感性を豊かにするために。些細なことを意識する

感性が豊か、
というとあなたはどういうイメージがありますか?

 

 

映画を見て、すぐに泣く。

 

漫画やアニメ、
小説の感動作品からすぐに気持ちが揺さぶられる。

 

 

…というように、「些細な物事にすぐ、
感情を揺さぶられる」イメージがあるのではないでしょうか。

 

 

アフィリエイトにも、
感性が豊かであれば活かせるメリットがあります。

 

人を思いやり、
心を込めて文章をつづる意識を育てるためにも。

 

 

順を追って、見ていきましょう。

 

 

・感性が豊かな人の特徴と、メリット

・美味しいものを食べると小さな感動を得られる?
・今頑張ってるその経験が、未来の財産になる

感性が豊かな人の特徴と、メリット

感性が豊かになるには、一体どうすればいいでしょうか?

 

いくつか、候補はありますがまずは、
実際に感性が豊かな人の特徴を挙げてみましょう。

 

 

つまり、映画や音楽などの作品など。

 

日常の、些細なこと。
誰もが通り過ぎてしまうようなこと。

 

そんなことからでも、感情を動かされやすい人のことですね。

 

 

感性が豊かな人の特徴。
それは、下記のようなことです。

 

・小さなことにも、普段から目を向けている。

 

・「考える癖」を、
自分の成長に繋がる方向に発揮している。

 

・「立ち止まって考える癖」を持っている。

 

一体、どういうことでしょうか。

 

一つずつ、詳しくご説明しますので焦らずに、
ついてきてくださいね。

 

 

まず、「小さなことにも、普段から目を向けている。」

 

これは、例えば普段人が通り過ぎてしまうようなことも視野に収めて、
意識する癖がある、ということです。

 

 

つまり、自分の心の状態を常に意識していたり。

 

本を読んだなら、「この本の登場人物は、この時何を思っていたか?」
を逐一、その人の気持ちになって考えてみたり。

 

 

…というような、「意識して、考えなければ見えてこないこと」
を普段から意識する癖を持っている傾向にあります。

 

 

だからこそ、より想像することで創造性や想像力が豊かになる。

 

例えば、アフィリエイトも「人の気持ちを考えて」文章をつづれるので、
結果的にそれは成功にも大きく繋がります。

 

→読書で想像力を高めブログでの表現を豊かにする

 

 

 

機関車

 

 

 

そして、「考える癖」を、
自分の成長に繋がる方向に発揮している。

 

…についてご説明していきます。

 

 

考える癖…とはいっても、
何も「考えすぎて、頭を痛めている」わけではありません。

 

そうではなく、「考える能力」を自分の創造性、
想像力を豊かにする方向に意図して使っている、ということです。

 

 

一体、どういうことだかあなたはお分かりでしょうか。

 

つまり、
「考える能力」を自分の頭を痛める方向に使う場合は以下です。

 

・見えない未来を思いわずらう。

 

・過ぎた過去を、くよくよと考えてしまう。

 

・人の気持ちを気にして、わからないのにあれこれ予測する。

 

これらの、「過去、未来、人の気持ち」について考えるのは
私たちの思考を濁すだけ。

 

そこに、なんのメリットもないとこのブログでもお伝えしています。

 

→しんどい時、つらい時。人生に疲れた時はいつも○○にいる時
→自分で考える力をつける。「違い」を探すメリット

 

 

さて、考える力を自分の成長に繋がる方向に発揮する…
とは一体、どういうことでしょうか。

 

 

一言で言えば、上記以外の例えば「物語を読んで、
自分がどう思ったか?」「どう感じたか?」などを想像し、

 

感情を「自分で動かす意識を持って」日々過ごしている、
ということです。

美味しいものを食べると小さな感動を得られる?

例えば、美味しいものを食べた時。

 

何も感じず、考えずにただ「食べる」人がいる一方で、
感性が豊かな人はこうです。

 

 

「こんなに美味しいものを、
味わって食べられるなんて幸せだなあ。」

 

「普段食べられないから、目いっぱい味わっておこう。」

 

「やっぱり、美味しいものを食べられると気持ちも明るくなる。
元気が出たぞ」

 

 

…というように、「些細なことから小さな感動を探す」のが、
感性が豊かな人の特徴です。

 

 

このように、感性が豊かな人はまず「目の前のこと」を一つ一つ、
味わって生きている…とも言えます。

 

 

普通なら、通り過ぎてしまうこと。

 

物を食べて「美味しい」と思わない人は、
何か「食べている最中」に他のことを考えていたのかもしれません。

 

 

せっかく、美味しいものを味わっているのに意識は「ここ」にない。

 

「これ食べたら、○○しなきゃいけない」

 

「昨日のドラマ、面白かったな。
また再放送すればいいのに…」

 

「明日、○○に行かなきゃいけない。面倒だなあ…」

 

 

…というように、「今行っている物事」とは別の物事を
頭の中で考えてしまうと私たちは、
途端に意識がそちらへと向きますね。

 

こうなると、せっかく美味しいものを味わっていても、
その味は一つもわからなくて当然、というものです。

 

 

私も、感性が豊かだとは思ってはいませんが、
それでも似た経験があったためこの記事を書くに至りました。

 

 

大きな牡蠣(かき)を食べる機会があったのですが、
殻を開けるのが大変でなかなか口を開きませんでした。

 

