自分が嫌になった時にできる唯一の対処法とは?

自分の嫌なところ、嫌いなところ。

 

自分が嫌で仕方がない。こんな自分を変えられたら…。

 

あなたにも、このような思いがあるかもしれませんね。

 

 

自分が嫌いだから、「じゃあ、好きになろう!」…だなんて、
今すぐ好きになることはできません。

 

そう簡単にいけばいいですが、あいにくそうもいかないものです。

 

しかし、自分が嫌いでも「嫌いなところを認める」ことはできます。

 

そして、「認める」からこそ、前に進めること。
そこから嫌いな自分を、前向きに克服していけること。

 

あなたは、ご存じでしょうか。

 

 

・コミュ障で人見知りな自分が死ぬほど嫌いだった過去

・考え方を変えるか、自分の欠点を治すか?
・自分であることをやめたいと思った時

コミュ障で人見知りな自分が死ぬほど嫌いだった過去

突然ですが、私は極度のコミュ障です。

 

10年間引きこもり、今は「働くこと」を完全に放棄して生きています。

 

 

そして、一時期「できない自分」「働けない自分」、
「人より劣っている(と思っている)自分」にコンプレックスを抱え、
嫌で嫌で嫌で仕方がない時期がありました。

 

詳しくは、下記の記事も参考にどうぞ。

 

→引きこもり・ニートが働きたくないと思ったら
→引きこもり・ニートがアフィリエイトを始める理由

 

 

実は、少し前までは「コミュ障で、どうしようもない自分」を、
ひた隠したくて仕方がない、自分が嫌で仕方ない。

 

そんなちっぽけな人間でした。

 

 

…というのも、自分で自分がコミュ障だということを、
全く受け入れられていなかったからです。

 

人と同じにできないことに大きな劣等感があり、
人と向き合うごとに、「あの人はできているのに、できない私はダメな奴。
もっとちゃんとしなきゃ…」と一人、焦ってばかりいました。

 

 

当時は、他の人と同じようにできない自分が嫌で、嫌で。
克服したくて、なんとかしたくて仕方がありませんでした。

 

 

「こんな私は、カッコ悪い。他には誰も、こんな奇妙な人いないのに…」

 

「なんで私はちゃんとできないんだろう。どこかに欠陥でもあるのかな…」

 

 

人と違う自分を欠陥品だと思い込み、できない自分をこれでもかと責める。

 

今思えば、学校教育や一般社会の影響もあったのだと思います。

 

実際、子供の頃から「うまく話せないこと」を大人に怒られ、
人格否定され、自信をなくしたこともありました。

 

→「もう仕事したくない」と思ったから働くのをやめた話

 

 

 

雪

 

 

 

そんな時、決まって言われること。

 

「それじゃあ、大人になってうまくやっていけないよ。」

 

「社会で生きていくために、もっとしっかりしなきゃ。」

 

 

中には、他人を品定めしては頭から、否定する人も大勢います。

 

子供心に、自分を否定されると悲しくて。

 

 

「ああ、私はやっぱりダメなんだな」と思いながらも、
一方で「ダメな自分を認めてほしい」なんて思う気持ちもあり。

 

更に、「そんなに否定しなくてもいいのに…」と、
モヤモヤわき上がる気持ちを抱えて…と。

 

自分でもよくわからない、たくさんの感情をごちゃまぜにし、
いつも頭の中がグチャグチャしていたような気がします。

 

 

ダメな自分を認めてほしい、それでもいいと言ってほしい。

 

あなたにも、少なからずこのような思いがあるかもしれませんね。

 

人に否定され、ダメ出しをされると傷つきます。

 

こんなに頑張ってるんだから、少しくらい認めてくれたっていいのに…
と、悲しくなって当然です。

 

 

必死で頑張ってきた、私の努力を何も知らないくせに。

 

誰にも認めてもらえない理不尽さに、
人知れず悔しさを噛みしめたものです。

 

 

何度も、人に否定され、自分で自分が嫌になって。
「ああ、私ってやっぱりダメだ…」とふがいなさに情けなくなり。

 

そうやって、少しずつ自信をなくしていきました。

 

→ニートや引きこもりだからと罪悪感を持つ必要はない

 

 

しかし、ある時ふと気づいたことがあったのです。

 

それは、「自分で、自分のことをずっと否定していた」ということでした。
つまり、こういうことです。

 

 

「ダメな自分」を「周りに認めてほしい」と思う一方で。

 

そもそも、自分で自分のことを「ダメな奴」だと、
否定して生きてきたんじゃないだろうか

 

一番自分を認めていないのは、
もしかして「自分自身」なんじゃないのだろうか?

 

…答えは、YESでした。

考え方を変えるか、自分の欠点を治すか?

