傷ついた心を癒すための最善策と、やってはいけないこと

私が、過去にやってしまっていた失敗があります。
それは、「自分で自分の傷ついた心をつつくこと」でした。

 

 

一度、人に言われたことやされたことを思い出しては、
また何度も嫌な思いに浸る。

 

誰もがやってしまいがちですが、これは当然得策とは言えません。

 

 

どうせなら、なるべく嫌なことを思い出さないために。
そして、傷ついた心を癒して前に進む人になるために。

 

 

傷ついた心を癒す最善策と、やるべきでないこと。

 

ここで学んで、アフィリエイトを成功させる強靭な精神力を、
今のうちに作ってしまいましょう。

 

 

・心を癒すために、まず知っておきたいこと

・癒そうとするよりも、まず意識を変える?
・気にするから痛みを感じる。○○しておけばいい

心を癒すために、まず知っておきたいこと

まず、自分で自分の心を癒すために知っておきたいことがあります。

 

それは、「自分で、自分の心の傷をわざわざつつかない」こと。
一体どういうことか、あなたはお分かりでしょうか?

 

 

つまり、心の傷をつつく…とは以下のようなことです。

 

・過去にあった「嫌な出来事」を何度も思い返し、
当時の「嫌な思い」を繰り返し、味わうこと。

 

 

少し、考えてもみてください。

 

過去にあった「嫌な出来事」は、確かにいつまでも消えない「心の傷」として、
あなたの中に深く残ってしまっているかもしれません。

 

 

一度言われた、嫌なこと。されたこと。

 

相手は覚えていなくても、
されたほうは覚えている…とはよく聞くことですね。

 

私も、実際にいつまでも消えない心の傷はありますし、
あなたの中にも
「染み付いて消えない、嫌な傷」があるかもしれませんね。

 

 

消えないからこそ、消したい傷。

 

嫌な思いは、誰だって何度も味わいたくなどありません。

 

まして、優しい心の持ち主だからこそ、
嫌な思いを噛みしめてしまうのかもしれません。

 

何とも、損しているようで苦しいですよね。

 

 

こういった、心の傷を「綺麗さっぱり、消す」
ことはできないかもしれません。

 

一度つけられた大きな傷は、
あなたや私がいくら「忘れてしまいたい」と望んでも、
思い通りにはいきませんよね。

 

 

しかし、一方で「気にせず、思い出さない努力をする」ことはできます。

 

一体、どういうことでしょうか。

癒そうとするよりも、まず意識を変える?

心の傷を、気にしない。
過去にあった「嫌なこと」を、なるべく思い出さない努力をする。

 

心の傷は、「自分で何度もつつく」から、痛みは再発します。

 

 

身体の傷にしても、同じです。

 

痛いことをわかっているのに、何度も恐いもの見たさにつつく。

 

触っても、治らないどころか悪化することをわかっているのに、
それでもなお触る。
つついてしまう。

 

 

すると、どうなるかお分かりですよね。

 

そう。「つつけばつつくほど、治りは遅くなる」どころか、
ひどければ
「触りすぎて、悪化する」恐れもあります。

 

 

身体の傷も、
心の傷も共通するのは「つつけばつつくほど、痛くなる」こと。

 

だからこそ、最善策は「治るまでなるべく気にせず、
放っておく」ことです。

 

放っておく。
つまり、「必要以上に気にして触らない」。

 

 

心の傷を、意図して「癒そう」としても、
果たしてどうすればいいのか。

 

癒すために、何をすればいいのか。
わからないこと、ありますよね。

 

「癒したい、忘れたい」という気持ちはあるけど、
うまくいかない時。

 

 

なかなか癒えない傷に、
つい気になって「触る」ことをしてしまいがちですが、
最善策はやはり「触らず、放っておくこと」でした。

 

 

過去にあった「嫌なこと」は、
確かにあなたの記憶に残り続けている。

 

けど、それでも冷静に考えてみればその「嫌なこと」
という経験自体は、ただの一度のみのはずです。

 

 

一度言われた嫌なことを、
繰り返し思い出せば頭の中で「100回も、200回も」
再生されますが、
思い出しさえしなければ脳内再生されることもありません。

 

