ブログ記事を毎日2記事書いていて思ったこと

あなたは、ブログ記事を書く時どのようなことを考えているでしょうか?

 

 

「書くのは面倒」「できれば毎日遊んで、記事なんて書きたくない…」
「楽して、すぐに書けるようになれれば悩まないのに」

 

 

…などなど、色々な考えがあることかと思います。

 

 

実は私も、記事を書き始めた最初の頃は「めんどくさい」という意識が
勝っていました。
人様に見せるブログ記事、だとはわかっているけどやはり慣れない記事を書く、
それも毎日…となれば、「やりたくない」となるのは当然でしょうか。

 

 

しかし、今は毎日2記事書くことが日課になり、スラスラと考えずとも楽しく
書けるようになりました。
ですがやはり、最初からそうだったわけではありませんでした。

 

 

・慣れないうちに、正直思っていたこと

・毎日の習慣になって、見えたこと
・時々サボる。そしてまた戻ってくる

慣れないうちに、正直思っていたこと

考えず書いている…とは言っても、何も手抜きをしているわけではありません。

 

そうではなく、コピーライティングスキルを身につけたお陰で、はたまた
「文章を書くこと」そのものに慣れ親しんだお陰で、「手を休めることなく、
次々と頭の中に文章があふれてくる」ようになったということです。

 

 

つまり、手を休めず考えをこねくり回さずとも「勝手に、書きたいことが
みるみるあふれてくる」状態。

 

当然、考えずとも文章があふれてくれば手を止めて頭を悩ませる時間のロスも
ありません。
「できない、うまく書けない!」…と、頭を掻きむしることもありません。

 

 

スラスラ両手でパソコンのキーボードを叩いていると、むしろ「もっと早く
叩けない自分がじれったい」と感じることすらあります。
書いた後に、「書き終わった充実感、達成感」すら残ります。

 

 

お分かりでしょうか?
最初は「できない」と思っていたこと。うまくできる自信がなく、なかなか
浮かばない文章にイライラしていたとしても、必ず「続けていれば」スラスラ
書けるようになる…ということを、私の体験と共にお伝えしています。

 

やはり、新しいことを始めるのに「最初がいちばんしんどい」のは当然のこと。

 

 

慣れない作業の繰り返し、板についていなくて戸惑うこともあるし、
時には失敗して「全消し」…だなんて、やるせない思いを味わうこともあります。
私も、「文章で自分の想いを表現すること」の難しさに何度も頭を抱えましたし、
例えば小説なんかで綺麗な言い回しをする作家には、憧れも抱いています。

 

そう、最初はとにかく「めんどくさい」し、「うまくいかない」し、
何かにつけてイライラするんですよね。できない自分がじれったくて。

 

 

ですが、それを乗り越えた先に「急激に伸びる瞬間」がやって来るのも、
事実です。

毎日の習慣になって、見えたこと

コピーライティングスキルは、一朝一夕では身につきません。

 

何度も繰り返しインプットし、その倍以上の量をアウトプットし、
身につくまで繰り返し「覚えて、吐き出す」ことで自分の中に力を溜めます。
→知識ばかり追い求めるとノウハウコレクターになる
→アウトプットの有効な方法。「理解したなら行動する」

 

そして、文章を書くためのスキルは「徐々に、花開くもの」ではありません。
どういうことかというと、「ある日突然、信じられないくらいスラスラと書ける
ようになる」ものです。

 

 

そんなの、信じられない。何を言っているのかわからない。
…あなたは、そう思われたでしょうか?だとしたら、それは正解です。
「ある日突然」だなんて言われても、大抵の人は信じられないと思います。

 

ですが、私も当然「そんなこと言われて、信じられるか」と思っていたクチ
なのですが、実際自分で「その瞬間」を体験したからには、
もはや信じるしかありませんでした。

 

 

それまで、一つ一つの記事を丁寧に丹精込めて、苦労して頭を悩ませては
つづっていたのが嘘のように。
ある日突然、「気づいたら勝手に手が動いていて、気づいたら勝手に記事が
出来上がっていた」というレベルのものすごい文章スキルが手に入ります。

 

恐らく、「今まで、徐々に溜めていた力」がある時を境に一気に花開くように
なるのだと思います。
つまり、一定量の努力や期間を超えればグンと伸びる時がやってくる。

 

 

 

シャンデリア

 

 

 

以後、「考えずに書けるスキル」を手に入れられたあなたはそこから、後は
楽しく「今日は何を書こうかな?」とテーマに沿って、楽にブログ記事を増やせる
現実が待っています。

 

どうでしょうか。ワクワクすると思いませんか?

 

 

しかし、当然ブログを日々書くことを「まだ身につかないうちから」サボって
いれば、その能力は開花しません。
それもそのはず、「まだ力を溜めていない段階」なので、いわばゲージが
溜まらなければ能力開花はありえないためですね。

 

文章能力を身につけ、「考えずに書けるようになる」ブログ脳を身につけるまで、
大体100記事前後が境です。

 

さて、この話を聞いたあなたは「100記事なんて、面倒」だと思うでしょうか。
それとも、「100記事突破できれば、ぐんぐん伸びていけるんだ」と
ワクワクされたでしょうか?

