好きなことをすることで嫌われることを恐れない

アフィリエイトブログを始める時に、
気をつけておきたいことがあります。

 

それは、「自分の好きなことをすることで、他人に気を遣わない」
こと。

 

 

特に、記事を書く際に気をつけておきたいことです。

 

無用な失敗を防ぎ正しく継続するためにも、
今のうちに吸収して成功を早めてしまいましょう。

 

 

・ブログでお金を稼ぐことにためらいを持たない

・「好きなことをする」ことに他人に遠慮する必要はない
・自分のやりたいことをはっきり発信できるからこそ、信用を得る

ブログでお金を稼ぐことにためらいを持たない

あなたがアフィリエイトを始めようと思ったのは、
どうしてでしょうか?

 

 

このブログで主張しているのは「働かずに自由に暮らせる未来」
を手に入れることです。

 

そのために、「自分でお金を稼ぐ力を身につけ、自立する」
ことをテーマに日々発信を続けています。

 

 

お金の不安を取り除き、時間、お金、人間関係、住む場所。

 

これら4つの究極の自由を手に入れるため、
私たちは資産となるブログづくりを行っています。

 

 

そして、自分でお金を稼ぐには文章スキルを高め、
「正しい仕組みづくりを継続する」ことが重要だと主張しています。

 

→コピーライティングをブログに取り入れれば稼げる理由
→働かないで生きるためにネットで稼ぐ方法を身につける

 

 

私がブログを始めたのは、引きこもってきた10年間で嫌な思い、
つらい思いを経験し。

 

そんな中でも、前に進むことができるようになった際、

 

「もう自分と同じつらい思いをしている人に、
これ以上苦しんで欲しくない!」
と思ったのがきっかけです。

 

 

十分苦しんだからこそ、次は前へ向いて進むことに意識を向け。
同じ状況だからこそ、同じ目線で一緒に成長していきたい。

 

…と思ったので、私はアフィリエイトブログを始める決心をしました。

 

 

「引きこもり・ニートであろうが、どんな状況にあろうが楽しく
未来を見すえて過ごしていける」と気づいたからこそ。

 

それを、同じ状況の人たちに伝えて一緒に成長していきたい。

 

一緒に「働かずに自由に暮らせる」方法を身につけて、
実践していきたい…。

 

そう思ったのが、私がこのブログを始めた理由です。

 

 

 

ハートの風船

 

 

 

私のアフィリエイトを始めた理由を簡単におさらいしましたが、
この「最終目的」がしっかりしていればいるほど、ブレがなくなります。

 

→アフィリエイトビジネス成功者の特徴

 

 

どういうことか、お分かりでしょうか?

 

 

つまり、「絶対に自由に暮らせるようになる」
という目的をしっかり見すえているからこそ。

 

その前にある、「好きなことで暮らせるようになる」という手段、
つまり「アフィリエイトで稼ぐ」ことにためらいを持たない。

 

 

アフィリエイトを始める時は、どうしても「楽して稼ぐ」と耳にすると、
特に「そんな方法、私が選んでもいいのかな…?」と不安になりがち。

 

 

一般社会で今も汗水垂らして働く人がいる中。

 

自分は、ネットビジネスで悠々と生計を立てる道を選んで、
果たしていいのだろうか?

 

こんな風に、まるで悪いことをしているような気になってしまうんですね。

 

 

その理由を、あなたはご存じでしょうか。

 

やはり「アフィリエイトは楽して稼げる」というイメージが、
先に浸透しているからこそ、そう思うのですね。

 

 

確かに、最終的に「正しい仕組みづくり」さえ完成させれば、
アフィリエイトは楽して稼げる、というのは事実です。

 

しかし、その「楽して稼げる」部分だけ見た物言いをする人が、
アフィリエイトを軽く見たりまるで「ズルして稼いでいる」
ような言い草をするわけですね。

 

 

アフィリエイトで稼いだことがないからこそ、
最終段階の「楽して稼げる」部分しか見ようとしない。

 

つまり、過程を見ず結果ばかり見て「あいつはズルい!」と文句を言う。

 

プロ野球選手の努力も知らず、
「あの人は天才だから」と決めつけた発言をする。

 

→人と比べるのをやめると幸せになれる

 

 

アフィリエイトは、確かに楽して稼げます。

 

しかし、「始めた瞬間から楽して稼げる」わけではないし、
仕組みづくりを完成させるにはそれ相応の時間と労力が必要です。

 

 

そして、アフィリエイトは正当なビジネスです。

 

