踏ん張りどころだからこそ、うまくやる気を出すためには

あと少しだけ、頑張りたいのになかなかやる気が出ない、続かない。
ここが踏ん張りどころで、乗り越えればステップアップできそうなのに気持ちが
ついてこない。

 

そんな時に、うまく気持ちを切り替えてやる気を出すためにできることの話です。

 

 

・先に待つ楽しいことを考える

・「あの人も頑張ってるんだから自分も見習おう」
・困難な状況を乗り越えれば必ずステップアップできる

先に待つ楽しいことを考える

まず、いくら頭ではわかっていても、記事作成やブログ更新がはかどらない時、
というものはあります。

 

 

ステップアップするために、コツコツ力を付けて「働かずに自由に暮らせる未来」
を手に入れるために、今が踏ん張りどころ。
それは言われるまでもなくよくわかっているのに、気持ちがついてこない。

 

こんな時、焦って「早くやらなきゃ!」と思うとどうしても質の高い文章が
書けずに、頭を悩ませることになりがちです。
なぜなら、そもそも「気持ちが焦っている」時は心に余裕がない時なので、
そんな状態で「読者のことを思いやれる文章」など、書けないからですね。

 

 

しかし、だからといって「開き直って休む」のは嫌。
どうしても、今日中に仕上げたいノルマがあるし、今が踏ん張りどころだから
こそ、放り出さずに仕上げてしまいたい。

 

 

そう思うことは、私にも何度もありました。
特に、最短で成功するためには私たちに「休んでいるヒマなどない」ですから、
ついつい気持ちばかり焦って「早く、早く」となるのも、よくわかります。

 

そこで一つ、気持ちを切り替える意味でも考えてみたいことがあります。

 

 

 

虹

 

 

 

それは、「この作業が終わった後に待つ、楽しいこと」を考えるということ。

 

 

何度も言うように、今モチベーションを持って作業をコツコツ、淡々とこなす
ための最大のコツは、「イメトレ」にあります。
つまり、イメトレにより「理想の未来、既に手に入れた自由な未来」を
思う存分夢想することで、やる気を高める。
→アフィリエイトを失敗しないための心構え

 

特に、アフィリエイトは「最初は全く稼げないビジネス」なので、だからこそ
この期間にダレてやめてしまう人が多いです。
そこで、諦めずに継続するために必要なのがイメトレであり、
「一ヶ月後の成果を思いわずらうより、一年後の未来を夢想する」ことでこそ
気持ちが楽になり、ブレることもなくなるとお伝えしています。

 

 

しかし、今回お伝えする「楽しいこと」とは、イメトレとは別のことです。
イメトレは、「長い目で見た時に、継続のモチベーションとなる要素」ですが
今回は、それとは別の「目先に待つ、楽しいこと」の話となります。

 

どういうことでしょうか?
つまり、「目先」なので例えば「この記事を書き終えたらしたいこと」ですね。

 

 

・記事を書き終えたら、ネット上のニュース記事をたくさん見たい。
・ひとまず休憩して、ゆっくりティータイムの時間を取りたい。
・見たかったドラマや漫画、テレビ番組などを思う存分堪能したい。

 

 

…など、「今、この作業を終えた後にすぐできる『楽しみにしていること』」。
特に、やる気がいまいち出ない時にこれらを想像しておくことは、
非常に有効な手段となります。

 

というのも、「やる気が出ない」からとそこで「ああ、今日はダメだ…」と、
気持ちが余計に落ち込んでやがてやめてしまうよりも、
一旦「やる気が出ない」と判断しても、そこから気持ちを切り替え、
「でも、これを終えたら○○が待ってる!」と思うことで、
「意図的にやる気を出すことができる」からです。

 

 

目先に待つ「楽しいこと」を思い起こせば、ただそれだけで「沈んでいた気分」
を盛り上げる理由にもなり、そうなれば当然「勝手にやる気が出てくる」のも
うなずけますよね。

「あの人も頑張ってるんだから自分も見習おう」

しかし、一方でそううまく目先に「楽しみにしていること」が転がっていない
場合もあります。
そして、心を持った人間だからこそ例え「楽しいこと」が後に控えていても、
なかなかうまく気分を切り替えられないこともあります。

 

そんな時、もう一つ「うまくやる気を出すための方法」があります。
それは、「頑張っている人を見習い、参考にする」というもの。

 

 

実際に、私もやる気がいまいち出ない時や気分がどうしても落ち込んだ時など、
それでも淡々と作業をこなす上で心掛けていることです。

 

例えば、身近にいる人やあなたが「尊敬する人物」のいいところを参考にする。
→魅力的な人間になるために。尊敬する人物の「いいところを意識する」

 

 

