何をやってもうまくいかない時に考えたいこと

何をやってもうまくいかない、ことごとく失敗する、頭が回らない。
そんな時って、誰にでもありますよね。

 

 

今回は、そんな「何をやってもうまくいかない時」に「うまくいかない!」と
投げやりになるのでなく、考え方を少し変えれば気分が良くなる…
という話をしたいと思います。

 

うまくいかず、途中で投げ出す危険をなくして確実に成功する人になる
ためにも、一度最後まで読んでみてくださいね。
心配しなくても、真剣に取り組む姿勢のあるあなたならきっと大丈夫ですよ。

 

 

・本当にうまくいっていないのか、考えてみる

・「うまくいかない」のか「思い通りにいかない」のか?
・流れを無理やり変えようとしなければ、必ずどこかにたどり着く

本当にうまくいっていないのか、考えてみる

あなたが、何かに取り組んでいて「うまくいかないな…」と感じるのは
どのような時でしょうか?

 

 

英語の勉強なら、単語が思うように覚えられないこと。
アフィリエイトなら、記事をまとめることができず自分の考えを
うまく文章として、表現できないこと。

 

色々あるとは思いますが、いずれにせよ「うまくいかない」と感じる時は
「手が止まっている時」「思い悩む割に、物事がはかどらない時」ですよね。

 

 

例えば、本を読む「だけ」ならただ文章を目で追えばいいので、
そこに「うまくいかない」という思いが生まれることはありません。

 

あらかじめ書かれている文字を目で追うだけなので、
「文章の意味を理解する」必要はあっても「自分で考えて文章を生み出す」
必要はありませんよね。

 

 

つまり、インプットとアウトプットの違いですがこの「アウトプット」、
調子が悪かったり「思うようにいかない時」にはどうしても、
少しおろそかになってしまいがちです。

 

 

 

まっさらなメモ

 

 

 

なぜだか、あなたはお分かりでしょうか?
やはり、インプットは「内容を見て理解する」ことであり、自分で「考えて
言葉をひねり出す」必要がないので、一見簡単に思えるからです。

 

あまりやる気がない時でも、本を読むだけなら「文章をひねり出す」よりも
簡単に思えますし、そこに理解する難しさはあっても
本を読んで、ページ数が進めば「勉強している」という実感もわきますよね。

 

 

人間は、目に見える成果や結果にこだわりがちなところがあります。
「一日に本を2冊読んだ」「5ページ勉強した」と、
今日やった分量を成果として確認するのは
「自分の成長を形で実感・確認したいから」ですよね。

 

アウトプットは、やはり慣れるまではインプットよりも難しいですし
インプットより、たくさんの数をこなさなければならないのも事実です。
→アウトプットの有効な方法。「理解したなら行動する」

 

 

アフィリエイトなら、「ブログの書き方を、講座を見て覚える」よりもその後の
実践、つまり「実際に自分の記事を、講座にそって書いてみる」ほうが
何かと大変ですし、最初は思うようにいかず苦戦もしますね。

 

「うまくいかない!」と悩むのは、やはりこの「アウトプットがはかどらない」
という思いが大きいです。
うまく、自分の思いを言葉で表現できずに頭を悩ませる。

 

 

できないとつらいし大変ですよね。私も何度も同じ思いをしてきましたが、
ここで一つ考えておきたいことがあります。
もしかして、察しの良いあなたはもうおわかりかもしれませんね。

 

そう、それは「アウトプットがはかどらない」「文章が思うように出てこない」
からと言って、「本当にうまくいっていないのか?」ということです。

「うまくいかない」のか「思い通りにいかない」のか?

自分の気持ちを、思うように文章として表現することができない。
今日のノルマは2時間で済ませるはずが、思いがけず3時間かかってしまった。

 

こんな経験をすれば、「うまくいかなかった…」と思いがちです。
理想とそっくり同じ結果を出せず、予定が狂えば「うまくいかない」という
気持ちにもなりますし、
「もう少し早くできればなぁ…」と焦る気持ちもよくわかります。

 

 

しかし、それでも結果だけ見てみればあなたは物事を「仕上げる」ことが
できていますよね?
例えば、アフィリエイトの記事を2時間で済ませるところ、3時間かかる羽目に
なったとしても、結果的には「無事に仕上げられた」わけです。

 

つまり、「うまくいかなかった」のではなく「思い通りにいかなかった」
だけのことなんですね。

 

 

思うように、そっくり理想通りに物事を進められればこそ「成功した」ように
思いがちですが、実際そうとも限りません。
なぜだか、お分かりでしょうか?

