自己肯定感が低い原因と対処法とは?

あなたは、自己肯定感が低い自分に「嫌だな~」
と思ったこと、ありませんか?

 

私も特に、うまく対応や反応ができないと、
「ああ、なんで私ってこうなんだろう…」と、自分を責めてしまう事があります。

 

 

あなたの自己肯定感は、高いでしょうか。
それとも低いでしょうか?

 

恐らく、この記事を開き「何とかしたい」と、
前向きな気持ちを持っているあなただからこそ。

 

人に言えない悩み、苦しみを抱えておられるのだと思います。

 

 

私たちの、「自己肯定感が低い原因」は一体、何なのでしょうか。

 

 

その原因とこれからの対処法を、お伝えしていきます。

 

自分に自信がつくと、記事を書く時にもはっきり主張できるため、
読者の信頼を得られる。

 

すると、自信のある自分が好きにもなり、
更に読者に信頼されてどんどん、成功の一途をたどれます。

 

 

・自己肯定感が低い原因・その1「子供の頃の環境」

・自己肯定感が低い原因・その2「自分自身のクセ」
・「自己肯定感が低い」と認めた上での対処法

自己肯定感が低い原因・その1「子供の頃の環境」

よく言われるのは、子供の頃の環境。

 

「親や教師に叱られてばかりで、
あまり褒めてもらえなかった」ということです。

 

 

考えてもみてください。

 

人間は、誰でも褒められると「自尊心」が高まります。

 

一方で、自分をないがしろにされるとやはり傷つきますし、
「認めてほしい、褒めてほしい」という思いがどんどん、強くなります。

 

 

特に、小さい子供の頃は誰しも素直でデリケートなので、
自分より立場が上の、大人の影響を受けやすいものです。

 

 

子供にとって、大人の存在はとても大きいもの。

 

周囲の両親から親戚、学校の先生、近所のおじさんおばさん。

 

「大人」というだけで、「自分たち子供よりも偉大な面がある」と、
素直で純粋なら特に思います。

 

ましてや、まだ子供なので善悪の判断一つ、うまくできません。

 

 

つまり、「相手の言っていることが正しいか、間違っているか?」
の判断を、まだ自分の頭でうまく考えられない。

 

だからこそ、子供は「大人」の言ったことは、
無条件に「正しい」と思ってしまいがちです。

 

「経験も自分よりもあるし、大人の言うことだから、正しいだろう」
と、純粋なだけに素直に信じてしまうのですね。

 

 

そんな中、その「大人」にあまり褒めてもらえないどころか、
責められ、怒られてばかりで育てば、自分に自信もなくなります。

 

「ああ、私って叱られてばかりで、ダメな人間なんだ…」というふうに。

 

 

結果、「自己肯定感が低い、自信のない」人格が出来上がっても、
何もおかしくはありませんよね。

 

 

何も、子供の頃育った環境が絶対だ、と言っているわけではありません。

 

しかしそれでも、やはり幼い子供にとって影響が大きいのは事実でした。

 

 

あなたも子供の頃の環境のせいで、少なからず自己肯定感を養えず、
気づけば押さえつけられて育った面が、あるかもしれませんね。

 

「今更言っても仕方がない」とはわかっているものの、
やはり行き場のないモヤモヤに、複雑になるものです。

自己肯定感が低い原因・その2「自分自身のクセ」

もう一つ、これも子供の頃の影響が大きいですが、
「無意識のうちに、自分で自分を責めるのがクセになっている」
…という場合があります。

 

どういうことか、おわかりでしょうか?

