今の自分を大事にする。心の「疲れた」を減らすために

今の自分が、疲れていると思うなら一度、素直に自分を癒す選択をする。

 

身体が疲れると、休息をとるように心も一度疲れたと思った時には、
素直に心の声に耳を傾け、休まないことにはなかなか余裕はできません。
満たされない、休まらない心で本来の力を発揮するのは、難しいですよね。

 

 

まず、今の自分の状態を知ることこそ、自分を大切にすることに繋がる。
アフィリエイトでも、心と体の健康を気遣って、いつも良好な状態を保って
おくのが、最短で成功する秘訣の一つです。

 

成功を手に入れるためにも、詳しく見ていきましょう。

 

 

・自分を大切に。気遣うのは自分の「内面」

・自分の内面をコントロールする術を身につける
・人のことを気遣うのは、自分を満たす後

自分を大切に。気遣うのは自分の「内面」

身体はそんなに疲れていないのに、なぜかやる気が出ない。
どういうわけか、気持ちが沈んで何もやる気が起きない。
やる気を出して、取り組むべきことがあるはずなのに気持ちがついてこない。

 

あなたには、このようなことがありませんか?
普段の生活を、何気なく繰り返しているだけでも私たちはやはり知らないうちに
ストレスや、疲労を溜めがち。

 

 

やはり、人間である以上身体もですが心の休息をとらないことには例えば、
漠然と「なんかしんどい」「ちょっとやる気が起きない」といった、
ダラダラの原因にもなりがちです。

 

では、なぜこんな風になってしまうのか。その理由をあなたはご存じでしょうか。
それは、やはり「心が疲れていることに、気づけないでいる」あるいは
「身体ばかりいたわり、心の状態を気にしていない」ことにあります。

 

 

つまり、自分の心が今「どういう状態にあるか?」ということに
なかなか意識を向けられない。
そのために、「なんかしんどいけど、どうしたんだろう。身体は元気なのに…」
と、「心を癒す」ことをおこたってしまいがちなんですね。

 

 

身体に休息が必要なように、私たちの心にも当然休息は必要です。
→自分の時間を大切にすると成功も早くなる
疲れているのなら、癒す。欲しいものがあるのなら、欲求に従ってみる。
→我慢しない生き方を身につけ、ストレスを溜めないために
何を考え、どう思っているか知る。自分はどうなりたいのか?少し考えてみる。

 

日々、自分と向き合う時間を一日例え5分でも取ることで、次第に
「自分の心の状態」を意識して知る癖ができるようになってきます。

自分の内面をコントロールする術を身につける

自分の心が疲れている時にも、「なぜかしんどい」「疲れたな…」と思うだけで
意識して、自分の心の状態を見ようとしないことには、
いつまでたっても「自分で自分を癒す術」はなかなか、身につきません。

 

…と、こんなことを言うともしかすると、「何を言っているんだ?」と
頭にたくさんハテナが浮かんでしまうかもしれませんね。
いきなり、「自分の心の状態を知る」だなんて言われても、よくわからなくて
むしろ当然というものです。

 

 

例えば、自分が今何を考えているのか?…を意識してみた場合。
「本当は、連日休みなしで頑張りすぎて、『休みたい』と思っている。けど、
休むとその時間がもったいないからと、自分に無理を強いているな。」
…と、気づけることがあるかもしれません。

 

例えば、何か気持ちが落ち着かずモヤモヤしている場合に、
その理由を考えてみる。
「本当は、あれがしたいと思っているけど、人目を気にしてなかなか
取りかかれずにいる。そのせいで、欲求が満たされずにずっとモヤモヤしている」
と、気づくきっかけにもなります。

 

 

 

もや

 

 

 

このように、何か「つらいな、しんどいな…」と感じることがあるのなら、
必ずそこには「理由」が存在します。
だからこそ、一度自分の心の状態を意識して「今、何を感じているか?」
「疲れていないか?」など気遣ってみると、自然と「頑張りすぎて、いつの
間にかダウンしていた」状態も防ぐことができます。

 

 

自分の内面を、コントロールする。
つまり、「しんどい」と思っているのなら、そのしんどい原因を探り、
「しんどい」という思いを取り除く行動をしてみる。

 

「つらい」と思っているのなら、つらい原因を探る。取り除く行動をする。
「楽しい」と思っているなら、その楽しさを少しでも多く感じられる努力を、
日頃から意図して取り入れてみる。

 

 

