不満やストレスから解放されるために1番大事なこと

日頃から、何かにつけて不満を持ったり、
イライラとストレスが溜まるこの世の中。

 

あなたは、不満やストレスが溜まる大きな原因が、
「損得勘定」にあることを、ご存じでしょうか?

 

 

損得勘定で物事を考える。

 

つまり、自分が「得するか」「損するか」で判断する、
ということですね。

 

 

損得勘定を捨てて、大らかに、
物事に鈍感に生きることができれば、すぐにでも幸福になれます。

 

どうせ生きるからには、イライラ不満やストレスの溜まる生き方よりも、
楽~に構えて、上機嫌で生きていきたい。

 

 

そう思ったなら、一度最後まで読んでみると、
きっと、あなたの気持ちも少し楽になることと思います。

 

 

・損得勘定で考えると不幸になりやすい理由

・わかっていても損得で考えてしまう時にはどうすればいいのか
・見返りを求めすぎず「与える人」になれれば成功できる

損得勘定で考えると不幸になりやすい理由

自分が得するか、損するか。

 

それを基準にして、物事を考えてしまうことって、
少なからずありますよね。

 

 

「自分にとってメリットがあるから、○○をする。
しかし、●●をしてもデメリットしかないから、しない。」

 

こんな風に割り切った考え方をするのも、
いっそ人間らしくて清々しい、と言えるのかもしれません。

 

 

しかし、同時に気をつけておきたいのは、
これは「不満やストレスが溜まる、不幸な考え方」と言えることです。

 

 

では、なぜ損得勘定で考えると不幸になりやすいのか、
あなたはおわかりでしょうか?

 

 

損得勘定とは、自分が「得している時」はいいのですが、
一方で「損している(と感じた)時」には、
他人に対する不満がわくわけです。

 

 

例えば、学生なら同じクラスの掃除当番の子が、
「用事があるから」と掃除をせず、
全てあなたに押しつけて、意見も聞かずに帰ってしまった時。

 

 

仕事なら、仕事量も同じはずの同僚がやる気がないのか、
一向に進まない時のこと。

 

そのうちあなたに尻拭いさせ、単純な仕事量を比べれば、
1.5倍ほどと明らかに違うのに、もらえるお給料はなぜか全く同じ。

 

 

こんな時、損得勘定で考えるとどうしても、
あなたは「損した」気分になります。

 

 

むしろ、同じことをやっていて同じ条件のはずなのに、
「なんで私ばっかり、こんな目に遭わないといけないの?…」と、
相手に対して不満を感じ、それがストレスになって当然です。

 

自分を不当に扱われて、気分が悪くならない人なんて、
いるなら私も、お目にかかってみたいものです。

 

 

 

森の中のリス

 

 

 

つまり、損得勘定は「自分が損した(と感じた)時」を自覚するほど、
「不当な扱いをされた!」と思い、ストレスの原因になるのです。

 

 

「自分だけ多くやらされるのは、バカらしい!」と、
途中で放り出したい気持ちや一度、
ガツンと言ってやりたい気持ちも当然生まれます。

 

しかしそれでも、強く言うのにも勇気がいるもの。

 

 

結局、何も言えずなあなあになって不満を抱え、ストレスが溜まる…
という、どう考えても理不尽でしかないこと、
あなたも、幾度も味わってきたでしょうか。

 

 

一方で、少し考えてみてください。

 

例えば、損得で考えない人。

 

何があっても、「仕方ないや」「こんなこともある」
と、軽く済ませてしまう人は、どうでしょうか。

 

果たして、不満やストレスが溜まるでしょうか。

 

 

そもそも「損得で考えない」ということは、
「自分が損したという考えが、一切浮かばない」ということですね。

 

 

ですが、やはり周りから見れば「文句一つ言わない、都合の良い人」
に見えるかもしれません。

 

いつも、他人の嫌な仕事を快く引き受けてくれる人は、
確かに「利用されやすい」傾向があるのも、事実と言えるでしょう。

 

 

しかし、当人は「自分が損したとは思っていない」ので、
不満やストレスが溜まることも、
不当に扱われた!…と、嘆くこともそもそもないのです。

 

 

客観的に見れば、「ただのおめでたい人じゃないか!」と、
あなたは思うかもしれませんね。

 

 

しかし、おめでたいからこそ当人は「幸せ」でいられるし、
自分がそもそも「損した」とか「不幸だ」と思っていない。

 

だからこそ、いつも幸せな顔をして、
他人が嫌がることも、鼻歌を歌いながらしているかもしれません。

 

 

「そんな聖人君子みたいな人、いるわけない!」と思われるでしょうか?

