不安があっても楽しく過ごす人が成功する人?

不安になる時、体調が優れない時。
私たちは人間ですから、時には気分が悪くなることもあります。

 

 

女性の場合は、毎月憂鬱になる…という方もおられるかもしれませんね。
私も悩まされているので、気持ちはよくわかります。

 

 

訳もなく不安になったり、気分が落ち込んだりすることもあるもの。

 

 

そんな時でも、無理して明るく過ごそうとするよりも。
有効なことが一つ、ありました。

 

 

・不安になる時でも、忘れずにいたいこと

・物事一つ一つに一喜一憂しない
・理想は、笑って受け流すこと

不安になる時でも、忘れずにいたいこと

まず、精神不安定な時。不安になる時。
そんな時でも、無理して明るく楽しくふるまう必要はありません。

 

 

なぜなら、できないものを「できるフリ」をするのは窮屈なだけ。

 

おまけに、ストレスも溜まるし「自然体でない自分」を演じているので、
つまり言いかえれば「今の自分」を認められていない状態。

 

 

つらい、しんどい。
そういった自分の負の感情を認めたくなくて、明るくふるまう。

 

それは、認められていないからこそ「違う自分」になりたくて、
明るいフリをする…ということですね。

 

 

ただでさえ、つらい時やしんどい時に「明るくふるまう」だなんて、
拷問とも言えます。

 

そんなことをするよりも、まず「今はこれでいい」と、
今の自分を認めることこそ、つらい中でも穏やかに過ごせる手法だと、
そのように思います。

 

 

私も、何か体調が悪い時や気分が優れない時には、
不安になることもあります。

 

 

そんな時、やってしまいがちなのが「こんな風に落ち込んでしまうなんて、
自分ってまだまだだな…」と思ってしまうこと。

 

あなたにも、あるでしょうか。

 

 

ですが、考えてみれば私たちは心ある人間。

 

だからこそ、決して神のように常に安定した心など、
持てるはずもありませんよね。

 

 

不安があって、気持ちが落ち着かない。
いつもよりも、イライラしたり落ち込んだりしている。

 

 

そんな時は、一度深呼吸して「こんな時でも、
どうすればなるべく楽しく過ごせるか?」を今一度考えてみたいものです。

物事一つ一つに一喜一憂しない

そして、一度不安になるとどうしても、
私たちは「不安の種」を探してしまいがち。

 

特に、普段は何でもない、気にも留めないようなことに立ち止まって、
「大丈夫かな」とわからない未来に向けての思いを巡らせもします。

 

→しんどい時、つらい時。人生に疲れた時はいつも○○にいる時

 

 

やはり、不安な時は「思考が濁っている時」なので、
そんな時に何かを考えても、
そもそも否定的なことばかりに答えが行き着くのは、仕方がないというものです。

 

→人と比べるデメリットと、自分を客観視することの効果
→つい考えすぎるあなたへ。先々のことを考えない方法とは?

 

 

例えば、アフィリエイトの作業を行っている時にしても。
不安だったり、気持ちが優れない時には、見ないほうがいいものがあります。

 

 

例えば、アクセス。

 

一日一日のアクセス数をチェックして、
増えている時は「やった、すごい!」とはしゃいでみたり。

 

一方で、減っていれば「なんで?どこか問題でもあるの?」と不安になり。

 

 

…ということを繰り返すと、どうしても気分の浮き沈みが激しくなります。

 

今日、下がったアクセスを見ては「昨日は増えてたのに」と、
下がったことに不安になり、気持ちを落ち着かなくさせる。

 

 

しかし、一方で「見なければ」そもそも、
アクセスに一喜一憂することもなくなりますよね。

 

→否定的になるのは嫌なところを意識するから?いいところ探しをしてみる
→気にするのはブログのアクセスではなく記事の質

 

 

