孤独が「辛い」から「楽しい・快適」に変わった理由

私は現在、引きこもりニートです。

 

そして、不登校から引きこもった当初は「一人になる時間」
が急に増えたことに耐えられず、
「寂しい、つらい」とよく部屋でひっそり泣きました。

 

 

ですが、今は「孤独」に対するつらさが全くなくなりました。
むしろ、孤独が快適にすらなりました。

 

 

変わったのは、気持ちの持ち方です。
では、そんな風に思えるようになった理由をお話していこうと思います。

 

すぐ読めると思うので、さらっと見てみてくださいね。

 

 

アフィリエイトは、孤独なビジネス。
強い精神を鍛える上でも、役に立つ記事です。

 

 

・「おひとり様」が増えている今の世の中

・孤独が辛いのは、「にぎやか」の楽しさを知っているから
・心を強く持てば、孤独は快適に変わる

「おひとり様」が増えている今の世の中

今の世の中、何でも「一人で行動する」人が増えてきていますよね。

 

 

例えば、「ひとりカラオケ」や「ひとりランチ」「ひとり映画館」などなど。

 

私も、一人で映画館に行ったこともありますし今になって、
「一人で行動する」ことに対してなんの抵抗もなくなりました。

 

 

ですが、そんな私も昔は「誰かと常に一緒でないと不安」な人間でした。

 

どういうことでしょうか?
詳しくお話していこうと思います。

 

 

私が引きこもる前までは、普通の学生生活を送っていました。
なので当然一緒に遊んだり、お昼を食べたりする仲間も、いました。

 

 

けど、引きこもってからは自分のことで精いっぱいだったのもあり、
そして長くいる場所が「学校」から「家の自室」へと変わったため、
それまで味わったことのない「孤独感」に頭がおかしくなりそうでした。

 

 

元々、私は「常に誰かと共に行動しないと、不安になる」タイプの人間でした。

 

そして、引きこもる前の学生生活の中では大抵誰かと一緒にいましたし、
「人の後をついて回るのが当然」のように思っていました。

 

なので、一匹狼タイプの相手などには時々煙たがられたりすることもありました。

 

 

けれど、それでも「一人になるのが嫌」だった私は、
相手がうっとうしがっているのがわかっていても、
なおも「一緒にいる」ことを選んでいました。

 

 

「一人になる」のを異様に恐れていた。

 

 

というよりも、今になって考えてみると恐らく「一人になる」のが怖いのでなく、
「一人でいる私自身を、他の誰かに見られるのが嫌」つまり、
「あいつ、一人なんだ」と思われるのが嫌だったんだと思います。

 

 

だから、他の誰かと一緒にいることでその「誰か」を、
「自分が一人になって、悪目立ちしないための安心材料」にしていた。

 

つまり、「一緒にいる人は、別に誰でもいい」わけで
「その人と一緒にいたいから、いる」のでなく、
ただの隠れ場所としてしか見ていなかった。

 

 

今になって思えば、本当に「何様だ」という自己中心的な考え方ですが、
当時の私は本当にそんな人間でした。

 

 

いつでも自分のことしか考えていない。
そのくせ、気は弱くて意見をはっきり言えない。

 

そんな小さな人間でした。

 

 

 

小さな

 

 

 

だから、逆に引きこもりになって、社会から遮断されて、
「他人と合う機会が大幅に減った」ことに感謝することもできました。

 

 

「孤独」を身に沁みて味わわなければ、
恐らく私は今も「誰かと常に一緒でなければ、安心できない人間」だったと思います。

 

トイレに行くにも、必ず誰かと一緒。
とりあえず群れないと安心できない。

 

そんな感じの、臆病でちっぽけな人間でした。

 

 

引きこもった当初はやはり、そんな「他人と一緒でないと安心できない」
人間ですから、一人でいることが不安でたまりませんでした。

 

 

引きこもりになったつらさ+孤独のつらさ、社会から隔離されたつらさ。

 

色んなつらさがいっぺんにのしかかってきて、
当時は年中暗い気持ちでいたように思います。

 

 

いきなり孤独になると、とてもつらいですよね。

 

今まで誰かと一緒にいるのが当たり前だったのに、
急に孤独になると「一体なんの罰なんだろう…」
と自分の行動を責めまくったこともあります。

 

 

ですが、今の私は上でも言った「おひとり様」も平気になりました。

 

当時は「付き合う相手を自分で絶ったんだから、一人になるのが当たり前」
でしたが、それでも「付き合いを広げることはできた」。

 

 

それをしなかったのは、恐らく私自身がその頃にはもう、
「一人でいることに慣れ始めていた」からだと思います。

 

 

もちろん、人付き合いの大切さはよくわかっているつもりです。
一人でいるなんて、寂しい奴と言う人がいるのもよくわかっています。

 

 

ですが、それでも「無理して誰かと付き合って、息が詰まる」くらいなら、
一人でいることを選ぶのも、そして孤独に慣れるのも悪くはないかな。

 

 

今はそんな風に思っています。

孤独が辛いのは、「にぎやか」の楽しさを知っているから

孤独が辛い、一人でいたくないという人は上記の私のように、
「一人でいる自分を誰かに見られたくない」と思っているか、
あるいは
「にぎやかでいることの楽しさ、騒々しさを知っているから」だと思います。

 

 

誰しも、子供の頃や過去に楽しかった記憶、
誰かと一緒になって騒いだ記憶があればあるほど、

 

一人になってみるとその時のことを思い出して、
「寂しい」「孤独は辛い」と思ったりしますよね?

