自分の時間を大切にすると成功も早くなる

アフィリエイトを始めてから、ふと気づいたことが一つありました。

 

それは、私は「記事を書くこと」に囚われて時間を気にしすぎる傾向がある…
ということでした。
当然、アフィリエイトに大切なのは「読者を想って、文章をつづること」ですから
自分本位になっていたり、「記事を書くこと」が目的になってしまえば
残るのは、「つまらない文章の量産」です。

 

それを避けるためにも、そして普段から「焦らずに、正しい意識を持つ」意味でも
いついかなる時も「余裕を持つこと」の大切さの話をしたいと思います。

 

 

・必要以上に時間を気にしすぎると余計に焦る

・自由な時間がないと心に余裕がなくなる
・「ほっと一息」つくことの大切さ

必要以上に時間を気にしすぎると余計に焦る

例えば、私は特にアフィリエイトを始めたての頃、「一記事一記事に時間と
労力が掛かって仕方なかった」時にやってしまった間違いがあります。
それは、「もっと早くできないかな?」と都度時間を気にしてしまったこと。

 

都度、です。つまり、5分経ち時計を見てはまた5分経ち、時計を見る。
「早く終わること」を望んでいた…というよりは、ただ「早くできるように
なりたい」という意識が強かったせいで、時間の経過に苛立っていたのだと
思います。

 

 

そして、始めたての状態ですから当然、コピーライティングスキルもうまく
身についておらず、「一つ一つの作業を基礎にならって、こなす」段階です。
テーマを決めて、人間心理を理解し、それに沿って文章を書く。

 

慣れてしまえば、今でこそ「考えずとも手を動かすだけで文章が書ける」
状態にもなりましたが、最初の頃は当然、何をするにも慣れていないので
時間も掛かります。

 

 

うまく身についていない状態ですから、マスターすることにそもそも
時間が掛かる上に、最初から文章を書くことにも慣れていないわけです。
当然、物事をこなせばこなすほどに質が上がるように、慣れないうちは
頭をひねらせ、手が止まりと時間が掛かりますよね。

 

だからこそ、時計と睨めっこしては「ああ、もう5分経った」「もう10分も
経った…」と、まるで何かに追い立てられるように時間の経過を気にしていたのが
以前の私でした。

 

 

 

時計

 

 

 

うまく進めたいけど、なかなかうまく進ませる「技量」がまだ自分の中に
ないことに苛立って、「早くできない」自分がもどかしくなる。
時には、漢字の変換がうまくいかないこと一つにイライラしたりと何とも
「余裕のない状態」が続いていたように思います。

 

時間の経過を気にしてしまうのは、やはり「結果を焦るから」ですよね。

 

 

例えば、一記事を一時間で済ませられれば、一日に2〜5記事書くことも
できますが、一記事に4、5時間掛かってしまえば当然、他へと労力は
割けません。

 

つまり、「なるべく早く終えたほうが、たくさん効率よく完成させられる」
という思いから「結果を焦っていた」わけですが、すると一つ問題が浮上します。
察しのいいあなたなら、既にお分かりでしょうか。

 

 

そう、それは「余計に焦るせいで、『記事を完成させること』ばかりに囚われて
肝心の、読者への想いを置き去りにしてしまう」ということ。
要は、時間を気にして「思った以上に経過していること」に余計に焦る。
焦るからこそ、「早くしなきゃ」と記事の完成が目的になる。

 

そうなると、文章にあなたの本音の想いが乗ることもないので、読んだ読者さんは
心動かされず、ただ「つまらない、退屈な文章」としか思ってはくれませんね。

 

 

時間を気にしすぎると、どうしても焦ってしまう。
焦るからこそ、その焦りが原因で悪い結果へと誘われることにもなる…。

 

そうなるくらいなら、最初から例え時間が経過しても、うまくできなくても
「もう、こういうものだ」と割り切った上で、デンと構えて
「なるようになる!」と割り切って進めることにしました。

 

 

お陰で、今は時間を必要以上に気にしなくなったので、焦ることも視野が狭く
なり、「読者を想って文章をつづれない」ということもなくなり、
以前よりも質の良い文章を書けるようになりました。

自由な時間がないと心に余裕がなくなる

余裕のない文章は、見ている側としてもどこか息が詰まります。

 

ただ「書くこと」を目的としていれば、文章は殺伐としますし、文字数稼ぎ
水増し目的の、心を揺さぶる要素のないつまらない記事の完成です。

 

そうなると、他ならない「文章で読者の心を揺さぶれない」ので、結局
成約も取れることなく、成功もせずに「記事を書いたのに、無駄に終わった」
という、なんとも悲惨な結果になる恐れすら出てきます。

 

 

私たちの目的は、「働かずに自由に暮らせる未来」を手に入れること。
そのために、文章で読者の心を揺さぶり、お金の不安を金輪際取り除き、
時間、お金、人間関係、住む場所をこれから自分で決めることのできる
自由を手に入れる。

 

