時間の経過が心の傷を癒す?深刻にならない

どんな物事も、深刻に考えるほど気分は落ち込みます。
例えば、今の自分の状況や境遇にしても。

 

 

「もうダメだ、見通しが立たない…」と思えば、絶望もする一方。

 

「まだ始まったばかりだ。ここからがスタートだ」と思えば、
むしろ生まれ変わった気持ちで新しい人生を始められます。

 

 

今回は、時間の経過をどのように感じ取るか、という話。

 

正しいマインドセットを身につけ、なるべく心穏やかに過ごすために。
そして、楽しく最短で成功するためにも。

 

 

一度、最後まで読んでみてくださいね。

 

 

・時間が経つことの意味と、効果とは…

・心を癒すには時間がかかることもある
・立ち直れないと思っても、長い目で見てみれば…

時間が経つことの意味と、効果とは…

自分にとって、予期しない出来事。
そして、望んでいない出来事が起こると、私たちは心を乱されます。

 

 

社会のレールから転落した、その日。
想像していた現実とは、違うものが目の前に起こった時。

 

 

やはり、誰もが思うのは自分の人生、「うまく進めたい」ということ。

 

だからこそ、想像と違って思い通りにいかないと気分も悪くなり。
「何で、うまくいかないんだ!」とイライラ過ごす人も少なくありません。

 

 

現に、私もずっとそのように「うまくいかないこと」にイライラ、
クサクサと卑屈に、機嫌悪く過ごしていた時期がありました。

 

 

しかし、今は大部分で「こういうこともある」と、
以前より大きく受け止められるようにもなりました。

 

 

ですが、やはり私も「社会のレールから転落した当初」は、
自分の人生は終わりだと決めつけてどん底にもいました。

 

 

人と同じにできない、働けない。
そんな自分に、価値なんてない。

 

そんな風に、自分で自分を責めては「何もできない自分」が嫌で、嫌で。
消えてしまいたい、と何度も思いました。

 

 

ですが、私たちはどれだけ傷つき、打ちひしがれても。
それでも、時間の経過がやがて心を癒してくれます。

 

 

予期せぬことが起こった「その時」は、とても受け入れられなかった。

 

想像と違う現実に、大きなショックを受け、塞ぎ込んでしまった。
こんなこともあるかもしれません。

 

 

しかし、それでもやがて1月、2月、半年…とたてば、
人間の心は時間の経過とともに次第に癒されていきます。

心を癒すには時間がかかることもある

やはり、受けたショックが大きければ大きいほど、
立ち直るのにも時間がかかります。

 

 

例えば、必死で頑張ったのに思うように報われなかったこと。
例えば、ニートや引きこもりとして、社会のレールから転落したこと。

 

理想とは違う人生に、絶望して打ちひしがれた時。

 

 

人によって、受けるショックもその大きさも違います。

 

なぜなら、やはり人間には個性があり、育った環境や考え方により、
感性そのものも一人一人違ってくるから。

 

 

ですが、人間である以上誰にも心があります。

 

嫌なことをされれば、傷つく。
親切にしてもらえれば、心も癒されて優しい気持ちになる。

 

これは、誰にも共通していますね。

 

 

心を癒すためには、長い時間がかかることもあるかもしれません。

 

しかし、逆に言うと「時間の経過とともに、必ず心は次第に癒される」
もの。

 

 

例えば、人間は時間の経過とともに馴染む生き物です。
その筆頭が、歳を取ること。

 

 

 

切り株

 

 

 

少し、考えてもみてください。

 

いきなり、ある日10歳も歳を取ったならあなたは、
果たして受け入れられますか?