 

何も、そんな人に「ならなければいけない」だとか「なるべきだ」、
などと無理強いしているわけではありません。

 

 

私たちは心を持った人間ですから、神様のように悟りを開くこと、
まずできるはずもありません。

 

まして、他人に使われるのは嫌に決まっていますよね。

 

 

それでも、同じ物事を行うのに「嫌々やる」のと「楽しくやる」のとでは、
感じ方一つで結果も気分も、まるで違ってくるのです。

 

 

嫌々やれば、掃除なら中途半端な出来になったりと、散々です。

 

しかし、一方で楽しく鼻歌を歌いながらやれば、
不満もストレスもないので丁寧で、
綺麗で思いがけず、感謝されることもあるかもしれません。

 

 

そして、「嫌々」でないので心も常に健全で、
いつも「幸せ」でいることができますよね。

 

つまり、「損得で考えない」ことは私たちが、
「幸せでいられるきっかけ」になる、ということです。

 

 

いくら他人から、「おめでたい人」に見えたとしても。

 

同じ「自分に対しての評価」なら、
私は「他人からの評価」よりも、「自分自身の評価」
を大事にすべきだと、そう思います。

 

 

つまり、「人からどう思われても、自分で自分のことを
大切に思っていれば、構わない」ということ。

 

なぜなら、人が自分をどう思っていようと、
「他人の心の中までは、見えない」からです。

 

 

なら、気にするだけ意味がない。

 

「考えてもわからないことを、考える」のは、
頭を痛める種にしかなりません。

 

その点、自分自身の考えていることは、手に取るようにわかる。

 

だったら、最初から「自分で、自分を大事にする」ことができれば、
満足もするので「他人の評価」など気にならないと、そう言えます。

わかっていても損得で考えてしまう時にはどうすればいいのか

「損得で考えると不幸になるのはわかったけど、やめられない」

 

「頭ではわかっていても、ついつい考えてしまう…」

 

もしかすると、こんな悩みがあるかもしれません。

 

 

理屈ではいくらわかっていても、
すぐに割り切れないのが、私たち人間です。

 

自分の感情を「こうありたい!」とすぐコントロールできるなら、
人間関係や「自分を責めること」で頭を抱える人は減りますし、
そもそもこんな記事、読んでいませんよね。

 

 

私も、「わかっていてもうまく感情を制御できない」ことがあるので、
そんな気持ちはよくわかります。

 

では、「頭ではわかっているけど、つい損得で考えてしまう時」
は、一体どうすればいいのでしょうか?

 

 

自分の感情を、無理やり「コントロールしよう」とすると
どうしても、つらくなります。

 

 

「できない」ことを「しよう」としても、できないものはできません。

 

反対に、「できない自分」を自覚すると「なぜできないんだ!」
「こんなこともできないなんて…」と情けなくなり、自分を責めたくなるもの。

 

 

「できない」ものを無理やり、「しよう」とする必要はないと、
私はそのように思っています。

 

いっそ、「できない」自分を開き直って「認める、受け入れる」
ほうが、私たちが「前に進める」きっかけになると、そうも思います。

 

→自分の嫌いなところを受け入れると穏やかになれる
→気楽に生きるためには「他人目線」をやめる必要がある

 

 

一体、どういうことでしょうか?

 

 

 

雪の上のペンギン

 

 

 

人間は、「受け入れられれば前に進める」生き物です。

 

 

できないなら、その「できない自分」を認めて素直に受け入れ、
一旦意識してみます。

 

すると、「今の自分はできない。だったら、どうすればできるか?」
を冷静に考えられるようになります。

 

 

「できない自分」が「嫌だ、認めたくない」と見ないようにしても、
結局「できない」ことを受け入れられていないので、
そもそもその物事を解決する「有効な考え」も、浮かびません。

 

 

できない自分、損得で考えてしまう自分を一旦認めて、受け入れる。

 

「ああ、今の私は損得で考えてしまうんだ」と自覚して、
「今はそれでいいや」とただ、受け入れる。

 

その上で、「今は損得で考えてしまうけど、
そうじゃなくなる方法を少しずつ探していこう」と、前向きに考える。

 

 

それができれば、今後「損得で考える自分」を嫌だと、
目を背けることもなく、「そのことについて逃げる」ことがなくなります。

 

不満も、ストレスも溜まることはないのです。

 

 

一旦認めて受け入れるからこそ、自分の嫌な所を
冷静に見つめ直し、分析して「だったら、どうすればいいか?」
と改善策を考えられるんですね。

 

 

不満やストレスを嫌だ、何とかしたい…という思いのもと、
この記事を読み進める行動力あるあなたですから、
きっと読み終える頃には、一歩前へと進めているはずです。

見返りを求めすぎず「与える人」になれれば成功できる

何においても成功する人は、「自分から与えられる人」です。

 

人から「与えてもらう」のを待っているだけではなく、
「与えてもらう、もらえない」関係なく、
「自分から」与える側になり、周囲の人々を豊かにしていく。

 

 

自分から「与える」ことができれば、
「人から与えられる」のを期待する必要もありません。

 

人から「与えてもらう」ことを待ってばかりだと、
いざ何もしてもらえなかった時に、不満がわきます。

 

 

「あなたがしてくれると思ってたから、待ってたのに…」
「何もしてくれないなんて、思いやりがないなあ」

 

こんな風に一度考えてしまえば、心はどんどん貧しくなりますよね?

