ブログ初心者がコピーライティングスキルを高めるコツ

アフィリエイトブログを始めたばかりの、
初心者であればあるほど頭を悩ませるのが「ブログ記事を書くこと」。

 

 

ブログは、そのほとんどが文字による媒体。だからこそ、「人の心を動かす文章」
を意識的に書く意味でも、コピーライティングスキルは必須です。
→アフィリエイトを必ず失敗する人とは?
→コピーライティングを使うと楽して稼げる理由

 

 

しかし、初心者だからこそやはり「記事を書く」ことの重要性はわかっていても、
「うまく書けない!」「どうやったらスキルアップできるのか?」
と頭を悩ませがちですよね。

 

どうせ書くなら、考えずにスラスラ言葉が出てくるレベルまでスキルアップし、
一日に複数の「心動かせる記事」を難なく仕上げられるようになりたいものです。

 

 

・よく言われるのは「とにかく書け!」ということだけど…?

・ブログアフィリエイトの初心者だからこそ、まずは「量より質」
・計画性を持ってライティングスキルを確実に高めるコツ

よく言われるのは「とにかく書け!」ということだけど…?

コピーライティングスキルを高めたい!…と思ってまず一番に思うことは、
「どうすれば、高めることができるか?」ということですね。

 

うまく、早く書けるようになる方法を求めてネット上で検索に掛けると、
たくさんの情報があなたの目の前に広がります。
そして、そこでよく目にする言葉は「考える前に、とにかく書け!数をこなせ!」
…ということ。

 

 

ブログは、冒頭でも言ったように「そのほとんどが、文字による媒体」です。
だからこそ、ライティングスキルを高めるために「数をこなすこと」が
重要なのは、間違いのないことです。
そういう意味では、確かに「とにかく書け」という主張も理解できます。

 

 

しかし、ここで一つ問題が浮上するのも事実です。
その問題とは、「正しいスキルを身につけていないうちから、いくら数を
こなしても『人の心を揺さぶる、成約の取れる記事』は書けない」ということ。

 

 

つまり、「コピーライティングスキルを身につけ、正しく吸収してから
記事を書かないと、いつまで経っても成功できない」ということです。

 

一体、どういうことでしょうか?

ブログアフィリエイトの初心者だからこそ、まずは「量より質」

ここで、過去に私が「コピーライティングスキルの重要性」にまだ
気づいていなかった頃、犯した過ちについてお話ししたいと思います。

 

 

初めてブログを開設した頃の私は、とにかく「早く稼ぎたい!」という思いが
先立って、「どうすれば稼げるようになるだろうか?」ということにばかり
意識が取られていました。

 

稼げるようになりたいから、とにかくまず「見てもらえる記事の量」を増やそう。
記事の量を増やすには、とりあえず文章を書かなければいけない。
よし、そうと決まったら大量の記事を書き溜めよう!

 

 

…このように、とにかく「稼げるブログを作るためには、記事の量が命」だと
思っていたからこそ、当時の私はただひたすらに記事を量産していました。

 

 

稼げるブログを作るためには、記事の量が命。
確かに、一見するとこの主張は間違ってはいません。「見てもらえる記事」が
そもそも存在しないブログに、価値がないのは言うまでもないことですよね。

 

しかし、これには最重要とも言える「前提」が存在します。

 

考えてもみてください。
私たちがブログを書くそもそもの目的は、「働かずに自由に暮らせる未来」を
手に入れることですね。

 

 

 

カフェ

 

 

 

そして、そのために「読者の心を揺さぶる、想いのこもった文章」を一つ一つ
書き上げる必要があります。

 

なぜなら、財布からあるいはカードから「お金を払う」と意思決定をするのは
読者だからです。
そもそもの話、読者が文章に心を動かされ、「この人から買いたい!」と
思ってもらえないことには、お金が動くことはないからですね。

 

 

そして、読者があなたの商品を買いたい、と思ってくださる瞬間というのは
「文章に心を動かされた時」。価値ある、ためになる面白い記事を読ませてくれた
からこそ、読者はあなたを信用する。「この人になら、お金を払ってもいい」と
思ってくださる。

 

そのためにこそ、コピーライティングという「人の心を動かす文章スキル」が
活きてくるし、必要不可欠と言えるわけですね。

 

 

…いかがでしょうか?