 

 

 

4時

 

 

 

例え立てていた予定の通りに物事が進まなくても、記事を完成させたら
その「結果」は同じように、2時間かかろうが3時間かかろうが
残るわけですね。

 

10000文字書くつもりが、8000文字になった。
3000文字のつもりが、思いがけず7000文字になった…などの細かい
「予定の狂い」こそあれど、あなたが実際に「物事に取り組む」という行動をし
一生懸命にその物事を「仕上げた」事実は変わりません。

 

 

つまり、「うまくいかなかった」のではなく「思い通り、予定通りに
いかなかった」というだけの話なんですね。

 

例えば、午後から用事を控えていて午前中にノルマを済ませなければならない、
という場合私たちは「予定を立てて」物事を行いがちですが、
そもそも「きっかり予定通りに」仕上がることなど、なくて当たり前です。

 

 

私たちは、機械と違って人間です。
日々のコンディションや機嫌、気分なども変わってきますし、その日の体調や
眠れた時間などの些細なことで、何をするにも結果が変わります。

 

当然、心を持っているので機械と違って「気分がいい」日もあれば、
その逆もあって「気乗りしない」日もあって当然ですよね?
そんなふうに毎日を過ごす中で、予定を立てたからといってその
「予定通り、きっかり物事を終えられる」ことなどそもそも、まれなんですね。

 

 

考えてもみてください。
今まで、あなたの「望む通り、予定通り」にいった物事や計画など、
果たして一体いくつあったでしょうか?

 

学芸会や発表会だと言っても、予定通り進行せず結局遅れて終わったり、
家のリフォームは大抵、予定よりも長引いたりしますし、
記事を一つ書くのも予定より時間がかかった一方で、早く終わったことも
私も何度も経験しています。

 

 

つまり、ある程度の見通しは立てていてもあなたの「予定通りに、きっちり」
物事が進むことなどそもそも「ありえなくて当然」なんですね。

 

日によってコンディションも気分も違う人間が行うことですから、
予定に狂いが生じるのはむしろ当たり前のことです。

 

問題は、その「予定の狂い」を「プラスに捉えるか、マイナスに捉えるか」
ただそれだけなんですね。

流れを無理やり変えようとしなければ、必ずどこかにたどり着く

例え、何かを始めた時に「思うようにいかなかった」時があったり
「予定が狂った」時があっても、そのことに囚われているとあなたの気分は
悪くなる一方です。

 

そもそも「物事をきっちり、予定通り進める」ことは誰しもが人間である以上
不可能だというのに、その「きっちり」にこだわって
「思うようにいかなかった時」には自分をひたすら責める。

 

 

私も経験がありますし、なるべく「予定通りに」進めたい、と思いますよね。
しかし、それでもその物事が「予定通り進まなかった」というのは、
既に終わったことです。

 

あなたには、これからアフィリエイトの仕組みづくりや記事づくりなど、
他に「働かないで生きる」ためにすべきことが、たくさんあります。

 

 

そんな中で、いつまでも「終わったこと」にこだわったり悔いたりしていても、
一向に前には進めないと思いませんか?

 

ある種、完璧主義すぎて前に進めなくなるのと似通っているように思えます。
誰より向上心が高く一生懸命だからこそ、
あなたは色々と苦しみ、思い悩んでしまうのかもしれませんね。
→失敗が怖いからと完璧人間を目指してもうまくいかない理由

 

 

 

風に流される

 

 

 

「思い通りにいかない」事実をねじ曲げて、無理やり「思い通りにしよう」と
しても、なかなかうまくはいきません。

 

物事を「思い通りにしようとする」よりも、いっそのことあなたが折れて
「思い通りにはいかないけれど、これはこれでうまくいったからいいや」
開き直ってしまえば、今後「思い通りにいかない」ことで悩むことも
なくなります。

 

 

成功する人が「物事を続けられる人」であるその最大の理由は、
「一つの物事に対して、不要な考えは捨てる」ためなのかもしれません。

 

要するに、「過ぎたことはいつまでも考えない」し、
Aがうまくいかなくてもそのことにいつまでも頭を悩ませずに、
「次もうまくいかなかったらどうしよう」ではなく、
「次うまくいくには、どうすればいいか?」と前向きに考えて解決しようとする

 

 

予定通りにいかなかったり、多少後れたりしても焦らずにドンと構えて、
「結果的に仕上げられたから、よかった」とそれ以上
「自分の気分を悪くするようなことを一切考えない」。

 

あなたの気分を悪くしているのは、いつもあなたの思考です。
物事がうまくいかない、と嘆くことをやめればあなたは気分が悪くはなりません。
予定通りにいかない、と頭を抱えなければそこに問題は生じません。

 

 

要は、「流れに身を任せて、無理やり変えようとしない」ということなんですね。
これが必要以上に頭を悩ませたり、挙げ句「できない」と諦める思考を断つ
上での秘訣でもある、と言えそうです。

 

流れるままに「何とかなる!」と生きていると、「それは無責任だ」と
思われるかもしれません。
しかし、あなたがいくら「思い通りに」「予定通りに」と願って、そして
それを最大限実行に移す努力をしても、変えられないものは確かにあります。

 

 

そんな時、「なんでうまくいかないんだ!」と嘆くよりも前向きに、
「こんなこともある」と流れに身を任せるほうが、結果的にうまくいくんですね。

 

必要以上に頭を悩ませない考え方を身につけられれば、アフィリエイトでも
「思い悩む」ことが劇的に減って、楽しく仕組みづくりができるようになります。

 

 

「うまくいかないこと」を前向きに解決しようとするあなたですから、きっと
成功のための行動も誰よりも早いのだろうなと、そのように思います。

 

自由を早く手に入れるため、以下の記事も一度目を通してみてください。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。