どうにもならない問題への、最も正しい対処法

問題、と聞くとあなたはどのようなイメージが浮かびますか?

 

 

「問題があるなら、早く解決するに越したことはない」

 

「さっさと解決しておかないと、後々大変なことになるかもしれない…」

 

「解決するからこそ、スッキリして晴れやかに過ごせるよね」

 

 

問題と聞けば、こんな風に考える人が多いことでしょう。

 

かくいう私も、昔はずっと「問題=解決するもの」と思っていました。
もしかすると、あなたもそうだったかもしれませんね。

 

 

しかし、解決できる問題ならいいのですが。

 

一方で、「いくら頭を悩ませても、絶対に解決できない」
どうにもならない問題。…ありますよね。

 

こんな時に、「なんとかしよう!」と解決することを目的にすると、
途端にあなたばかりが、理不尽に疲れるのです。

 

 

「話し合い」による「どうにもならない問題」、
そして「どうにもならない問題」に直面した時の、最善の方法。

 

詳しくお伝えしていきますので、最後までご覧になってください。

 

 

・話し合いがうまくいかない時、成立しない時

・無理に向き合うと自分ばかり疲れる
・解決しないと「幸せになれない」わけじゃない

話し合いがうまくいかない時、成立しない時

人には、それぞれ個性や価値観の違いがあります。

 

ですから例えば、話し合いをしても。

 

「意見の食い違い」により、
平行線でいつまでも、一向に解決しないこともあります。

 

 

すぐに解決する些細な問題や、
お互い「相手の主張を理解し、ある程度折れる」ことができれば、
また話は別です。

 

しかし、そうはいかないことも多くあるものです。

 

 

例えば、お互いに「自分」というものをしっかり持っており、
なかなか相手の主張を聞き入れられず、
どこまで行っても平行線をたどる場合。

 

そんな時、無理に「なんとかしよう」として話し合いを続けても、
互いに疲れるだけで、解決する可能性は極めて低いでしょう。

 

 

なぜなら、そもそも互いに「相手の主張を聞き入れる」つまり、
理解する気がないからです。

 

解決(または終了)するには、「どちらか(または両方)が、
折れて相手の主張を聞き入れる」くらいしか、道がないせいですね。

 

 

少し、考えてもみてください。

 

 

「こうと言えば、こう!」と主張しても、相手が折れてくれればいいですが、
相手もまた「それは違う、こうだ!」と一本調子で言われれば。

 

どこまで行っても、交わることなく平行線になってしまいます。

 

こんな時に、無理して「問題解決」を目指して、
平行線の話し合いを続けても結局、疲れるだけですよね。

 

 

お互いに、「相手の意見を尊重する」気持ちがなければ、
それは「話し合い」と言うより、ただの「意見のぶつけ合い」。

 

 

話す相手、自分の言葉を聞いてくれる相手がいるからこそ、
より冷静に相手のことを思って、一語一句つむぐ。

 

そのほうが、よほど互いに気力体力を消耗しないのです。

 

 

どうせなら、自分を尊重し、相手を尊重しながら。
平和的な話し合いで終わらせたい、と思いますよね。

 

 

 

鉛筆

 

 

 

そして、話し合いがそもそも成立すればいいですが、
成立しない場合も、実際にあるのでした。

 

 

例えば、夫と妻の「意見の食い違い」から、
一方が「解決したい!」と思って話し合いを申し出たとしても。

 

そもそも、もう一方が「聞く耳を持たない」場合もあります。

 

 

「話し合いなんだから、聞くのが当たり前でしょう」
と思われるかもしれません。

 

しかし実際に、「人の話を聞く気がない人」「人が話していても、
無視してどこかへ行ってしまう人」は、いるものです。

 

 

どうでしょうか。

 

そもそも、どちらか一方でも「聞く気がない」「話す気がない」
なら、話し合いそのものが成立しませんよね。

 

こうなってしまえば、ケンカどころか解決など、夢のまた夢です。

 

 

このように、「そもそも話し合いが成立しない」こと、
「話し合っても平行線で、一向に解決しない」ことがあるからこそ。

 

どうにもならないなら、無理に解決しようと話し合いを進めても、
結局消耗するだけで、互いに疲れるだけだ…と、そう思います。

無理に向き合うと自分ばかり疲れる

疲れるし、いざ向き合ってみても一向に解決する素振りがない。

 

どうにもならない問題は、やはりどうにもならない。

 

それなのに、「解決すること」を目的にして、
本当はしたくもない、話し合いを続けることに、意味などあるでしょうか?

