引きニート暦10年女が、アフィリエイトに出会って

アフィリエイトを始めたいと決め、実際に行動に起こすようになってから
一年以上が経過しました。

 

 

今になって、少し「アフィリエイトを始めるのが今になった理由」を
考えてみました。
当初は損得勘定でばかり判断していた私でしたが、それもだんだんと鳴りを潜め
今は、少し落ち着いて物事を考えられるようにもなりました。
→損得勘定で考えると結果的に不幸になる

 

 

今だからこそ、できること。成功の道をたどるために、必要な考え方。
落ち着いて記事作成に臨む上でも重要なことなので、
少しだけお付き合いください。

 

 

・当初はもっと若いうちに知っていれば…と何度も思った

・今しかできないこと、書けない記事がある
・前向きに生きると決めて5年が経過しました

当初はもっと若いうちに知っていれば…と何度も思った

実は、アフィリエイトのことを知った当初は私は「もっと若いうちに、
早いうちに知っていれば早く自由になれたのに…」と思っていました。

 

知っただけで、まだ取り組んでもいなかったのにもう仕組みを完成させた
気になって、「もっと早く知っていれば…」です。
えらく後ろ向きで自分の損を嘆く考え方だ…と今になって思いますが、やはり
それも「10年引きこもり、時間を無駄にしてきた」という自覚ゆえの損得勘定
なのかもしれません。

 

 

何かしたい想いはあっても、何もせずについに10年も経過してしまった。
最初の頃は気持ちが沈んでいて、何も「できない時期」もあったけれど、
いつしか充電期間も過ぎ、動き出せるようになっても重い腰を上げなかった。
→何もしたくない日はどう過ごす?できない自分を責めなくてもいい

 

そのことに対する、正直な後悔が今もないとは言い切れません。
しかし、過ぎ去った時をいくら後悔しても遅いですよね。時間は二度と巻き戻り
ませんから、ならば前を見て歩いていったほうがいくらか有益です。

 

 

それに気づき、また「何もせずにいた過去に、後悔する気持ち」があるからこそ
今、もう同じ思いを二度としないようにできることに取り組めるようにも
なったのだと、そのようにも思います。

 

もっと早いうちに、若いうちに知っていれば、始めていればその分、
長く自由でいられたのに。

 

 

当時は実際、正直そんな思いを引きずっていたのですが、しかしある時ふと、
思うことがありました。
「過去を嘆いたって仕方がない、過去は決して変えられない」という意識と同時に
(→しんどい時、つらい時。人生に疲れた時はいつも○○にいる時)
冷静になった私が、思ったこと。

 

それは、「もしかして、今が丁度いい時期だったんじゃないか?」ということ。
一体どういうことか、あなたはお分かりでしょうか?

今しかできないこと、書けない記事がある

丁度いい時期、とはつまりこういうことです。

 

今だから書ける記事、今だから思うこと、今だから伝えられる想いがある。
今しかできないこと、10年前には決して書けなかった記事、伝えられなかった
想いが確実に、ある…ということですね。

 

私にしてももちろんそうですが、あなたも同じではないでしょうか?
例えばの話、10年前に自分が何を考えていたか?など聞かれても、恐らく
曖昧な答えしか返すことはできませんよね。

 

 

「10年前のあの日、あの時私はこんな事を考えていた」なんて、きっちり
明確な答えを思い出せるほど、人間の記憶はしっかりしていません。
まして、おとといの晩ご飯もすぐには出てこないのに、10年前の記憶など
パっと答えられるほうがおかしいですよね。

 

10年前と今とで、恐らく「全く変わっていない人」はいないと、
私は思っています。
見た目には変わらない人、何にも変わったように見えない人はいても、本人は
どこか、人の知らないところで少しずつ違う考え方を形成しているかもしれない。

 

 

はたまた、新たな経験や体験が刺激になって、考え方の幅が広がることも
ありますよね。
10年前にはできなかったことがあるように、10年前には考えつかなかった
新たな考え方が、脳みそに新しく蓄積されているかもしれない。

 

そう思えば、人間の成長には感慨深いものがありますし「もっと成長したい」
と、意欲的に取り組む助けにもなるのではないでしょうか。

 

 

アフィリエイトの記事や、今私がこうして書いているブログにしても、
「10年前に始めていても、同じ文章など書けなかった」のは明白です。
10年前には卑屈で、「人のことを思いやる文章」だなんて言われても、自分の
ことに精一杯で、恐らく当時の私は聞く耳も持たなかったでしょう。

 

今だからこそ書ける文章や、伝えられる想いがこの10年で蓄積されたのは、
間違いない事実だと言えそうです。
あなたも、恐らく10年前にはできなかったこと、今だからこそできることが
ありますよね。
10年前には書けなかった文章が、今あふれんばかりに次々と生み出される。

 

 

「丁度いい時期」とは、頃合いを見て訪れる「今だからこそ、できる時」
なのだと思います。

 

10年前にアフィリエイトをしろ、と言われても私は恐らく続けることなど
できませんでした。どころか、まるで作文のようなつまらない文字列しか
書けなかっただろうと、容易に想像がつきます。

