不労所得で生活する。「ブログで稼ぐ方法を選ぶ」

今あなたがどんな風に暮らしているにせよ、一度はこんな風に思ったことが
あるのではないでしょうか。

 

「働かずにお金を稼ぐことで、一生自由に暮らしていきたい」と。

 

そして、会社勤めなど「人に雇われること」をせずに、自由気ままにしかも
「放っておいても稼げるシステム」があることを、あなたはご存じでしょうか?

 

あなたが「働くこと」に不満を感じているなら、そして「働きたくない」と
思っているのなら、あなたがこれから自由に生きられる可能性のある
この記事を、最後まで読んでみると人生が変わるかもしれません。

 

 

・誰しもが心の中では「働きたくない」と思っている

・働かずに不労所得で生活する人が、実際に大勢存在する
・「働かずに生きる覚悟」ができた人だけが、自由になれる

誰しもが心の中では「働きたくない」と思っている

働きたくないと思う、その理由は人それぞれ色々あると思います。

 

例えば、私の場合なら「煩わしい人間関係が嫌」「毎日定時出勤が嫌」
「自分の自由時間をほとんど割いて会社のために尽くすのが嫌」などが
挙がりますが、
これらは世の働く人々誰しもが、一度は抱えたことのある悩みかと思います。

 

もしくは、今も抱えているけれど「働かないとお給料がもらえないので、
仕方なく」会社勤めを繰り返している、といったところでしょうか。

 

 

そもそもの話、やりがいのある仕事に就いて「働くことが生きがいだ」
と思っている人は、この世の中に果たしてどれほどいるのでしょうか?
いたとしてもそれは、ごく少数であることは今の「不満にあふれた社会」を
見ていれば、よくわかることですよね。

 

不満があるからこそ、労働時間の割に少ない給料や休日に愚痴をこぼすし、
必死に働いてももらえる額のあまりの少なさに「働きたくない!」と
思うわけです。

 

 

人間関係の衝突や社内での陰湿な派閥、毎朝眠い目をこすって無理やり身体を
叩き起こし、嫌な上司に我慢してストレスを溜めるのも、全ては「生活のため」。

 

つまり、「本当は働きたくないけど、お金のために働いている」状態ですね。
暮らしていける生活費があれば、本当は会社勤めなど今すぐ放棄して
一生自由で、悠々自適な暮らしをしたい! …と誰もが思うはずです。

 

 

 

スイレンの花

 

 

 

望んで「定年まで、身を粉にして会社のために働きたい」と
その身を捧げる人など、まずいません。

 

生まれた時から学校や社会の教育により、「大人になれば働くのが当たり前」
という、どこの誰の価値観かもわからない主張を私たちは「正しい」と
思い込まされ、今までこの世の中を生きてきました。

 

 

国や社会により「自分たちの思い通りに働いてくれる、都合のいい人間」を
なるべく多く育て上げるため、私たちは「疑うことなく」幼少期から
「国や社会の都合のために」自分たちの自由を犠牲にさせられてきました。

 

確かに、今の世の中は「働きたくない…」とまさに働き盛りと言われる、
20代や30代で口にすれば「あいつは何なまけたことを言っているんだ?」と、
残念ながら相手にされず冷ややかな目で見られることでしょう。

 

 

ですが、それは誰しもが学校や社会教育により、国や会社の「都合のよい」
価値観を押し付けられ、あたかもそれが「正しい」と思い込まされて
育ってきたせいなので、ある意味で仕方のないことです。

 

「みんながしている」からといって、まるで「多数派が正しい」と無条件に
信じ込むように、あなたも「国や社会の都合のいい人間」になる必要が、
果たして本当にあるのでしょうか?

 

 

人々は実は誰しもが「働きたくない」と思っています。
一日の大半どころか、人生の大半の自由を犠牲にしても、
もらえるお給料などたかが知れています。

 

一時的にお給料をいただけても、それが尽きればまた働かなければなりませんし、
世の中はお金を使うことで回っているので、結局「働かなければ生きていけない」
と錯覚してしまうのですね。

 

 

「働くことでしかお金を稼ぐことはできない」と思っている人ほど、
会社に身を捧げ、必死になって家族や自分の生活のために自由を犠牲にします。

 

ですが、働かずとも生きていける現実的な方法は今の時代確かに存在します。

働かずに不労所得で生活する人が、実際に大勢存在する

人々が今も身を粉にして働くのは、「それが正しい!」と幼少期から国や社会に
徹底的に教育され、それを当然のように受け入れて誰も疑わなかったからです。

 

本当は「働きたくない」と思っていて、労働時間の割に合わない給料に不満を
抱いているものの、「働かないと生きていけない」と思い込んでおり、
それ以外の方法を知らないからですね。

 

つまり、言い変えれば「働かずに稼ぐ方法があれば、それを選びたい!」
誰しもが心の中では思っている、ということです。

 

 

考えてもみてください。
私たち一般の社会に生きる人々が、身を粉にして毎日汗水垂らしながら
働いたとしても、納得いかないことに得られる給料はたかだか月に知れたものです。

 

とても一生暮らしていくには足りない額のお金を前に不満を持つ一方で、
会社のトップの社長や役員たちは、ほとんど働かずに豪華で優雅な暮らしを
満喫していたりします。

 