または、「気分のいい時に」見たなら、
例え思うような結果でなかったとしても、
「まあいいか」と受け流すこともできるかもしれません。

 

 

最悪なのは、やはり「気分の悪い、マイナス思考の時」に、
恐いもの見たさでチェックしてしまうこと。

 

 

結果がプラスならいいですが、マイナスだったなら落ち込む。

 

それがわかっているのなら、予測できるのなら気になる気持ちはわかりますが、
「最初から見ない」のが最善だと言えそうです。

理想は、笑って受け流すこと

やはり、落ち込んだ時でもつらい時でも。

 

理想を言えば、「まあいいか、こんなこともある」
と笑って受け流せるのが一番、つらい期間を短く過ごせそうです。

 

 

ですが、それが頭でわかっていても。

 

やはり、私たちは人間ですから「そんな風に割り切れない!」と、
つらい気持ちに負けてしまうこともありますよね。

 

 

私も、体調不良の時は楽観的に考えられずに、
つい悲観的な「昔の癖」が顔を覗かせることもあります。

 

 

何がつらいか、というと。

 

やはり、一番つらいのは「落ち込む自分を、責めてしまうこと」
ではないでしょうか。

 

 

つまり、「こんな風に、落ち込んでしまうなんてやっぱり自分はまだまだ、
未熟だな」と「今の自分」を「ダメだ」と判断してしまうこと。

 

 

要するに、落ち込んでも理想は「そんな自分でもいい」と思いたい。
けど、実際にはそううまくいかない。

 

 

「落ち込みたくなんてないのに、落ち込んでしまう自分」が嫌になる。

 

更に、そんな自分をうまく処理できずに、
表に出してしまったりなんかすると、もう最悪。

 

 

更に、「落ち込んでつらい思いをしているのに、誰もわかってくれない」時。
世界に一人、自分だけが取り残された気になって、とてもつらいですよね。

 

 

「私はこんなにつらい思いをしているのに、
涼しい顔をして悩みを聞こうともしてくれない、人でなし!」
…だなんて、周りに思う気持ちも、私もよくわかります。

 

 

ですが、ふと冷静になって考えてみた時。

 

やはり、「気分が悪い時」には落ち込んでしまうのは、
人間だからこそ仕方がない。

 

 

 

ゆうやけ

 

 

 

それがわかっているなら、いっそ「落ち込むのも、自分だ」と割り切って、
それ以上「落ち込むこと、落ち込んでること」について考えないようにすれば、

 

気持ちがそれ以上沈むこともなくなるのではないか?
…と思いました。

 

 

不思議なもので、「ダメだ」→「だから、何とかしなくちゃ」と思うよりも、
「ダメだ」→「でも、これが自分なんだから今はダメでいい」と思えるほうが。

 

「今の自分」を認められているので、気持ちがかえって穏やかになります。

 

 

ダメな自分を、ダメでなくなるように「なんとかしよう」と無理をすると、
どうしてもそこから更に気分が悪くなる。

 

私も、何度も犯してきたあやまちでした。

 

 

「ダメ」なことはわかっても、今の自分にはどうしようもない。
なんとかしようとすればするほど、気分が悪くなるだけ。

 

 

それがわかったなら、「そのこと」について考えるのをやめて、
他の「気分が悪い時でも、楽しめそうなこと」に時間を使うのが、
有意義な過ごし方でした。

 

 

結局、理想の自分になるためにはまず、「今の自分の状態」を認めて、
ひとまず受け入れるしか方法はなさそうです。

 

 

アフィリエイトでも、穏やかに楽しく継続するマインドを作るためにも、
「こんな自分でも、まあいいか」と少しばかり、
自分に甘くなってみるのも、必要なのではないでしょうか。

 

 

いつも、人生を懸命に生きている素敵なあなただからこそ。
自分をいたわって、大事にしていきたいものですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来


「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

りうるが全精力を尽くして作り上げた、ここでしか手に入らない貴重な無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。