すると、自然と「自分の心の状態を気にかけて、セーブする癖」がつくので、
無理して頑張ることが無くなり、つまり「自分に無理を強いる」ことが
無くなるので、それは「意図して、心の安定を保つ」ことにも繋がります。

人のことを気遣うのは、自分を満たす後

人に自分から与えれば、その好循環がいつか自分にも返ってくる。
人に優しくするからこそ、その感謝が巡り巡って自分にも返ってくる。

 

それは事実ですし、人を故意に傷つける人などよりも、ずっと建設的で
相手も、自分も満たされる幸せになれる行動であると思います。

 

 

しかし、ここで一つ気をつけておきたいことがあります。
思慮深く、熱心に私の話を聞いてくださるあなたですから、既にその
勘の良さを発揮していることでしょうか。

 

そう、「人のことを気遣いすぎて、自分を満たす意識が後回しになる」と、
途端に上記の「なんかしんどい」という事態におちいりかねない、ということ。

 

 

考えてもみてください。
例えば、アフィリエイトなら「人も、自分も幸せになれる」のは感謝される
ビジネスを行った時です。
つまり、読者のことを思って文章をつづり、読者の心を揺さぶり、共感を得る
からこそ、「この人から商品を買いたい!」と思ってもらえる。

 

一言で言えば、面白い文章、有益な情報を提供したからこそ「貴重な情報を
ありがとう」と読者に感謝され、そして商品を買っていただけることに
書き手である私たちも、読者にまた感謝する。
これが、「双方幸せになれるビジネス」でした。

 

 

確かに、アフィリエイトビジネスを行う以上は「自分のことは後回し」だと、
私もこのブログで何度かお伝えしました。

 

自分の欲を乗せた文章では、その打算的な思いを見透かされ、欲の乗った
文章では、読者の心は決して揺さぶれない。
むしろ、それを読んで白けた読者に見放され、収益も反応もなくやがて
諦めてやめてしまうかもしれない。
それは、まぎれもない事実です。

 

 

 

洗う

 

 

 

ですが、一つ肝に命じておいてほしいのは「自分のことは後回し」というのは
自分の「利益は後回し」つまり、自分が「得すること」よりも、読者の
益を一番に考えるべき、という意味です。

 

決して、「自分が潰れるまで無理して、読者のためを思ってマゾヒストのように
あくせく、記事を書き続けろ」などと言っているわけではありません。

 

 

以下の記事でもお伝えしているように、やはり自分の心が満たされてこそ、
「読者のことを思いやれる、温かい文章」が自然と生まれます。
→今すぐ満たされたい人のための「幸せになれる方法」とは?

 

なぜなら、私たちは完璧ではないのですから、心に余裕がないとなかなか
人に優しくすることもできない。
心に余裕があるからこそ、つまり「人を思いやる余裕を持てる」ので、
そもそも自分が満たされていないと、「人に優しく」などという発想は
なかなか、浮かばないわけですね。

 

 

食べ物をたくさん持っているからこそ、自分も満腹になれ、そして人にも
分け与えることができる。
持っていないものを、無理して与えることは双方「満たされる」ことには、
決してなりませんよね。

 

お分かりでしょうか。
時折、人のことに目を向けすぎて「自分を疲れさせている」という人が
いますが、それでは結局、自分も他人も幸せにはなれません。

 

 

自分が疲れる、と感じているのなら一旦、自分の心と向き合ってみる。
自分を満たす努力をしているか?自分をないがしろにしていないか?
人のことばかりで、自分に対する意識がおろそかになっていないか。

 

特に、アフィリエイトを始めて「まず読者を思って」と言えば、こんな風に
「相手のこと」ばかりを思う意識が先走ってしまう、優しい心の持ち主が
このブログの読者さんにも、とても多いです。

 

 

まず、自分の心を満たす意識を持つ。
読者を想う気持ちは欠かせませんが、それでも「自分」が満たされていないと、
人のことまで気遣うのは難しいです。

 

だからこそ、まず自分を満たす。その後に、人のことも少しずつ気遣って
いくのでも、決して遅くはありません。

 

 

結果的に、まず自分を満たす意識を大切にしたからこそ、巡り巡ってそれが
「相手を想って、救いとなる文章をつづること」ができるのなら、
これ以上の結果はありません。

 

人を想うには、まず自分から。そして、最終的に相手も自分も尊重し、
互いに幸せになれるビジネスを展開していく。
決して一人では生きていけない、人間社会だからこそ。人にも自分にも、優しく
素直でありたい。あなたは、そのようには思いませんか。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。