器用な人でなくて良かったと思ったこと

あなたは、ご自分のことを器用だと思っていますか?

 

もしかすると、この記事を開いてくださったということは、
自分のことを「不器用だ…嫌だな」と思っているのかもしれませんね。

 

 

ちなみに私は、不器用な人間です。

 

小さい頃から頭は固い、気が利かない、周りが見えていない。
手先にしても、「器用だ」と褒められたことなどありません。

 

 

生き方にしても、引きこもり、ニートで社会のレールから外れていますから、
恐らく不器用なのだと思います。

 

 

しかし、それでも昔は「器用」に憧れのあった私でしたが、
今は「不器用な自分で良かった」と思っています。

 

不器用だからこその、メリット。
そして、人よりも成功する素質にあふれていること。

 

 

あなたは、ご存じでしたか?

 

 

・不器用なのはデメリットばかり、とは限らない

・働けなかったからこそ見つけたアフィリエイトの可能性
・不器用なのは「これからの伸び代がたくさんある証」

不器用なのはデメリットばかり、とは限らない

不器用、と聞くと世間一般では、
どうにも「悪いイメージ」がありますよね。

 

 

「不器用より、器用なほうがいい」

 

「不器用だと仕事や家事もはかどらないし、メリットがない。
器用なほうがいいし、マイナスにしかならない!」

 

「器用な人には憧れるけど、
不器用な人にはなりたくないよね」

 

 

不器用な私たちにとってはとても残念なことに、
こんな感じのイメージがあふれているように思います。

 

 

かく言う私も、ずっと「不器用な自分」が嫌いでした。

 

不器用なことに嫌気が差し、「器用になりたい…」
「なんで私は器用じゃないんだろう」と、心底思ったこともあります。

 

器用な人に「うらやましい」と、嫉妬したこともあります。

 

 

しかし、それでも今でこそ「私は、不器用で良かった」と思えています。

 

では、なぜ不器用で良かった、と思えるようになったというのでしょうか?

 

 

それは、「不器用でも、たくさんメリットがあることに気づけたから」です。

 

 

不器用と聞くと、まず連想するのはやはり「デメリット」です。

 

手先なら、「器用なほうが効率がいい」だとか。

 

生き方が不器用なら、「器用に立ち回ったほうが、苦労が少ない」
…だとか、思ってしまいがちですよね。

 

 

しかし、果たして本当にそうでしょうか?

 

 

 

なんの花?

 

 

 

不器用な人は、多くの場合自分のことを「不器用だ」
と、自覚しています。

 

当然、器用な人もそうであることが多いと思います。

 

 

そして、全てがそうとは限りませんが「器用な人」というのは、
「(人より)器用な自分」に優越感を持って、
「器用なこと」を長所として、とらえている場合があります。

 

 

一方で、こちらも全てがそうとは限りませんが「不器用な人」は、
「(人より)不器用な自分」のことを劣っているとか、
短所だととらえている場合があるからこそ、そんな自分に苦しみます。

 

 

学生時代にも、よくこのようなことがありました。

 

「周りはみんな、とっくに作業を終えているのに、
自分一人だけがまだできておらず、焦って仕上げる。」

 

なんで、私だけこんなに遅いんだろう…と、
自分の不器用さを恨み、悲しくなったものです。

 

 

その場合、不器用な人は「自分が人より不器用だ」
「自分は何をするにも時間がかかる」と自覚しているので、
その分、努力で補おうとします。

 

 

例えば、一般的に5分で済むところを10分かけないとうまくできない。
それがわかっているからこそ、「早めに済ます努力」をするのですね。

 

 

「自分はダメだ」と諦めずに、前向きに懸命に、
10分を短縮しようと、人一倍努力するわけです。

 

結果的に、他の人が5分で済ませるところ、
いつの間にか「3分でできる」となっていたりするんですね。

 

 

つまり、不器用な人は「自分の不器用さ」をわかっているからこそ、
一生懸命「(他の人に)追いつこう!」とするんですね。

 

それは、誰よりも「向上心が高い努力家」だと言いかえられます。

 

 

人よりコツコツ努力して、「思いがけない成果を手に入れる」。

 

そんな人が、不器用な人にはとても多いのです。

 

 

ここまでは「手先が器用な人」についての、
メリットをお話ししました。

 

そしてここからは、「生き方が不器用な人」について、
そのメリットと共にお話ししていきます。

働けなかったからこそ見つけたアフィリエイトの可能性

生き方が不器用とは、そもそもどういうことでしょうか?

