嫌な記憶を消すよりも有効なこととは?

過去の、忘れたい記憶や嫌な思い出。
あなたにも、いくつかあるのではないでしょうか?

 

 

嫌なことに囚われると、人間はどうしてもマイナス感情を抱え、
マイナス思考になりがち。

 

その理由はやはり、「嫌な思い出」を意図的に思い出しているせいで、
当時の否定的な思いがよみがえるからですね。

 

 

嫌な記憶は、なかなか消したいと思っても消えないもの。

 

だったら、一つ有効な策があること。
ご存じでしょうか。

 

 

・根に持つのと早く忘れるのと…

・楽しい時間を過ごしたいなら、その工夫をする
・嫌なことを思い出さないために有効なこと

根に持つのと早く忘れるのと…

同じ嫌な記憶でも、持つ人によって行動も違ってきます。

 

 

例えば、嫌な記憶を繰り返し思い出して、
嫌な気分にひたることもできる。

 

一方で、嫌な記憶を植え付けた人を恨み、
復讐しようとすることもできる。

 

 

しかし、このように考えることもできます。

 

「嫌な記憶をいくら思い返しても、仕方がない。
前に進む行動をしよう。」

 

 

とはいっても、口で言うのは簡単ですよね。
嫌な記憶も、消したい思い出や過去も。

 

 

いくら思い出しても、何もならない…というのは、頭でよくわかっている。
誰に言われるまでもなく、自分が一番身に沁みて感じている。

 

それなのに、やはり思い出してしまう。

 

 

思い出したくないのに、思い出しては頭を悩ませること。
私も、ずっと繰り返してきたことなので、気持ちはわかります。

 

 

自分にとって、よくない思い出なだけに。
つらいし、悲しいし苦しい。

 

だからこそ、「嫌な記憶は消してしまえればいいのに…」
と思う人が多いのも、うなずけることです。

 

 

このように、同じ記憶でも引きずったり根に持ったりすることもできる。

 

ですが、私は自分が今「働かずに自由に暮らせる未来」に向けて、
前に進むようになって。

 

 

一つ、思ったことがありました。

 

それは、「楽しい記憶も嫌な記憶も、いくら思い返しても結局、
当時に戻ることはできない」ということ。

 

 

だからこそ、過去や未来にとらわれるのでなく。

 

一番大事なのは、今を充実させて一生懸命に生きることではないか?

 

…ということでした。

楽しい時間を過ごしたいなら、その工夫をする

やはり、過ぎた過去をいくら思い返しても前には進めません。
そして、私は自分を振り返ってみて、一つ思ったことがありました。

 

 

それは、「過去を振り返ることが多かったのは、今が充実していない時」
だということでした。

 

一体、どういうことでしょうか?

 

 

私の場合、「今が停滞している時」には「過去を振り返ること」がとても、
多かったと記憶しています。

 

 

その理由として、やはり「今に満足していないから」がありました。

 

要するに、今の生活や自分の行動を、心から楽しめていない。
だからこそ、「昔は良かった」と思ったり。

 

あるいは、今が充実していないからこそ意識が「過去」に向かう。

 

 

考えてもみてください。

 

今、目の前のことに一生懸命打ち込んでいれば。

 

他のことなど考える余裕がないので、過去も未来も見えてはきませんよね。

 

→つい考えすぎるあなたへ。先々のことを考えない方法とは?

 

 

つまり、当時の私は「今を充実させる行動」が取れていなかった。

 

だからこそ、何かにつけてヒマを持て余すように、
頭で「考える必要のないこと」ばかり考え、
悩んでいたのだと思います。

 

 

過去の、楽しかった思い出。
あるいは、あの時あの人にされて嫌だったこと。

 

それらの、「今、ここにないこと」を一人で思い返しては、
「もう戻れない」と感傷にひたったり。

 

一方で、一人で気分を悪くして「最悪だ」と思っていたりしました。

 

 

いくら過去を振り返っても、その時に戻れるわけではありません。

 

つまり、有意義とはいえない時間の使い方をしていたな…と、
今になって思います。

 

 

ですが、それも昔の話と割り切れるようになりました。

 

 

今の私は、過去のことを思い返す時間が劇的に減りました。

 

やはり、「今を充実させる行動」を取るようになったせいだと、
自分で大きな実感を得ているところです。

嫌なことを思い出さないために有効なこと

嫌な記憶をいくら思い返しても。

 

今更、タイムマシンで当時に戻って何かを変えられるわけではない。

 

 

当時の、つらい記憶を早く消したい…と思う気持ちも当然。
だけど、私たちにそんな風にすぐ割り切ることはできない。

 

 

だったら、今私たちにできる最善の策は、一体何であるか。
聡明なあなたになら、恐らくもう察しがついているでしょうか。

 

 

そう、それは「過去や未来に囚われる、その時間をそもそもなくす」こと。

 

嫌な記憶を思い出しそうになったなら、あえて「前に進む行動」をする。

 

 

人間とは、不思議なもので。

 

「自分が行動している時」「前に進んでいる時」には、
嫌な記憶や過去のことを振り返ることが、劇的に減ります。

 

私も、実際にたくさん体験してきたことです。

 

 

それが、なぜか?
あなたは不思議に思われるでしょうか。

 

 

やはり、「同じ方向」ばかり見ている時には、
近しいものに目がいくためではないかと思います。

 

例えば、後ろを振り返ってみた時。

 

 

自分の後ろにベッドがあれば、続いてその隣の枕に目が行きます。

 

布団の模様や、壁のタペストリー。
…と、「近くにあるもの」を見ますよね。

 

それと同じで、「過去」を振り返れば過去その時のことばかり浮かびます。

 

あの時は、ああだった、こうだった。
過去を考えている時には、関連して過去のことが浮かぶもの。

 

 

 

ゆっくり

 

 

 

つまり、逆に言うと。
未来に向かって進んでいる時には、「前」ばかり見ている。

 

そのために、「前にあるもの、こと」が自然と目に入ってきます。

 

 

前、つまり未来に手に入れたい自由だったり。
記事を書いて、アフィリエイトの仕組みづくりを強化している時。

 

 

自然と思い浮かぶのは、「働かずに自由に暮らせる未来」
を手に入れた後の自分の姿。

 

「たくさん好きなものを買って、おいしいものを食べて、旅行して…」

 

という、その姿は現在のあなたから見て「先」にあるものですね。

 

決して、あなたの後ろ、つまり過去にあるものではありません。

 

 

つまり、自分が行動して「前進している」からこそ。

 

自然と、「前」に目を向けているので、
見える景色も「後ろ」ではなく「前にあるもの」になります。

 

 

行動によって、前に進んでいる…という実感が、
つまりより「手に入れたい未来」に近づいていることになる。

 

そのため、どんどん近づく自由な未来に勝手に、
わくわくと気分も高まってくるわけです。

 

 

お分かりでしょうか?

 

このように、前進している時には後ろの景色は、一つも見えません。

 

つまり、過去の嫌な記憶にとらわれて考える時間もなくなる、
というわけです。

 

 

だからこそ、嫌な記憶を「消そう」とするよりも。

 

有効なのは、思い出さないための工夫ではないかと、
そのように思います。

 

 

一日一歩、少しずつでも。
前に進んでさえいれば、必ずいつかどこかにたどり着きます。

 

 

焦らなくても、大丈夫。
自分を信じて、一年後の自由な未来を夢想しながら。

 

今日一日を、楽しんで過ごしていきたいものですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来


「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

りうるが全精力を尽くして作り上げた、ここでしか手に入らない貴重な無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。