引きこもりもニートもフリーターも幸せになっていい

自分は、引きこもりだから幸せになれない。

 

ニートだから幸せになれない。
フリーターだから、幸せになれない。

 

 

「○○だから、幸せになれない」
また、「こんな自分が、幸せになっていいはずがない」。

 

 

あなたは、こんな風に思ってはいませんか?

 

 

社会のレールにうまく乗れない自分に、
どうしても情けない感情が浮上し、劣等感が生まれる…

 

私も、かつては死にたいくらいに悩んだ、
どうしようもなく、誰にもわかってもらえない問題でした。

 

 

ですが、実はニートだろうがフリーターだろうが何だろうが、
誰もが必ず、「幸せになっていい」権利を持っているんです。

 

一体、どういうことでしょうか。

 

 

今回は、過去に「働けない」ことについて散々悩んだ私が、
その悩みから、一切解放された今。

 

なぜ、前を向いて進めるようになったのか?
…を、お話ししていきます。

 

 

前へ進むきっかけを手に入れ、今日から笑って。
一緒に毎日を楽しく、彩りあるものにしましょう。

 

 

・特定の状況だから、幸せになれないというのはウソ

・あなたが「楽しく生きよう」と思えば、今日から楽しく生きられる
・一日一日を楽しめれば、未来は自然と明るいものになる

特定の状況だから、幸せになれないというのはウソ

引き込もりやニートで、社会に出て「働いていない」自分を感じる時。

 

働いていても、フリーターなど「不安定な暮らし」をしている時。

 

どうしても、私たちは気持ちが沈んでしまいます。

 

 

「こんなはずじゃなかった…」「もっと成功しているはずなのに」と、

 

社会で活躍している人を思い、本当は考えたくなんかないのに、
気づいたらうやらましくなり、妬む自分に嫌になる。

 

「理想とは違う」「あの人とは違う」と、一人比べては惨めにもなる。

 

今、社会で華々しく活躍している人たちには、絶対に。
決して、わかってはもらえない切実な悩みです。

 

 

自分が惨めになったり、「こんなはずじゃなかった」と思ってしまうのは何も、
悪いことではありません。

 

なぜなら、そう思うということは「今の自分に満足していない」こと。

 

つまりそれは、「向上心を持って現状を変えたい」前向きな意志があり、
更にきっかけにもなる、ということだからです。

 

 

考えてもみてください。

 

本当に、自分の人生を諦めている人は現実逃避に忙しいので、
そもそもこんな記事を見ることすら、しませんよね。

 

つまり、「何とかしたい」意識があるということは、
近い将来あなたが自力で「理想の未来」を手に入れられる、
その素質にあふれていることの、証明となるわけです。

 

 

しかし、一方で今あなたの目から見て「成功している人」と、
自分とを比べて、
憂鬱な気持ちになるのは精神衛生上、嬉しくありませんよね。

 

 

比べたところでつらいのはわかっているし、自分が惨めになるだけだと、
もう十分なほどに、わかっている。

 

なのに、なぜ人は他人と自分とを比べてしまうのでしょうか?

 

それも、「自分の目で見て、自分より遥かに成功してそうな人」
とわざわざ比べて…。

 

 

それは、私たちの心の底に「私も、ああいう風になれるはず…」
という思いがあるためです。

 

一体、どういうことでしょう?

 

 

 

川べりで

 

 

 

考えてもみてください。

 

超一流アスリートや、オリンピックに出場するようなプロの選手と比べて、
「いいな」「うらやましい…」と嫉妬する人は、あまりいません。

 

 

その理由は、やはり「彼らと自分とでは住む世界が違うことを、
すでにまるごと、受け入れているから」ですよね。

 

受け入れているからこそ、「自分も頑張れば、あの人みたいになれるはず!」
とはそもそも思いません。

 

 

「才能や能力もないし、子供の頃からやってないから」
と、「最初から「その世界で勝てる可能性はない」と、
丸ごと受け入れられている」と言いかえることもできます。

 

 

例えば私が今から、どう死に物狂いでテニスやスケートを頑張っても。
金メダルどころか、オリンピックに出場することも叶わないでしょう。

 

「勝ち目のない舞台にわざわざ乗る」のは、
「最初から負けるとわかっている」ために、労力を消費するだけです。

 

 

しかし、「一般社会で成功している人をうらやむ」私たちの気持ちは、
果たしてどうでしょうか?

