働かずに稼ぐことで自由な未来を手に入れる

こんにちは、りうるです。

 

世の中には、「お金を稼ぎたいけど、
本当は働きたくない」人がたくさんいます。

 

 

私もそのうちの一人ですし、「お金を稼ぎたい」意思はあるものの、
社会に出てわずらわしい人間関係の中、

 

自分の自由時間をほとんど犠牲にしてまで働くことには、
常に疑問を感じています。

 

 

今回は、「働いていなくても幸せになっていい」その根拠を、
私なりの想いと共にお話ししていこうと思います。

 

 

働かなくても自由になる権利はあるということに気づいて、
これから先あなたが幸せに暮らしていくためにも。

 

さらっと読んでみてください。

 

 

・「本当は働きたくない」と思うのは正常な証

・働いていなくても、自由を手に入れ幸せになっていい理由
・まずは「自分の生活費を稼ぐ」ことを目標に、一歩ずつ進む

「本当は働きたくない」と思うのは正常な証

一日の大半を労働時間としてあてられ、自由を犠牲にし、
人間関係に気を遣い、毎日必死に働いて得られるお給料は、

 

たかだか一月生活できればいいほどの額。

 

 

こんな環境を国や社会から無理強いされていれば、
誰しも「働きたくない…」と思うのは、むしろ極めて正常な証拠です。

 

 

それこそマゾでもない限り、
国や社会にこき使われてトップの人たちを自由にさせるために、
毎日身を粉にして精神をすり減らして働く…

 

そんなことを進んでしたがる人は、どこにもいなくて当然です。

 

 

あなたにしても、それは同じなのではないでしょうか?

 

 

一部の他人を儲けさせるため働くだなんて、
バカらしくてやってられません。

 

何より、働いても働いても労働時間の割にもらえる給料のあまりの少なさに、
社会の理不尽さを実感し、ますます不満ばかり増えますよね。

 

 

大体、同じ「人」が「人」によって雇われて使われるなど、
そこからしておかしな話だとは思いませんか?

 

 

自由だの、平等だのと言っておきながら、
実際の実情は国や社会のトップ、社長たちが偉そうにふんぞり返る一方で、

 

私たち一般市民は彼らの私腹を肥やすため、
来る日も来る日も労働させられる…

 

 

そんなおかしな話が、
さも「当たり前」のように繰り広げられるこの世の中で、

 

なんの疑問も抱かずに社会のひとコマとして溶け込むのは、
少なくとも私にはできませんでした。

 

 

 

ビジネスマンの足元

 

 

 

同じ「人間」であるはずなのに、
地位や名誉があるというだけで「俺は偉い」と、

 

トップでのさばっていていい、
などという理不尽な理屈はそもそも、
世の中がいかに平等でないかを物語っていると思います。

 

 

上に行けばいくほど、働かずに儲かるシステムがあるからこそ、
誰しもが安定した暮らしを求め、
出世を望んで一般社会では必死に働きます。

 

 

つまり、「出世」と「安定」をエサにトップにとって都合のいい、

 

「自分たちを儲けさせてくれるコマ」として私たちは扱われていると言っても、
残念ながら間違いではないのが現状です。

 

 

自分たちが上に行くためにと、必死になって働き人を押し退けてでも
出世することを望むと、汚い人間性に染まってしまいやがて、

 

心も身体も貧しく卑しい人間へと成り下がってしまいます。

 

 

「自分さえ良ければ、人のことなどどうでもいい。」

 

 

そんな考えの人たちは、
例えトップで成功していても不祥事や都合の悪い事実をもみ消したり
「記憶にございません」と平気でごまかします。

 

 

自分たちが儲けてさえいればいい、と思う人ほど会社の金を勝手に使い込んだり、
バレる頃を見計らって姿を眩ましたり、
と人を騙す自己中心的なことばかり考えつきます。

 

 

こんな汚い社会の一つのコマとして組み込まれれば、
やがて私たちも身も心も社会の波に揉まれて汚されていくのは、
目に見えていますよね。

 

 