 

この「前提」を理解していない、加えて「人の心を動かす文章スキル」の存在を
軽視し、まだ身につけていないうちからいくら文章を量産しても、そもそも
「つまらない、退屈な記事の量産」にしかならないので、そんな状態でいくら
数を増やそうが、「いつまで経っても成約は取れない」んですね。

 

 

当時の私も、そのことに気づくまでに随分と時間が掛かりました。
そして、「とにかく書け!」と言われるその言葉の前には前提として
「正しいスキルを身につけてから」という言葉が潜んでいる。

 

そのことに気づいてからは、ひたすらライティングスキルを高めたお陰で
今、一日に何記事もこなすのが苦ではなくなり、結果的に
「楽して、当初より遥かに質の高い記事を量産する」ことが可能になりました。

計画性を持ってライティングスキルを確実に高めるコツ

人間は、一つのことを吸収するのに時間や期間の掛かる生き物です。

 

そして、「一度吸収し、マスターした物事は『楽にこなせるようになる』」
という、特性を持ってもいますね。
→アフィリエイト初心者がブログで失敗しないために

 

 

なぜなら、一度苦労して「正しい取り組み方、やり方」を経験や身体で覚え込んだ
からこそ、次にやる時には既に「勝手がわかっている」ので、苦労せず行える。

 

例えば、自転車や水泳、絵画や料理など「一度覚えた」からこそ、次から楽して
しかも時間を掛けずにスイスイこなせる経験は、あなたにもあると思います。

 

そして、他ならないコピーライティングスキルも、同じことが言えます。
つまり、「一度正しい知識とスキルを身につければ、何度でも楽に活かせる」
ということですね。

 

 

コピーライティングスキルの基本は、「相手の立場になって考えること」。
要は、「自分よりも、まず読んでくださる読者の利益を意識して、感情を
揺さぶる構成を心掛ける」ことですが、このスキル、一度マスターしてしまえば
以後死ぬまで、文章の中に活かすことができます。

 

 

例えば、一度ブログを作った後更に「違うブログを作りたい」と思えば、そこから
既に持っているライティングスキルを活かして、新たに「人の心を動かせる記事」
を量産できる、ということになります。

 

時代が変わっても、コピーライティングスキルが廃れることなく使えるのには
明確な理由があります。

 

 

それは、そもそもライティングスキルは「時代や流行に左右されないから」です。
人間心理とは、遥か昔から既に先人によって「この場合には、こういった行動を
取る」「この場合は、人はこのような欲求を抱える」など解明されています。

 

 

 

木の実

 

 

 

だからこそ、その心理に沿ったライティングスキルは例えこの先、時代が
変わろうがAIが人間の代わりに働くようになろうが、人間心理が変わらない限り
「未来永劫、人の心を動かすことができるスキル」と言えます。

 

 

コピーライティングスキルの重要性と、この先廃れることなく「死ぬまで稼げる」
理由を、あなたにもお分かりいただけたことかと思います。

 

→「現代広告の心理技術101」レビュー

 

 

そして、先ほども言ったように「人間は、マスターした物事を楽にこなせる
ようになる」生き物。

 

だからこそ、一度マスターしたコピーライティングスキルを「更に高め、
ますます文章に磨きを掛ける」ことができれば、より心を揺さぶり、
効率よく記事作成がこなせる、とあなたは思いませんか?

 

 

成功する人は、例え一度成功を手に入れたとしても「そこから学ぶことを
やめない人」です。
成長をやめないからこそ、一度手に入れた能力も廃れることなく維持し続け
られるし、何度も繰り返し使うことで「ますます磨きがかかる」。

 

→「慢心すること」が成功への大きな妨げになる

 

 

お分かりでしょうか?
つまりは、ライティングスキルも「一度マスターしたからとそこで学びを止める
より、文章を書き続けることで更にキレのある文章が書けるようになる」。

 

 

冒頭で言った「とにかく書け」という主張は、この時点から活かせる、とも
言い換えることができます。
ライティングスキルを身につけ、正しい人間心理を学んでから「数をこなす」。
つまり、「質」を思う存分に高めた後「量」をこなし、
更に「質」に磨きを掛ける

 

これができれば、「ますます読者の心を動かし、更に早く書けるようになり、
おまけにどんどん考えずに楽して作業できるようになる」現実が手に入ります。

 

 

私も、現に一日2記事〜書いても余裕を持ってゆっくりお茶を飲める時間が
取れるようになりましたし、むしろ「書くこと」そのものが楽しくなりました。

 

「今日は、どんな記事を書こうかな」「どんなことを書けば、読者さんの
役に立てるだろう…」などを考え、「記事を読んでくださった読者の反応」を
想像しながら書くのが、今ではとても楽しみです。

 

 

コピーライティングスキルを高める最大のコツは、「まず、スキルを正しく
身につける」→「その後、数をこなしてますますスキルアップを図る」

 

 

記事作成を「作業」と考えず、その作業をも楽しくこなせるようになれば、
自然と「読者に喜んでもらいたい」という想いが、意識的に心に住み着く
ようになります。

 

読むほうはもちろん、書くほうもどうせなら楽しく継続していきたいですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。