 

 

「自分もあの人みたいになりたい…」と思うということは、
つまり「あの人のようになれる素質がある」ことを、
心のどこかで理解している…ということになります。

 

 

そもそも、「絶対になれない」と思っていれば、
雲の上の存在にいちいち嫉妬などしませんし、
わざわざ比べては、落ち込むこともありません。

 

 

つまり、私たちは憧れの「あの人みたいに成功できる可能性」
をそもそも持っている、ということを自分で感じ取っているわけです。

 

 

しかし例えば、そっくりそのまま同じ道を選んで成功できるか?
と聞かれれば、確かに疑問にも思いますよね。

 

しかし、何も「あの人とそっくり同じ道」でなくとも、
違う道を選びんで「成功する未来」を勝ち取ればいいんです。

 

 

要するに、「働くことで成功できなかった」のなら、
いっそ働くことをまるっきり捨てて、
「働かずに成功できる、人と違う道」を選べばいい、ということです。

 

ニートやフリーターでも、今の自分のまま幸せになることはできます

 

 

ネットで自由になることには、特別な才能や能力など必要ありませんでした。
続けられる根気さえあれば、私たちも必ず、自由になれるんです。

 

 

Aの道がダメだったなら、BやCの道を試してみればいい。
一度でうまくいかないなら、もう一度挑戦すれば、うまくいくかもしれない。

 

私たちの前に、道は無限に広がっていました。

あなたが「楽しく生きよう」と思えば、今日から楽しく生きられる

日々を「楽しく生きられない」「幸せになれない」という人は、
そもそも「楽しく生きること、幸せになること」を放棄していました。

 

 

落ち込んで、悩み苦しんでばかりで心の底で、
「自分は笑ってはいけない…」「笑う権利も楽しむ権利もない」と、
激しく自分を責めてしまう人もいます。

 

 

なぜ、そんなことがわかるのかと思われますか?

 

なぜならそれは、
私もかつてずっと同じ思いに苦しんできたからです。

 

 

私も、引きこもった当初はずっと「いずれは働かなければいけない」
と、来る日も来る日も思っていました。

 

本当は働きたくない、という自分の意思を無視して、
キリキリ痛くなるお腹を無理やり抑えて、パートに出たこともあります。

 

→プロフィール

 

 

しかし、やはり本心では「働きたくない」と思っているので、
いくら無理してその思いを抑え込み、

 

「働かなくちゃいけないんだから、そんなこと言ってられないんだ!」
と言い聞かせても、どうしても本心にはあらがえませんでした。

 

 

結局、精神的苦痛に耐えられず、たった3ヶ月でパートを辞め、
「働くこと」を放棄してまた、ニートに逆戻りしました。

 

当時は、やっぱり社会に馴染めない自分が、どうしようもなく情けなく。
絶望して、本気で「死にたい」と何度も何度も、思いました。

 

 

しかし、今はその「パートを脱落した経験」が、
今になって活きていると、そう思えるようになりました。

 

 

 

ひまわり

 

 

 

確かに、働くこと自体はとても嫌です。

 

しかし何も、「働くこと」そのものが嫌なのではありません。

 

仕事自体には、やりがいがある。

 

作業を継続してやるのはしんどい面もあるけど、
いい経験になったとも思います。

 

 

しかし、何においても嫌なのは、やはり「人間関係」ですよね。

 

これを考えるだけで、「働きたくない」「しんどい、やめたい…」
と悩み苦しむ人は、決して少なくはありません。

 

 

わずらわしい派閥や気遣い、愛想笑い。

 

馬の合う合わないがあるからこそ、
「仕事」そのものが嫌になるし、やがて「働きたくない…」とも思います。

 

 

特に、働くことに悩まされ、一人で頭を抱えてしまう方は、
とても繊細で傷つきやすい方が多いです。

 