詐欺などと違い、「読者に価値を与え、その対価として感謝されながら、
お金をいただける、お互いに幸せになれるビジネス」です。

 

 

そこに、馴染みがないからと疑いを持ったり、「最初から楽して稼いでいる」
ような偏見を持つのは、
その人が単に「アフィリエイトのことを知らない」だけです。

 

 

知らなければ、好き勝手言えますよね?
やってみてこそ分かることが、アフィリエイトにはいくつもあります。

 

 

つまり、「知らない上で好き勝手に言っている人」を気にして、
あなたが「ブログでお金を稼ぐ」ことにためらいを持つ必要は全くない、
ということです。

「好きなことをする」ことに他人に遠慮する必要はない

アフィリエイトに限らず、
何をするにも必ずあなたに「反対する人」は出てきます。

 

 

英語の勉強を始めたら、
「そんなものより数学のテストの点を上げろ!」と言う。

 

読書を始めたら、
「家にこもってばかりいないで、外に出なさい!」と言う。

 

引きこもっている中少しお手伝いをすると、
「それよりまず、今日の求人広告は見たの?」
と口を酸っぱくして言う…。

 

 

何をやっても肯定されないと当然、
「やっぱりダメだ…」と気分が沈んできます。

 

それが、勇気を出して始めたことならなお、
「せっかくやったのに…」とやる気がなくなっても、仕方ありません。

 

 

そして、せっかく始めたことを認めてくれず勇気を折るようなこの言葉。

 

「お前にそんなこと、できるはずもないからやめておけ」。

 

 

先に言っておくと、あなたが始めた「好きなこと」を、
他人が侵害する権利は一ミリもありません。

 

例え親や教師でも、「あなたの人生」ですから、
「あなた自身」が決める権利を持っています。

 

 

他人に口出しする権利も、
土足で自分の領域まで踏み込む権利もないんですね。

 

 

 

土足

 

 

 

「そうは言っても、生活させてもらってる分にはやっぱり、
言うことを聞いておかないといけないんじゃ?」
とあなたは思うかもしれませんね。

 

 

特に、実家暮らしの引きこもりやニートで「収入がない」場合。

 

親に頼っていると、肩身の狭い思いをしますし、
強く意見を言えない気持ちもよく分かります。

 

 

しかし、「生活させてもらっていること」とあなたが、
「自分の道を他人に決められること」とは全く、別のことです。

 

 

仮に、「俺のお陰で飯が食えてるんだから、
お前は俺の言うことを聞くべきだ!」などと言われた場合。

 

その主張は、ただの「支配」であり言葉の暴力です。

 

 

そもそも、そんなことを言う人の心の中には「働いている=偉い」
の図式が成り立っていることになりますよね?

 

「働いていない=働いている人より格下」
とその人は思い込んでいるわけです。

 

 

人間の価値とは、「働く」ことで決まるものではありません。

 

そして、「何かをしている、持っている」から「偉い」
わけではありません。

 

→成功するには正しくマインドをセットする必要がある
→ニートや引きこもりだからと罪悪感を持つ必要はない

 

 

「何かをしている、持っている」から自分は偉いんだ、
と思っている人はそもそも、「何もない自分自身」に自信がありません。

 

つまり、その持っている「何か」を失ったら、
自分には価値がなくなると思っている。

 

 

だからこそ、周りから固めるために出世を望むし、
権力争いにも参加して地位や名声を手に入れようとする。

 

 

やがて金の亡者になったり、
定年退職しようものなら「お金を稼げない自分」
に価値がないと思っているので、

 

途端に生きがいがなくなり、
まるで生気を失った生き方になる…こんな方、実際にいますよね?

 

 

お金を持っている人、稼いでいる人が偉いのではありません。

 

現にお金を持っていなくとも有益な情報発信や、
価値ある情報提供はできます。

 

お金を稼いでいなくとも、
家族のため、人のために役に立つことはできます。

 

 

つまり、「お金を稼いでいようがいなかろうが、
人の価値は全く同じ」
です。

 

そこに優劣や格差など存在しません。

 

 

だからこそ、「自分を食べさせてくれる人」の言うことを、
あなたが聞かなければいけない、という「義務」はありません。

 

なぜなら、あなたは「お金を稼ぐ」以外のことで家族や他人に対して、
「価値提供」しているからですね。

 

 

食事を作ること、家事やペットの世話、家庭のだんらんかもしれない。
あるいは、ただこの世に「存在していること」かもしれない。

 

あなたがいるからこそ、
他の家族は淋しさを感じず生きられるのかもしれません。

 