時間、お金、人間関係、住む場所。これらの、「4つの究極の自由」を手に
入れるために私たちは今自身の「資産」となる、ブログづくりを行っている
のですから、当然これらを夢見るほどに気持ちが焦るのも、
痛いほどによくわかります。

 

 

わかるのですが、やはり「自分本位」になって文章をつづるべきではないと、
私は自分がアフィリエイトを一年以上続けてきて、そう強く思いました。

 

他の人のブログを何気なく見ている時にも、「稼ぎたい!」という欲が乗った
ブログ記事は、やはりすぐにわかります。
その思いが、ブログ記事に滲み出ていて「結局、何が言いたいのかわからない
つまらない、水増し目的の記事」が世の中にはたくさんあります。

 

 

そして、その「つまらない、自分本位になる」最大の原因はやはり
「自分自身の心に余裕がないから」だと、私は思っています。
一体、どういうことかあなたはお分かりでしょうか?

 

つまり、「早く結果を出すこと」ばかりを意識するからこそ、ブログ自体を
「そのための手段」としてしか見ないし、そもそも「文章で読者の心を揺さぶる
こと」そのものを重要視していない。
(心を揺さぶる文章の必要性については、下記の記事でお話ししています)
→アフィリエイトブログの書き方のコツとは?
→ブログ記事を書くコツは「読者のことを一番に考える」
→アフィリエイトを必ず失敗する人とは?

 

 

作業を一日にたくさん進めれば、確かに記事の量は増えます。
スキルアップにも繋がるし、あなたが早く成長することにも繋がるでしょう。
慣れてくれば、作業量を増やしていくのはむしろ極めて賢明な選択です。

 

しかし、やはり「慣れないうちから」焦って大量作業をこなすことを自分に
強いていると、どうしても心に余裕がなくなります。疲れます。
→物事が続かない時。継続する力を身につけるために

 

 

疲れると、どうなるか?聡明なあなたなら、もうお分かりでしょうか。
そう、「読者のことを思いやれないので、自分本位のつまらない文章」に
なってしまうんですね。

 

時には、精を出して頑張ることも必要かもしれませんが、反対に時には
自分の身体や心をいたわって、「ゆっくり休息する」ことも、結果的に
「余裕を持って、早く成功する」上で大事だと、そのように思います。
→効率よく能力を伸ばすには睡眠と休息が欠かせない

「ほっと一息」つくことの大切さ

そう言いながらも、やはり私もアフィリエイトを始めたての頃は
「最初から毎日大量作業」を自分に強いて、つらくて仕方ない時期を「自分で
作っていた」こともありました。

 

やはり、やるからには早く成功したい!と思うのはむしろ当たり前ですし、
自由になれるなら、早いほうがいいに決まっていますよね。

 

 

しかし、冷静にどしっとどんな時も構えて、自分の成功を心から信じて
「焦らず、着々とやるべきことに取り組めている」のなら問題ないのですが、
一方で焦りや不安に冷静さを失い、視野が狭くなっている時は要注意だと、
そのようにも思います。

 

 

考えてもみてください。
自分が冷静な状態なら、「今やるべきこと」にも余裕を持って取り組めるし、
視野が狭くなっていないので「読者のことを想って文章をつづる」ことも可能。
しかし、視野が狭くなると途端に「周りのこと」が見えなくなりがちです。

 

だからこそ、世の大半の稼げないアフィリエイターも、「自分本位で、
つまらない文章」ばかり書き、結局稼げずやめてしまうのだと思います。

 

 

「周りが見えない」とは、裏を返せば「自分のことしか見えない」ことですね。
自分のことしか見えない、考えられない人の文章は平凡で、心揺さぶられない
ので誰も「面白い、もっと読みたい」とは思ってくださいません。

 

このように、焦るとつい視野が狭くなり、周囲のことが見えなくなりがちですが
それを意図して防ぐためには、やはり「日頃から、ほっと一息つく習慣」を
身につけておくのが最善です。

 

 

なぜなら、例え一日に5分や10分ほどでも、「自分のためだけに、ほっと一息
つける大切な時間」を持てると、自然と心に余裕ができるからです。
自分に余裕がない状態で、人を思いやる文章など、書けません。
自分に余裕がないのに、まして他人に対しての余裕など持てるはずもないから
ですね。

 

ほっと一息、例えばティータイムやネットサーフィン、メールチェックなど、
「自分のためだけに」時間を使うと、自然とストレスも浄化されます。
自分をないがしろにせず、大切に扱うことで心が満たされ、
不満が消えるからですね。

 

 

このように、ほどよくストレスを浄化しほどよく自分の時間を取ることが、
忙しい作業の中でも嫌になって、やめてしまわないための方法です。

 

読者を想う意識は大切ですが、その前に自分が潰れてしまっては元も子も
ありません。
自分をいたわる意識を日頃から持ち、「疲れている」と思ったら素直に
休むと決断し、心を癒すのも余計なストレスを排除して最短で成功する
賢い方法だと、そのように思います。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。