 

 

例えば、「人にうまく自分の主張を言えない」
「愛想良くふるまうのが苦手…」

 

「社会や人の輪の中で、うまく馴染めない」
などが、それに当たると言えます。

 

 

つまり、「人間社会の中で生きていくのが下手な人」ですね。

 

 

当然、私もその枠に入っていることを自覚しています。

 

「社会のレールにうまく乗れなかった」と感じている人なら特に、
この感覚をひしひしと、感じているのではないかと思います。

 

もしかすると、あなたもこれまで「人と違う」感覚に苦しみ、
「できない自分」に情けなくなり、苦しんできたかもしれません。

 

 

しかし、たとえ生き方が不器用だとしても。

 

これからはもう、それを「欠点」だととらえたり、
そのことで自分を責め、一人で悩む必要などないんです。

 

 

なぜなら、「生き方が不器用だからこそ、気づける可能性」
そして、「確かなメリット」があるからです。

 

 

 

彼岸花

 

 

 

あなたが今、どういう状況にあるにせよ。

 

心のどこかに、「自分は不器用で、生きにくい…」と悩み、
誰にもわかってもらえない苦しみがあるのだと思います。

 

そうでなければ、
そもそも今この記事を読んでくださってはいませんよね。

 

 

アフィリエイトは、「不器用な生き方に悩んでいる人」や、
「うまく社会生活を営む自信がない人」にこそ、
うまく取り組めるビジネスだと、私はそう確信しています。

 

つまり、不器用な人たちの助けになるネットビジネス。

 

 

それは、なぜだと思われますか?

 

 

上でも言ったように、「不器用な人」というのは基本的に、
「努力家である人」がとても多いです。

 

 

手先だけでなく、生き方も「私は不器用だ」と自覚しているからこそ、
「不器用でなくなるには、どうすればいいか?」とまず考えます。

 

「器用にはなれなくても、人一倍努力すれば他人に追いつける」
ことをこれまでの経験から、知っています。

 

 

そして、健気に「他人の足を引っ張らないように」懸命に、
自分の能力を努力によって、なんとか伸ばす。

 

 

そんな風に、気遣いで「人に迷惑をかけたくない」と、
努力する一生懸命な人だからこそ、

 

アフィリエイトも「コツコツと、仕組みづくりが整うまで、
諦めずに続ける」ことができるのです。

 

 

そしてこれまで、過去の不器用さで苦労した経験から、
「コツコツ努力すること」にはある程度慣れているので、
そう苦にならず、仕組みを完成させられるのです。

 

 

アフィリエイトビジネスは、
手先にしても生き方にしても「不器用だからこそ」、
非常に相性の良い、不器用をメリットに変えて活かせるビジネスです。

 

以下の記事も参考にどうぞ。

 

→働くのに向いてないならネットで稼ぐ方法を知る

 

 

おわかりでしょうか。

 

「器用だからこそ」、メリットがあるように。
「不器用だからこそ」のメリットも、ちゃんとありました。

 

「不器用だから」、何をやってもダメだ…と悲観するよりも。

 

「不器用だから」、誰より努力して、必ず成功してみせる!
…と不屈の精神を発揮すれば、
そこにはもう、「器用、不器用の境目」などなくなります。

 

 

大事なのは、「器用、不器用」という「個性」そのものではなく、
器用「だから」、どうするのか?
不器用「だから」、これからどうするのか?

 

…という、器用不器用を認識した「後の行動」。
それが、私たちの未来を左右すると、そのように思います。

不器用なのは「これからの伸び代がたくさんある証」

一方で、あなたは先ほどの話を聞いて、
もしかすると、こんな疑問が浮かんだのではないでしょうか。

 

 

それは、「不器用な人が努力すれば伸びるのはわかったけど、
最初から器用な人が努力すれば、
絶対に追いつけないんじゃないの?」…ということです。

 

 

この疑問は、かつて私が「自分は不器用だ…」と、
卑屈になっていた頃に、いたく落ち込んだものです。

 

 

確かに、器用な人は最初からなんでもそつなくこなしたり、
大した努力もなしに、結果や成果を上げる場合があります。

 

しかし、最初から器用な人は当然、
不器用な場合と同じように自分のことを、
「器用な人間だ」と自覚しています。

 

 

ここで少し、考えてみてください。

 

 

人間は、競争社会の中で生きています。

 

学校教育では成績を競い、会社に入ってからは、
成果を上げた人が出世するのは、この社会のシステムです。

 

 

器用な人は、競争の中に身を置いていても、
最初から「大した努力をせず、成果を上げることができる」
…と、過信している場合があります。

 

もちろん、器用な人全てがそうだ…と言っているわけではありません。
しかし、実際にその傾向があるのも事実です。

 

 

今まで、競争の中で「実力を上げてきた」からこそ。

 

