みたくなるブログ記事の書き方を習得できれば、どうなるだろう?」
「読みたいと思わせられるので、反応が取れることにも繋がるかもしれない」

 

「興味を惹いて最後まで読んでもらえれば、読者の心を揺さぶりやがて、
収益にも繋がることになるだろう」

 

「記事の内容に感動した読者は、リンクをつけて拡散してくれるかもしれない」
「すると、ブログ自体の評価が上がって検索結果にも上位表示されるに違いない」

 

 

…このように、「一つのメリット」を提示することにより無意識的にも、
「関連して得られるメリット」を読者自身に、想像してもらえます。

 

自分が「その記事を読むことで得られるメリット」を想像した読者は、当然
自分にとっての利益になるので、記事を読もう!と思うわけですね。

 

 

読者にとって、何がメリットになるのか?がなかなかわからない場合には、
「読者の立場を自分に置き換えて」考えてみると、わかりやすいです。

 

例えば、自分の書いた記事を客観視してみて「私がこの記事から得られる
メリットがあるとすれば、何だろう?」と考えてみる。
例えば、トップニュースなどを読む時に「自分が、どんな記事に興味を
惹き付けられて読んでいるか?」を考えてみる。

 

 

その上で、「私が興味を惹き付けられたのは、このタイトルのどの部分だろう?」
と一度じっくり観察してみる。

 

すると、自然と「興味を惹き付けるタイトル」の構成が見えてきます。
メリットの他にも、タイトルで読者の興味を惹き付ける方法はありますが
それはまた、後日別の記事でお伝えしていきたいと思います。
→読まれやすい記事のタイトルの付け方。基本は○○

読者がブログを読む時に「何を求めているか」考える

いつまで経っても稼げないアフィリエイターの最大の特徴。それは、
「読者のことを考えられず、自分本位の文章しかつづれないから」です。

 

 

つまり、自分の利益が最優先で、「どうすれば稼げるようになるか?」
「いつ稼げるようになるのか?」という「自分のことしか」考えられないために
「読者あってのブログ」「読者が、記事を読んでどう思うか?」「読者は、
ブログに何を求めてやってくるのか?」が一向にわかるようにならない。

 

最終的に自由になれる人は、「読者に、自分から与えることのできる人」です。
自分の利益よりも、まず読者の「役に立ちたい」という思いから、行動する。
→ブログ記事を書くコツは「読者のことを一番に考える」

 

 

だからこそ、自分本位ではなく読者を思いやった、心ある文章をつづることが
できますし、共感を得てより、読者に信用してもらえるようにもなります。

 

ブログやメルマガで、商品を買ってくださるのは読者です。
しかし、何度も言うように読者は「自分の心が動かされた時、この人から
買いたい!と強く思った時」にしか、あなたから商品を買ってはくれません。

 

 

なぜなら、心揺さぶられる面白い文章を読ませてくれたからこそ、書き手に
興味を持って「もっと知りたい」と思い、ファンにもなってくれる。
そして、より主張に共感し「この人の役に立ちたい、信用したい」と思った
からこそ、商品を買って行ってくださるからです。

 

この法則をいつまで経っても理解できず、やがて稼げずに脱落していく人には
その文章にも、共通点があります。

 

 

 

同じものがいくつも

 

 

 

それは、「基準がそもそも自分本位」なので、読者の立場になって考えられない。
自分のメリットばかり考えて、どうすれば読者のメリットになるかを
考えられない。

 

そのため、例えばタイトルに「○月○日の日記」などと付ける。
ブログで稼ぐためには、記事が必要。しかし、たくさんの記事を書くのには
時間も労力も掛かって、面倒。
だからこそ、「とりあえず、日記でも書いておくか」と水増しにしかならない
読者のためにもならない、記事とも言えない記事を書く。

 

 

つまり、根本的に「読者が、何を求めているのか?」を考えられていないせいで
そもそも「相手の立場になって考える」という発想が浮かばない。

 

その結果が、「○月○日の日記」や「今日のごはんは○○!」などになる。
これでは、いつまで経っても「正しい仕組みづくり」は整いませんし、
一向に稼げるようにならないのもうなずけることです。

 

 

読者は、基本的にあなたのブログに「得られるメリット」を求めてやってきます
「悩みの解決策」「○○する方法」など、「どうすれば○○を解決できるか?」
「どうすれば、理想の自分になれるか?」のように新たに「知りたい、
満たしたい」と思うからこそ、ブログにやってくるわけです。

 

あるいは、不安や悩みを解消して「楽になりたい、快適に過ごしたい」からこそ
その解決策を求めて、ネットで検索に掛ける

 

 

あなたも、そうではないでしょうか?
何かの物事を検索に掛ける時、その物事を深く「知りたい」のはもちろん、
「知った上で、解決したい」という思いが、少なからずあるはずです。

 

だからこそ、ブログ記事のタイトルとして最も有効なのは「手に入るメリットを
想像できるように、盛り込む」こととなります。

 

 

この意識を忘れず、ブログ記事をつづることでより、読まれるブログを書く
ことができるので、活かさない手はありませんよね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。