私は、引きこもりになった最大の原因を。
当初から、この「性格」にあると思っていました。

 

 

昔から、人とうまく話せない。緊張して、目を合わせられない。

 

そんな自分を、ずっと「出来損ない」だと思っていましたし、
そんな自分を人に知られるのが嫌で、仕方がありませんでした。

 

カッコ悪いと思っていました。

 

 

恐らく、精神科や心療内科にでも行けば、病名をつけられる人間。
つまり、平たく言えば「普通と違った、普通でない人」です。

 

 

そんな「普通でない自分」はダメで、異質だと決めつけていました。

 

「うまく話せない自分」はダメ、「コミュ障な自分」は出来損ない。

 

そして、少しでも言葉がつっかえたりすると余計な力が入り、
かえって失敗する。…そんな悪循環を、繰り返していました。

 

 

人間は、不公平だ。

 

小さい頃からずっと、性格を責められるたびに、
頭に浮かんだことです。

 

 

生まれ持った個性だ、と言いながらやはりどうせ生きていくなら、
「生きやすい」性格のほうがいいに決まってるじゃないか。

 

「人と話すことが楽しい、なんでもない人」がうらやましくて、
けれど妬ましくて、そんな風に思う自分が嫌で、仕方ありませんでした。

 

 

同じ人間なのに、なんで向こうは好意的に受け止められて、
私は否定ばかりされるの?

 

生まれ持った「個性」というだけで、
大した努力もせず「そう」なれたんじゃないの?

 

そんな風に思い、ずっと自分を被害者にしてきました。

 

→悲劇のヒーローやヒロインを気取っても成功できない

 

 

普通になりたい。

 

普通に話せるようになりたい。普通に生きていきたい。

 

学校や、一般社会の目にとらわれていた頃。

 

当時の私はずっと、「普通」ばかりを求めていました。

 

 

はみ出し者の自分が嫌で、認められなかった。
だから、悔しかった。

 

「普通の人」がうらやましかった。
だけど、憎かった。

 

 

 

水の泡

 

 

 

ですが、今はそうではなくなりました。

 

実は、私が今「カッコ悪いと思っていた、過去の自分」
をあなたに話すのには、大きな理由があります。

 

その理由。あなたには、察しがついているでしょうか。

 

 

過去の経験。
つまり、今は既に「克服した」から、笑い話として話している。

 

もしかすると、そのように思われるかもしれません。

 

 

しかし、私は今もコミュ障です。
突然、コミュニケーション能力が上がったわけでもありません。

 

ですが、昔と決定的に違う部分が、たった一つだけありました。

 

 

それは、「そんな自分でもいい」と思えるようになったことです。

 

「人と同じようにできない自分」を認めて、受け入れられるようになったのです。
「人と違っていても、別にそんな自分でいいや」と思えるようになりました。

 

 

だからこそ、自分の欠点から目を逸らさず、冷静に話せるようになりました。
つまり、変わったのは「性格」ではなく、「考え方」でした。

 

 

できない自分を「できるようにしよう」としたのではありません。

 

ただ、できない自分でも「今はこれでいいや」と、一旦認めることに成功しました。
すると、自然と肩の力がスッと抜け、嘘みたいに楽になりました。

 

 

やはり、こんな風に他人事みたいに話していますが、
完全には、今の自分を受け入れられない部分も、正直あります。

 

それでも、自分のことをつづれるようになったからこそ、
ここがスタート地点だと、そのように思ってもいます。

 

 

人間は、「今の自分」を認められれば、受け入れられます。

 

受け入れられれば、自然と少しずつ変わることができるんです。

 

→ひきこもり無職の生活をブログで発信することの恐怖
→ダラダラしてしまうことに振り回されなくなる2つの方法

 

 

自分の欠点を認められず、ただ治そうとすることもできる。

 

一方で、まず受け入れて、考え方を変えることもできる。

 

 

私たちがこれから、「嫌いな自分」にとらわれず、
楽に生きていけるのは、果たしてどちらの道か。

 

ここまで読み進められる、聡明なあなたになら、
もはや言うまでもないかもしれませんね。

自分であることをやめたいと思った時

そして、ここからが重要です。

 

 

確かに、正直なところ「どうせ生まれてくるなら、社交的な人間がよかった」
という思いが、今もないわけではありません。

 

しかし、同時にそれはただの「ないものねだり」。
何より、「今の自分」を否定することになる…と思うようになりました。

 

 

考えてもみてください。

 

いくら嫌だったとしても、自分が嫌いだったとしても。
冷静に考えて、「他の誰かになることは、決してできない」ですよね。

 

誰かにはなれない、代われはしない。
自分は一生、自分でしかあれない。

 

だったら、「一生付き合う自分」なんだから毛嫌いするよりも、
「認めて、受け入れる」ほうがよほど楽に生きられるんじゃないか?

 

 

自分が嫌だからと、見ないふりをしてもなんの成長にもならないのではないか?