 

 

それは、過去の「楽しかった頃」を知っているから、
ある意味で仕方のないことだと思います。

 

私も過去に、何度もそういうことがありました。

 

孤独が辛い、と感じるのは何も間違ってはいませんし、当然のことです。

 

 

ですが、一度今の「孤独な自分」「一人な自分」を受け入れてしまえば、
そもそも「一人でいること」がつらくなくなってくるんですね。

 

むしろ、「誰にも何も言われない」という点で快適にすらなってくる。

 

 

 

サンゴ

 

 

 

つまり、過去に「にぎやかだった頃、楽しかった頃」の記憶を引っ張り出し、
今自分の周りの「にぎやかな人たち」と比べて、
一人落ち込むよりもまず、「一人でいられること」のメリットに目を向けてみる。

 

自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。

それは自分自身を侮辱する行為だ。
[出典:ビル・ゲイツ/アメリカの実業家。マイクロソフト創業者]

 

無い物ねだりばかりしていると、人間は心が貧しくなります。

 

その点、「今ある物、持っている物」に目を向けられれば、
気持ちは明るくなるし不満や嫌な気持ちはわいてこなくなります。

 

 

ずっと「一人の不満やつらさにばかり目を向けていた」私でしたが、
「一人でいられるメリット」に目を向け始めてからは、
逆に一人でいることが快適になりました。

 

 

・誰かと一緒に行動して、「早く帰りたい」などと思っても我慢する必要がない。

 

・意見を聞かなくていいので、ケンカになる心配も気を遣う必要もない。

 

・一人で好きなことを、好きなように心ゆくまで実践できる。

 

 

もちろん、誰かと一緒に行動することのメリットもたくさんあります。

 

一人では得られない楽しさや、
人との交流を深める大切さは私もよくわかっているつもりです。

 

 

ですが、「無理して」誰かと一緒にいることを選んだり、
孤独は嫌だ!と毛嫌いして、寂しい悲しいとわめくならいっそ、

 

「孤独に慣れて、快適に過ごせるようになる」ほうが、
よほど有意義なのではないか?

 

孤独を愛して、飼い慣らしたほうが楽しく過ごせるのではないか?

 

今の私は、そんな風に思えるようになりました。

心を強く持てば、孤独は快適に変わる

…とは言っても、やはり昨日まで「孤独は辛い」と思っていたのに、
急に「孤独は快適だ」と思おうとするのはいくらなんでも無理がありますよね。

 

 

私も、孤独が「辛い」から「快適」に変わるまで長い時間をかけたので、
「いきなり無理に決まってる!」と思う気持ちはよくわかります。

 

 

人間である以上、急に変わることはできませんし、焦る必要もありません。

 

ゆっくり成長していけばいいし、「変わりたい」という前向きな気持ちさえ
あれば、あなたはきっとどんどん良い方向に変わっていけるはずです。

 

 

そして、せっかくあなたが持ったその「前向きな気持ち」をこの機会に、
大切に育てていきたいとは思いませんか?

 

 

一度前向きになる習慣がついてしまえば、人はどこまでも成長していけます。
なぜなら、「前向き」は「今ある物、持っている物」に目を向けられるから。

 

 

つまり、
「何か嫌なことやつらい思いをしても、めげずに明るくいられる」。

 

 

例えば、「今日は色々あって疲れた。明日もこんなだったら嫌だな…」
と思うのと、
「今日は色々あって疲れたけど、そのぶん勉強にもなった。

 

明日もきっと、いいことがあるに違いない!」と思うのと全く違いますよね。

 

 

どうせなら、同じ出来事でも「良い方に」考えて自分を成長させていきたい。
そして、それができる大きなきっかけを与えてくれるのが「前向きでいる」こと。

 

 

 

銀杏

 

 

 

後ろ向きでいつまでもネガティブでいると、「過去の失敗、後悔」
を引きずってしまうのでどうしても前に進めません。

 

前に進むためには、「過去の出来事」も受け入れる必要があります。

 

→ネガティブを治すために持ちたい2つの意識

 

 

過去の失敗をいつまでも頭で再生しながら、停滞して毎日成長もなく、
ただ同じ日々を繰り返していくなんて、嫌ですよね?
私も嫌です。

 

 

前向きになれれば、結果的に「孤独」に対する耐性もつきます。

 

と言うよりも、「孤独」そのものが苦ではなくなる。
「嫌なもの」だと見なさなくなるんですね。

 

 

前向きになると、無い物ねだりばかりしていたのが「今持っている物」
に目を向けられるようになる。
すると、「孤独」に対しての考えも変わる。

 

 

今までは「孤独なんて、一人でいるなんて耐えられない」と思っていても、
これからは「一人でいるのも、結構いいことあるかも」と思える。

 

 

要は、「物は考えよう」ということですね。

 

あなたが自分で、自分の心を「強く、前向きにしよう」と思えば、
どんな問題も、問題ではなくなります。

 

 

心が強くなれば、「余計なことをいつまでも考えなくなるから」
「気持ちの切り替えが、パッとできるようになる」。

 

すると、
「嫌なことに引きずられないので、楽しくいられる時間が増える」。

 

 

そう、全ては「気の持ちよう」から始まるんですね。

 

→アフィリエイト初心者がブログで失敗しないために
→幸せになるには「感謝の気持ち」が鍵となる

 

 

「孤独は辛い」と決めつけるのでなく、孤独さえも愛せるようになれば
アフィリエイトも、孤独を味方に続けられるようになります。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来


「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

りうるが全精力を尽くして作り上げた、ここでしか手に入らない貴重な無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。