そんな荒波に揉まれ、「汚い人間」には決してなりたくないので、
私は今後社会に出て働くことは二度としない、
と固く決心しています。

働いていなくても、自由を手に入れ幸せになっていい理由

何も、世の中で働いている人たち皆が皆、
「汚い人間」であるなどと軽率なことを言っているわけではありません。

 

 

社会の荒波に揉まれても、
自分を失わず純粋で綺麗な心を持ったままの人は
大勢いらっしゃいます。

 

そして、誰もが自己中心的な考えを持って、
出世や安定に囚われている、というわけではありません。

 

 

ただ、一般社会に身を置く期間が長ければ長いほど、
やがて身も心も荒波に揉まれ薄汚れていく可能性は上がってしまいます。

 

そして、一方で一般社会に馴染んでいなければ、
安定や出世を気にすることもありません。

 

 

まるで「働くのが正義」のような風潮は、
国や社会が私たち一般人を彼らにとっての、

 

「都合の良いコマ」として育て上げるために、
幼少期から私たちに押し付けた、彼らの価値観です。

 

 

働くことに疑問を持ったり、
働かずに稼ぐ方法に気づかれては国や社会は、

 

「自分たちを儲けさせてくれるコマ」が減ってしまい、困るからこそ
私たちに学校教育や社会の風潮を押し付け、「都合の良いコマ」として育てる。

 

 

私たちが、国のトップを儲けさせるためだけに自由時間をほとんど犠牲にし、
必死になって働く理由など本当はどこにもありません。

 

 

 

参勤交代

 

 

 

今の時代は、誰もが「働かずに生きていける時代」です。

 

ですから、尚のこと「国のトップを儲けさせるため」
身を粉にして働く理由や必要など、ないのですね。

 

 

実際に、働かないで生きることを実現している方はこの国にもたくさんいます。

 

彼らはごく正当な方法で、他人を押し退けて自分がのさばるのではなく、
むしろ「他人を幸せにし、感謝されお金をいただく」ビジネスを行っています。

 

 

アフィリエイトとは、他人に感謝されるビジネスです。
どういうことか、あなたはご存じでしょうか?

 

 

例えば、社会にならって会社に雇われ、
月々のお給料をいただいていてはいつまで経っても、
「突き抜けて稼ぐ」ことはできませんよね?

 

あなたが仮に同期を押し退けて出世しても、
恨みを買うことはあっても感謝されることは、まずありません。

 

 

「競争社会」の中で生きていれば、
人間いつの間にか穏やかさや謙虚さを失い、傲慢になります。

 

そしていつもあくせく、「人を出し抜くこと」ばかり考える不機嫌で、
卑しい人間になっても残念ですが仕方がありません。

 

 

一方で、働かずに感謝されるビジネスとは、
「人に自分の持っている価値を最大限提供し、
その対価としてお金をいただく」ビジネスです。

 

 

そこに、人間関係は一切ないので派閥争いも、
誰かを押し退けてのさばる競争も何一つありません。

 

ですから、あなたが「卑しい人間」になる可能性はそもそもゼロです。

 

更に、「雇う」ことも「雇われる」こともない、
一人きりで行えるビジネスなので出世というシステムは、
そもそも存在しません。

 

 

自分の持っている価値や情報を人に与えられるからこそ、
与えられた側には「貴重な情報をありがとう」と感謝されて、
あなたの懐も裕福になる。

 

感謝されて、十分なお金までいただけるなど、
これほど素晴らしいビジネスを始めない手はない、
と思いませんか?

 

 

自分が働かなくとも、人に価値を提供し感謝され、
正当にお金をいただける。

 

このように「人と争わず」世の中の役に立てる可能性が、
私たちにはあるわけです。

 

 

こんな風に穏やかなネットビジネスを着々と進めていけるのなら、
もうあなたが社会の一員になって、コマのように働く理由はありません。

 

 

「働かずに世の中に価値を提供し、感謝される」からこそ、
「働かない」ことに囚われず正当にお金をいただき、
幸せになれるのかもしれませんね。

まずは「自分の生活費を稼ぐ」ことを目標に、一歩ずつ進む

私たちが、まず最初にアフィリエイトで目指すことは、
「働かずに自由になる」。

 

つまり、「アフィリエイトで自分の生活費を稼ぐこと」ですね。

 