 

自分で自分をないがしろにするのは、
「自分で自分を痛めつける」ことにならないか

 

 

そう思ったので、私は「今の自分を一旦、認めてみよう」と思えました。

 

「自分が嫌だから、嫌いだから」と目を背けても、
それで現状が何か、変わるわけではありませんよね。

 

 

だったら、嫌だからこそ一旦認めて「今はこれでいい」と思ってみる。

 

そうすることで初めて、「嫌いな自分を認めて向き合う意識」が芽生える。

 

向き合えば、「ここから、どうすればいいか?」と改善の努力もできるのです。

 

 

…とはいっても、やはり「自分の欠点と正面から向き合う」のは、
なかなか厳しいものがあります。

 

勇気がいりますし、目を背けたくもなるもの。
何せ、今まで「嫌だから」とずっと、避けてきた部分ですから。

 

 

私も、コミュ障でカッコ悪い、「理想と違う自分」を実感するたび、
じわじわと嫌な気持ちが胸いっぱいに占め。

 

「なんで私ってこうなんだろう…」と、いつも責めてばかりいました。

 

 

 

森林

 

 

 

しかし、「そんな自分でもいいや」と思えてから、自然と肩の力が降りました。

 

 

「うまくいかないけど、それでも人と『話せない』わけじゃない。」

 

「確かに不便で気持ちは伝わりにくいけど、『暮らしていけない』わけじゃない。」

 

 

…と、冷静に考えられるようになったのです。
つまり、「問題があっても、生きていけないわけじゃない」と気づきました。

 

すると、不思議なことに「ダメな自分でも、ダメなりに人ともっと、
関わっていきたい」と思えるようにもなりました。

 

 

今まで、意識的に人との繋がりを避けていました。

 

そして、挑戦したい気持ちはあっても、人との関わりを避けてできなかったこと。

 

少しずつ、自分のペースで「やってみたい」気持ちを尊重し、
実際に取り組むようになりました。

 

 

そんな時、一つ気づいたことがありました。

 

それは、「たとえ人から見て、カッコ悪いと思えるようなことでも。
自分自身が認められていれば、何も問題なんてない」ということでした。

 

つまり、どういうことでしょうか?

 

 

人が見て、笑うようなこと。
「こんなこともできないなんて…」と、バカにする人がいること。

 

しかし、そんなことでも冷静に考えれば、
それは「その人の判断」であって、「自分が下した判断」とは違います。

 

 

つまり、「できない自分」を見て人が「あいつはダメだ」と言ったとしても。

 

自分で自分のことを「ダメだ」などと思っていなければ、
人の言うことを必要以上に気にせず、
「自分の判断」で人生を生きることができる、ということです。

 

そのほうが、ずっと人生楽に生きられると思いませんか?

 

 

今私は、「言いたい人には、好き勝手言わせておけばいい」と思っています。

 

そして、「自分の価値は、自分で決めよう」とも思っています。

 

こう思えるようになったのは、意外にもアフィリエイトを始めたお陰でした。

 

 

アフィリエイトを始めたお陰で、自分にも「自分で決めて、継続できること」
があると知り、それが強い自信になりました。

 

つまり、アフィリエイトのお陰で「ブレない自分」が自然と形成されていたのです。

 

 

こんなところで恩恵を受けるとは、正直思ってもいませんでした。
人生は本当に、やってみなければわからないことだらけですね。

 

 

たとえ「自分であること」をやめたいと思っても、
ではやめよう…とやめることはできません。

 

一生、「自分は自分であり続ける」。

 

だったら、楽に生きられるのは「まず、ありのままの自分を認める」ことです。
そして、その上で、受け入れることです。

 

 

そこから、改善の意識を持って少しずつ「なりたい自分」になる努力をする。

 

→魅力的な人間になるために。尊敬する人物の「いいところ」を意識する
→弱い自分も今の自分も認めることが成長に繋がる

 

 

これからいくらでも、変えられる可能性があるのが「自分」です。

 

だからこそ、少しずつでも努力して、
「なりたい自分」を表現し、自分に誇れる自分を作っていきたいですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来

「もう一生、働きたくない!」

「自分の人生、自分や大切な家族だけのために、自由に過ごしたい!」

こんなあなたに朗報です。


期間限定、「ブログ開始半年で『稼ぐ力』を身につけた」私が贈る、

「誰にも頼らず、一人で稼ぐ力が身につくメルマガ講座」開催中!




「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



以下の「究極の自由」を、私と一緒に手に入れてみませんか?



・寝ていても遊んでいても、生活費を「永久に、二度と働かずに」稼げる自由。


・「好きな時に、好きな人や大切な人とだけ」、関わることを選べる自由。


・嫌な人とは「二度と会う必要のない」、人間関係のしがらみから100%、解放される自由。


・欲しいものを買いたい時に、値段を見ずに好きなだけ買える、お金の自由。


・その気になれば、親や同居人も養えるほどの、圧倒的な額を稼げる自由。


・仕事などせずとも、どこに住んでいつ旅行しようが好き放題の、圧倒的自由。


・「働くこと」に縛られない、何時に寝るのも起きるのも自分で決められる自由。


・今後一切、永久に「働いていないこと」や「将来のお金の不安」に悩まされない自由。


・贅沢に、趣味や特技を堪能できる余裕の額を、圧倒的に稼げる自由。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。