 

 

例えば、何か失敗して親に叱られた経験があったとします。

 

「近所の人に出会ったけど、ろくに挨拶できずに通り過ぎてしまった」
という場合。

 

そのことで、
「もっとちゃんと、はっきりしっかり挨拶しなきゃダメでしょ!」
と親は言います。

 

 

この場合、「親に叱られる」ことに慣れてしまっている子供は、
反射的に「叱られる」ことから、「自分を守ろう」とします。

 

 

「叱られる」ことの恐怖・不快感を痛いほどわかっているので、
「嫌だ、また同じ思いをしたくない!」と、
自分で自分の心にフタをします。

 

 

結果、「親に叱られる前に、予防策として自分で自分を責める」。

 

叱られて嫌な思いをしたくないから、その前にいっそ、
自分で自分を責めて「親に叱られる不快感」を、
「自分で自分を責める不快感」にすり替え、ごまかそうとする。

 

 

 

日差し

 

 

 

そうすれば、少なくとも「親に叱られた」不快感は、
味わわずに済むわけですね。

 

ですが、これがクセになっていると、
大人になってもなかなか治らず、厄介なのでした。

 

 

例えば、大人になって「誰かに叱られる」状況でなかったとしても、
ちょっとした失敗をするとすぐに、
「自分で自分を責める」クセが顔を覗かせます。

 

 

私も、子供の頃からずっと「自分で自分を責めて安心する」
クセがありました。

 

あなたも、もしかすると似た経験やクセがあるかもしれません。

 

なかなか理解されない、つらい感覚を一人で味わっていれば、
「なんで、私ばっかりこんな目に遭うの?」とも思いがちです。

 

否定的な感情に、卑屈になっても仕方ないというものです。

 

 

「失敗」=「自分を責める」という図式が、
子供の頃のクセによっていつの間にか出来上がっていると、

 

最初は「親や大人から叱られる」ことから、
「自分を守る」のが目的だったはずが、

 

気づかないうちに、
「自分で自分を責めるクセ」に変化してしまいます。

 

それが、自己肯定感が低い原因の一つ、と言えます。

 

 

できる事なら、誰もが毎日明るく楽しく、
嫌な思いなどせずに生きていきたい。

 

しかしそのはずが、他ならない自分で自分を責めて、
自己肯定感が低い人間になってしまう…

 

 

最初のきっかけが、親や周りの大人だっただけに、
「なんで?どうして?私は何も、悪くないのに…」と、

 

今更やり場のない怒りとやるせなさに、
抑え込んだ感情が爆発しそうになる悔しさ。

 

 

私も、よく理解しているつもりです。

「自己肯定感が低い」と認めた上での対処法

では、自分は自己肯定感が低いと自覚したなら一体、
どうすればいいのでしょうか?

 

 

子供の頃の環境、自分のクセ。

 

今更「自己肯定感が低い原因」がわかっても、
大人になった今、周囲を責めたり、
ましてや自分自身を責めても、何の解決にもなりません。

 

ただ、より一層自尊心が傷ついて、
自己肯定感が低い自分になるだけ…。

 

 

そんなことは、言われるまでもなくわかっている。

 

…そう思うからこそ、やはり行き場のない、
理不尽な怒りや悲しみに、頭を抱えたくもなります。

 

 

大人になった今更、当時自分を責めた親や周囲に
何を言っても仕方ない。

 

それがわからず、「お前のせいだ!」…と、
今になって相手を責める人もいます。

 

 

ですが、状況を冷静に分析し、理解した上で決して、
「感情に任せた行動をしない」あなたはとても、
分別ある素敵な大人だと、心からそう思います。

 

大丈夫。

 

前向きな意志あるあなたなら、今からでも問題なく、
自己肯定感を高めることができます。

 

 

自己肯定感を高める策として、効果的なのはまず、
「自分自身を責める、自分を認める」ことです。

 

そして、その上で「自分自身を責めることを少しずつ、やめていく」こと。

 

 

まず、自分で自分にしていることを認めないと、
私たちは変わりたくても、変われません。

 

何か失敗したりうまくいかないことがあって、
自分に対して嫌な感情を抱いたらそこで、
まず一旦「ああ、今自分は自分のことを責めているな」と認める。

 

 

「自分を責めているかどうか」わからない、という時には、
「自分に対して、自分で嫌な感情を目いっぱい噛みしめている」
時には、自分を責めているのだ…と認識されてみてください。

 

 

どうせ同じ時を過ごすなら、誰だって楽しく過ごしたいはずです。

 