なので、必要以上に気疲れするしそもそも、
会話や接するのが苦手なら「どう話せばいいかわからない…」と悩むものです。

 

 

私も、そんな風に人間関係に悩み絶望したからこそ、
パート勤めを辞めたし、やはり「働きたくないんだ」と再認識しました。

 

 

ですが、今になってようやく気づいたことが一つ、ありました。

 

それは、「働かないと生きていけない」という主張は、ウソ
…ということでした。

 

 

確かに、世の大半の人は今も働いてお給料をいただいています。

 

しかしだからと言って、私たちが「働きたくない!」という、
誰にも理解されない本音を殺してまで、
彼らと同じようにしなければいけない証明には、決してなりません。

 

 

今の時代、既に「働かずに稼ぐ方法」があるのですから、
無理してストレスを育てる必要はもう一生、なかったのです。

 

 

ここで、もしかして「それは逃げじゃないのか?」と思われるかもしれません。

 

 

しかし、そもそも築きたくもない人間関係で傷ついて、
心に深い傷を負って、やがて自分の殻に閉じこもってしまうくらいなら。

 

最初から、その道を「選ばない」ほうがずっと、今後気楽に生きていける。
私はそう思っていますし実際、
同じように思った人たちが次々、自由になっているのだと思います。

 

 

人間関係に悩むなら、その「悩む要素」をいっそのこと、
最初から取り除いてしまう

 

つまり、最初から「働かずに稼ぐ」と決めてしまう。

 

そうすれば、もう「働くこと」や「築きたくもない人間関係」
で悩むことは、今後一生なくなるんです

 

 

おわかりでしょうか?

 

私たちにとって、「嫌なこと」を全て取り除けるなら、
これからもっと自由に、頭を悩ませず気楽に生きていけるんです。

一日一日を楽しめれば、未来は自然と明るいものになる

私が一度、「働きたくない」と思いながらも働いてみて、
よかったなと思うことが一つありました。

 

それは、「働くことを実際に経験してみて、
やはり自分は働きたくないんだ、ということを再認識できたこと」です。

 

 

働きたくない、と思ってはいても実際に働いてみれば、
もしかすると意外と馴染んで、働けるようになるんじゃないだろうか…?

 

そんな風に、淡い期待を抱いてパート勤めをしましたが、
やはりそれはただの期待に終わりました。

 

 

しかし、「働けない、働きたくない」、
そんな自分に絶望したわけではありませんでした。

 

 

過去に散々「働かなくちゃいけない(と思っていた)のに働けない」
と悩んでもきましたが、その問題は意外とあっさり解決しました。

 

そう、「働きたくないなら、働かないで生きる方法を探そう!」
とようやく、決心することができたんですね。

 

 

「働きたくない」のに「働かなくちゃ」と思っていた時は、
一日中頭を悩ませ、寝ても起きてもつらい思いをしていました。

 

 

四六時中「いつか働かなくちゃ…」と思い。

 

求人広告を、本当は視界に入れるのも嫌なのにチェックして、
「働くこと」にずっととらわれて、楽しめない時間をいくつも過ごしました。

 

 

働きたくないのに、なぜか働くことばかり考えている。
本当に、自分で自分を苦しめる時間の使い方をしていたと思います。

 

 

 

きれいな眺め

 

 

 

しかし、パートに出て「やはり働きたくないんだ」と再認識したお陰で、
いっそ開き直ることができました。

 

 

親は相変わらず、「働いてほしい」と思っていることが暗にも伝わってくるし、
日曜日にはいつも、求人広告が山になって置かれていました。

 

親に迷惑をかけ、心配をかける自分が心底、嫌になったこともあります。

 

 

「本当は早く一人前になって、自立して安心させたい」と思うのに。

 

思うようにいかず、一向に自分の足で立てない自分を何度も呪い、
情けなく思ったこともあります。

 

 

しかし、それでもやはり私の本心は「働きたくない」
から、一度も揺らいだことはありませんでした。

 

 

「働きたくない」が「働きたい」に変わることを期待したこともありました。
しかしそれもまた、ただの「期待」に終わったんですね。

 