自分がやる気がない時、落ち込んでいる時でも「人が頑張っている姿」を
見ると、勇気づけられて「消失していたやる気が復活する」ことに繋がります。
つまり、人が「しんどくても頑張ってる姿、諦めずに継続する力強い姿」を
見ると、ただそれだけでエネルギーをもらえ、自分も頑張ろうと思える。

 

やる気のない人や、いつもだらっとした人ばかり見ていればこちらもどこか
気が削がれますし、活力にあふれた人を見ればこちらも自然とやる気になります。

 

 

なぜなら、人は「他人の行動を参考に、自分の行動を決める」傾向が
あるからです。

 

周りが、「やる気が出ない、活気のない人」ばかりなら私やあなたも釣られて
やる気がなくなったり、次第に面倒になったりもします。
一方で、「いつも活気にあふれた人」「努力家」などを見ればやはりこちらも
「あの人も頑張ってるんだから、私もしっかりしよう!」という気持ちに
なるんですね。

 

 

ダレている人を参考にするのは、これからあなたや私が効率よく成長していく
上であまりいい傾向とは言えませんが、一方で
「努力家」「向上心高い人」を参考にし、「あの人みたいになりたい!」と
自分も努力することで、「その人を真似る行動を取っている」のですから
自然と「その人に近づける」のは、言うまでもありませんよね。

 

このように、「人から活力をもらう」のも、あなたや私が成長する意識を
持って、少しずつ伸びていく上でも重要なことだと、そのように思います。

困難な状況を乗り越えれば必ずステップアップできる

そして、やる気が出ない時やここが「頑張りどころ」だとわかってはいても、
なかなか思うように気持ちがついてこない。
そんな時に、一つ意識しておきたいことがあります。

 

それは、「この状況を乗り越えることができれば、必ずステップアップできる」
ということ。

 

 

何度も言うように、人間は「少しずつ力を付け、日々一歩ずつ成長していく」
生き物です。
一晩で億稼ぐような力はつかないし、寝ていれば能力がアップするわけでも
ないからこそ、「継続は力なり」と言われるのだと思います。

 

 

物事に必死になっている時や、気分が落ち込んでいる時にはどうしても、
私たちはやはり視野が狭くなるため周りが見えなくなりがちです。
つまり、「嫌なことを考える」からこそ、連鎖して余計に嫌なことを考え、
やがて思考を泥沼化させてしまう。

 

→しんどい時、つらい時。人生に疲れた時はいつも○○にいる時
→考えすぎる人から脱却するために。「シンプルに考える」と意識する

 

 

一つ「嫌なこと」が見えれば、そこばかりに気を取られるせいで他にあるはずの
「いいこと」が一つも見えなくなってしまいます。
これは、やる気が出ない時にしても同じで「やる気が出ない…」と落ち込み、
やる気が出ないことに囚われるからこそ、「でも、ここを乗り越えられれば
また一つステップアップできる」という意識が、そもそも浮かばなくなる。

 

 

 

太陽

 

 

 

私は、かつてこれでもかというほどにいつもマイナス思考で、自分のことしか
見えていない、視野の狭い卑屈な人間でした。

 

何をしても、先にある「嫌なこと」ばかり考えてしまう。
ちょっと思い通りにいかないことがあると、すぐに「もうダメだ」と結果を出し、
勝手に諦めてやめてしまう。

 

しょっちゅうそんなことを繰り返していましたし、今から思えばいつも「嫌な
こと」ばかり考えていたので、不機嫌で楽しくないつまらない人間でした。

 

 

しかし、その頃から少しばかり成長できたかな、と思う今になって一つ、
「うまくいかない時」「しんどくて、やる気が出ない時」に自分を客観視すると
見えてくることがあります。

 

それは、「今はしんどいけど、このしんどさがずっと続くわけじゃない」
そして「しんどいからこそ、今が『成長するチャンス』なのかもしれない」
ということです。

 

 

嵐や雨はいつか止むように、「しんどい」という心の波はやがて、いつか
収まりまた元気になれる時が、必ずやってきます。

 

そして、踏ん張りどころを乗り越えればまた一つステップアップできるのは、
最後まで読んでくださる学ぶ意欲にあふれたあなたですから、もう
今更私が言うまでもなくお分かりのことと思います。

 

 

今、しんどいからこそそれを乗り越えることができれば、その「しんどさ」に
対する耐性が、少し上がりますよね。
つまり、「困難を乗り越えれば乗り越えるほど、より強くなれる」とも
言い換えることができそうです。

 

人間は、少しずつステップアップしていく生き物だからこそ、踏ん張りどころを
うまく乗り越えてますます力をつけ、一年後には「今より少し、強くなった自分」
を味わえると思うと、もう少しだけ頑張れそうな気がしてきますね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。