人生楽しく生きる方法。大事なのは「切り替えること」

生きるのがつらい時。人生に疲れた時。
私たちはやはり人間ですから、誰しも完璧ではないですしどんなに気を張って
生きていても、時には疲れること、しんどいこともありますよね。

 

アフィリエイトでも、ただずっと同じ作業を繰り返していると時には
「自分は、何をやっているんだろう…」と混乱しがちなこともあります。

 

そんな時に、少し立ち止まって振り返ってみたいこと。

 

 

・生きるのが辛い時は嫌なことばかり見えている時

・完璧な人はいないからこそ、不安になることもある
・心が疲れた時には気持ちを切り替えると意識を持つ

生きるのが辛い時は嫌なことばかり見えている時

まず、第一に私たちが「生きるのが辛い」「なんか、人生に疲れた…」と思う時
というのは、果たしてどのような時かあなたはご存じでしょうか?

 

 

人生に疲れたというからには、そこに何かしら「疲れさせる要素」が
あるのは当然ですし、もしかすると毎日を必死で頑張りすぎて、
心が休息を求めている時かもしれませんね。

 

やはり、何事にもさじ加減というものがありますし、個人差があるからこそ、
人によって「頑張れる範囲」も違ってくるのだと思います。

 

 

どんな超人や天才でも、まず疲れ知らずの人はいないからこそ、「一日24時間、
無休で頑張れる人」などどこにもいません。
そして私たちと違い「疲れ知らず」の機械、という便利なものがあるからこそ、
今の世の中効率よく回すためにも、作業を分担して成り立っていますよね。

 

 

例えば、アフィリエイトにしてもどれだけ「早く結果を出したい!」と思っても
その思いを簡単に裏切るように、成果はなかなか出ないのも事実ですし、
結果を出すことにばかり囚われて記事を量産しても、そこにあなたの「本気の
想い」が乗らないので、つまらない文章になってしまいます。

 

早く結果を出したい、成功したい。不安に刈られて焦りはするものの、
現実にはなかなか思うようにことが進んではくれない。よくあることですが、
特に焦っている時はなかなか受け入れられないのも事実です。

 

 

 

コケ

 

 

 

私たちが、「生きるのがつらい」「もう嫌だ、しんどい」と感じる時は大抵、
「物事の嫌な面ばかりが目につく時」です。

 

どういうことだか、お分かりでしょうか?

 

 

つまり、アフィリエイトなら「早く結果を出したい」と焦るあまり、
「記事を量産し、たくさん書き溜めれば早く自由になれる!」と思う。

 

確かに、記事をストックしておけばSEO的にも有利ですし、たくさん書けば
ブログ自体の質が上がるのは事実です。

 

 

しかし、それは前提として「質の高い、心のこもった記事」であることが条件。
「ただ水増し目的で、読者のことを考えていないつまらない記事」を量産しても
結局、そんな記事に誰も心を揺さぶられないので無意味となってしまいます。

 

そして、記事を量産して早く成功したいからと一日に無理を押して10記事書く。
あくまで例えですが、10記事も書けば当然ライティングスキルにも磨きがかかり
しかもそれを毎日続けていれば、キレッキレの鋭い文章になることでしょう。

 

 

しかし、焦っている時は得てして周りが見えません。
だからこそ、「早く書くこと」「時間を無駄に使わないこと」にばかり囚われて
時間の経過にいちいちイライラする。頭を悩ませる時間を無駄だと思う。

 

せっかく「一日10記事も書く」という偉業を達成しているのに、そんなことには
目もくれず、また自分の「文章スキルに磨きがかかり、成長している」ことも
目にはつかずに、ただ「時間が食うこと、疲れること」というマイナス面に
ばかり囚われる。

 

 

特に、疲れた時やしんどい時にこうなってしまいがちなのは、そもそも
「気持ちに余裕がないから」です。
余裕を持って取り組めない中で、あくせくと物事を進めていても焦る気持ちが
先立っているので、どうしても楽しくできないのは、当たり前ですよね。

完璧な人はいないからこそ、不安になることもある

私たちは、誰しもが心ある人間ですから、そこに「完璧」など存在しません。

 

端から見てどんなに完璧に見えても、例えば陰で誰にも理解してもらえない、
見えないつらい努力を重ねていたりということは、よくあります。

 

 

そして、厄介なのが私たち一人一人に存在する、「心」というもの。
この不安定な心があるからこそ、時には不安に駆り立てられ焦りに負けたり、
怒りや悲しみという、負の感情に振り回され意図せず他人を傷つけてしまう人も
この世の中には大勢おられますよね。

 

自分の感情をうまくコントロールできないからこそ、「本当は願ってもいない
こと」を言ってしまうし、意図せず他人を傷つける理由や原因にもなる。
→感情をうまくコントロールできない時には…

 

 

悟りを開いた神様や仏様のように、「常に穏やかで、感情に振り回されない
人間になれたらいいのに…」

 