 

 

寝て、起きたら昨日よりも10歳歳を取っている。

 

現実にはありえませんが、
想像するだけでも「嫌だ」と思うのではないでしょうか。

 

 

ですが、やはり一日一日を着実に過ごした「経験」と「記憶」
が積み重なれば、どうでしょうか。

 

 

365日…その10倍の、おおよそ3650日の月日の重みを知っています。
実際に、経験しています。

 

だからこそ、同じ10年でも受け入れられますよね。

 

 

例え、最初の5年ほどは「年は取りたくない」と思っていたとしても。
残りの5年で、考え方も少しずつ変わるかもしれません。

 

「歳を取るのは、当たり前のこと」と思い、
受け入れられるようにもなるかもしれませんね。

 

 

それは、やはり「長い時間の経過」により、
少しずつ次第に考え方が変わる「経験」を踏んだからですね。

 

 

つまり、どんな「信じられない」と思った出来事も、
時間の経過とともに次第に慣れてくる。
ショックは和らぐ。

 

 

それが、私たちですね。

立ち直れないと思っても、長い目で見てみれば…

受け入れがたいことが起こって、もう立ち直れないと思った時。
人生に絶望して、終わりだと見切りをつけてしまった時。

 

いずれにせよ、「長い目で見る」ことで見え方も変わってきます。

 

 

自分の人生、思うように進まなかったからと諦めてしまうには、
やはり早すぎました。
あなたにしても、私にしても。

 

 

諦めても、同じように明日もまたやってくる。
自分でケリをつけない限りは、身体も心もずっとここにありますよね。

 

 

そして、「もう終わりだ」と決めるその根拠など、
どこにもないことをあなたはご存じでしょうか?

 

 

ひょっとして、「根拠だとか、そんなことどうでもいい」
と思われるかもしれません。

 

そんなものなくても、「思い通りに、理想通りにいかなかった」その時点で、
自分の人生は既に終わり。

 

そう思う気持ちは、他ならない私自身がずっと持っていたものでした。

 

 

もう、立ち直れない。
終わった、自分の人生諦めた。

 

 

そう決めるのは、今すぐにでもできます。

 

ですが、やはり同じ人生絶望して過ごせば過ごすほど、
つらいのは他ならない「自分自身」なんですよね。

 

 

「終わった」と思えば、本当に全てが終わった気にすらなる。
もう、何も取り返しがつかないし全ての景色が、色褪せても見える。

 

 

 

陽

 

 

 

しかし、一方でどうでしょうか。

 

「まだまだこれから」「始まったばかり」と思えば。
それだけで、「同じ境遇、状況なのに」気分が変わってくるものです。

 

 

私も、以前はずっと「思い通りにいかないこと」があった時には、
気分をすぐ落ち込ませていました。

 

 

「もうダメだ」「終わりだ」…そんなことばかり思い、
絶望してずっとネガティブに過ごしていた。

 

 

ですが、今は違います。

 

アフィリエイトに出会い、自分でも「夢に向かって進めること」。
そして、実際に働かずに生きられる道があると希望を持てました。

 

そのために、行動できる自分を誇りに思えるようにもなりました。

 

 

だからこそ、考え方も変わりました。

 

「もうダメだ」→「いや、まだこれからだ。むしろこれは試練だ」
と、前向きに考えられるようになった。

 

 

すると、「ダメだ」と諦めてやめていた「学びのない自分」が一転、
チャレンジ精神が身につくようになりました。

 

 

つまり、困難だと思えることにも少しずつ、「焦らず取り組めばいい」
と余裕を持って、楽しめるようにもなりました。

 

「成長したい」という意欲を持って、色んなことにのぞめるようになりました。

 

 

考えてみれば、一年後私たちが「今と同じことで、どん底にへこんでいるか?」
…と言われれば。
それは、高確率でNOですよね。

 

 

一年後には、今悩んでいる問題はすっかり解決しているかもしれない。
あるいは、全く気にせず楽しく過ごせているかもしれません。

 

 

そう思えば、今悩んでいることも「深刻になる」ほどに、
損な気がしてきませんか?

 

 

どうせ同じ物事を考えるなら、できるだけ楽観的に考えたほうが、
精神衛生上いい。

 

 

人間は、気持ち次第でつらくも楽しくもなります。
だったら、せっかく生きているのですから楽しくなる道を選んでみませんか。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来


「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

りうるが全精力を尽くして作り上げた、ここでしか手に入らない貴重な無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。