 

 

これが、「ちょっとした思い違い」など、すぐに解決する問題なら、
少し話し合ってみるのも得策だと思います。

 

例えば、家族間の話。

 

「ここに置いた○○がないんだけど、知らない?」
「ああ、それなら必要だったからちょっと使ったんだ。
断りもなく、悪いね。明日、持って帰ってくるから」

 

…のように、単純なこと。

 

話をすることで、お互いに疑問が解け相手の考えがわかり、
心にモヤモヤと溜まった想いも浄化されて、スッキリするからですね。

 

 

確かに、このように「話し合いで、ケリをつけてスッキリできる」のなら、
話し合いにも価値があります。

 

そして、そのような場合にはむしろ率先して、
話し合うのが有効だと言えます。

 

互いにわだかまりが消え、スッキリするからこそ、
心の中に余計な感情を溜めずに済むのです。

 

 

しかし、やはり問題は「解決する見込みのない問題について、
いつまでも話し合う時」なのでした。

 

 

例えば、「家電が壊れたので、話し合って新しいものを買いに行く」
などなら、
明確なゴールと答えが見えているので、
積極的に解決に向けて動くのは、賢明な判断です。

 

 

このように、すぐに解決できる問題がある一方で、
残念なことに、すぐに解決できない問題も、ありますよね。

 

 

だからこそ、今すぐ「解決すること」にとらわれて、焦って動こうとしても。

 

例えば機関車なら、「錆びていて動かない」ことも、あるかもしれません。

 

「動かないものを、無理やり動かそうとする」のは、
他ならないあなた自身が疲れる、最大の原因となります。

 

 

今動かないなら、何も無理に動かそうとしなくて、いいんです。

 

少しずつ油を注して、動くよう修正することもできます。

 

「今は動かない」と受け入れつつ、
時間をかけて修復することも、できるんです。

 

どうにもならない問題は、ほうっておくのが最善なんです。

 

 

それこそが、なるべく「動かないこと(問題)」にとらわれず過ごせる、
快適な時間の使い方だと、そのように思います。

 

 

最後に、「問題は、解決しないほうがかえって幸せに過ごせる」
理由を、述べていきますのでそのまま進んでください。

解決しないと「幸せになれない」わけじゃない

人間誰しもやってしまいがちなのが、そこに「問題がある」とわかると、
なんとしてでも「解決しよう」とすることです。

 

 

「いや、問題があるんだから放置したって、気分はスッキリしないでしょ?」

 

「問題があるのがわかってるのに、放置するなんてただの逃げじゃないか」

 

 

もしかしてあなたは、このように思われたかもしれません。

 

しかし、やはり「解決できる問題」はいいとしても、
「(今)解決できない、どうにもならない問題」があるのは事実です。

 

だからこそ、その「解決できない問題」について、
あれこれ考えて気分を悪くしてしまうのなら。

 

いっそのこと、
「今は考えない」という選択肢もありだと思います。

 

 

そこで、新たにあなたはこのように思われるかもしれません。

 

 

「今解決しないで、いつするの? 結局、先延ばしにしたいだけじゃない?」

 

 

確かに、問題があるとわかっているからこそ、
なるべく早く片づけるからこそ、スッキリするものです。

 

そして、スッキリしない「どうにもならない問題」は、
私たちのストレスの一因になるかもしれません。

 

 

しかし、少し考えてみてください。

 

「問題」は、果たして「必ず解決しなければいけないもの」なのでしょうか?

