今の自分が効率よく成長するためにお金を使う

アフィリエイトにしても、何にしても勉強の合間のリフレッシュは欠かせません。
ずっと根を詰めてぶっ通しで勉強するなど、人間である以上は無理ですし
どうしても途中で疲れたり、休憩したいと思いますよね。

 

 

そして、勉強も息抜きを挟むからこそ、効率よく成長できるという話も
以下の記事でしました。まだなら、一度ご覧になってみてください。
ブログの記事が書けない時は気分転換してみる

 

 

今回、効率よく自分の能力を伸ばす手助けとなってくれる「息抜き」について、
今の自分の視点で思うことを少し、お話ししていきたいと思います。

 

 

・勉強の合間の息抜きに欠かせないもの

・物の価値は結局「その人がどう使うか」によって決まる
・本当に欲しい物をすぐ買えると成長する人になれる

勉強の合間の息抜きに欠かせないもの

最近、勉強の合間の息抜きのつもりで前から読みたかった漫画を買いました。

 

やはり、無収入でニートという今の自分の立場に罪悪感を持っていた頃には、
なかなか欲しい物があっても、いくら自分のお金だったとしてもどこかに残る
「使ってはいけない!」という意識から使えませんでした。

 

考えてみれば、おかしな話ですよね。
自分の人生ですから、誰しも好きに生きる権利があります。
今手元に使えるお金があって、そして自分が「欲しい」と思っている物が
あるのに、他ならない自分で自分に「使うこと」を禁じる。

 

 

何も、豪遊したり人の金で賭けをしたり、借金してまで使うわけではないし
使うことで、人に迷惑を掛けるわけでもない。
だというのに、「使いたいのに使わない」のはある種で「自分で自分に罰を
与え、『楽しまないこと』をあえて選択している」のと同じです。

 

楽しまない、という表現は正しくないかもしれません。
何しろ当時の私は、社会や国の一般常識に囚われ「働いていない自分は
楽しむ権利なんてない!」と根拠もなく、思い込んでいました。

 

 

今でこそ、誰しもに自由に暮らす権利があるのに、働いて自分の自由時間を
大半社会のために犠牲にするのはおかしい!…と思ったので、
こうして正直な思いを発信し、私の話を聞いてくださるあなたに向けて今、
自分ができることを行えています。
(自由に暮らす権利について、詳しくは下記の記事をどうぞ↓)
→働きたくないなら働かないで生きると決めてしまう

 

 

 

ショッピングセンター

 

 

 

今まで、買いたかったのに自分に罰を与えることで買わずにいたもの。
「楽しく過ごす権利」を放棄して、ずっと息を潜めて生きていた時代には決して
選択しなかった、「欲しい物をすぐに買う」という行動。

 

今になって、欲しいと思った物を自分の正直な気持ちで「買う」選択が
できた私は、結果的に「今を楽しく過ごすことができる」ようになれました。

 

 

今までは、「遊ぶヒマがあるんだったら、遅れを取り戻す意味でもとにかく
勉強しなきゃ!」という意識が、どこか強かったように思います。
そして、「引きこもり当初、何もしなかった自覚がある」からこそ、その事実に
焦り、周囲と比べては「成長していない自分」に不安になり、その不安から
逃れたくて、必死に「能力を伸ばす」ことばかりを考えていた。

 

だからこそ、ちょっとした休憩時間も無駄に感じられたし、行動するようになった
最初の頃は、「短期間でみっちり勉強するからこそ、
能力を効率よく伸ばせる」と信じて疑わない自分がいました。

 

 

1日に8時間以上、みっちり勉強することを丸1ヶ月続けた経験があります。
アフィリエイトとは別の話ですが、その時の私はとにかく必死で、「できない
自分」から「できる自分」になりたくて仕方ありませんでした。

 

サボっていた分、他人よりも「遅れている」自覚があった。だからこそ、
必死で追いつこうとしたし、あわよくば「短期間で成功したい」と野心を
持っていたのだと思います。

 

 

しかし、必死で勉強し休憩も取らずみっちり知識を叩き込んだところで、
私たちは機械ではなく当然「疲れる」のですから、効率よく能力を伸ばせる
はずがありませんでした。

 

むしろ、疲れた分余計に吸収率は落ち、集中力もなくなり「休みたい」と思う。
疲れて嫌々やっているので、楽しくできるはずもなく結果的に、
ただの「拷問のような作業」になる。

 

私は、「自分で自分を痛めつけていた」ということにようやく1ヶ月経って、
初めて気づいたのでした。

 

この経験があったからこそ、今私は「効率よく能力を伸ばすには睡眠と休息が
欠かせない」こと、そしてそのために必要だと思った物は「ためらわず、
手に入れるからこそ」心が満たされ、より効率よく伸びていけるのだと
気づけました。
効率よく能力を伸ばすには睡眠と休息が欠かせない

物の価値は結局「その人がどう使うか」によって決まる

中には、漫画やゲームなどから「学べることなどない、時間の無駄!」
という風に言う人もいます。
実際に、私も子供の頃親戚の家でアニメを見ていた時に「そんなもの、
なんの役にも立たない」と言われたのを、昨日の事のように覚えています。

 

ですが、私はそうは思いません。
と言うのも、やはり物事が「役に立つか、立たないか?」を判断するのは、
それを行っていない「周囲の人々」ではなく、今実際に行っている
「当事者」であると思うからです。

 

 

考えてもみてください。
周りが、いくら「これは役に立つから」と言ったところで、興味のない
ことを無理やりやらされて、果たしてそれがその人の身になるでしょうか?

