人と比べるデメリットと、自分を客観視することの効果

あなたは「人と比べる」と聞くと、どんなイメージがありますか?

 

自分自身にしろ、他の誰かにしろ「人と比べる」ことがプラスの影響を
与えることは、少ないように思います。

 

しかし、何かにつけて「つい、人と比べることをしてしまう」という人もいます。
人と比べるのをやめると幸せになれるでも言っていますが、
人と自分とをわざわざ比べるのは、不幸になる考え方です。

 

 

今回は、上記の記事では伝え切れなかったことと、自分を客観視できるように
なれば、感情に振り回されにくくなる、という話です。
余計な考えや感情に惑わされることなく、最短で成功を手に入れたいですね。

 

 

・比べそうになったら、人と比べることのデメリットを思い返す

・どうしても誰かと比べたいなら、「過去の自分と比べる」
・「自分自身」を客観視してみる

比べそうになったら、「人と比べる」ことのデメリットを思い返す

基本的に、「人と比べる」ということはデメリットが多いです。
特に、やってしまいがちなのが「できている人と自分とを比べる」というもの。

 

「自分」と「誰か」を比べて、「自分の方が能力が劣っている・あの人の方が
出来がいい」…と気づいてしまったら、もう大変ですね。
その「事実」を、「認めて精進しようと努力する」のなら自分にとっても、
能力向上のきっかけになり、伸びていけることと思います。

 

 

しかし問題は、「あの人よりも能力の劣っている自分は、なんてダメなんだ」
…となってしまった時。

 

当然、こんなことを考えている時に気分よく過ごせるわけがありませんよね?
人間は、ネガティブな考えに一度支配されると、どうしても無意識的にも
「否定的な考えになり、悪いところにばかり目が行ってしまいがち」です。

 

 

やはり、自分のことも例外ではなく一度他人と比べて、自分が劣っていると
判断しようものなら、そこから「自分の悪い所にばかり目がいく」
ようになってしまいます。

 

 

 

アゲハ2頭

 

 

 

これが、「人と比べる」ことの一番のデメリットです。
「誰か」と「自分」を比べることで、「自分のできていないところをわざわざ
意識して、ダメなところ探しをし始める」。
…考えただけで、気分が落ち込みそうですよね。

 

 

そしてそんなことをずっと繰り返していると、当然思考が濁ってくるので
「人と比べる」という「本当はしたくないこと」をしてしまう自分が
自分で嫌になり、自己嫌悪の意識が強まります。

 

こうなると、他でもない「あなたの気分を悪くしているのは、あなたの思考」
になるので、考えるほど思考の泥沼にはまり、ますます気分が悪くなります。
→しんどい時、つらい時。人生に疲れた時はいつも○○にいる時

 

 

「今、自分で自分の気分を悪くしている…」と気づくことができれば、
そこでそれ以上考え込むことをストップすることもできます。
同じように、事前にデメリットを認識していれば意図して「避けよう」という
意識が芽生えますよね。

どうしても誰かと比べたいなら、「過去の自分」と比べる

わかってはいても、やはり「人と比べる」ことが習慣やクセに
なってしまっていると、なかなか治したくても難しいですよね。

 

 

「比べないようにしてるつもりなのに、気づいたら比べてしまっている…」
そんな時は、「比べること」そのものをやめるよりも効果的なのは、
「人と自分を比べる」ことから「過去の自分と今の自分を比べる」
方向に転換することです。

 

「自分自身」なら、いくら比べても恐らく自己嫌悪には陥りませんし
何より、比べる対象が「過去」の自分なので、確実に「今の自分」のほうが
ステップアップして、できることも多くなっています。

 

 

そして、「過去の自分」と比べることで「今自分ができている・できるように
なったこと」に目が向くようにもなります。
つまり、自分の「できていること」に目が向くので、気持ちがポジティブに
なり、「今はこれでいいんだ」と思えるようになります。

 

更に、他人と比べていた時には自分の「できないところ」にばかり目が向いて
落ち込んでいたとしても、今度は逆に自分の「できること」を意識し、
自分を肯定し認める方向に意識を変えるきっかけにもなります。

 

 

それに、新たに「過去の自分と比べる」ということに意識が向くので、
今まであなたがやっていた「人と比べる」ということそのものに意識が
向かなくなる可能性が大きいです。
なので、いつの間にか「人と比べる」というクセそのものがなくなっている、
ということも十分ありえます。

 

「人と比べる」ことをどうしてもやめられず悩んでいるなら、
ひとまず「過去の自分」と比べてみてはいかがでしょうか?

「自分自身」を客観視してみる

例えば、「人と比べる」ことがクセになっているAさんがいたとします。

 

そのAさんは、いつもいつも「自分」と「誰か」を比べて、
自分の方が優れていると判断した時には、気分がよくなります。
ですが、相手の方が優れていると判断すると、一気に気分は落ち込みます。

 

そんなことを日々繰り返しているAさんですが、ある日テレビに、
自分と同い年の人が出演しているのを発見。
「人と比べる」クセのあるAさんは、この時もまたいつものように、
「その人」と「自分」とが「同い年である」というだけで
「比べること」をしてしまいました。

 

 

そして、結果的に「その人よりも自分が劣っている」と判断した
Aさんは、またもや気分が落ち込み、塞ぎ込んでしまう。
そしてそんなことを繰り返していくうちに、自信も無くなってしまう。

 

後でAさんから話を聞いたBさんが知ったことは、
Aさんが必死になって「比べていた」その人は、なんと有名なスポーツ選手。

 

 

Bさんは思いました。
「そんなすごい人と比べたって、勝てるわけないのにAさんったら…」

 

 

この例のAさんは、「人と比べる」ことをクセにしているあまり、
「視野が極端に狭くなっている」ので、誰でも彼でも比べてしまっています。
しかし、一般的にまず「自分が勝てそうにない人」と自分とを
わざわざ比べる人はいませんよね。

 

比べる前に既に結果が出ているので、比べること自体がムダな行為だと
最初からわかっているためですね。

 

 

 

バスケットゴール

 

 

 

Bさんから見れば、Aさんが比べるのが「スポーツ選手」だろうと、
近所のCさんだろうと同じ高校のDさんだろうと、誰でも大差はありません。

 

Bさんは、Aさんが「また自身と誰かを比べてる」ということしか意識しないので、
その相手が誰であろうがBさんにとってはどうでもいいためですね。
そして、必ずこうも思うことでしょう。
「そんなに必死になって比べたって、何にもならないのに…」

 

 

そして、Aさん自身が「自分のことを客観視」できていれば、冷静に
「必死になるあまり、視野が狭くなっている自分」に気づくことはできます。
何かに追い立てられるように必死になっている時には、人間どうしても
周りが見えなくなり、自分のことで手一杯にもなりますよね。

 

 

Aさんを見るBさんの目になれば、Aさんがいかに「自分と人を比べる」ことに
振り回されているのかが、よくわかりますよね。
「人と比べる」ことで一喜一憂しないためにも、
自分を客観視する、ということはとても効果的です。

 

 

人と比べて疲れそうになった時、ふとこの記事を見返してみることで
余計な寄り道をせず、目的地だけを目指せるので最短で成功する人になれますよ。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。