不要な力を抜く人が成功する人になる?

失敗したくない、負けたくない、恥をかきたくない。
こんな風に思うと、やはり余計な力が入りがち。

 

 

余計な力が入ると、
どうしても私たちは自然体でふるまえなくなります。

 

アフィリエイトでも、気楽に構える人こそが成功する理由。

 

 

少し、お話ししていきたいと思います。

 

 

・余計な力が入る原因は「失敗したくない」という恐れ?

・全力でやるのと、力を入れすぎるのは違う
・成功の鍵は「なんとかなる」と気楽に構えること

余計な力が入る原因は「失敗したくない」という恐れ?

やはり、なぜ余計な力が入るのかというと、
必要以上に「失敗を恐れる」意識があるから、
ではないかと思います。

 

 

例えば、私も少し前まで何かにつけて、
失敗を異様に恐れていました。

 

ある種、完璧主義な面があったのか。

 

→失敗が怖いからと完璧人間を目指してもうまくいかない理由

 

 

その反動で、失敗することを嫌に恐れる。

 

恐らく、「失敗に取られる時間」が無駄だと、
思い込んでいたのだと思います。

 

 

失敗すれば、その分成功までに遠のいてしまう。

 

だからこそ、失敗するより一度で成功したほうがいいに決まっている。

 

誰もが思いがちなことですが、
果たしてこれは本当に事実でしょうか?

 

 

実は、世の成功者ほど失敗することを肯定的に捉えています。

 

というのも、彼らは「失敗してこそ」その先に成功があることを、
わかっているから。

 

 

言い換えれば、「失敗しないで成功する」など、そもそもありえない…
と思っている、ということですね。

 

 

考えてもみてください。

 

たった一度挑戦しただけで、いきなりうまくいったことが果たして、
今までどれだけあったでしょうか?

 

あったとしても、それは「ごく簡単なこと」だったのではありませんか。

 

 

やはり、例えば「アフィリエイトを、何の失敗もせず最初から最後まで順調に」
行うことなど、不可能です。

 

 

なぜなら、そもそも「やったことがないので、正しいやり方がわからない」
からですね。

 

だからこそ、世の中に「正しい講座」がいくつもあるし、
私も実際に教材を使って、成功への道筋をたどれています。

 

 

失敗を恐れるのは、やはり失敗したくない…という気持ちから。

 

それはよくわかるのですが、失敗に囚われすぎるとかえって失敗する…
という悪循環を生むこと。

 

私も、何度も経験してきました。

全力でやるのと、力を入れすぎるのは違う

私の場合、「なぜ失敗を異様なまでに恐れるのか?」
と少し考えてみたことがありました。

 

 

私の場合になりますが、失敗を恐れる最大の原因。

 

それはやはり、「何でも一度で、カッコよくこなせる自分でありたい」
という見栄が強かったことに気づきました。

 

 

というのも、私は心の奥底では、ずっと「劣等感」がありました。

 

人より、出来が悪い。
人より、気が利かない。物覚えがよくない。

 

→器用な人でなくて良かったと思ったこと

 

 

そんな風に、何かにつけて「人と比べては」自分は劣っている…と、
ずっとそのことをコンプレックスに思っていました。

 

そして、そんな「できない自分」が嫌いでした。

 

 

だからこそ、その気持ちの裏返しで「私は、出来損ないなんかじゃない。
やればできるし、きっと人より優れた面もある」という思いが強かった。

 

 

要するに、人と比べて自分を判断していたし、
人と比べて自分の価値を決めていたんですね。

 

→人と比べるデメリットと、自分を客観視することの効果

 

 

つまり、私の場合は「できないこと」を実感して、「優秀でない自分」
を目の当たりにするのが、嫌で仕方なかった。

 

だからこそ、失敗を嫌って「何でも、一度でやり遂げる」
優秀な自分でいることが、理想だった。

 

 

物事を、「一生懸命、全力でやる」ことよりも。
「失敗しないこと」に重きをおいて、何でも取り組んでいた。

 

 

