感情的な人はアフィリエイトも人生も失敗する?

自分ではどうにもならないこと、うまくいかないこと。
つい、そのようなことを目の当たりにすると感情的になること、ありますよね。

 

特に、気分の悪い時や気持ちに余裕のない時には私たちはイライラもしがち。
→感情をうまくコントロールできない時には…
→人生楽しく生きる方法。大事なのは「切り替えること」

 

そんな時は、無理に「何か考える」よりもいっそ「考えることをやめる」ことで
それ以上、思考を濁らせることがなくなる…とこのブログでもお伝えしています。

 

 

アフィリエイトも、人生もどうせ生きるならうまく事を運びたい。
けど、思い通りにならないことが多い。イライラする…
そんな時には、一旦思考をリセットしてまた後日「気分のいい時」に、
うまくいかないなりに、「努力できること」を見極めて精進したいものですね。

 

前回書いた、以下の記事の続きの話となります。
→アフィリエイトの成功法則。感情的になるから失敗する?
アフィリエイトの成功に不可欠なので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

・感情的になるデメリットとは…

・心に訴える文章や記事の書き方とは?
・結局成功するのは「ありのままの自分」を出すこと

感情的になるデメリットとは…

感情的になることのデメリット、と言われてあなたはどのように思いますか?
恐らく、「感情的になる」という響き自体に、あまりいい印象を持っては
いないのではないでしょうか。

 

なぜなら、感情的になったところで「ろくなことがなかった」ことを知っている
ためですよね。
感情に任せて、人を傷つけるようなことを言ってしまった。
感情的に、ついカッとなって相手を攻撃し、後で激しく後悔した。

 

 

このどちらにも共通しているのは、やはり「感情任せ」でいるその時は理性を
忘れ、衝動的に「物事を行う」のですが、後になって後悔すること。
やめておけばよかった、と頭を抱えることではないでしょうか。

 

感情任せに言葉や行動を行ったところで、まずあなたにとっても私にとっても
「いい結果」に転がることは、ありません。

 

なぜか、その理由をあなたはご存じでしょうか?

 

 

 

さざなみ

 

 

 

そもそも、「感情的になる」ことを後になって後悔する、その理由を
考えてみればわかりやすいかと思います。

 

・感情的に、人を傷つけることを言ってしまった。
例えばこの場合の「後悔」は、後になって「あんなこと言うんじゃなかった」と
思うことですよね。

 

 

つまり、「感情的になる」せいで自分の思ってもいないこと、あるいは普段は
理性が抑えている「言ったら、確実に相手を傷つけてしまうこと」を
言ってしまう。
相手を傷つける、相手と険悪な関係になる恐れがある…とわかっていることを、
わざわざ「言いたい」とは思いませんよね。
特に、その場しのぎの関係でなかったり、優しい心を持っていればなおのこと。

 

 

感情任せに言葉や行動を行うと、どうしても「怒りやイライラ」によって視野が
とことん狭まっているために、「冷静な判断力」が無くなります。
つまり、後になって「あんなこと、言うんじゃなかった」と後悔するのは
一時的に「冷静に考えられなくなっているため、取るべきでない行動を
取ってしまったから」ですね。

 

 

例え、一時的に感情が高ぶったとしてもその「感情に任せることなく」その場は
しのぐことができれば、「思わぬ失敗」も減ります。
感情的になるデメリットは、「感情に任せて意に添わないことをする」ことに
ありました。

 

つまり、一旦自分の心を落ち着かせて「冷静になる」ことができれば、失敗も
減るし「後になって後悔する」こともなくなる。
これは、アフィリエイトにも通じる意識でした。

心に訴える文章や記事の書き方とは?

読者の心を揺さぶり、相手を「感情的にさせる」ためにはまず、書き手である
私たちが「冷静になる」必要があります。

 

なぜなら、やはり上でも言ったように「自分が感情的になる」と、怒りや
イライラといった、「余計な感情」のせいで視野が狭まり、冷静な判断力を
失ってしまうから。冷静な判断力が無くなると、当然「読者を想って文章を
つづる」余裕など、持てるはずもありません。
結果は、「自分本位の、一人で盛り上がった面白みのない文章」の出来上がり。

 

 

こんなことを意図して避けるために、私たちはこれから「自分は冷静になる」
けど、相手の「感情を揺さぶる」ことを意識して文章をつづっていきます。

 

相手を感情的にさせる、感情を揺さぶる…とは言っても何も、当然
読み手を意図して怒らせたり、嫌なことを言うわけではありません。

 

 

思慮深い、学ぶ意識の高いあなたなら既にお分かりかと思いますが、読み手の
感情を揺さぶる…とは言い換えれば「文章にメリハリをつけること」
→ブログを毎日更新する時に悩みがちなこと
→反応の取れるブログのコツと、失敗しないやり方

 

過去の境遇や事例に共感させ、悲しみを引き出す。現代の不満点に共感させ、
代弁して同意を得る。嬉しいことは一緒になって喜ばせ、感情を高ぶらせる。
…というような、「読んでいて気持ちの変動がある文章」を書くということ。

 

 

 

うみ

 

 

 

読み手の感情を揺さぶるため、必要なのはまずあなたが「ありのまま、
気取らず自分を魅せること」です。
つまり、ありのままとは以下のようなこと。

 

