「行動できない人」を卒業できれば、成功に一歩近づける

何かを始める時、
すぐに「行動できる人」は「成功するのも早い人」です。

 

行動を起こせば、失敗のリスクも生まれます。

失敗を恐れて行動しない人もいますが、行動することで「できること」を見つけ、
それを積み重ねていくことでしか成功に近づくことはできないのです
[出典:三木雄信/実業家]

 

逆に、「行動するのが怖い」となかなか一歩を踏み出せないと、
いつまでも「成功」できません。

 

アフィリエイトも、はじめ方をわかっていても始められない、
そして続けられないと「働かずに自由に暮らせる未来」
を手に入れられませんよね?

 

 

今回は、「行動できない」から「行動できる」になるにはどうすればいいか、
をお話ししていきますね。

 

成功を一日でも早く勝ち取るためにも、さらっと読んでみてください。

 

 

・成功しないのは、行動しないから。では行動しない理由は?

・「行動したリスク」と「行動できなかったリスク」どちらを選ぶのか
・「大きな行動」ができないならまずは「小さな行動」から始める

成功しないのは、行動しないから。では行動しない理由は?

誰しも、何かを始める時に一番求めるのは、
「それによって得られる成果、結果」ですね。

 

アフィリエイトなら、「稼げるようになり、自由に暮らせる未来」
英語の勉強なら、「話せるようになった未来」がほしい。

 

だからこそ、「まだ」できていない現在のうちに、
一生懸命努力するわけです。

 

 

つまり、一日一日「努力すればするだけ」
成果や結果が出る可能性がある、
と誰もが言われるまでもなく、わかっていますよね。

 

 

ですが、「自分の努力次第」で、
望む結果が得られることをわかっていても、
なかなか行動に踏み切れない人は多いです。

 

 

私も、引きこもりで自分の殻にずっと閉じこもったいた頃には、
何も行動をしていませんでした。

 

それどころか、重い腰を上げることもできませんでした。
そんな自分を激しく責めていたことも、しょっちゅうでした。

 

 

行動せずに、成功することはありません。

 

よほどの超人か天才でもない限り、
「努力も行動もせず成功する」ことは不可能ですね。

 

人間とは「一朝一夕で成果を上げられる生き物」ではないので、
当然です。

 

 

では、行動なくして成功もまたないことをわかっているのに、
なぜ「なかなか行動できない」のか、お分かりでしょうか?

 

 

その理由の一つとして、
まずは「行動するのが怖いから」

 

 

つまり、「行動して、リスクを背負うのが怖い」
あるいは、
「行動して、失敗するのが怖い」「失敗したらどうしようと思うと、怖い」
ということですね。

 

 

 

ビジネスマンと見えない前

 

 

 

失敗するのは、確かに怖いです。

 

人前でやることなら、「失敗した自分、うまくできなかった自分」
のカッコ悪い姿を見せることになる。

 

そうなると自尊心が傷つきますし、誰もが「最初からうまくいくこと」
を望むのは、人間である以上むしろ当然。

 

 

ですが、「失敗すること」に必要以上にこだわると、
とあなたの「成長」のチャンスもまた、なくなってしまいます。

 

 

どういうことでしょうか?

 

つまり、「失敗を恐れて、新たな挑戦をしないので自分で、
「成長するチャンス」を逃している」ということですね。

 

 

アフィリエイトなら、「実際に講座を読んで、知識を学ばないから」

 

「ブログ記事を書いて、自分のサイトを作って公開しないから」

 

「無料にこだわって、貴重な情報を仕入れようとしないから」など、

 

色々ありますがどれも共通しているのは、
「行動しない」ので「成功するチャンス」を逃している、ということ。

 

 

「学ぶ」ことや「自分のブログを作る」という行動は、
一種の「変化」です。

 

人間は変化を恐れ、いつも同じところに留まるいわゆる「安定」
を望む生き物です。

 

 

周りの環境が変わり、行動によって今の「安定」
が乱される可能性もあります。

 

例えば、田舎者が急に都会に上京するのを「怖い」と感じるのは、
「都会に出た自分が、失敗した時のリスクを恐れるから」ですね。

 

