学校に行けない、働けないと悩んだ時の解決法

できないこと、やりたくないことを無理してやろうとするとつらいですよね。

 

 

「学校に行けない。行かなくちゃいけないのに、行きたくない…」
「働かなくちゃいけないのに、働けない。働くことは嫌い…」

 

 

あなたはこんな風に思って、一人で悩んでいませんか?

 

 

今回は、「やりたくないなら、無理してやらなくていい」という話。

 

「学校に行けない、働けない」と苦しんでいた頃の、
私の実際の経験を交えて、お話ししていきます。

 

 

そんなに心配しなくても、大丈夫。
学校に行かなくても、働かなくても他にも道はあります。

 

 

・「行けない」「働けない」自分の本当の思いは?

・考えると「つらい」なら、やめてしまっていい理由
・学校教育は役に立たない。生きる術は、働くだけじゃない

「行けない」「働けない」自分の本当の思いは?

まず、学校にしても働くことにしても。
「できない」と一度思えば、そこには共通点があります。

 

それは、「できない自分を責めてしまう」こと。

 

 

私は不登校からの引きこもりですし、現在も働いていないので、
「学校に行けない」「働けない」、この両方の苦しみがよくわかります。

 

 

あなたももしかすると、この「できない」自分が嫌で激しく責めたり、
何度も嫌な思いをしてきたのではないでしょうか?

 

 

「できない」自分を周りにも、そして自分でもなかなか
認められないと、常に苦しく「もう嫌だ!」と投げやりにもなります。

 

 

例えば学校に行けなくなった頃は、
親や兄弟にいくら「行きたくない」と訴えても聞き入れられず、
無理やり引っ張って連れて行かれそうになったこともあります。

 

 

そして、自分の意見は受け入れられず「無理やり引っ張る」
なんてことをされると当然、傷ついてボロボロです。

 

何より悲しかったのは、
「できない自分を認めてもらえない」ことでした。

 

大事な家族だからこそ、私のことをちゃんと認めてほしいのに。
わかってくれない、理解しようとしてくれない。
「なんで?」「どうして?」と苦しい気持ちを、誰にも言えませんでした。

 

 

当時はもちろん、そんなことを考える余裕もありません。

 

何しろ子供でしたから、
ただ「学校なんか、行きたくない!」とそれだけでした。

 

 

ですが、「行きたくない」からには当然理由があります。

 

 

私の場合は、部活の人間関係が嫌で仕方なく、
放課後その時間に近づくたびにお腹の奥がぎゅうと痛くなって、
動悸がして息が浅くなる経験を、何度も繰り返してきました。

 

 

働くことにしても、慣れてきたら同僚の苦手なおばちゃんのことを考えると、
またお腹が痛くなり「ああ、やっぱりなんだ…」と落ち込んだのを覚えています。

 

 

誰だって、学校や職場では「波風立てず、うまくやりたい」し、
自分がなじめずに浮いてしまうのは、絶対に嫌ですよね。

 

 

 

梅の花

 

 

 

それでも、やっぱり「そうなってしまう」ことに絶望し落ち込み。

 

「やっぱり私は、集団行動には向いていないんだ」「協調性がないんだ…」
と一人で強烈に実感した時の、どうしようもないむなしい感覚は、
今でも頭の中にしぶとく残り続けています。

 

 

別に悲劇のヒロインを気取っていたわけではないですし、
むしろ学校に行けない自分、人と同じことができない自分を責めていました。

 

→悲劇のヒーローやヒロインを気取っても成功できない

 

 

「みんなできているのに、なんで私にはできないんだろう…」

 

「当たり前のことができないなんて、自分はなんてダメな奴なんだ…」

 

 

今までごく当たり前に、なんの疑問も抱かずに「人の枠の中」にいた人間が、
ある日突然その「枠」から離脱すれば、そんな風に思うのも仕方ないことです。

 

 

そんな風に当時は、「できない自分」ばかり責めていた私ですが、
引きこもってからは、「後ろめたさ」の反面その「自由さ」に驚きました。

 

また、「一人でいること」の心地よさを知り、
「居心地がいい」とすら思えるようになりました。

 

→孤独が「辛い」から「楽しい・快適」に変わった理由

 

 

もちろん、最初はやはり「できない自分」をずっと責めていましたし、
心が癒されるまでに長くかかりました。

 

自己啓発書を読んだり、愛犬の世話をしたりと色んな変化をへて、
私はやがて気づくことができました。

 

 

「学校に行けない」のではなく、「行きたくなかった」んだ、
「働けない」のではなく、「働きたくなかった」んだと。

 

 

そして、「集団行動」に疑問を感じ、
「個性的な個人」を受け入れようとしない学校や社会に対して、
底知れない違和感を感じるようになったのも、この頃です。

考えると「つらい」なら、やめてしまっていい理由

今までの私は、学校には「行かなきゃいけないもの」だと思い込んでいたし、
働くことは「しなきゃいけないもの」と思い込んでいました。

 