つまり、「わざわざ思い出して傷つく、
自分で傷をえぐる」こともない。

 

 

…と、頭でわかってはいてもなかなか切り替えられない時。

 

ありますよね。
わかっているだけに、つらい時。

 

そんな時は、「傷をなんとかしようとする」のでなく
「意識を変える」ことが有効になってきます。

気にするから痛みを感じる。○○しておけばいい

自分の心の傷を、自分でつつかないようにする。

 

…のが最善だと、頭でわかってはいてもうまくいかない時。

 

まず、「目の前のことに集中する」と意図的に「嫌なことを思い出す」
回数を減らせます。

 

 

物事を行うには、まず一点集中するからこそ、
質が上がる…とこのブログでもお伝えしています。

 

→焦ってイライラする原因は○○にあった!
→つい考えすぎるあなたへ。先々のことを考えない方法とは?

 

 

アフィリエイトにも、当然活かせる意識。

 

脇目も振らず、ただ一点集中することで自分の能力を最大限に使い、
また経験値を大幅に得られる…という話でした。

 

→今後の人生をもっと楽しむために知りたい「人生を楽しむコツ」
→幸せには「意識を高めること」が関係してくる?

 

 

今に集中する癖をつけると、
自然と過去の嫌なことを思い出さなくなります。

 

なぜなら、意識が「今だけ」に向き、
今を一番大事なものと判断するためです。

 

 

「過去のこと」を考えるのは、「今に生きていない」から。

 

→しんどい時、つらい時。人生に疲れた時はいつも○○にいる時

 

 

つまり、「今」に最大限集中すれば、
過去の嫌なことや未来への不安も意図して消せる、ということですね。

 

 

私たちの脳みそは、大よそ「一つしかないため、
一度に一つのことにしか集中できない」という特性があります。

 

だからこそ、「今に集中する」と自然と過去も未来も、
見えなくなります。

 

要するに、
それは「嫌なこと」を思い出すきっかけを減らせることになりますね。

 

 

つまり、お分かりでしょうか。

 

「心を癒そうとする」「なんとかしようとする」よりも、
まず意識を変えて
「思い出さないようにするために、どうするのが有効か?」と考えるのも、
一つの手段です。

 

 

 

ハート

 

 

 

実際に、有効策を思いついてあれこれ試し、
自分で自分の精神力を鍛える特訓をすれば、
アフィリエイトにも活かせます。

 

 

アフィリエイトは、
成果が出ない最初の頃に心が折れて、
やめてしまう人が多発するネットビジネス。

 

だからこそ、今のうちに強い精神力を鍛えることで、
簡単には折れなくもなります。

 

 

一点集中する方法を、自分だけで編み出そうとしても時には、
うまくいかずに頭を悩ませることもあります。

 

そんな時には、本を読んだりブログを見たり。

 

…と、「誰かの助け」を遠慮なく借りるのも、
有効な策であり行動です。

 

 

私も、実際に挫けそうな時には何度も、
本を読んだりと先人の助けを借りて、
今では一昔前よりも、精神力が鍛えられたと自負してもいます。

 

 

心は、身体と同じで鍛えれば強くもなります。
簡単には、折れない強靭な心を作ることもできます。

 

つらい時は、素直に誰かの助けを借りてみるのも有効な手段だと、
このブログでもお伝えしています。

 

→辛い時に誰かに相談するのも成功の秘訣

 

 

一つ一つ、自分の心を鍛えるための有効策を実践し。

 

そして、「嫌なこと」を意図して思い出さない工夫をすれば、
自然と普段から
「嫌なことに支配されない考え方」を身につけられるようになります。

 

 

大事なのは、心を癒すことにこだわり「なんとかしよう」とするのでなく、
「なるべく痛みをつつかない、気にしない」こと。

 

 

自分で、自分を痛めることもできますが一方で、癒すこともできます。

 

痛めるのも、癒すのもあなたです。

 

なるべく、嫌なことに囚われず「今この時」に集中し、
折れない心を作り上げてアフィリエイトも、
最短で楽しく成功させたいですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。