つまり、「田舎」という安定を捨てて「都会」という不安定な世界に飛び込む、
その中にひそむ「失敗」を恐れている。

 

 

新しい場所、
知らない世界に急に飛び込むのは誰だって勇気がいります。

 

その理由は、「自分を知っている、助けてくれる人や物が何もないから」
つまり、「不安定だから」ですね。

 

 

「変化=不安定」です。

 

ほとんどの人が「変わること」を望まず恐れるのは、
「どうなるかわからない、不安定な行動の末の未来」
よりも、
「今までと同じ、変わらない安定した現在」
がずっと続くことを望むからです。

「行動したリスク」と「行動できなかったリスク」どちらを選ぶのか

「行動するのが怖い」のは、
「失敗を必要以上に恐れるから」だと言いました。

 

 

そして、失敗を恐れる最大の原因は、
「まだ起こってもいないことを、あらかじめ考えすぎるから」です。

 

→しんどい時、つらい時。人生に疲れた時はいつも○○にいる時
→考えすぎる人から脱却するために。「シンプルに考える」と意識する

 

 

何か新しいこと、自分にとって「未知のこと」を始める時には、
勝手がわからずある程度、シミュレーションを行いますよね。

 

 

「なるべく失敗したくない」「一度でうまくやりたい」と思うのは、
私も当然同じですし、
成功するなら「早いほうがいい」と思いますよね。

 

 

ただ、「失敗を恐れる」つまり、
「「失敗する自分」の様子が想定できるほどまで」
にシミュレーションする必要はありません。

 

 

「イメージトレーニング」なら、「成功する自分の姿を想像する」わけですから、
気分も高揚しモチベーションは上がります。

 

しかし、「シミュレーションのしすぎ」は「考えなくていいこと」
まで考えてしまう恐れがあります。

 

 

一度失敗を想定したら、その「起こってもいない」失敗に身がすくんで、
「やっぱり、やめようかな…」と尻込みしてしまいます。

 

怖じ気づいてしまいます。

 

 

そうなってしまっては、せっかくあなたが勇気を出して「始めてみよう!」
と思った前向きな気持ちも、きゅうっとしぼんでしまいます。

 

 

お分かりでしょうか?

 

「行動した時のリスク」を考えれば考えるほど、
マイナス思考になり悪い考えが頭をめぐります。

 

 

そうなる前に、「自分の思考を止める」のも成功においては大切です。

 

→面倒なことを後回しにする癖を治すには…

 

 

 

花

 

 

 

そして、「行動できなかった時のリスク」。

 

これはつまり、「あなたが成長する可能性を逃すリスク」ですね。

 

 

手に入れたいと願ったはずの、
「働かずに自由に暮らせる未来」が手に入らない。

 

その現実こそが、「行動できなかった時のリスク」です。

 

 

まず、私たちは念じただけで人の心や行動を操り、
財布の中身を開かせる能力などありません。

 

「働かずに自由に暮らす」未来の絶対条件として、
まずあなた自身の「行動」が必要なのは、理解しておられると思います。

 

 

なぜかは、思慮深いあなたですから、
もう言うまでもないですよね。

 

「働かずに稼ぐ」には、アフィリエイトの仕組みづくりが必要。

 

そのため、記事を書いてブログを開設し、
メルマガやアクセス解析などを設置し、
「稼げる仕組みづくり」を完成させる必要があるためですね。

 

 

確かに仕組みづくりさえ完成すれば、
後はパソコンの前にじっと座っていれば、
収入が雪崩のように舞い込むでしょう。

 

しかし、そうなるまでの段階をきちんと踏んでおくのは、
欠かせない「行動」です。

 

 

この、「働かずに稼ぐ、自由な未来」を諦めてしまった場合の、
あなたのリスクは、なんでしょうか?