 

もう、自分の「働きたくない」という気持ちにウソはつけない。
つきたくもない。

 

 

そう思ったからこそ、私は「金輪際、働かないで生きる未来」
を誰でもない、自分の手で手に入れようと固く決めました。

 

そう決めてからは、もう「働くこと」に頭を悩ませることはなくなりました。

 

 

寝ても起きても「働くこと」ばかり考えて一人落ち込んでいたのに、
今度は朝起きると「今日は何しようかな?」とわくわくできるようになりました。

 

 

「働くこと」にとらわれていた気持ちが解放されて、
「自分の趣味や好きなこと」を思う存分、気にせず楽しめていました。

 

 

そして、より趣味や特技に打ち込めるようになって、一つ思うことがあります。

 

 

それは、「もっと早くに「働かない」と決めてしまえばよかった」。

 

「働かないで生きることを決めて、
本気で「自分の本当に手に入れたいこと」に打ち込めばよかった」。

 

 

それでも、後悔しても過ぎ去った日々は戻ってはきません。

 

今の私は、一日一日を噛みしめるように生きながら、
少しずつ「働かないで生きる仕組みづくり」を整えています。

 

 

未来を思うとげんなりしていた過去から、現在は「未来を思うとわくわく」
できるようになり、毎日がキラキラしてとても楽しいです。

 

 

私はまだ、仕組み段階で厳密には「働かないで生きる」
未来を手に入れたわけではありません。

 

つまり、ニートの状況から「変わっていない」と取ることもできます。

 

 

ですがそんな中でも、毎日幸せに過ごせています。

 

 

つまり、「働いていようがいなかろうが、毎日を楽しむことはできる」し、
一日一日を噛みしめて、わくわくすることもできる。

 

そう、「ニートだから」とそんな自分を責めていたのは、
私自身だった…そのことに、ようやく気づいたのです。

 

 

毎日を噛みしめて一生懸命生きるからこそ、
「正しい仕組みづくり」は順調に行えています。

 

日々、理想の未来に向かって進んでいる自分を実感し、
そして、自然と誇りに思えてもいます。

 

 

「働くこと」にとらわれていれば、決して味わうことはなかった感覚でした。

 

自分の殻に閉じこもり、「働きたくない!」と嘆いていた過去を思うと、
アフィリエイトの可能性に気づけて、本当によかったと思います。

 

 

金輪際、働かずに自由に暮らせる未来が、
私の望んだ未来であり現実だと、知ることができました。

 

 

少しずつ、自分の現実を「理想に変える」ための行動が、
私たちに幸せをもたらしてくれるのだと思います。

 

 

自分の未来を明るいものに変えていけるのは、
自分一人だけでした。

 

以下で、期間限定メルマガも開催していますので、
自由に興味があればどうぞ。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来

「もう一生、働きたくない!」

「自分の人生、自分や大切な家族だけのために、自由に過ごしたい!」

こんなあなたに朗報です。


期間限定、「ブログ開始半年で『稼ぐ力』を身につけた」私が贈る、

「誰にも頼らず、一人で稼ぐ力が身につくメルマガ講座」開催中!




「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



以下の「究極の自由」を、私と一緒に手に入れてみませんか?



・寝ていても遊んでいても、生活費を「永久に、二度と働かずに」稼げる自由。


・「好きな時に、好きな人や大切な人とだけ」、関わることを選べる自由。


・嫌な人とは「二度と会う必要のない」、人間関係のしがらみから100%、解放される自由。


・欲しいものを買いたい時に、値段を見ずに好きなだけ買える、お金の自由。


・その気になれば、親や同居人も養えるほどの、圧倒的な額を稼げる自由。


・仕事などせずとも、どこに住んでいつ旅行しようが好き放題の、圧倒的自由。


・「働くこと」に縛られない、何時に寝るのも起きるのも自分で決められる自由。


・今後一切、永久に「働いていないこと」や「将来のお金の不安」に悩まされない自由。


・贅沢に、趣味や特技を堪能できる余裕の額を、圧倒的に稼げる自由。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。