考えすぎる人から脱却するために。「シンプルに考える」と意識する

あなたは、物事をシンプルに考えるからこそ行動のストッパーが外れ、
成功する人になる事実をご存じでしょうか。

 

 

「考える」という能力と高い知恵を授けられた私たち人間だからこそ、
ついやってしまいがちな間違いと、失敗する原因。
それらを今のうちに理解して、排除することで「成功するしかない未来」を
作り上げてしまいましょう。

 

・焦りや不安は「考えすぎる」から生まれる

・シンプルに考えると進むべき道が見えてくる
・考える前に動けば行動できないことも減る

焦りや不安は「考えすぎる」から生まれる

私たちの思考が濁り、気分が悪くなる時にはとある一定の法則がある、と
以下の記事でお話ししました。
→しんどい時、つらい時。人生に疲れた時はいつも○○にいる時

 

 

私たち人間に授けられた「考える」能力は、その使い方を間違えると
途端に、私たちの気分をいとも簡単に悪くしてしまいます。

 

「考える」ことの使い方を、間違える。
この意味が、どういうことだかあなたはお分かりでしょうか?

 

つまり、ただ呆然と「考える」だけなら思考を濁らせる原因にはなりにくいですが
一方で、思考を泥沼化させる原因は「考えすぎること」です。

 

 

何事も、考えすぎると途端にいい結果を生みません。
例えば、ブログの記事を書く時。ただ「記事を書く」ことに焦点を当てて、
読者のことを想い「役に立つ情報発信」を心がけ、一文一文つづっていきます。

 

 

「この記事を読んでくださった読者さんの心を、少しでも軽くしたい」
「今苦しみ、つらい思いを抱えているかもしれない彼らの役に立ちたい」

 

 

そんな風に考えながら、そして「どう書けば、読者の心を揺さぶれるか?」
「どうつづることで、より自分自身をも成長させることができるか?」
など考え、時にライティングスキルを高め、文章を見直しながら私たちは
「考えて成長していく」わけですね。

 

この、「文章を向上させ、より質の良いものに仕上げるために努力する」という
目的のもと、「考えて成長する」のは何より、今後も伸びていける証ですよね。
しかし一方で、この「考える」ことの使い方を間違える場合があります。

 

 

例えば、記事を書いている中どうしても不調で、「うまく記事が書けない!」
と頭を悩ませた時。
当然、何をするにも物事は順調に進んだほうが気分もいいですし、
夢中になって取り組めるので「質の良い作品ができた」という事実が残ります。

 

しかし、やはりブログ記事を書く上で私たちには体調や気分など様々な要素が
ありますから、「いつでも安定して、機械のように予定通り順調に」
進めることは、残念ながら難しいですよね。

 

 

気分や体調の良し悪しがあるからこそ、うまくいかないこともあるし
「なんか知らないけど、思うように筆が進まない…」ということもあります。

 

そんな時に、私たちがついやってしまいがちな「失敗する要因」があります。
「失敗したくない!」と向上心を持って物事にあらゆる備えをするあまり、
ついつい考えすぎてしまうあなただからこそ、予測がついているかもしれません。

 

 

そう、それは「思うように物事が進まない」ことに気を取られて、
つい「うまく進めたい」からと「どうすれば思うようにうまくいくか?」を
そこで考え始めてしまうこと。

 

つまり、「うまくいかない事実」を「考えることによって解決しようとする」。
もっと言えば、「うまくいかない」ままでいることを認められないから、
なんとか「うまくいかせたい」と、考えることによってがむしゃらに
解決しようとする。

 

 

つい、答えの出ない問題やうまくいかないことに遭遇した時誰もがやって
しまいがちな、「考えすぎるせいで、結果的に思考が泥沼化する」こと。

 

いくら考えても答えの出ないことはあります。
例えば、「人がどう思うか」や「この先、未来はどうなるか」はいくら
頭をひねって考えたところで、明確な答えが出るはずがありません。

 

なぜなら、人の心を読む能力も未来を見通す力も私たちにはないからですね。

 

 

つまり、「考えて答えの出る問題」なら、頭をひねって考えるのもいいですが、
そうではない「答えの出ない問題」までいつまでも考えすぎると、結局
「答えが出ない」ので、思考が泥沼化して当然なんですね。

 

不安や焦りというのは、この「答えの出ない問題を、あれこれ考えすぎた時」
に生まれるものです。次項でご説明していきますね。

シンプルに考えると進むべき道が見えてくる

そもそも、考えすぎなければそこに余計な思考は生まれません。

 

 

例え「一ヶ月後、自分の未来はどうなっているだろう」と気になっても、
そこで「まあいいか」と「考えることをストップ」すれば、思考が泥沼化する
ことはまずありません。

 

つまり、言い換えれば「考えそうになったとしても、自分の思考が
泥沼化するまで深く考えすぎない」。

 

 

この世界は、考えてみればごく単純です。
アフィリエイトにしても、「正しい仕組みづくり」を行う上で欠かせないのは
「今やるべきことだけに徹底して取り組む」こと。

 

 

コピーライティングスキルだけを高め、読者の心を揺さぶる文章を書く。
デザインやSEOを捨て、文章能力だけを高めるからこそ「面白い文章」が
できる。デザインやSEOでは、人の心までは動かせない。
→情報商材アフィリエイトを選ぶべき理由

