何事も計画性を持って行うと、失敗しない?

何か、大きなことを成し遂げるのに必要なこと。
それは、まず「計画性を持って、一つ一つ着実にこなすこと」です。

 

 

無計画で、
適当に取り組んでいてもいつまでも成功することはありません。

 

計画性を持って、
一つ一つできることを行うからこそ、やがて成功する。

 

 

日頃から、「どうすれば成功できるか?」を考える癖をつけるのも、
成功を速めるきっかけと言えそうです。

 

 

・目標達成するにはまず「足元を固めること」が大事

・見栄を切る人は高確率で失敗する人?
・キーワードは「小さなことからコツコツと」

目標達成するにはまず「足元を固めること」が大事

まず、いきなり「できもしない、大きなこと」ばかり夢見るのは、
現実的とは言えません。

 

 

物事には、段階や順序がありますよね。

 

1→2→3…と、一つずつ着実に経験して、段階を踏む。

 

 

だからこそ、
やがて気づいた時には「大きな成功」を手に入れられます。

 

基本の土台がしっかりしていないと、
その上に積み上げたテクニックはやがて崩壊する…
ともお伝えしています。

 

→行動力をつけるには小さなことから始める

 

 

同じように、「まずは小さなことから」コツコツ行うことで、
私たちは少しずつ力を溜めることができますね。

 

 

地面に、足が着いていないのにいきなり、
全速力で走り出すことはできません。

 

「アフィリエイト」という単語を昨日知った人が、
いきなり高度な心理を動かすセールスレターを書けるか、
というと…当然無理ですね。

 

 

まず、アフィリエイトとは何か?…を詳しく知る。
そして、記事の書き方を一つ一つ覚える。

 

更に、戦略性のある記事づくり、仕組みづくりを実際に行う。

 

 

そこから、慣れてくると初めて「高度なセールスレター」
にも挑戦できるようになります。

 

 

まずは、一日数行からでも文章を書くことに慣れる。

 

その行動を、日々続けることでやがて一日300文字が1000文字になり、
2000文字になり、5000文字になり。

 

気づけば、10000文字でもスラスラ書ける自分になれます。

見栄を切る人は高確率で失敗する人?

見栄を切る、とは一体どういうことでしょうか?

 

ここで言う「見栄を切る」とは、
つまり「大げさな態度で、できもしないことを『できる』フリをする」
ことと言えます。

 

 

要するに、まだ1の力しか持っていないのに、
見栄を張って10できるフリをする。

 

あるいは、実際に「できる」と言い切る。
はたまた、目標設定の際の限界値を「10」に定める。

 

 

これが、見栄を切るということです。
できもしないことを、できるフリをする。

 

この一文が全てを物語っていますが、
「見栄を切る」とやはり失敗の元となります。

 

 

というのも、「本当はできない」のに、
「できない自分を認められない」。

 

あるいは、「今できる限界」よりも上の限界値を定めるせいで、
途中で力尽きて「無理だ」とやめてしまうからですね。

 

 

今の自分の力量が、
1なら素直に「1だけ」こなす目標にすればいいのに。

 

あるいは、最初は「続けられるか不安」な場合は「0.5だけ」と、
いずれにせよ「現実的に、達成できそうな目標や計画」を立てるのが、
諦めず継続する癖をつけるコツです。

 

→今年の目標を決める。現実的なことを選ぶのがミソ?

キーワードは「小さなことからコツコツと」

見栄とプライドは、アフィリエイトを行う上で邪魔になります。

 

文章を書く時、見栄のせいで「素直に、ありのまま」
情熱を乗せることができない。

 

→アフィリエイトで文章を書くコツ。○○は失敗の元

 

 

妙な見栄とプライドのせいで、
どこか無意識にも上から目線になっている。

 

「等身大の自分」を、
素直に表現するからこそそこに謙虚さも生まれます。

 

 

第一、見栄やプライドのせいで「何か、高慢ちき」
になっている人の文章をあなたは、
果たして読みたいと思うでしょうか?

 

素直に、平凡ながらも「飾らない素の姿」
を出す人に好感を持つのではないでしょうか。

 

限界値にしても。

 

もちろん、最初の限界値が「1」だったからと、
永遠に限界値が「1」だ、というわけではありません。

 

 

伸びる行動さえ行えば、1から10にも20にも際限なく成長できる。

 

→理想と現実のギャップを埋める簡単な方法

 

 

ただ、「最初から」背伸びしすぎると、
やがて息切れするのは目に見えています。

 

現実的に、「できること」を計画し、
無理をしないで「続ける癖」を育みたいものですね。

 

 

 

キーボード

 

 

 

それに、仮に失敗を恐れていたとしても。

 

最初から、「達成可能な目標や計画」を立てておけば、
失敗するリスクを極端に減らせることにもなります。

 

 

というより、「達成可能なこと」を自分で冷静に見極めて、
「できない無理」を最初から省いているのでそもそも
「失敗することは、ありえない」とも言えます。

 

 

つまり、お分かりでしょうか。

 

「できない可能性が、そもそもない」ので「失敗を恐れる必要も、ない」。

 

 

例え、人から見て「そんなに小さなこと?」と思われるようなことでも。

 

あなたにとって、達成可能な目標や計画なら、
何も問題ありません。

 

 

なぜなら、例え小さなことでも「やり続ける、やり遂げる」
ことが重要だから。

 

 

「大きなこと」を成し遂げるのが目標ではありません。

 

「小さなこと」からでも、余裕を持ってやり続けるからこそ。
やがてそれが、実績にもなるし自信にもなります。

 

 

見栄を切って、できそうにないことを「できる!」と大口を叩いても。
仮に、それで失敗した時には大恥をかく可能性もあります。

 

 

結果が、「あれだけ大きな口を叩いていたのに、なんかカッコ悪いな…」
と思われたりと。

 

悲惨ですよね。

 

 

これを、確実に防ぐためにも。

 

そして、失敗するリスクを最初からできる限り排除する意味でも。

 

 

「現実的に、できそうなことだけ」をまずは着々進めていく。

 

一日に、一記事だけ書けそうなら無理せずその目標「だけ」をこなす。

 

 

力がついてきてから、2記事→3記事…と増やすのでも、
決して遅くはありません。

 

 

最初から、ハイペースで飛ばすとやがて息切れするからこそ。

 

強いのは、「自分の限界値を見極め、
無理なく余裕を持って進められる人」です。

 

 

結局、小さなことでも長い間続ければ1→10…100、200…
と、自分の能力や限界値を飛躍的に伸ばせるのなら。

 

ある時、ふと振り返ってみると「あの時は、
決して手が出せなかった『大きなこと』」も、
難なくできる能力が身についているかもしれません。

 

 

つまり、コツコツ力をつけていればいつの間にか、
自分でも驚くくらい能力を伸ばせていた…ということですね。

 

実際に、一度体験すると病み付きにもなりそうなほど快感なものです。

 

 

物事は、計画性を持って行い「失敗しない、最低限のライン」からでも。
確実に、コツコツ日々余裕を持ってこなす。

 

その意識が、やがてあくる日の大きな成功に繋がります。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。