あなたも、こんな風に思ったことが一度や二度はあるのではないでしょうか。

 

 

しかし、やはりどれだけ自己啓発書を読もうとどれだけ自分と向き合おうとも、
「心を持った、完璧ではない人間」だからこそ、私たちは時には心が乱され、
時に気分が悪くなりちょっとしたことで不安にもなります。

 

 

それはもう、人間である以上仕方のないことです。
そもそも、「心」という存在そのものが不安定で繊細で、感情を感じやすく
できているのですから、「不安定なもの」に「安定を求める」ことそのものが
無理な話というものですね。

 

しかし、そんな中でも「なるべく、感情に振り回されずに穏やかに」
過ごすことが可能なのも、まぎれもない事実です。

心が疲れた時には気持ちを切り替えると意識を持つ

いつも穏やかに見える人。いつもニコニコ笑って過ごしているように見える人。
あなたの周りにも、このような人がいるのではないでしょうか?

 

彼らは、端から見るととても「感情に振り回されること」などないように映るし、
実際に、他人に攻撃されても「笑って受け流せる人」もこの世の中にいますよね。

 

 

他人に嫌なことを言われても顔色一つ変えないどころか、笑って受け流す。
なんでもないことのように振る舞えるその様を見ているととても偉大だと
感じますし、「自分なんか、いちいち嫌な思いをしていつまでも引きずるのに…」
とつい、比べては自分の未熟さに嫌になったりもしますよね。

 

 

人間とは、確かに「外見に伴って、中身も成長する生き物」ですが一方で、
「歳だけ取って、人間性は未熟なままの人」など大勢いますし、かと思えば
「まだ若くても、他人を思いやれる謙虚さ」を身につけている方もおられます。

 

 

アフィリエイトを筆頭としたネットビジネスにおいても、
「他人を思いやれず、自分のことしか考えない詐欺師まがいの人間」もいる一方、
「人のことを第一に考え、感謝されるビジネスを展開している人」もいます。

 

そして、上記で言った「嫌なことを言われても笑って受け流す」人は
得てして、「他人のことを思いやれる人」である場合が多いです。
それが、なぜだかあなたはご存じでしょうか?

 

 

人間は、「他人を思いやることができる時」には無意識にも気分が晴れやかに
なり、優しく心が満たされます。
なぜなら、人間の心そのものが大前提として、「愛に基づいた行動(人に優しく
する、など)を行うことで満たされるようにできているから」です。

 

…と、突然こんなことを言われても「いきなり何?」と思われるでしょうし、
「そんな綺麗事めいた啓発っぽい話、聞きにきたんじゃないよ」と
思うかもしれませんね。

 

 

 

クローバー

 

 

 

しかし、例えばあなたにもこんな経験がありませんか?

 

 

・人に親切にして、喜んでもらえたら自分も嬉しくなった。
・人に感謝されると気持ちが満たされて、邪険にすると気持ちがクサクサした。

 

 

子供の頃から振り返ってみても、私たちは「人に優しくする」時には
自然と心が満たされ、傷つけた時には自分も傷つく、という一種の
鏡のような現象を、あなたも味わったことがあると思います。

 

心は、鏡のよう。
つまり、「つらい」と感じている時にはより、つらい気分になり悲しくなるし
一方で、「楽しい、嬉しい」と感じている時には自然と気持ちもより楽しくなり、
明るく充実した時間を過ごすことにも繋がります。

 

 

そして、上で言った「他人に何かされても、笑って受け流せる人」や
「いつも穏やかに見える人」というのは、この法則を理解しているんですね。

 

だからこそ、「自分がいつまでも嫌な気分を引きずっていても、楽しく過ごす
ことなどできない」とわかっているからこそ、
意識して「気持ちを切り替える」ようにしている。

 

 

嫌な気分は、連鎖して嫌なことやマイナス感情を生み出すことはあっても、
それを続けたままではプラスの感情が生まれることはない。
そうわかっているからこそ、彼らは「気分を切り替える」ことで、自らを律して
なるべく「楽しく過ごせるように」心掛けている、ということになります。

 

つまり、嫌なことがあっても「気分をすぐに切り替える機転を持っている」。
そうすることで、端から見ても「いつも気分がよさそう」に見えるし、
気持ちの切り替え方を知っているからこそ、「例え嫌なことがあっても、
気にせずに長い時間を気分よく過ごすことができる」のですね。

 

 

彼らにも、当然人間ですから疲れることや気分が悪くなることもあるでしょう。
しかし、彼らはそれも「気にせずに、気分をうまく切り替える」ことで
結果的に、自分の感情をコントロールしうまく乗り切っています。

 

何をするにしても、気分よく取り掛かれる時間が増えると当然心に余裕ができ、
質も上がるので結果的に、成功が早くなるのは言うまでもないことですよね。

 

どうせなら、アフィリエイトを行う上でも人間的にも成長し、穏やかな過ごし方を
身につけていきたいものです。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。