 

 

「一体、どういうこと?」
学ぶ意欲の高いあなたは、こう思われたでしょうか。

 

 

例えば、問題があっても気にせず、気楽に過ごすことはできます。

 

 

一時は向き合ったにしても、今は「解決できない」ことがわかったからこそ。
一旦放置して、気にせず「問題視せずに、幸せに過ごす」ことはできるのです。

 

 

問題があるからと、常に意識を取られ「解決しないと、夜も眠れない!」
とあくせく過ごすのは、当然身体にも心にもよくありませんよね。

 

つまり、問題を「問題視する」せいで、
その問題がより巨大で、深刻なもののように感じられてしまうのです。

 

 

だからこそ、焦って「早く、なんとかしなきゃ!」と思うのだと思います。
私も気が小さかったのか、ずっと焦っていました。

 

 

そもそも、既に何度も向き合ってみても、それでも一向に答えの出なかった問題なら。

 

なおのこと、「今、無理に解決できる」はずがないんです。

 

 

 

自転車と

 

 

 

なぜなら、そもそも「解決法をわかっていない」あるいは、
「今は、その問題を解決できる時じゃない」からです。

 

人生、努力しても「今は」どうにもならない問題もあるんです。

 

 

人との話し合いにしても、相手が「聞く耳を持ってくれない」のに、
無理やり話し合いに参加させても。

 

恐らく相手は、真面目に向き合ってはくれません。

 

しかし、人間ですから私たちは、誰もが「時を経て、少しずつ変わる」
ことのできる生き物なんです。

 

 

だからこそ、「今は」向き合って、話してくれないかもしれないけど、
例えば1年後、2年後。

 

たくさんの経験に触れ、気持ちや考え方にも変化が生まれ、
やがて「気持ちよく、向き合ってくれる日」が来るかもしれません。

 

 

「今まで向き合ってくれなかったのに、そんな可能性に期待できないよ」
「それって、ただの希望的観測じゃない。確証がなさすぎるよ」

 

 

と思われるかもしれませんが、それでもどちらにせよ、
「今話し合える状況ではない」のに、無理やり話し合うのも、
結局絶望的というものです。

 

なら、いっそのこと時間に任せて「いつか、話し合えるようになる」
と信じて今はただ待つのも、一つの選択肢だと思いませんか。

 

 

私も、「人の話に聞く耳を持たない、自分のことばかり」の人間でした。

 

しかし、自分と少しずつ向き合ったことによって今は、
その頃とは違い。

 

かつての態度を反省し、
少しずつ人と向き合うことができるようになりました。

 

 

まだまだ、いたらないところがある人間です。

 

未熟なところが多く、偉そうなことを言っても多くの人に支えられて生きている、
欠陥ある人間だと、そう思います。

 

 

しかしそれでも、以前と比べて成長した自分を実感できています。
自分の人生を、自分で努力して好転させようと思いました。

 

だからこそ、「歳月を経て、人は変われる」ことを、
私は身に沁みて実感しました。

 

そして私が変わったことで、周りの人にもいい影響を与えていけたら…
などと浅はかながら、そのような考えも強く持っています。

 

 

相手が変われば、いつの日か話を聞いてくれる時が来るかもしれない。

 

そして、もしかすると自分が変われば、「話し合い」や「問題解決」
そのものを重要視しなくなり、気楽に過ごせる日が来るかもしれません。

 

余計な考えに支配されないからこそ、私たちは気分よく過ごせるのです。

 

 

どうせ生きるのなら、未来にも希望を持って、
一日一日を重みのあるものとし、大切に過ごしたい。

 

そして今できることに精いっぱい取り組んで、後悔せずに過ごしたい。

 

 

私はそう思ったので、「自由になる」方法を選びました。

 

どうにもならない問題は一旦置いておき、自分の人生、
「努力」でどうにかなるなら、少しずつ進もうと思いました。

 

 

もし、あなたも自由に興味があれば以下もご覧になってみてください。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来


「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。