・事実をありのまま延べ、本音を隠さずにつづる。
・嘘をつかない。
・上から目線にならない。
・勘違いせず、いつも向上心を持って謙虚にいる。
・見栄を張らない。プライドを捨てる。

 

これらを常に意識して、「ありのままの自分」を文章で演出することができれば、
勝手に「情熱的に、読者の心を揺さぶる文章」になっています。

 

どこか自分を隠し立てしていたり、プライドや見栄のせいで偽る気持ちがあると
どうしても、文章が殺伐としてきます。
なぜなら、「本音の自分」とは違い「嘘の部分」を文章に乗せるその時点で、
「本心を偽っているので、ありのままの情熱が隠されてしまうから」です。

 

 

自分を偽り、殺伐とした文章ばかりつづっていても読者は当然、面白くないので
「つまらない」と、あなたのブログを離脱してしまいます。
本音をつづらないせいで、情熱が乗らない。結果的に、読者の心を
揺さぶれないので、成約もなく成功にも繋がらない。

 

せっかくアフィリエイトを始め、覚悟を持って取り組んでいるのですから
何としても、このような事態は避けたいですよね。

 

 

アフィリエイトは、「続けていれば必ず稼げるようになる」ネットビジネス
ですが、その中でも「最短で成功するための努力」も必要だと、私は
個人的に強く思っています。
→アフィリエイトビジネス成功者の特徴

 

そして、その「最短で成功するための努力」ともなる、「文章に情熱を乗せる
ためのもう一つの方法」がありました。

結局成功するのは「ありのままの自分」を出すこと

文章に情熱を乗せる、とは「自分が感情的になること」ではないと、
お伝えしてきました。

 

自分は冷静に、むしろ読んでもらう読者の心を揺さぶることを意識する。
常に感情的な人は見ていて不安にもなり、「大丈夫かな、この人」と不信感を
生む原因にもなるけど、冷静な人はいつもデンと構えていて頼もしいので
信用できる。

 

 

そして、文章に情熱を乗せるにはまず「どうすればいいか?」を自分の頭で
考えることこそ、成長する唯一の方法であると私は思っています。
人が言ったことを、ただ考えずに行うだけでは学びにはなりませんよね。

 

言っていることをただ繰り返し行うだけなら、猿でもできますし
「働くのが正義だ!」と言われたからと疑問も持たず「働くこと」を
繰り返していても、あなたや私の望む理想の未来は決して手に入りません。

 

 

何をするにしても、自分の頭で「どうすれば、より成長できるか?」
考えることが、向上心を持って伸びていく第一歩です。

 

そして、自分の「想い」を伝えるために「読み手に意図的に、自分の経験や
気持ちを『体感』させる」ことができると、より文章に情熱が乗る。
そのように思いました。
つまり、一体どういうことでしょうか?

 

 

例えば、下記のような文章を読んであなたはどのように感じるでしょうか。

 

 

・悔しくて、はらわたが煮えくり返る思いでした。
・なぜ、自分がこんな目に遭わなければならないのか?悔しさに涙が
止まりませんでした。
・もう嫌だ。たくさんだ。消えてしまいたい。二度とこんな思いはしたくない。
・働くくらいなら、もう死んだほうがましだ…と何度も、心底思いました。

 

 

…いかがですか。
感情が揺さぶられるのを感じるのではないでしょうか?

 

読者に、意図的に「自分の体験や気持ちを『体感』させる」とは、つまり
コピーライティングを使って文章で「情景を、読者の頭の中に想像させる」
ということです。

 

 

 

しずく

 

 

 

ただ、「悔しかったです」と言うよりも「はらわたが煮えくり返る想い」と
一言「感情を付け加える」だけで、より理不尽な想いが伝わってきます。
「働きたくない」と言うよりも、「死んだほうがましだ」…と言ったほうが、
より悲愴感が伝わってきますよね。

 

「働きたくない」と思ってブログを書いているのなら、その「働きたくない」と
思った時、感じた感情を「ありのままに、最大限表現する」ことで自然と
文章に情熱が乗ります。

 

 

「嫌で仕方がなかった」のなら、その「嫌」という感情を多彩な言葉を使って、
「感情の乗った文章」に仕上げる。
「悔しかった、切なかった」のなら、その時の想いを思い返して「自分は
どのように感じていたか?」をありのまま、再現してみる。

 

この時に、例えば「悔しかった」のにその悔しさを文章で表すのがカッコ悪い、
みじめだからとプライドや見栄が邪魔してしまうと、途端につまらない文章に
成り下がります。

 

 

悔しかったなら、ただ「悔しかった」とスカした言い方をするよりも
「夜眠れないほどに何度も怒りが込み上げて、血が出るほどに拳を握りしめた」
と「悔しさ」をありのまま表現したほうが、よほど共感を誘えます。

 

情熱的に文章をつづるには、ただ「起こったこと」や「気持ち」を淡々と
伝えるだけでは、不十分です。
感情的に伝える努力、つまり「読者の感情を高ぶらせる文章」になるよう、
工夫して書く。

 

 

それを普段から意識していれば、自然と文章が上達していく実感を、あなたも
味わえるはずです。
お互い、今の自分の能力に慢心することなく、ただ謙虚に「読者の役に立つ」
意識を持ち、一つ一つの文章に情熱を込めやがて必ず、成功を勝ち取りましょう。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来


「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。