心の健康を意識する。嫌なことはわざわざ考えない

物事を考え始める時には、それ相応の「きっかけ」があります。

 

例えばの話、嫌なことを考え始める「きっかけ」となるのは、今日の気分が悪い、
嫌な夢を見た、嫌な目に遭った…などですね。
そして、反対にいいことを考え始める「きっかけ」は、気分が良い、すっきり
起きられた、ご飯がおいしかった、夢見が良かった…など。

 

「心の健康」を思えば、当然嫌なことよりもいいことを意図して考えるほうが
すっきり、楽しく過ごせる時間も増えますよね。

 

 

ですが、少し待ってください。
「きっかけ」一つで、いいことを考えることも嫌なことを考えることもできるなら
いっそ、始めから「いいことだけを考えるきっかけ」を意図して作れば、
楽しく過ごせる時間も増える。そのように思いませんか?

 

 

・怖いもの見たさで見ないほうがいいもの

・嫌なことをわざわざ考える利点はありますか?
・最短で成功するためにやるべきことを考える

怖いもの見たさで見ないほうがいいもの

「きっかけ」一つでいい想像も、悪い想像もふくらませて偉大な想像力を
発揮する私たちですから、当然心にとっても「いい栄養になる想像」と
「そうでない、身体に悪い想像」とがあります。

 

 

例えば、わかりやすいのがバッシングやネット上の非難、批判など。
サイトやブログを運営していたり、掲示板で自分の意見を述べたりすると
どうしても、反応が気になりますよね。

 

「自分の意見を聞いた人は、どう思うだろうか?」とも思うし、あわよくば
肯定意見をたくさんもらえると、気分も清々しくなります。

 

 

しかし、想像と現実は得てして「思い通りに一致しない」ものです。
というのも、やはり自分の意見に対して「こんな風に認めてほしいな」「こんな
言葉を掛けてくれたら嬉しいな」とは思っていても、なかなかその通りの言葉を
掛けてもらえることは、実際少ないですね。

 

中には、肯定してほしい…と思って発信した意見も、どういうわけだか
否定の嵐になったり、批判や非難されることも珍しくはありません。

 

 

考えてみて下さい。
一人一人、意見や考え、価値観が異なるのですから言葉を発信してみても、当然
「受け入れてくれる人」「そうでない人」がいてもおかしくないですよね。

 

例えば、今この記事を読んでくださっているあなたにしても、私に対して
「ここは同意するけど、ここはそうは思わないかな…」という部分が、多かれ
少なかれあるのではないかと、そのように思います。

 

 

当然のことですよね?「全く同じ人間はいない」のですから、価値観や考え方が
「似通っている」ことはあっても、細部までピッタリ全て「同じ」など、
そもそもありえません。

 

むしろ、私はその「個人の価値観の違い」は、人それぞれの個性として
尊重したい、価値あるものだと思っています。

 

 

 

あじさいいっぱい

 

 

 

ネット上の批判や非難は、そもそも「意見の食い違い」から起こるものですね。

 

嫌なことを考えれば当然気分が悪くなるように、あなたや私にとって
「否定や批判の意見」を見れば、いい気分はしません。
当然、ネットでも実世界と同じで、人は悪口や陰口を言われれば嫌な気分にも
なりますから、同じように批判や非難も「大歓迎!」と清々しく受け取れる人は
なかなか、いないでしょう。

 

 

つまり、「見れば嫌な気分になる」可能性があるからこそ、それはあなたにとって
今、「必要のない、不要なもの」ということになります。
どういうことだか、お分かりでしょうか?

 

自分のことを悪く言われると、誰しも自尊心が傷つけられますよね。
マゾや自分を罰することを目的としてもいない限りは、故意に自分を傷つけられて
「ありがとう」なんて思う人はいませんし、反対に「こんなひどいことを
平気で言うなんて…」と憤慨するきっかけにもなります。

 

 

きっかけ。つまり、「嫌な気持ちになる『きっかけ』は、嫌な考えを引き起こす」
ということですね。

 

例えば、エゴサーチという言葉があるように誰しも、発信を続けていれば次第に
「自分の評判」が気になったりもしますよね。
人には、他人に「わかってほしい、認められたい」という欲求があるからこそ、
自然な感情であると、私はそのように思っています。
→人に期待しない生き方を身につける。期待すると疲れるだけ
→アフィリエイトブログを始めると成長する人になれる

 

だからこそ、ついつい恐いもの見たさで検索したり、自分に対しての意見を
調べてみたりしがちですがここで罠となるのは、やはり「思わぬ批判や非難」。

 

 

調べたい、と思うそもそものきっかけは「自分を認めてほしい」という欲求
ですが、上でも言ったように「現実と想像が違うこと」はよくあります。
つまり、賞賛や肯定を期待して調べたのに結果はどっこい、批判や非難の嵐だった
…ということも、決して少なくはないんですね。

 

そのような可能性があるとしたら、わざわざ「調べる、見る」必要が
果たして、一体どこにあるのでしょうか?

嫌なことをわざわざ考える利点はありますか?

