自分を高める意識を着実に育てる方法

アフィリエイトの作業を進めるため、
欠かせないのが「イメトレ」だとこのブログでもお伝えしています。

 

 

イメトレで想像力を高め、欲しい未来を先取りすることによって、
「やりたい」という気持ちを高めることができる。

 

なので、意欲を持って「目の前のこと」に取り組めます。

 

→行動力がないといつまでも成功できない理由
→成功するには正しくマインドをセットする必要がある

 

 

そして、
イメトレと同時に「自由になったら、やりたいこと」のリストを作っておくと、
より意欲を持って作業に取り組める。

 

…という話を今回は進めていきたいと思います。

 

 

・キーワードは「嫌でも目に入る」…ようにすること

・もう一度「やってみよう、やってみたい」と思うきっかけを作る
・やりたいことリストを作って、時折眺めてみる

キーワードは「嫌でも目に入る」…ようにすること

例えば、私は外国語の単語を覚えるため…と銘打って、
机のあちこちに「覚えた単語」をペタペタと貼っています。

 

 

今は、アフィリエイトに一点集中したいこともあり、
正直な話「後回しになっていること」というものがあります。

 

 

外国語の勉強や、趣味でやっていたこと。

 

とりあえず、という形で「保留」にしているのですが、
本当の自由を手に入れたらまた「やってみたい」という気持ちは、
風化してはいません。

 

 

私たちは人間ですから、一度に「たくさんのこと」を覚えたり、
取り組むことはできませんよね。

 

考える「頭」が一つしかないのに、
あれも、これも…とたくさん同時に覚え込もうとしても、
結局「一つも頭に入らない」のが目に見えています。

 

 

アフィリエイトも、最初から楽して稼げるような、
生半可な覚悟で取り組んで成果を上げられるビジネスではありません。

 

だからこそ、本気で取り組み「長い目で」目の前のこと、
一つ一つをこなしていくことこそ、最短で成功する唯一の道です。

 

→焦ってイライラする原因は○○にあった!
→アフィリエイト初心者がブログで失敗しないために

 

 

例えば、冒頭で言った「単語を書いて貼っている」こと。

 

どうしても、私たちには不安定な心があり、
そして意欲や熱意はその時々によって、
左右されやすいものでもありますよね。

 

だからこそ、「最初の頃の熱意を忘れて、
やがて諦めてやめてしまう」人も多いのはうなずけることです。

 

 

しかし、「目につくところに思い出すきっかけを作っておく」のは、
思い掛けず「忘れかけた意欲を復活させる、いい刺激」になることを、
身を持って体験しました。

もう一度「やってみよう、やってみたい」と思うきっかけを作る

例えば、アフィリエイトにしても。

 

一度熱意を持ってチャレンジしてみたものの、
その熱意を「ずっと同じ状態に保ったまま、
続ける」のは意外と難しいものです。

 

 

最初の頃は、「早く稼ぎたい!」と思って熱意にあふれ、
やる気にも情熱にも満ちている。

 

この熱意がずっと、
「目的を達成する」まで同じように続けばいいのですが、
実際のところそううまくもいきませんよね。

 

 

同じことをやっていると、
どうしてもマンネリ化して刺激がなくなりがちですね。

 

アフィリエイトも、ずっと記事を書くことを繰り返していると、
時に自分が何をしているのかわからなくなったりと、目的を見失いがちです。

 

 

そんな時、ふと顔を上げてみると時折「貼ってある単語」が目につきます。
そして、ふと「一生懸命に覚えた、あの頃」のことを思い出すわけですね。

 

 

「ああ、あの時は勉強したくてたまらなくて、一生懸命覚えたなあ」
「まだ覚えたい気持ちはあるけど、今は保留になってるな」
「よし、自由になったらまた気持ち新たに、覚え直そう!」

 

 

…というように、「紙一枚」をきっかけにして、
「もう一度やりたい」という強い熱意と、意欲を取り戻すことができました。

 

 

考えてもみてください。
例え、些細なことでも「目に触れるきっかけ」「忘れないきっかけ」があれば、

 

それだけで「一生懸命取り組んでいた、
あの時の気持ち」を思い出すことに繋がります。

 

 

今回の例は、
単語ですが当然アフィリエイトでも「叶えたい目標」を書いて、

 

机の目につくところにでも貼っておけば、
減退していたやる気を取り戻すきっかけにもなります。

 

 