 

 

自分から「与える」発想など浮かばず、人から「与えられる」
ことばかり意識していると、心が貧しくなります。

 

人に何も与えない自分を棚に上げて、「あの人は何もしてくれない…」
と不満やストレスが溜まるので、貧しくなるのもうなずけますよね。

 

 

同様に人間は、見返りばかり求めているといやしくなります。

 

いつも、「自分が人に与えてもらうこと」ばかり意識するので、
そもそも「自分も、人に与えることができる存在」
だということを、忘れてしまうんですね。

 

 

結果的に、誰にも何も「与えない」ので、
人から感謝もされず、「何も与えてもらえない」人間になるのです。

 

 

 

赤みがかった

 

 

 

…なんてことを偉そうに言っておきながら、
実は私も、かつては「人から与えてもらうこと」ばかり望んでいた人間でした。

 

 

誰かと一緒にいると、「あの人は私に何をしてくれるだろう?」と考える。
「私は、あの人に一体何ができるだろう?」ではなく「何をしてくれるだろう?」。

 

 

ずっとそんな考えでばかりいたので、
思い返せば「ないものねだり」や「与えてもらえない不満やストレス」ばかりで、
今思えば、自分を「不幸になるよう仕向けていた」ように思います。

 

→幸せになるには「感謝の気持ち」が鍵となる
→幸せになるには「まず○○に気づく」

 

 

しかし、アフィリエイトを始めてみて、考え方も大きく変わりました。

 

 

それまでどこかで「与えられるのを待つ」ことばかりだった私ですが、
アフィリエイトの講座に出会って、
「自分から人に与えられるものがある」と気づけました。

 

 

アフィリエイトの講座、と言うとアフィリエイトのことしか
書いていないのではないか…と思いがちですが、
実はそうではないこと、ご存じですか?

 

 

実際、アフィリエイトには「正しいマインドセット」が必要なので、
「継続するための考え方」や「自分のことばかり考えず、読者を第一に」
…といったことがたくさん書いてあります。

 

 

それらを学ぶ中で、私も「どうすれば読者のために役に立てるか?」
に重きを置いて、「与えてもらうのを待つ側から、与える側になろう!」
と強く決心できました。

 

 

実際に、私に正しいマインドをセットしてくれ、
思いがけず私の心を楽にしてくれた講座が下記でした。

 

→フリーランスアフィリエイトプロジェクト【FAP】

 

 

今も正しい「マインド」部分に気づいていなければ、
私はなお「与える側」になれず。

 

貧しい損得勘定の中で生きていたのか、
と思うと、冗談でなく背筋が凍る思いがするのです。

 

 

それを確実に避けて、早めに正しいマインドセットを学べて、
更に心まで楽になれて、本当によかったと思っています。

 

時には、思い切って行動してみるからこそ、
「見えなかった幸せが見えてくる」のだと、そう実感しました。

 

 

「与えてもらう側」から「与える側」になる

 

これを意識すると、自然とあなたの周囲の人々はあなたに「与えてもらえる」
ので、幸せに包まれあなたに感謝してくださることになります。

 

 

結果的に、幸せは幸せの連鎖へと繋がります。

 

あなたが幸せであれば、周囲も連鎖して幸せになりますし、
周囲が幸せなら、
あなたもその幸せに影響され、更に幸せになっていくのです。

 

 

その「正の循環」を生み出すことこそが、
「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」を手に入れる上での、
一番の醍醐味だと、そのようにも思います。

 

正しいマインドセットを身につけ、毎日を楽しく過ごしながら、
私たち自身の手で「理想の自由」を手に入れましょう。

 

 

本気で周囲も、自分も幸せにしたいと思ったからこそ、
最後まで読んでくださる、誰より心温かいあなたです。

 

そんな自分の力を信じて、前に進みましょう。

 

 

時間、お金、人間関係、住む場所。

 

これら「4つの究極の自由」を手に入れたいと思ったなら、
以下から期間限定メルマガを見てみるのも、いいかもしれませんね。

 

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来

「もう一生、働きたくない!」

「自分の人生、自分や大切な家族だけのために、自由に過ごしたい!」

こんなあなたに朗報です。


期間限定、「ブログ開始半年で『稼ぐ力』を身につけた」私が贈る、

「誰にも頼らず、一人で稼ぐ力が身につくメルマガ講座」開催中!




「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



以下の「究極の自由」を、私と一緒に手に入れてみませんか?



・寝ていても遊んでいても、生活費を「永久に、二度と働かずに」稼げる自由。


・「好きな時に、好きな人や大切な人とだけ」、関わることを選べる自由。


・嫌な人とは「二度と会う必要のない」、人間関係のしがらみから100%、解放される自由。


・欲しいものを買いたい時に、値段を見ずに好きなだけ買える、お金の自由。


・その気になれば、親や同居人も養えるほどの、圧倒的な額を稼げる自由。


・仕事などせずとも、どこに住んでいつ旅行しようが好き放題の、圧倒的自由。


・「働くこと」に縛られない、何時に寝るのも起きるのも自分で決められる自由。


・今後一切、永久に「働いていないこと」や「将来のお金の不安」に悩まされない自由。


・贅沢に、趣味や特技を堪能できる余裕の額を、圧倒的に稼げる自由。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。