自分の器用さに誇りを持っているし、
心のどこかで「自分は器用だから、大丈夫」と思うのでしょう。

 

 

結果的に、「努力しなくても、それなりの成果を上げられるから大丈夫!」
…と、「自分を高めること」を放棄してしまう場合も、実際にあるのです。

 

そして、ここからが重要です。

 

 

 

ススキの間の

 

 

 

多く、人間というのは競争社会に身を置き、
「自分が他の人より劣っている」…と感じた時に、
自分の能力を必死になって磨こうとします。

 

 

人より劣ったまま(と思っている)だと、
劣等感に悩まされてしまいます。

 

そんな状態で、自信がつくどころかなくす一方ですし、
何より「巨大な劣等感」は、つらいものです。

 

 

つまり、「劣っている自分が嫌」で「他人に勝りたい」からこそ、
必死になって「能力を高める」ことで、安心したいわけですね。

 

これは、人間誰もに備わっている生まれながらの、
「欲求」の一つでもあります。

 

 

一方で、最初から自分が「人より器用で、優れている」
ことを実感している場合は、どうでしょうか?

 

 

もちろんそうでない人もいますが、
意図して「自分の能力を伸ばそう」としない人も、大勢います。

 

なぜなら、「人より優位に立っている(と思っている)」からこそ、
「それ以上、必死に能力を伸ばす意味がない」からですね。

 

 

特に、優劣の基準が「他人と比べること」の場合は、
わかりやすくその傾向があるように思います。

 

 

「過去の自分と比べて、成長している自分を実感する」
のが目的の場合は、器用不器用に関わらず、
人は、自分の能力をどこまでも伸ばします。

 

 

しかし、優劣の基準が「他人と比べること」なら、
そもそも「基準値よりも高い」能力を持っていると、
そんな自分に安心してしまうわけです。

 

だからこそ、それ以上「努力しよう」としない人も、
この世の中には確かに、一定数存在します。

 

 

こんな風に、「人と比べて、優れた能力を持つ自分」に安心し。

 

それ以上、努力しようとしない「傲慢さ」を持つ恐れがあるなら、
たとえ不器用でも、謙虚に能力を伸ばす人間でありたいと、
私はそう思いました。

 

 

そして、同時に器用、不器用に関係なく、
「たとえ一つの能力に長けたとしても、それに慢心せず、
自分を高め続けていきたい」と、そうも思っています。

 

それが、人間としても「どこまでも成長できる、唯一の方法」
ではないかと、そう感じています。

 

→「慢心する」ことが成功への大きな妨げになる

 

 

他人と自分の能力を比べるのは、
そもそもあまり好ましいこととは言えません。

 

 

しかし、自分が「不器用だ」とわかっていて、
それを克服したいからこそ努力して、力をつけるのは向上心が高く、
とても前向きで伸びる姿勢だと、そう言えます。

 

 

つまり、不器用なのは生まれた時に「その劣等感をバネに、
人一倍努力する力」を授けられた、とも言いかえることができます。

 

 

不器用だからこその、確かなメリットと、
そしてたくさんの伸び代がありました。

 

ウサギとカメのように、ゆっくりとでも着実に能力を伸ばすからこそ。

 

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」を手に入れられると、
そのように思いませんか。

 

 

私たちは、私たちのペースで。
焦らずゆっくり、コツコツと「諦めずに」必ず、自由を手にしましょう。

 

不器用な人でも、読んで実践すれば「自由になれる」講座、
今だけ開催中です。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来

「もう一生、働きたくない!」

「自分の人生、自分や大切な家族だけのために、自由に過ごしたい!」

こんなあなたに朗報です。


期間限定、「ブログ開始半年で『稼ぐ力』を身につけた」私が贈る、

「誰にも頼らず、一人で稼ぐ力が身につくメルマガ講座」開催中!




「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



以下の「究極の自由」を、私と一緒に手に入れてみませんか?



・寝ていても遊んでいても、生活費を「永久に、二度と働かずに」稼げる自由。


・「好きな時に、好きな人や大切な人とだけ」、関わることを選べる自由。


・嫌な人とは「二度と会う必要のない」、人間関係のしがらみから100%、解放される自由。


・欲しいものを買いたい時に、値段を見ずに好きなだけ買える、お金の自由。


・その気になれば、親や同居人も養えるほどの、圧倒的な額を稼げる自由。


・仕事などせずとも、どこに住んでいつ旅行しようが好き放題の、圧倒的自由。


・「働くこと」に縛られない、何時に寝るのも起きるのも自分で決められる自由。


・今後一切、永久に「働いていないこと」や「将来のお金の不安」に悩まされない自由。


・贅沢に、趣味や特技を堪能できる余裕の額を、圧倒的に稼げる自由。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。