「今はできないけど、時間ができたらまたやりたいこと。」
「自由を手に入れたら、思う存分堪能してみたいこと。」

 

 

イメトレにも拍車がかかり、より早く「自由になりたい!」と気持ち新たに、
情熱や熱意を取り戻し、マンネリや停滞を脱出する「きっかけ」。

 

それらを、自分で作っておくと最初の目的を見失うことも、
自然と無くなります。

やりたいことリストを作って、時折眺めてみる

イメトレで想像する「理想の未来、自由な未来」も、
想像の幅を広げると随分と、
たくさんのイメージがわいてきます。

 

 

実際に、たくさん「やりたいこと」があったとしても、
それを全て「極める」のは、私たちの短い人生では到底、
叶わないかもしれません。

 

一つの物事を極めるのにも、人生はあまりにも短すぎるのに、
それが「あれも、これも」となれば何も成し遂げられずに
終わってしまいそうですね。

 

 

ですが、実際にできなかったとしても「頭の中で想像する」のは自由です。

 

例えば、サーフィンをしたい、ダイビングをしたい…と「思うだけ」は自由。

 

実際に取り組むかどうかは、
まだ今は決めなくても「その自由が手に入ってから」決めるのでも、
決して遅くはありません。

 

 

曲を作りたい、絵を描きたい、習字をしたい、外国語の勉強をしたい。

 

いずれも、「したい」と思うだけで勝手に意欲が生まれてきます。

 

実際に「取り組んでいるところ」を頭の中で想像するだけで、
「好きなこと」を思う存分できるのは幸せに繋がりますから、
気持ちも満たされてきますね。

 

 

気持ちが満たされるからこそ、今行っている作業の励みにもなり、

 

「あの未来を手に入れるために、もう一度気合いを入れ直して頑張ろう!」
とも思えるわけですね。

 

 

食べたいもの、やりたいこと、行ってみたいところ。
喜ばせたい人、自分磨き、今までよりもワンランク上の贅沢。

 

 

想像の幅を広げれば、イメトレによって得られるわくわく感は、
計り知れないものになります。

 

「やりたいこと」全部をイメトレしたって、
「どうせ、全部はできない…」と現実的なことを一度でも思ってしまえば、
そこでやる気も減退します。

 

 

 

ビーチ

 

 

 

想像は想像であり、例えば「嫌な想像」も結局、
頭の中で描いているだけの「幻想」に過ぎませんから、
その幻想が実際に起こる確率はとても低い。

 

同じように、「わくわくするような未来の想像」も、
その全てに取り組めるかどうかは、現実的にはわからない。

 

 

だとすると、「どうせ想像なんだから、
リアリティなんて考えずに好き放題想像したいだけ、
想像してみよう」と割り切る。

 

そして、そうやってわくわくを頭の中に広げていったほうが、
よほど楽しく過ごせるとは思いませんか?

 

 

それに、極端な話「やりたいこと、全てを極めようとする」のは
無理かもしれませんが、それでも「少しやってみる」くらいなら、
あなたや私の一生の中で間に合うかもしれませんよね。

 

 

例えば、「やってみたい」と思ったけど実際にやってみたら、
「一度やっただけで満足して、終わったこと」。

 

あなたにもあるのではないでしょうか。

 

 

実際に、いくら興味はあっても「自分の肌に合うかどうか」は、
やってみないとわからないんですよね。

 

だからこそ、その「やってみたいこと探し」を先取りして、
頭の中で行うのもイメトレに拍車をかけ、
私たちの意欲を高める手助けになると、そう思います。

 

 

机の見えるところに、単語の紙を貼っておく。

 

同じように、
アフィリエイトで「自由になったら、やりたいことリスト」を一度、
思い描いて実際に「紙に書く」。

 

すると、視覚化してより意欲が高まる…という効果もあります。

 

 

実際に、私もアフィリエイトにおいて達成したい目標を、
リストに書いて視覚化したお陰でしょうか。

 

今、改めて見てみればいくつも「達成できた項目」ができ、
より前に向かって進めている実感を味わえています。

 

 

時には、自分で「意欲を持って、取り組む工夫」をしてみると、
「働かずに自由に暮らせる未来」という、

 

最初の目的を忘れずに情熱を持って取り組む、
いい刺激になるとそのように思います。

 

 

お互い、活用できるものは活用し、
普段の生活の中からでも「自分の刺激にできるもの」を探す。

 

そして、工夫を行って一歩一歩、前進していきたいですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。