 

 

「もっと早くに、若いうちに出会っていれば…」と後悔することは、
アフィリエイトに限らず恐らく、あなたにも一つ二つあることと思います。
しかし、「あの時にはきっとできなかったけど、今だからできるんだ」
視点を変えることで、物事の「嫌な面」から「いい面」を見ることができます。

 

変えられない過去を悲観しても、後ろに道などありませんでした。
だからこそ、これからいかようにも変えていける「未来」を自由に彩るために、
私は今全力で「できること」に取り組んでいきたいと、そう思います。

前向きに生きると決めて5年が経過しました

自分の人生に絶望し、自分の世界に浸ってしまっている時に前向きに
なることは難しいですね。

 

私も、現に前向きになろうと決心するまでに10年中、5年以上の月日が必要
でしたし、引きこもりやニートになってすぐ前を向いて歩いていけるなら、
そもそもこんなに苦労しない…と思いますよね。

 

 

世間は確かに前向きを好むし、私も前向きに生きたほうが「自分が楽しく
いられる」と今はそう思うので、後ろ向きより前向きをお勧めしています。
しかし、何も前向きにいなきゃいけない…というわけではありません。
→幸せになるには「感謝の気持ち」が鍵となる

 

できないものを無理してできるようになる…など、根性論のようで
それは「価値観の押しつけ」だとも思うし、それよりもまず「できない自分」を
受け入れるほうが先だと、そのようにも思います。
→自己肯定感が低い原因と対処法とは?
→自分の嫌いなところを受け入れると穏やかになれる

 

 

しかし、後ろ向きに卑屈に生きていた最初の5年頃と、後の前向きに生きる、と
決めた5年を比べてみて、「どちらが、楽しく苦しまずに過ごせたか?」を
考えてみると、やはり「後の5年」なんですね。

 

後ろ向きまっただ中にいる頃には、やはり世界中の全てが色褪せて見えます。
私もずっと卑屈で悲観的で、これでもかというほどに「人のせい」を徹底していた
人間だったので、その頃の気持ちは心の奥に残っています。
→悲劇のヒーローやヒロインを気取っても成功できない

 

 

前向きにいたい気持ちはあるけど、できない。幸せだの前向きだの、人を
思いやるだの言われても、善人ぶった偽善者の戯言にしか聞こえない。

 

これは実際に、当時の卑屈だった私がずっと思い続けてきたことです。
人間は、気持ち一つで考え方や見える世界ががらりと変わるのだと、
身に沁みて実感しています。

 

 

 

柴犬

 

 

 

私の、考え方が変わる一番の要因となったのは「愛犬の世話」だと思っています。
→プロフィール

 

犬にどこまでの思考能力があるのかはわかりません。
人間のように前向きだの後ろ向きだの、という概念自体がそもそも存在して
いないのかもしれません。

 

 

しかし、それでも「病気で毎日寝たきりで、苦しみながらも今を必死に生きる」
愛犬を見ていると、知らない間に「生きる力」を授けられた気がしました。

 

毎日を無気力に、死んだように過ごす自分のような存在がある一方で、
一日一日を一生懸命に、生きるか死ぬかの中で必死に生き続ける生命がある。
どちらが「いい」だとか、「価値がある」だとかそういう話ではないのは
わかっています。人によって感じ方、受け取り方も実に様々ですよね。

 

 

ですが、私は「必死に生きる愛犬」の姿が当時、とても輝いて見えて仕方が
ありませんでした。
比べるつもりはありませんでしたが、自然と比べていました。
「前を向くことを放棄した自分」と、「つらくても前を向いて生きている」愛犬。

 

比べた途端に、自分が心底恥ずかしく、とても情けなく思えました。
できる可能性があるのに、自らそれを捨ててしまっていた自分に気づいて、
「私は一体、何をやっているんだろう?」と目が覚めた思いでした。

 

 

人それぞれ、違った考え方があるように「生き方」も様々ですね。
無気力に生きるのも、夢を持って生きるのも、それぞれにアリだと思います。

 

しかし、実際に私は「無気力だった頃」と今「前向きに生きている自分」を
客観的に比べると、どちらが「幸せに生きられているか?」に気づいたので、
もう昔の自分に戻ることはない、と断言できます。

 

 

辛さや、苦しみは糧にすることができます。人には決してわかってもらえない
苦しみや理不尽な思いは、糧として「成長の栄養素」にすることができます。

 

もう十分に苦しんだあなただからこそ、これから先は前を向いて進むことでこそ、
幸せばかりの「働かずに自由に暮らせる未来」が手に入る。
後ろに道はありませんが、前を向けばこれからあなた自身の手で、いかようにも
「自分の人生をデザインする」ことが可能になります。

 

 

前向きに生きることが、自分の人生を変える鍵となることに気づいたこの時が、
アフィリエイトを始める「最善の時」だったのだと、そのように思います。

 

成功を収められる人は、実際に「成功する自分を信じて、行動した人」
「最後まで、決して諦めなかった人」です。
彼らを見習う意識を持って、私たちも成長と成功を目指して今を精一杯
楽しんで生きたいものですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。