 

そんな時、悪戦苦闘しながらようやく開いたらそこには「海のミルク」
という名にふさわしい、一段と大きくてプリップリの牡蠣の姿。

 

 

綺麗な乳白色と、
ほわっと香る海の塩のような食欲をそそる匂い。

 

殻からしたたり落ちる、
生唾が出てきそうなほど濃い牡蠣の新鮮な汁。

 

 

その全てを見た時に、軽く感動してしまいました。

 

…というのも、
苦労して開けた先にあった牡蠣の意外な大きさにまず驚き。

 

 

そして、その時に改めて思ったことが「気づき」になりました。

 

それは、最近の私は「食事に対しての有り難さ」を感じられていたか?
…ということでした。

 

 

 

牡蠣

 

 

 

アフィリエイトを始めて、
毎日充実した時間を送るようになりました。

 

しかし一方で、
最近は特に「時間が足りない」と思うことが増えました。

 

そのせいか、
少しここのところ心に余裕が無くなっていることを実感して、
元気がなくなってもいました。

 

 

ですが、そんな自分を改めて実感してみて、「焦っている、余裕がない」
ということに改めて気づいた。

 

そして、「今あるもの」に対する感謝の気持ちが、少し
薄れていた…ということに反省もしました。

 

 

時には、ふと立ち止まって空を見上げる余裕を持ちたい。

 

普段の「何気ないこと」を当たり前と思わず、
幸せを感じられる余裕を、作っていきたい。

 

→感謝の気持ちを伝えるほど、思いやりの心が育つ
→自分のペースで生きる人が幸せになれる人

 

 

そんな風に思ったのは、「こんな牡蠣を食べられる環境にいる自分は、
なんて幸せで恵まれているんだろう」と感じたことがきっかけでした。

 

 

アフィリエイトは、人を幸せにするビジネス。

 

だからこそ、まず書き手である私たち自身が、
心に余裕を持って行わないことには、
決して人の心を動かすことはできません。

 

 

忘れていたわけではありません。

 

しかし、同じ「記事を書くこと」を続けていて、
いつの間にか意識が薄れてしまっていたのかもしれません。

 

 

それを改めて実感し、気持ち新たに真正面から、
またアフィリエイトに向き合う決心ができました。

 

お陰さまで、
気持ちのブレもなくなり今はまた余裕を取り戻せました。

今頑張ってるその経験が、未来の財産になる

そして、最後の項目。

 

・「立ち止まって考える癖」を持っている。

 

 

これは、例えば上記で言った「美味しいものを食べる」ことの場合。

 

 

他のことに気を取られていたり、
美味しいものでも「それがどうした」と気にも留めずに食べていれば、
何も感じることはありませんよね。

 

 

つまり美味しい、
ということに気づく「意識」が必要になるわけです。

 

 

一度、意識を持たないことには何一つ見えてはこない。

 

美味しい、楽しい…と感じられたなら、
そこから感情を広げて「幸せだなあ」と感じられると、
気持ちも自然と豊かになります。

 

 

感性が豊か、
とは言い換えれば「感情を思う存分味わう心を持っている」
ということではないかと、そのように思います。

 

 

おいしいものを食べて、感動できる心。

 

楽しいことを行い、
幸せを感じられ満たされた気持ちになれる心。

 

 

そういうものを、目いっぱい「実感しよう」とするその意識が、
まず感性を豊かにするきっかけです。

 

なぜなら、
そもそも「意識を持たない」ことには、やはり何も見えてきません。

 

本を読んで、「どの一節に感動したのか?」を改めて考えてみれば、
何も考えていない時と比べて感性が育まれるのは、
目に見えていますよね。

 

 

このような、身近な物事から「感性を育てる意識」や努力も、
また今後、あなたや私がアフィリエイトで成功する可能性を高めます。

 

 

 

本棚

 

 

 

というのも、やはりアフィリエイトは人の心を動かすスキル、
コピーライティングを使って「人の気持ちを想像して、書く」
ことで成約が得られるビジネスだからです。

 

 

感性が豊かだと、つまり人の気持ちに敏感になれる。

 

作品から、「登場人物はどう感じているか?」を想像すれば、
自然と「人の気持ちを想う文章」にも活かせます。

 

 

傷つきやすい、という面も確かにあるかもしれません。

 

しかし、それでも「人の気持ちに共感しやすい」
ことは代えられないメリットです。

 

 

人の気持ちに寄り添う、その感性があるからこそ。

 

文章で、相手の気持ちを手に取るようにくみ、
感情を動かす文章を書くことができます。

 

 

文章で、人の心を動かすために自分に何ができるか?
…を考えて、日々自分を高める。

 

 

その経験が、頑張ってる姿が成功した未来から見れば、
確実に私たちの大きな財産となります。

 

 

今は、結果も成果もなかなか出ずに苦しい時かもしれません。

 

先の見えない作業に、
もうやめてしまおうかな…と思うこともあるでしょう。

 

 

ですが、ここを乗り越えられれば私たちは、
また一つ昨日よりも強くなれます。

 

精神力を鍛え、
些細なことでめげない折れない心ができます。

 

 

いつの日か、未来に自由を手に入れた時。

 

「あの時、頑張ってよかった」と言えるその日を信じて、
今日この一日を目いっぱい生きていきたいものです。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。