もっと自由に、子供の頃のように何も考えず、
今の一瞬一瞬を楽しみたいはず。

 

ならば、まずは「今の自分が、自分に対して抱いている感情」
を認めることこそ、心が穏やかになれる第一段階だと思います。

 

 

 

木の下の花

 

 

 

そして、「自分で自分を責めている」と自覚したら次に取る行動は、
「自分で自分を責めるのをやめる」ことでした。

 

 

「やめる」と一言で言うのは簡単ですが、実際にやるとなると、
やはり長年のクセ、最初は苦戦すると思います。

 

なので、「責めるのをやめる」というよりは、
「責める」のを「褒める」ことに変えるのが有効です。

 

 

「できなかった、失敗した自分を褒めろ」…などと、
訳のわからないことを言っているわけではありません。

 

ただ、視点を変えてみる…ということです。

 

 

例えば、「近所の人に挨拶できなかった」という場合なら、
「挨拶できなかった自分を責める」のではなく、
一旦そんな自分を受け入れる。

 

「ああ、私は今回は挨拶できなかったんだな」と、
ただ事実を見つめ、受け入れます。

 

 

その上で、「今回はちょっとうまくいかなかったけど、次はきっとできる」
と自分を信じて、気にせずに過ごす。

 

あるいは、
「今回はできなかったけど、こういうこともある。
確か前回は、気持ちよく挨拶できたっけ。

 

大丈夫。あの時できたんだから、次もできる」
と、過去にできた自分を思い返して褒める。

 

その上で、先を前向きに見すえる。

 

 

「過去」は過ぎたことでしかありませんが、
「できなかった自分」を悔やみ、責めるよりも。

 

「できた自分」を思い返して、褒めるほうがよほど建設的で、
次の糧にもなるというものです。

 

 

なので、責めそうになったらまずは、
「過去の自分の成功を思い返して、その時の自分を褒める」。

 

そして、「自分にはできるんだ、そのための力があるんだ」と、
自分で自分を信じる。

 

褒めることで自己肯定感も高まるし、自分を信じれば信じるほど、
他人の言動や些細な一言に、左右されにくくなります。

 

いちいち傷つかず、受け流せるようになります。
自然と、自信もつきます。

 

 

これを意識して実践したお陰で、私も「自分を責めるクセ」
が気づいたら、すっかりなくなっていました。

 

 

「責める」から「褒める」に変える。

 

できない自分を責めても、自己肯定感はますます低くなる。

 

けれど、自分の「いいところ」を探し、褒めるように
意識を変える、ただそれだけで自分に自信もつきます。

 

 

自分を肯定的にとらえるクセがつけば、
いつの間にか前を向いて進めるようになること。

 

私も、実感してきました。

 

 

今だけ、期間限定メルマガ公開中です。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来

「もう一生、働きたくない!」

「自分の人生、自分や大切な家族だけのために、自由に過ごしたい!」

こんなあなたに朗報です。


期間限定、「ブログ開始半年で『稼ぐ力』を身につけた」私が贈る、

「誰にも頼らず、一人で稼ぐ力が身につくメルマガ講座」開催中!




「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



以下の「究極の自由」を、私と一緒に手に入れてみませんか?



・寝ていても遊んでいても、生活費を「永久に、二度と働かずに」稼げる自由。


・「好きな時に、好きな人や大切な人とだけ」、関わることを選べる自由。


・嫌な人とは「二度と会う必要のない」、人間関係のしがらみから100%、解放される自由。


・欲しいものを買いたい時に、値段を見ずに好きなだけ買える、お金の自由。


・その気になれば、親や同居人も養えるほどの、圧倒的な額を稼げる自由。


・仕事などせずとも、どこに住んでいつ旅行しようが好き放題の、圧倒的自由。


・「働くこと」に縛られない、何時に寝るのも起きるのも自分で決められる自由。


・今後一切、永久に「働いていないこと」や「将来のお金の不安」に悩まされない自由。


・贅沢に、趣味や特技を堪能できる余裕の額を、圧倒的に稼げる自由。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。