 

 

私の場合、今まで書いた総記事数はおよそ400です。
ブログ脳を手に入れてからは、記事を書くことをプレッシャーには感じなく
なりました。

 

しかし、そのことに満足せず、慢心せず「400なんてまだまだこれからだ」…
と思いながら、以後精進を続けていきたいと思っています。
→「慢心すること」が成功への大きな妨げになる
→アフィリエイト初心者が挫折しそうな時

時々サボる。そしてまた戻ってくる

いくらブログ脳が手に入ったからといって、そこであなたや私の「成長が止まる」
わけではありません。
上記の記事でも言っていますが、成長の際限を決めるのは私たちです。

 

 

「もう、ここまで来れたんだから十分だ」と思えば、それ以上意欲的に伸びる
こともなくなるでしょう。
しかし、「いや、まだまだ伸びていける」と思えば同じ状態でも、もっと意欲を
持って精進することは可能です。

 

 

私も、少し前までは正直「ある程度力をつけたら、それでいいや」と
自分の成長に自ら見切りをつけていたのですが、人は考え方が変わります。
今は、「スラスラ書けるようになったから」と慢心せず、そこで成長を止めて
しまわずにもっともっと、高みを目指して知識を仕入れたいと思っています。

 

…というのも、やはりそれが一番「最短で成功できる方法」だと気づいたのと、
何より「伸びる意識を止めた人間」の書くブログなど、他ならない
「成長したい」と意欲を持って、訪れてくださったあなたに見せるのは
どう考えても「失礼極まりない」と思ったからです。

 

 

それに、ふと冷静になってみて「もし、私が読者の立場だったら…」と少し
考えてみました。
→自宅で稼ぐためには「思いやりの心」が鍵?

 

もし、私がこのブログを読む立場だったなら。
「学びを止めたブログ」なんて、「今の自分」に満足してそこで終わってしまって
いるブログなんて、読みたいと思うだろうか?
それよりも、「成長を実感していても、それに慢心せずより高みを目指して、
伸びるブログ」のほうを読みたいとは思わないだろうか?

 

…答えは、当然YESでした。

 

 

自分が「読みたいと思わない」ブログを意図して展開していくのは、他ならない
「今、読んでくださっている読者さん」に失礼でしかない。
そう思ったため、そして私自身が「もっと伸びていきたい」と思ったので、
際限なく成長していこう、と意欲的に取り組めるようにもなりました。

 

 

 

温泉地

 

 

 

…とは言っても、やはり私もあなたも人間ですから、疲れます。
不安定な心を持ってもいますから、時に「なんかしんどい、めんどくさい」と
前向きにいかない時もありますよね。
→人生楽しく生きる方法。大事なのは「切り替えること」
→自分の好きなことをするからこそ成功する人間になる

 

そんな時には、例えば「リフレッシュ休暇だ!」なんて割り切って一度、
全く関係ないことをしてみたり、日帰り旅行をしたり、…と意図して
「自分を癒す時間」を取ることにしています。

 

 

いわば、嫌な言い方をすれば「ブログ更新をサボる」というわけですが、
それでも「サボる」自分に罪悪感を持っていれば、なかなか思い切りのよい
行動もできません。
しかし、「いいや、最近ちょっと疲れてるしリフレッシュは大事!」と割り切って
サボることを自分によし、としていれば罪悪感などそもそも生まれません。

 

白黒付けて自分をがんじがらめにしてしまうよりも、時には羽目を外して
自分に「グレーな部分」を認めてみるのも、必要以上に気負わず気楽に過ごせる
方法ではないかと、そのように思います。
→停滞期を脱出したい時。乗り越え方のポイントとは?

 

 

実際に、たった一日でも思い切ってリフレッシュすることで、気分転換になり
「記事を書くこと」を忘れて思いっきり楽しめると、刺激にもなります。
普段やらないことに取り組めれば、「普段の生活と違うサイクル」を意図して
体験することになるので、脳が活性化されるのもうなずけますよね。
→意図的にワクワクする方法。人生のささやかな楽しみを見つける
→楽しい人生を送るための工夫と生き方とは?

 

 

そして、大事なのは「リフレッシュしたなら、また戻ってくる」こと。
早い話が、リフレッシュしてそこでダレてしまい、せっかく付けた「記事を書く
習慣」をやめてしまえば全て水の泡、となります。

 

一度自分で「やる」と決めたことは、とりあえず何も考えず「最後までやる」。
最後まで見届ければ、どのような結果になっても必ず納得いくはずです。
自分で決めたことを、やり遂げたのでそこに達成感や充実感が残るためですね。

 

 

調子が悪い時に無理して頑張る必要はないけど、自分で「やりたい」と決めた
ことですから、最後までやり遂げられるはず。

 

同じことを続けていれば、次第にそれは習慣になり、効率よくこなせるやり方も
わかってだんだん時間が短縮化されてきます。
成長している自分に、時折嬉しくもなります。

 

 

成長の実感を味わえる時というのは、「同じ物事を長く続けた時」です。
一足飛びにいかない人間だからこそ、長い目で見た時の「成功」を夢想する。

 

今この時だけに黙々と集中し、余計なことを考えず「自分の成長」を楽しみながら
時にリフレッシュを交え、頑張りすぎず「長い目で見て」一ヶ月後の成果より、
一年後の「働かずに自由に暮らせる未来」を夢想する。
ただそれだけで、必ずあなたの理想の「本当の自由」は手に入ります。

 

 

ここまで、長い文章を最後まで読む根気強さと精神力のあるあなたですから、
ご自分を信じて必ず「働かずに自由に暮らせる未来」を手に入れるための
行動を続けられるはずと、そのように思います。

 

一緒に、自由を手に入れた暁には笑って成果報告を交わし合いたいものですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。