自分が傷つくきっかけとなるかもしれない、批判や非難を「意図せず」見て
しまったとしても、それこそ「恐いもの見たさで」そのままUターンせずに
見続けてしまう人がいます。

 

 

人間には「知りたい」という欲求があるので、例えばネット上に自分のことが
書かれていれば、どこまでも追って調べたくなる気持ちも、わかります。
何しろ、親しみのある自分のHNや本名がネット上で話題になっていれば、
それがどんな話題にせよ、人気者のようで気分がいいですよね。

 

だからこそ、ついつい「もっと、もっと」と自分の名前を調べたり、評判を
どこまでも追う気持ちもわからなくはないのですが一つ注意したい点があります。

 

 

それは、「いい評判」の時にはともかく、「悪い評判」まで見る必要はない、
ということ。
つまり、例え怖いもの見たさで自分の評判や反応を調べたとしても、そこで
意図せず「あなたが傷つきそうな、マイナスの情報」があったとしたら
それ以上、その情報を追う必要はない、ということです。

 

なぜかは、いつも高い向上心を持って賢明に努力しておられるあなたですから、
恐らく理解しておられるかもしれませんね。

 

 

そう、わざわざ意図して「自分が傷つく恐れのある情報」を見て、嫌な気分を
引き起こす必要など、どこにもない…ということ。
言うが早いか、自分で自分の胸をナイフでえぐる必要はないんですね。

 

そんなことをしても、良い評判ならば糧として更に努力して上り詰め、
どんどん成長していく「良い栄養分」ともなりますが、
悪い評判や批判、非難は決して「心の栄養」にはなりません。

 

 

批判や非難に限らず、例えばアクセス数などにしても同じです。
気になるのは、よくわかります。何せ、たくさんの人に見てもらえれば成長の
実感も味わえますから、「やっててよかった」とも思うでしょう。

 

しかし、少ないうちから「見て、思うように伸びていなくてへこむ」ことを
繰り返すようなら、いっそ「見ない」ほうがよほど建設的に伸びていけます。

 

 

なぜなら、嫌なことを考えれば思考が引っ張られてマイナスのことばかり
浮かびますが、そもそも「嫌な気分になるきっかけ」を目にしなければ、
否定的な感情が引き起こされないからですね。

 

想像と現実が違うことはよくありますが、かといって何もわざわざ「理想に
追いつかない現実に悲観し、落ち込む」道を選ぶ必要はありません。
「嫌なことを考えない」ためには、「嫌なことを考えそうなきっかけを排除する」
ことも必要です。

 

 

楽しい未来を想像してやる気を高めるのは非常に建設的なので、どんどん
取り組みたいものです。だからこそ、「どうせ考えるなら、嫌な想像より楽しい
想像が浮かぶよう、努力する」ことが、結果的にあなたがこれからの時間を
多く、楽しく過ごせるきっかけであるとそう思います。

最短で成功するためにやるべきことを考える

私たちが目指す最終目的は、「働かずに自由に暮らせる未来」です。

 

時間、お金、人間関係、住む場所。これらの、「4つの究極の自由」を手に
入れるために私たちは今自身の「資産」となる、ブログづくりを行っていますね。

 

 

だからこそ、今の私たちが最短で成功するために「道に迷っているヒマ」など
ありません。言い換えれば、「余計な思考に囚われている」ヒマなど、
一つもないと言えます。

 

なぜなら、最短で成功するためにはまず「やるべきことだけに取り組む」必要が
あるので、それ以外の「余分なこと」に目をくれているヒマはないからですね。

 

 

つまり、淡々とアフィリエイトの仕組みづくりを完成させ、読者の心を揺さぶる
記事を「結果が出るまで」行い、ぶれずに成功を収める。
そのために、「折れない心」「思うようにいかなくても、乗り越えられる」
マインドセットを身につけることが、最短で結果を出す唯一の道です。

 

嫌なことを考えると、どうしても思考が濁り心に余裕がなくなるので、
読者のことを思って文章をつづることができなくなります。
自分に余裕がない状態で、人に優しくできないように、自分が切羽詰まって
気分が悪い状態では、人の心を揺さぶる文章など、書けるはずもありませんね。

 

 

つまり、今の私たちに「いちいち、何かにつけて心を乱されているヒマはない」
のですから、それは「心を乱されそうなきっかけには、最初から触れない」
ということでもあります。

 

最短で成功するため、最短で自由な未来を手に入れるために「余計なこと」を
考えているヒマはないからこそ、「余計なこと」になりそうな恐れのある
「きっかけ」は、全て排除する。

 

 

そのための努力も必要だと、私は自分が以前よりも「ぶれない心」を身につけた
ことによって、大きく実感しました。
心がぶれなければ、やはり作業能率も上がり効率よく記事を作成できます。
スピードも上がり、心に余裕もでき意図的に「人の心を動かす文章」が書けます。

 

自分の成功を心から信じるからこそ、やがて成功する未来は必ず訪れます。
しかし、同時に最短で成功するための「意識や努力」も必要なのは事実です。

 

 

余計なことに気を散らせるから、やがて心がぶれ精神的に不安定になり、
心労が積み重なり、耐えられなくなってやめるアフィリエイターが、大半です。

 

 

そうならない唯一の道は、マインドセットつまり「心を鍛えること」です。
普段から心の健康を意識し、「余計な思考を呼びそうな、悪いきっかけ」は
排除するからこそ、心を乱さずいつも冷静でいられます。

 

それが、結果的に「楽しく、着々と仕組みづくりを整える」ために非常に
有効な手段である、とあなたはそのように思いませんか。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。