というよりは、社会によって「思い込まされて」いました。

 

→「もう仕事したくない」と思ったから働くのをやめた話

 

 

今も多くの人たちが「学校は、行かなきゃいけない」
「働くことは、しなきゃいけない」と思い込まされ。

 

それになんの疑問も感じず、当然のように受け入れているのは、
国や社会が、「そういう価値観になるように育ててきた」からです。

 

 

学校教育は、受けるのが当たり前。
仕事は、するのが(働くことが)当たり前。

 

 

そんな風に思い込ませ、国や社会のトップが、
「自分たちが儲けるための基盤となってくれる、都合のいい人材」
を育てるために、
将来汗水垂らして、「自分たちのために」働いてくれる人間を育て上げる。

 

 

経営者は、基盤となる下の人間が支えてくれないとその経営は成り立ちません。

 

会社の社長でいられるのは、下で一生懸命働いてくれる人たちがいるからですね。

 

 

そして「学校教育」も、そんな「大人になっても、従順に国や社会に従う」
人間を作り上げるための「仕組み」の一つでした。

 

 

つまり、私たちは知らないうちに「生まれた時から」、
国や社会にとって「都合よく」動く人間になるよう、
選択肢を限定されてきた、ということです。

 

 

 

ビル

 

 

 

個人の自由を尊重しながら、一方で「人と同じにできない、しようとしない」
人を暗に排除しようとする世の中。

 

「多数派こそが正義、少数派は異常」とでも言いたげなその、おかしな風潮…。

 

 

それらは全て、「国や社会によって「都合の悪い」人間を排除するための、
暗黙の了解」ですらあるのかもしれませんね。

 

→一般論や常識に振り回されると「生きるのがつらい」と感じる理由

 

 

そんな社会のシステムに気づいてからは恐ろしくなり、私は「もう二度と、
働いたりするもんか!」と強く決心し、「働くこと」を完全に放棄しました

 

 

国や会社のトップを儲けさせるため、都合のいい人材になるために、
自由時間をほとんど犠牲にし、働くなどとてもバカらしいと思いませんか?

 

 

私は心底「働きたくない」と思ったので、なら
「働かずに稼ぐ方法を本気で探そう」と思ったのが正直な気持ちです。

 

 

そう、私は「働けない」のでなく「働きたくない」ことに気づきました。

 

→「働きたくない」なら、本気で自由になれる方法を探す

 

 

なぜ、働きたくないと思うのでしょうか?

 

 

それはやはり、暗に「人と違う」人を除外しようとする社会、
「出る杭は打たれる」社会に、底知れない疑問と違和感を感じたからです。

 

そして、自分の自由な時間の大半を、
国や社会のトップのために捧げるなんてとてもできない、
絶対にやりたくないと思ったからです。

 

 

さて、あなたはどうでしょうか?

 

私は、「働きたくない」ことに気づき、別の道を選ぶ決意をしました。

 

 

あなたも現在、「学校に行けない」「働けない」など、
一般社会には理解してもらえない、
つらい悩みや苦悩を抱えていることと思います。

 

もしかすると、「誰にも言えない、わかってもらえない…」
とたった一人で、今も苦しんでいるかもしれません。

 

 

だとしたら、あなたがこれから「望む道」はなんでしょうか?
あなたは、本当に「学校に行きたい」「働きたい」と思っていますか?

 

 

だとすれば、私からあなたに言うことは何もありません。

 

ですが、ここまで真剣に読んでくださった、
思慮深いあなたの意志を何より尊重したい、と思っています。

 

 

あなたが、あなたの自由時間を大半削って学校教育や、
働くことを選ぶ道を、あなたが望んでいるか、いないか。

 

一度、ご自分に問いかけてみるのも一つの選択です。

 

 

もう十分すぎるほど、理不尽に苦しめられてきた。
なら、別の道を行くという手段もあります。

 

→なるべくストレスを溜めないために。「頑張りすぎない生き方」とは?

学校教育は役に立たない。生きる術は、働くだけじゃない

もしも「やめたい」「やりたくない」と思っているなら、
「やめてしまう」のも賢明な選択です。

 

「みんながやっているから」「しなくちゃいけないから」
と思う気持ちもよくわかります。

 

 

私も、過去にずっと「学校に行けない」「働けない」と悩んでいたので、
「できない自分」をつい責めてしまう気持ちは痛いほど理解しています。

 

→もう生きていく自信がない、と悩むあなたへ
→ネガティブを治すために持ちたい2つの意識

 

 

ですが、あなたの本心はどうでしょうか?