 

塾や勉強でも私が一番大切だと思うのは、「意欲」です。
なぜなら、「本人にやる気がなければ、何をやっても効率よく吸収することは
できないから」です。
→学校に行けない、働けないと悩んだ時の解決法
→「忘れない意識」が成長スピードを速めるって知ってますか?

 

 

取り組む本人がやる気を持ってやらないことには、いくら教育熱心で有能な
コーチや先生を連れてきても、伸びるものも伸びません。
そこに「やりたい!」という熱意や意欲が存在しなければ、何をしても
ただの拷問になりかねませんし、楽しく取り組むことはもはや不可能です。

 

だからこそ、好きなことややりたいことには自然と意欲がわき熱心に取り組め、
気づいたらとんでもないところまでたどり着いていた…という人も、
この世界には大勢おられるのだと思います。

 

 

そもそも、漫画やアニメ、ゲームなどに関して「身になるものがない」と
判断するのは、早まった考えだとは思いませんか?

 

それぞれ違って、それぞれの良さがあります。想像力や表現力、感性を育む
こともできるし、それぞれのクリエーターを目指しているなら参考にもなります。

 

 

それを、実態も見ようとせず「役に立たない」の一言で済ませるのは、
かえって視野が狭く柔軟性がないのではないか。
どうせなら、どんな物事からも「どうすれば役に立つか?」という姿勢を持って
行うことで、より成長し効率よく能力を伸ばせる人間になれるのではないか。

 

そして、役に立つ立たないに関わらず、そもそも最初から「息抜き」だと
割り切って、「楽しむ」ことに全力を尽くす。
そのために「娯楽」という言葉があるし、それが心身の癒しになるからこそ、
次にまたやりたいことに余裕を持って取り組める。

 

今の私は、そんな風に思っています。

本当に欲しい物をすぐ買えると成長する人になれる

欲しい物、と一口に言っても色々ありますよね。
休息や癒しに使うための「欲しい物」、知識を吸収し自分が成長していくための
「欲しい物」。

 

このどちらにせよ、自分が欲しいなと思った物を「すぐに買える」と、
より効率よく成長する人になれる、明確な理由があります。
果たしてそれが何か、あなたはお分かりでしょうか?

 

 

欲しい物をすぐに買えると成長する人になれる、その理由。
それは、欲しかったはずの物を「買えずに、いつまでも買うかどうしようか、
悩む…という時間を過ごさずに済むから」です。

 

確かに、誰しもそれぞれ事情がありますから、すぐに何でもかんでも欲しい物を
買うことは、恐らく難しいでしょう。私も実際、限度があります。
しかし、「欲しい」と思っているのに、買う事そのものを我慢し、
自分の欲求を押し込めてしまっている時。ありますよね?
買いたいのに、貯金しておきたいから。お金が減るのが嫌だから。
→貯金が趣味。そんなに貯めてどうするの?

 

 

このような時には、本当はその品物を「欲しいと思いつつ、我慢している状態」
なので、自分の「買えた」という欲求が満たされ、
満足することはありませんよね。
つまり、その欲求は恐らく「買えるまで」収まることはない。

 

 

 

袋の中のあじさい

 

 

 

何も、常に衝動買いしろ、などと言っているわけではありません。

 

ただ、本当に欲しい思いがあるのに、いつまでも買うことができずにいると
「欲しい物を買えた!」という欲求が満たされないので、いつまでも
「買えなかった」煩わしさにストレスが溜まり、「買えないこと」に
囚われることになります。

 

すると、どうなるか。思慮深いあなたであれば、もうお気づきでしょうか。
「欲しいのに買えない」という思いはずっと心の中で満たされることなく
くすぶり、結局「買える」までその商品が気になり、頭について離れない。
買いたい気持ちが強い商品なら、無理に我慢しているので尚更です。

 

 

一方で、本当に欲しい物をすぐに買えればその時点で既に
欲しい欲求は消えてなくなり、満足に変わります。
あなたが本当に欲しいと思っているものですから、
買って後悔することも恐らく、ほぼゼロでしょう。

 

そして、その欲しかった物を心ゆくまで堪能することで、満足し心が満たされ
より、効率よく伸びていける活力となる。

 

 

お分かりでしょうか。すぐに買える、ただそれだけで「買えずに気にする、
余計な時間を過ごすリスク」を完全に潰せるので、もう後は他の本当にやりたい
ことに集中し、あなたの能力を効率よく伸ばしていけるわけですね。

 

本当に欲しい物は、あなたにとってプラスになれどマイナスにはなりません。
だからこそ、「知識を高めるため」であれ「勉強の合間の息抜きに」であれ、
迷わず買う選択ができれば、結果的に余計な考えに煩わされず、
効率よく成長する人間になれるんですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。