行動できない人は自らチャンスを逃している人

こんにちは、りうるです。

 

成長していくためには、
何事も経験を積む必要がありますよね。

 

ぼーっとしていて経験が積めるなら、
誰もが行動をやめてしまうことでしょう。

 

 

今回は、「行動せずにチャンスを自ら逃している人」について、
少しお話ししていこうと思います。

 

行動する人になって、チャンスを生かすためにも一度、
最後まで見ておくと成功する人になれますよ。

 

 

・「人任せ」は楽をしているようで、実は損をしている

・行動する機会を「チャンス」と捉えるか、「損」と捉えるか
・行動することを成長するチャンスと思えば、ためらわなくなる

「人任せ」は楽をしているようで、実は損をしている

何をするにしても、
「めんどくさい」と人任せにする人がいます。

 

例えば、公共のトイレを使うだけ使って、
トイレットペーパーの補充をせず、
最後の一ミリだけ残して出てしまうような人。

 

 

面倒な作業を全て人に押しつけ、
自分が楽するためだけに人のことを利用するような人。

 

 

あなたの周りにも、こんな人がいるのではないでしょうか?

 

 

彼らは、自分たちが「面倒なこと」を極力避けるために、
人のことなど考えもせず。

 

「やりたくないことはやらない!」と徹底して自己中心的です。

 

要は、自分さえ楽できれば、
人にそのお鉢が回ろうと知ったこっちゃない。

 

…という、何とも心ない人たちのことですね。

 

 

このような考え方をしている人を、
果たしてあなたはどう思うでしょうか?

 

 

自分のことしか考えられない、いやしい心を持った人と思いますか。

 

あるいは「もうちょっと思いやりを持ってくれてもいいのに」
と思うでしょうか。

 

いずれにしても、
人から「良い印象」を持たれないのが、この人たちです。

 

 

このような人たちを見て、
あなたも恐らく嫌な気分にさせられることでしょう。

 

自分から人に「悪印象を植えつける」など、
なんと損な役回りだと思いませんか?

 

 

 

ホウキ

 

 

 

彼らにとっては、「面倒なことを回避している」ので一見、
「楽している」ように見えるかもしれませんね。

 

だからこそ、余計に「あいつばっかり楽をして、ずるい!」
と不満の種にもなるし、
そのことばかり考えるとこちらのストレスにもなります。

 

 

しかし、実は彼らは「楽をしている」ように見えて、
実は「損している」のです。

 

どういうことだか、お分かりでしょうか?

 

 

そもそも、「面倒だからやりたくない」ということは、
「自分から、何かしらの「学ぶ機会、成長する機会」を捨てている」ということ。

 

 

例えば、上記の「トイレットペーパーの補充」など、
小さいことなら
「そんな些細なことに、学ぶ機会も何も無いよ…」と思われることでしょう。

 

しかし、このことに限らず普段から「人任せにしている人」は、
あらゆることにおいて「学ぶ機会を放棄」している傾向にあります。

 

 

つまり、小さなことから大きなことまで。

 

面倒なことと見れば、残念なことに
「誰かに押しつける」考え方が染みついてしまっています。

 

だからこそ、自分から「面倒なことを行い、能力を高める」
貴重なチャンスを捨てて、
「一向に学ばない、成長しない自分」を選びます。

 

 

自分から学ぶ機会を全て捨てているなど、
損以外になんと言えるでしょうか?

行動する機会を「チャンス」と捉えるか、「損」と捉えるか

同じ物事でも、
とらえ方によってあなたの気分もまるで違ってきます。

 

例えば、仕事場や学校の掃除を、
同級生や同僚があなたに任せて、帰ってしまった時。

 

 

一見、「掃除を押しつけられた」
あなたはとても損したように見えます。

 

恐らくあなたも「押しつけられるなんて、損な役回り」
と思うことでしょう。

 

むしろ、押しつけられた自分にみじめさすら、
感じてしまうかもしれませんね。

 

 

しかし、見方を変えてみればそれも違ってきます。

 

掃除を「押しつけられた」ことに怒るのではなく、
その事実は受け流して掃除をする「機会を得られた」と、
前向きにとらえてみてはどうでしょうか?

 

 

掃除に限らず、
あなたが任されたことは「あなたが行う権利を得たこと」です。

 

つまり、普段なら誰かに口出しされるようなことも、
あなたが任されたからこそ
あなたの「好きなように、納得いくまで」実行できる。

 

 

そして、同時にそれはあなたが「その物事から、学ぶ機会を得る」
ことでもあります。

 

掃除なら、短時間でささっと綺麗にできるやり方を、
工夫して見つけられるかもしれない。

 

そうなると、いずれそのスキルを普段発揮して、
「ムダな時間をかけず掃除する」ことができますよね。

 

 

 

イチョウと女性

 

 

 

掃除を「押しつけられた」のに、
そんな風に前向きに考えるなんてできない!