 

一人分の生活費とすると、
せいぜい月に20〜30万あれば十分ですよね。

 

このくらいの額を稼ごうと思えば、
3万円の情報商材を月に10人に購入していただければ、
あなたが今後生活費に困ることはない、ということになります。

 

→情報商材アフィリエイトを選ぶべき理由

 

一つのブログやメルマガで2〜3ほどの商品を売れば、
売り上げも2倍、3倍になります。

 

更に、自分で作った情報商材であればそもそも、
成果報酬は100%になるので3万円のものなら、
10人に売ってちょうど30万円、ということになりますね。

 

 

あなたがやることと言えば、まず最初にブログを作り、
記事を書き溜め徐々にアップしていき、読者を集めること。

 

人の心を動かす文章スキル」で読者の信頼を得て、
商品を買っていただき感謝され、
更にメルマガや新規ブログでビジネスを思うまま拡大させていく。

 

これだけです。

 

お問い合わせメールの返事や、ブログ記事のたまの更新などはありますが、
それでも週に2〜3時間ほどの時間を取れば十分、
間に合いますよね。

 

 

 

メールを打つ女性

 

 

 

お分かりでしょうか?

 

正しく稼げる仕組みづくりさえ行えれば、後は放置しておけば遊んでいても、
寝ていてもお金を稼ぐことができるシステム。

 

それが、アフィリエイトビジネスです。

 

 

月に20〜30万稼ぐ程度であれば、
自作情報商材でなくともインフォトップなどASPに登録し、

 

信頼できる人の情報商材を売れば、
あなたにも売上金が入ってきます。

 

 

安定して稼げるようになったら、「もっとビジネスを拡大したい」
と思った時に今稼いでいるシステムを応用し、

 

「もっと稼げるシステム」として拡大し
更に収入を増やすこともできます。

 

 

月に100万稼ぎたい、
と思えばメルマガ配信で顧客にダイレクトに情報発信したり、

 

別のブログで有益な情報発信をして売り上げを増やしたり、
自作教材で100%の利益を得て、収入を増やしたりと道はたくさんあります。

 

→情報商材アフィリエイトで月300万楽して稼ぐ方法

 

 

現に私も、月に100万以上を安定して売り上げる方の
「アフィリエイトの教科書」を使って、売り上げが立つようになりました。

 

まずはこの教材を使って生活費分を稼ぎ、
余裕ができたらビジネスを少しずつ拡大し、
売り上げを増やすことを最終的にこのブログでは目指しています。

 

 

アフィリエイトビジネスで手に入る「4つの究極の自由」が、下記です。
時間、お金、人間関係、住む場所。

 

・あくせく働いて、自分の自由時間をほとんど犠牲にすることもなく、

 

・お金に悩まされ、借金や収入の少なさに不満ばかり並べ立てることもなく、

 

・自分が付き合いたい人とだけ付き合い、いらない人間関係は全て捨て、

 

・苦手な人と顔を合わせることもなく、住む場所を自分で決められる自由。

 

これらを実際に自分の手で手に入れるため、
私たちはこれから「働かずに自由に暮らせる未来」目指して、
アフィリエイトの仕組みづくりを行います。

 

どうですか。
夢のようだとは思いませんか?

 

 

自分の生活費を稼げるようにあなたがすること、
と言えば仕組みづくりを行い
それを「稼げるようになるまで継続する」ことだけ。

 

 

それさえできれば、もうあなたが一般社会の一つのコマとして働く必要も、
理由も金輪際なくなるんですね。

 

 

じっと待っていても、
あなたの望む未来が手に入ることはありません。

 

アフィリエイトビジネスにしても、
正しく「稼げるまで諦めず継続する」ことができて初めて、
あなたの理想の未来は手に入ります。

 

 

諦めて、
自分の大切な自由時間を社会に捧げる生活を完全に放棄するためにも。

 

アフィリエイトであなたの理想の「働かずに自由に暮らせる未来」を、
手に入れるために少しずつ行動するのが賢明な選択だと思います。

 

 

本当は働きたくないと本気で考えるなら、
他の記事も参考に読んでみてください。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。