 

 

一番大きなものはやはり、相当のお金持ちでもない限り、
「汗水垂らして、定年まで会社でこき使われて働く未来」
を望んでいないのに、
選ばなければならないことでしょうか。

 

 

あるいは、「働かない」と決めたなら、いずれは預金も少なくなり。

 

とうとう底が尽いてホームレスとして、
公園の寒い冬のベンチで寝そべる未来でしょうか。

 

 

どちらにせよ、他の選択肢があるにせよ。

 

それは、「あなたの望んだ未来」の可能性は限りなく低くなります。

 

なぜなら、「行動できない」とあなたが成長するチャンスがないため、
「夢に向かって成長する高揚感」を味わえないためです。

 

 

つまりわくわくできないので、
「つまらない平凡な日常」になる可能性が高い、ということですね。

 

 

「行動した時」「行動しなかった時」どちらにせよ、
リスクはあるかもしれません。

 

ですが、「した」後と「しなかった」後に待っている未来は大きく異なります。

 

 

あなたが選ぶのは、どちらの未来でしょうか?

「大きな行動」ができないならまずは「小さな行動」から始める

「行動できない」理由の一つに、
「いきなり大きな行動を始めようとして、失敗してしまう」
というものがあります。

 

 

つまり、今日始めたばかりなのに結果ばかり求めて、
「段階を踏まず、大きなものに挑戦して失敗する」。

 

→アフィリエイト初心者がブログで失敗しないために
→成功する人としない人。成功者を真似るとかえって失敗する?
→ブログを毎日更新する時に悩みがちなこと

 

 

例えば、料理ならさっき初めて包丁を握ったのに、
いきなりリンゴを綺麗にむこうとする。

 

英語なら、まだ単語を1つ2つ覚えた程度なのに、
いきなりアメリカへ行って本場の人たちと会話をしようとする、など。

 

 

特に2つ目の例は極端ですが、これはアフィリエイトにも当てはまることです。

 

 

「早く稼げるようになりたいから」と、
まだコピーライティングもブログ記事の書き方もわかっていないのに、

 

基礎をすっ飛ばして、いきなりセールスレター(商品を売るためのページ)
を作り商品を売り込む。

 

 

これでは、失敗の道を自ら選んでいるようなものです。

 

→成功するために正しくお金を使う方法を学ぶ
→行動力をつけるには小さなことから始める

 

 

私もこれは経験があり、身に沁みて反省したことがあります。

 

何度も言うように、ブログからお客さんが「商品を購入してくださる」のは、
「あなたの言葉や文章に、心を動かされたから」です。

 

 

つまり、「心を動かす文章スキル」コピーライティングを身につけないまま、
商品を売り込んでも、売れるわけがない
んですね。

 

→アフィリエイトを失敗しないために必要なスキル

 

 

同じように、ブログ記事の書き方や集客の仕方がわかっていないのに、
適当に記事を作ってアップしても、一円も稼げるようになりません。

 

 

 

標識どっち?

 

 

 

物事には、基礎があります。

 

「行動する」にも、「いきなり大きなことを成し遂げる」のでなく、
まずは「小さいことから、コツコツ」積み重ねるのが成功する道です。

 

 

小さいことを積み重ねるのが、

とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています
[出典:イチロー(鈴木一朗)/メジャーリーガー]


人間である以上、
誰もが「ある日、いきなり成長する」なんてことはありえません。

 

 

一日一歩でも、ほんのゆっくりでも。

 

「歩みを止めずに進んでいく」ことが、
1年後、2年後にあなたが「成功する」唯一の道です。

 

 

私も、アフィリエイトを始めた当初、なんの成果も見えず、
そもそもどこへ向かって走ればいいのかわからず、
たくさん悩んできました。

 

 

ですが、そんな私もアフィリエイトを継続して一年以上たちました。

 

この期間を振り返ると、最初は想像もできなかった着実な「成果」が、
少しずつ上がっているのを感じています。

 

 

この小さな成果があるからこそ、今後も諦めずに続けていこうと思えるし、
「働かずに自由に暮らせる未来」に向けて、
一日ほんの少しずつでも確かに、歩んでいる最中です。

 

 

立ち止まらず進めるからこそ。

 

そして「行動する」ことを恐れず体験していくからこそ、
「夢」も「夢ではなくなる日がくる」のだと思います。

 

 

確かな未来を築くためにも、一日一歩ずつでも一緒に、
「働かずに自由に暮らせる未来」を目指しませんか?

 

覚悟が決まったら、以下の記事も読むと早く成功しますよ。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来


「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。