 

…恐らくあなたは、こう思われるかもしれません。

 

 

しかし、同じ物事でも「楽しくやるか」「嫌々やるか」で、
全く違ってきます。

 

例えば、上の例だと「掃除を押しつけられた」ことにいつまでも腹を立て、
「かわいそうな自分」をなげいてばかりいても、
掃除ははかどりませんよね?

 

 

どころか、気分が悪くムシャクシャした状態で行っているので、
手早く終えるスキルを身につけるどころか。
作業そのものが、あなたの身になることもありません。

 

 

考えて、工夫して行った物事だからこそ、
あなたのスキルは「成長する」。

 

適当にイライラ行っても、まさしく時間のムダですね。

 

 

あなたに「掃除を押しつけた人」にいくら腹を立てても、
その人たちが反省して頭を下げてくる可能性など、そもそもゼロです。

 

それをわかっているはずなのに、やはり人から「しいたげられた」
と思うと私たちは、プライドが傷つけられた!
と腹を立て悔しくもなりますよね。

 

 

しかし、「見返してやりたい!」と怒っているよりも、
スッと気分を切り替えて。

 

目の前のことを、「自分の能力を高めるためのチャンス」と、
丁寧に実行したほうがよほど、あなたの気分もよくなります。

 

 

いつまでも、嫌な人や自分を傷つける人のために、
優しいあなたが気分を害しているのは、非常にもったいない
です。

 

 

繊細でまっとうな正義感を持ったあなただからこそ、
心ない人たちの行動などに振り回されず。

 

むしろ、彼らが「押しつけていった物事」すらチャンスにして、
楽しく成長するほうが、彼らを見返すことになると思いませんか?

行動することを成長するチャンスと思えば、ためらわなくなる

しかし、やはり頭ではいくらわかっていても、
人間はそう単純にはいかないのも、事実です。

 

 

人に仕事や面倒なことを押しつけられれば、「バカにしてるのか!」
と怒りたくもなりますし、「見返してやりたい…」と思いますよね。

 

 

しかし、あなたに「面倒ごとを押しつける人」というのは、
いくらいずれ改心して謝りに来ることをあなたが望んでも、
その通りになることはありません。

 

 

なぜなら、
あなたの「理想」と彼らにとっての「理想」が違うためですね。

 

 

彼らに、あなたに対して頭を下げることのメリットがない。

 

なので、いくら望んだとしても、それが「道徳的で正しい行い」
だったとしても。
悲しいことにそれが叶うことは恐らくないでしょう。

 

 

 

東京湾

 

 

 

しかし、だからといってあなたが「泣き寝入り」
する必要はありません。

 

損な役回りを押しつけられ、
他人ばかり楽をしている…と考えるだけで、

 

「なんで私ばっかり!」と、
はらわたが煮えくり返りそうになるのもわかります。

 

 

ですが、あなたが任されたことは本当は「損な役回り」
ではないということを、もうご存じのはずです。

 

むしろ、「物事から学べる機会」を自分から捨てている、
彼らのほうこそ「損な役回り」をしている、
と賢明なあなたはもう知っていますよね?

 

 

文章から真剣に、物事を学ぶ柔軟性のあるあなただからこそ、
新しい考え方を受け入れるのも、行動に活かすのも早いはずです。

 

 

同じ物事も、「なんで私ばっかり」と思うと途端に被害者意識が芽生え、
とてもいい気分ではいられなくなります。

 

一方で、「また、成長する機会を得られて良かった」と思うだけで、
あなたは成長しようと行動もしますし、
得した気分になり心も穏やかになります。

 

 

成長し、やがて成功する人はいつでも常に
「成長するチャンスを決して逃さない人」です。

 

どんな些細なことからも。

 

自分が、「向上心を持って成長する意志を捨てない」
からこそ、実際にみるみる成長していける。

 

 

適当に、ただ何となくやっていたり。

 

「本当はやりたくないのに…」と嫌々やっていても、
伸ばせるはずの能力も伸びません。

 

 

「どうやったら成長できるか?」を常に考え、
それを少しずつ実行するからこそ。

 

私たちは成功できるし、その道筋も短くなるのですね。

 

 

どうせ同じ人生を生きるなら、
同じ物事でも嫌々やるより「楽しく」やりたいですし、
「楽しく」成長していきたいですよね?

 

 

これは、アフィリエイトにも活かせる重要なマインドです。

 

 

行動の早いあなたですから、
心配いらないと思いますが成功のために、
他の記事も読んでみると参考になりますよ。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。