 

あなたは、そこに「いるだけ」で価値を提供できている唯一の、
貴重な存在です。
だからこそ、お金を稼げていないと嘆く必要も悩む必要ももうありません。

 

 

好きなことを、好きなままにやる権利があるのですから、
思うままに羽ばたいてみていいんです。

自分のやりたいことをはっきり発信できるからこそ、信用を得る

私も、昔は「やりたいこと」があるのに、
なかなか一歩を踏み出せなかったり。

 

「そんなことするなら、働くことが先だ」
と思い込んでいた時期がありました。

 

 

その頃の私は「働くこと」に支配され、
「仕事するのが立派な大人だ」と社会に思い込まされていました。

 

「働きたくない」という思いを持っていても、
なかなか認められず、
「そんなことを思ってはいけない!」とずっと一人、苦しんできました。

 

 

だからこそ、今「働くこと」から解放されて。

 

ずっと悩んでいた苦しみが消え、
思うままに清々しく生きていくことができるようになりました。

 

 

働くこと以外でお金を稼いで、
「働かずに生きていける」ことを証明する。

 

そして、同じ思いをして今も苦しんでいる人たちの、
ほんの少しでも手助けになりたいし、勇気づけたい…。

 

 

そんな思いをはっきり発信することには、最初のうちは抵抗がありました。

 

 

そもそも、
ニートや引きこもりという時点で心証が悪いのは分かっていました。

 

そんな中で「働くことが正義」だと大半の人が思っている世の中、
自分の思いをウソ偽りなく発信していく…。

 

 

当然、非難や批判がとても怖かったですし、
それ相応の覚悟を持って始めました。

 

時には、自分の書いた好き放題な文章を読み返して、
身がすくんで。

 

「本当にこんなことを発信してしまっていいのだろうか…?」
と恐ろしくなることもありました。

 

 

 

本

 

 

 

しかし、それはただの思い過ごしだったと、今になってみて思います。

 

 

そもそも、私は世の著名人と違ってごく一般人ですし、
「一般人だから何を言ってもいい」などというわけのわからない暴論を
言っているわけではありませんが、

 

やはり影響力は極めて低く、反応も少なくて当たり前です。

 

 

→気にしすぎの性格を直して行動する自分になる
→自分の主張ははっきり言う。言葉を濁すべきでない理由

 

 

それでも、やはり私の思いを一個人として発信することの大切さを、
身に沁みて実感した部分もあります。

 

 

自分の思いをありのままに発信するのは、勇気がいります。

 

一度尻込みするとやはり「やめてしまおうか…」と思いますし、
発信したとしても「これで良かったのかな…」と悩むこともあります。

 

 

それでも、やはり「発信していかないと」そもそも人は成長していけない。
私の想いも、読者に届くことは永遠にないんですよね。

 

 

私が発信したからこそ、
このブログを通してどんどん成長していけるかもしれない。
発信したからこそ、読者に思いが届く可能性も広がる。

 

 

やらずに諦めるのは、後悔のもとですよね。

 

この10年で、引きこもって「何もやらなかった時期がある」からこそ。

 

私は今、
その後悔を「二度と味わわないように生きよう」と心から決めました。

 

 

だからこそ、批判や非難を恐れず、
「私の意見に賛同してくださる仲間」を私自身の手で、
集っていきたいと思えるようになりました。

 

 

今では、自分の思いを発信できずに悩んでいた日々がウソのように、
本当に「堂々と発信できるようになって良かった」と思っています。

 

 

そして堂々と発信するからこそ、
そこに誠意が生まれ読者の胸に刺さる文章が書けるのだと思います。

 

 

批判を恐れ、言葉を濁した曖昧な表現ばかり続けても、
「この人は何が言いたいんだ?」と思われ、
あなたの想いが届くことはありません。

 

 

批判を恐れず発信し、
自分の思いをありのままにつづっていくからこそ。

 

あなたの「本当の想い」が読者に伝わり、
心を揺さぶることができるんですね。

 

 

「やりたいこと」を遠慮せずやる勇気。
「発信したいこと」を堂々と伝える勇気。

 

それらを持って、堂々とブログを続けることであなたと共に、
私も成長していきたい、と思っています。

 

 

「できなかった後悔」をなくすためにも、「迷ったら、とりあえずやってみる」
人間になるのが、
最短で成功する唯一の道だと、そんな風に思います。

 

→失敗が怖いからと完璧人間を目指してもうまくいかない理由

 

以下の記事も参考に、一度読んでみてください。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。