 

仮に、本音では「やりたくない」と思っているのに「しなきゃいけないから」
と、自分を思い込ませて「する」ことを選んだ場合。

 

 

本心では「やりたくない」と思っているので、当然長続きしません。
ストレスも溜まり、どこかで必ず息切れしますよね。

 

 

学校教育とは、正直な話生きていく上で役に立ちません。

 

 

例えば数学者や科学者などを目指していれば別ですが、
普段の生活で必要な「学校教育の知識」など、たかが知れています。

 

 

そもそも、学校で学ばなくともその気さえあれば、
自宅で一人で学ぶこともできますし、
今の時代ネットで何でも調べることができますよね?

 

つまり、何も「学校で教わることにこだわる」必要は全くないわけです。

 

 

現に、学校に通っていても頭の良し悪しがあるのは、
「学ぶ気があるかないか」が関わってくるため。

 

もちろん個人差もありますが、「学ぶ気さえあれば、どこでも学べる」
のは事実です。

 

私の学習を妨げた唯一のものは、私が受けた教育である。
[出典:アインシュタイン]

 

私も、一人で独学で語学の勉強をしていますが、
なんの問題もなく進んでいます。

 

そして、アフィリエイトも一人で稼げるようになりました。

 

なので、仮に「学校に行けてない」ことで「勉強に関して、遅れをとる」
と悩んでいるなら、そんな必要はないということですね。

 

 

 

手帳と眼鏡

 

 

 

そして、私たちが「生きていく術」は、働くことだけではありません。
今の時代、働かずに稼ぐ人がこの国にもたくさんいます

 

 

私は今、アフィリエイターとしてネットビジネスで、
生計を立てる仕組みづくりを行っています。

 

そして、その「正しい仕組みづくり」を完成させた人たちは、
今も「月収100万以上」稼ぐ人は珍しくありません。

 

稼ぐ人になれば、億以上の売り上げを上げる人もいるくらいです。

 

→アフィリエイトで100万稼ぐ人が実際にいる世の中

 

 

そして、アフィリエイトは「正しい仕組みづくり」さえ行えれば、
誰もが必ず稼げるネットビジネスです。

 

 

アフィリエイトには、特別な知識や才能は必要ありません。

 

ただ、文章能力(人の心を動かす文章スキル)を身につければ、
後は文章を書くだけなので、
稼ごうと思えば高校生でも大金を稼げるビジネスです。

 

→コピーライティングをブログに取り入れれば稼げる理由

 

 

現に私も、大した資格もなく最終学歴は通信制高校という、
しがない人間ですが、
アフィリエイトビジネスを問題なく行うことができています。

 

 

文章をひたすら書いていれば、
温かいメッセージや成約も頂けるようになります。

 

 

アフィリエイトには、可能性があります。

 

 

不労所得、つまり「働かずに稼ぐことができる」ので、
あなたが会社勤めや人間関係に悩む必要は今後一生ありません。

 

好きな時に起きて好きな時に寝られる、
時間に追われない生活を一生、続けられます

 

→ネットで稼ぐ方法を選び、お金の不安を取り除く

 

 

社会不適合者の私でも難なく続けられているので、
流されるその他大勢の人と違い、自分の頭で考えられるあなたなら、
「続ける意志、諦めない意志」さえあれば、必ず稼げるようになります。

 

 

例え一日一歩ずつでも、
一年間やめずに続けられれば365歩進めます。

 

2年で730歩、3年で1000歩を超えます。

 

→一日一歩だけ進む。努力することを楽しむ

 

 

ブログ記事は、ひとまず100記事あれば十分コンテンツとして形になります。
一日一記事書いて、100日で100記事。

 

 

不労所得の「正しい仕組みづくり」に3ヶ月かかったとしても、
大体半年あれば「稼げる仕組み」は整うことになりますね。

 

→ブログを始めたらまずは100記事更新を目指す

 

 

そして、そこからあなたが続けることさえできれば、
アフィリエイトを始めてから一年後には晴れて自由の身です。

 

 

定年まで、汗水垂らして精神をすり減らし、
社会や会社の奴隷になって都合よく使われるよりも。

 

たった半年~一年作業を頑張って、
一年後の今頃には「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」
を手に入れるほうが、よほど楽しく幸せに暮らせると私はそう思いました。

 

 

成功する人は、行動がずば抜けて早い人だと、
実際の成功者を見ていて感じました。

 

→行動力がないといつまでも成功できない理由

 

 

私も彼らにならって、アフィリエイトの仕組みづくりを行い、
「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」を手に入れようと、
本気で決意しました。

 

 

パソコンとネット環境さえあれば、今後一生、「働くこと」
を放棄して仕事に悩まされずに生きていくのは可能です。

 

→働かない方法は誰でも平等に身につけられる

 

 

アフィリエイトで自由に暮らせる未来を確実に手に入れたいと、
強い熱意を持った方には、以下も実践していただいています。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来


「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。