 

ブログにしても、「諦めずに継続する」ことだけ意識して達成できれば、
そこに難しい数式や要素など一切必要ありません。
ただ、ブログの基盤を作り記事をひたすら書いて自分のブログを強くする。

 

 

ノウハウにしても、「学ぶべき情報を徹底して限定する」からこそ、最短で
成功できる。あれやこれやと、たくさん手を出していても結局
「どの情報が正しいのかわからない!」と振り回され、ノウハウコレクターに
なるだけで成功への道を自ら遠ざけていることにもなります。
→知識ばかり追い求めるとノウハウコレクターになる

 

そして、考え方。「難しく考えすぎるから、頭が痛くなる」
ごくシンプルに「考えても答えの出ないことは考えない」、また「今考えるべき
ことだけを考えて、考える必要のないことは一切考えない」

 

 

いかがでしょうか?
物事も成功法則も、いつだってシンプルです。
考えすぎて、難しくしてしまっているのはいつも私たち人間だと、
そのように思いませんか。

考える前に動けば行動できないことも減る

しかし、「考えすぎるな」とは言ってもやはり普段から「考えること」が
クセになっていると、どうしても考えることをやめられないのも、わかります。

 

 

アフィリエイトにしても、「失敗したくない!」と強く思うからこそ、
できるだけ最善を尽くせるように予防策を取りたくなりますよね。
リスクはできるだけ排除したいからこそ、できる限り安全策を取るのは、むしろ
先を一歩も二歩も見すえて行動できる、極めて賢い取り組み方だと思います。

 

ですが、同時に「考えすぎる」のと同じで「予測しすぎる」とかえって
先に進めなくなるのも、まぎれもない事実です。

 

 

考えてもみてください。
先を見すえ、失敗したくないからと予防策ばかり張っていれば、そもそもその
「予防策を張る」という行動そのものに阻害され、「本来やるべきこと、
やりたいこと」がおろそかになります。

 

そして、「考えすぎること」が生む恐れは、
過剰に想定したり、予測したせいで不安や焦り、恐怖に身がすくみ
そもそも「前に進む」ことが怖くなり行動できないこと。

 

 

いずれにせよ、「○○しすぎる」せいでどちらにせよ「行動できない」という
結果になってしまうことは、明白ですね。

 

このように、何にしても「ほどほどが丁度いい」のかもしれません。
考えることも、予測することも「すぎる」と途端に他ならないあなた自身に
悪影響を与え、結果的に行動に抑制や支障が出る羽目になります。

 

 

だからこそ、そうならないための解決策をあげるとすれば、
それは「考えるのをそもそもやめる」ということ。
つまり、「考える(考え始める)前に行動する」ということですね。

 

頭であれやこれやと、考え始めるよりも前に「身体を先に動かす」ことで、
そもそも頭の中に「考えることによって作り出した不安や焦り、恐怖」が
存在しないので、恐れずに行動することができます。

 

 

 

日陰と花

 

 

 

確かに、考えるよりも前に行動することに対する恐怖は私もわかります。
「考えるより先に行動するなんて、無計画もいいところじゃないか!」と思う
その気持ちも、理解しています。

 

しかし、確かに「考えて、よくシミュレーションしてから行動」したほうが
いい場合もある一方、「考えるよりも前に行動」したほうが結果的に
うまく転がる場合も、実際にあります。

 

 

例えば、先程あげた「いくら考えても、答えの出ないこと」「やってみなければ
わからないこと」がそれに当てはまります。

 

特に、初めて行うことは勝手がわかりません。「やってみて、経験して初めて
理解できること」はこの世の中、たくさんありますよね?
だからこそ、「頭で考えても答えが出ない」なら、いっそ何も考えずに
取り組んでみたほうが「思ったよりも簡単だった」ということもよくあります。

 

 

確かに、考える前に取り組んで失敗すること、恥をかくことも中にはあるかも
しれません。
しかし、例え仮に失敗したとしても「命を取られるほど、取り返しのつかない
失敗」など、果たしてどれだけ存在するでしょうか?

 

後になって振り返ってみれば、「あの時やっていてよかった」とは思えど、
「あの時、挑戦するんじゃなかった」などという後悔はまず、わき上がりません。
なぜなら、達成感は確実に「いい経験」としてあなたの中に残るからです。

 

 

未完のまま「やらずに後悔したこと」は、「中途半端で終わったこと」への
気持ち悪さと、「達成できなかったモヤモヤ」が残ります。

 

しかし、一方で「やってみて、爽快な思いをした経験」は後になって、
武勇伝としていくらでも語ることができます。
私自身が少しずつ行動できるようになって、「やってよかった」という
感慨深さを日々、身に沁みて感じられるようになりました。

 

 

この先、お互いに人間的にもぐんぐん成長していけるのは、
「やった経験」と「やらなかった後悔」、果たしてどちらかもう、聡明で
思慮深い頭脳を持ったあなただからこそ、言うまでもありませんよね。

 

アフィリエイトでも「成長するクセ」をつけ、
行動できる時には考えすぎずに、サッと行動する人が最短で成功する人です。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。