当然、意識はずっと「失敗したくない」なので、
物事を「効率よく、工夫してやる方法」など思いつきもしません。

 

結果的に、
自分で自分の頭を硬くしていたのだと、今になって思いました。

 

 

「失敗したくない」、という強い思いがかえって、失敗する原因だった。
そのことに気づくまで、随分長くかかりました。

 

 

そして、同時に「力みすぎることは、決して成功には繋がらない」
ということを、身を持って体感しました。

成功の鍵は「なんとかなる」と気楽に構えること

今の私は、失敗に対する「異様な恐れ」は消えました。
そして、なぜ「恐れ」が消えたのか? 少し、考えてみました。

 

 

今は、何をするにも「落ち着いて」取り組めている。

 

焦らず、失敗に囚われないお陰で自分の頭で考えて、
物事を工夫して効率よく進めることもできています。

 

 

そうなったそもそもの理由。
それは、やはり「失敗したっていいや」と思えたことが大きいです。

 

 

失敗したっていい。
一度で成功しなくたっていい。
一度や二度失敗したくらいで、命まで取られない。

 

 

失敗すること自体が、ダメなことなんじゃない。
問題は、「失敗」に囚われて、そこから立ち直れないこと。

 

 

要するに、「失敗そのもの」は決して悪ではない。

 

そして、成功するために欠かせない大切な要素だと、
考え方を改められました。

 

 

失敗したっていいやと思えるようになった、その理由。

 

それは、「失敗しても、決して自分の価値は下がらない」
ことに気づけたからでした。

 

 

失敗が、人の価値を下げるのではない。
成功が、人の価値を上げるわけではない。

 

 

働いているから偉いわけでもなく、
働いていないからダメなわけでもない。

 

頑張ってる人が偉いのではなく。
頑張ってない人に価値がないわけもない。

 

 

 

緑

 

 

 

人の価値は、決して「周りが決めるもの」でも、
自分の「持っているもの」で決まるわけでもありません。

 

心から、したいことをやれているその「充実感」が、
勝手に自分に対する自信を育んでくれます。

 

→経験を積む重要性。したいことは今からやれる?
→満足感や充実感を目いっぱい味わいたいと思ったなら…

 

 

なぜなら、やはり自分のしたいことをやれている時には楽しく、
マイナス感情が浮かばないからですね。

 

楽しい時に、「嫌だ、もうやめたい…」などと考える人は、まずいません。

 

 

失敗したって、自分の価値は下がらない。

 

むしろ、挑戦という行動をして「成功に一歩近づけた」という意味では、
間違いなく前進できている。

 

だからこそ、そんな自分に自信もつきます。

 

 

そんな風に思えると、自然と失敗に対する意識も違ってきます。

 

今まで、毛嫌いしていたのが嘘のように。

 

今では、むしろ「(成功に繋がるという意味で)進んで失敗したい」
とも思えるようになりました。

 

 

失敗すればするほど、やはり「やってはいけないこと」がわかってくる。
なので、自然と「次はああしよう」と、学んで前進できるんですね。

 

 

今は、やはり「初めてやること」は緊張もしますが、
それでも何事も大部分で落ち着いて、淡々とこなせるようになりました。

 

 

そして、今のほうが「失敗に囚われていた、かつての自分」よりも。
ずっと、効率よく。
そして楽しく物事を行えていることにも、気づきました。

 

 

失敗しても、大丈夫。
むしろ、失敗は成功への大事な行動の一つ。

 

 

そう意識を切り替えて、「失敗」そのものを肯定的にとらえると。
不思議と、自然体で本来の力を出すことができるようになります。

 

 

全力でやるのは、成功するための最短の方法です。

 

しかし、「力を入れすぎる」と自然体でないので、
余計な力はストレスにもなり、
かえって視野を狭めるのは言うまでもありませんね。

 

 

一方で、身体の力が抜ければ、かえってうまくもいくものです。

 

やはり、何においてもありのまま、自然体に振る舞うのが成功する鍵だと、
そのように強く思いました。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来


「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

りうるが全精力を尽くして作り上げた、ここでしか手に入らない貴重な無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。