必死に働いて得られるお給料がわずかな一方で、ほとんど働かず私たちより
もっとリッチで豪華な暮らしを続けている人が、確実にいます。

 

 

これでは、あまりに不公平で理不尽だとは思いませんか?
トップの人たちが豪遊しているのを見て、「自分たちばかり必死になって
働くなんて、バカらしくてやってられるか!」と思うのもむしろ当たり前です。

 

国のトップが働かずに暮らせているんだから、「私たちも働かず暮らしたって、
何も悪いことなんてない!」と思うのは、間違ったことではありません。

 

 

 

下からコスモス

 

 

 

そして、その事実に気づき「身を粉にして働く」ことに疑問を感じた人たちは、
次々と「働かずに稼ぐ手段」を選び、実際に自由な暮らしを実現させています。
→アフィリエイトで100万稼ぐ人が実際にいる世の中

 

今の世の中、ネットが非常に発達していますよね。

 

ネットの可能性に気づいた人たちは、ネットビジネスで生計を立て、
お金を稼ぐ仕組みづくりを整えやがて「働かずに自由に暮らせる」現実を
手に入れ、次々と「幸せな暮らし」をつかんでいます。

 

 

中でもブログアフィリエイトは、一度「ブログや記事を作り、それを放置」
しておくだけで「稼げる仕組みづくり」が整うので、
一旦正しい仕組みさえ作ってしまえば、もうあなたが働く必要はないんですね。

 

やることと言えば、ブログやメルマガの記事や文面を作成し、ネット上に公開し
後は問い合わせや、メールの返信作業をするだけ。

 

一度作った仕組みは、あなたが消さない限りネット上に残り続けますから、
あなたの代わりに仕組みが働いてくれることになります。

 

 

働かずに稼ぐ、つまり不労所得ですね。

 

この不労所得として、アフィリエイトで月々100万以上を売り上げている
アフィリエイターの方を、私も知っています。

 

実際に今稼いでいる、その方の仕組みの通りに私はブログ記事を作り上げ、
今まで自分を信じて「稼げるようになるまで」続けてきたことで、
やがて実際に収入が得られるようになりました。

 

このように、今も「働かずに稼ぐことで暮らしている人」は、大勢いらっしゃいます。

 

 

しかし、何も「一部の才能のある人だけ」がそうやって暮らしているわけではなく、
特別能力や才能などなくても、アフィリエイトビジネスは
「正しい仕組みさえ作れば、誰でも稼げるようになる」ビジネスです。

 

だからこそ、気軽に始められるし「諦めずにやり続ければ」誰しもが、
必ず成功する人になれるんですね。
→アフィリエイトを失敗しないための心構え

「働かずに生きる覚悟」ができた人だけが、自由になれる

心の中でいくら「働きたくない!」と思っていても、
実際に「働かないで生きる方法」を行動に移さないことには、
残念なことにいつまで経ってもそれが実現することはありません。

 

待っていても勝手に「稼げる仕組み」は整いませんし、
ブログなら記事を書かなければ、誰の目に触れることもありませんよね?
→行動できない人は自らチャンスを逃している人

 

 

働かないで生きる覚悟とは、「最後まで、「稼げるようになる」
自分を信じて諦めないこと」とも言い変えることができます。

 

この覚悟が決まっていないと、始めたもののすぐに脱落してしまったり、
そもそも「始めるための行動ができない」ということにもなりかねません。

 

 

この記事をここまで真剣に読んでくださったあなたですから、
もう「稼げる仕組みづくり」を最後までやり遂げる覚悟はとっくに
決まっているのだと思います。

 

今稼いでいようがいなかろうが、アフィリエイトビジネスは関係なく
「誰しもに平等にチャンスがある」ビジネスです。

 

 

あなたが始めようと思ったら始められ、やめようと思ったならやめられる。
確かに始めるもやめるも簡単ですが、だからこそ「覚悟を決めて臨む」
必要があるのかもしれません。

 

気軽に始めるのも一つの手ではありますが、その場合
「思い通りにいかなかった時」、すぐに挫折してやめる原因にもなります。

 

アフィリエイトは、確かに一度正しい仕組みを作れば以降は
「放っておいても稼げる」ビジネスですが、その仕組み完成までに一定の
作業が必要なのも、事実です。

 

 

 

止まれの道路印字

 

 

 

「楽して稼げる」ということだけに囚われて、気軽に覚悟もないまま始め、
やがて挫折するくらいなら、始めからやめておくべきかもしれませんね。

 

しかし、ここまで長い文章を一生懸命に読んでくださったあなたには、
もう既にアフィリエイトを始める「覚悟」が固まっているのではないでしょうか?

 

 

なぜなら、そもそも「始めよう」という意志のない人ならば
ここまでずらずらと長い文章を読んだりしませんし、
本気で「始めたい!」と思っているからこそ、恐らくあなたは実際に
アフィリエイトビジネスを「始める」選択をためらうことはないでしょう。
実際に、決して中途半端な覚悟などではない、と思います。

 

始める覚悟ができたなら、後は「簡単にやめない」。
結果が出るまで続けることさえできれば、アフィリエイトで稼ぐことは
誰しもできるようになります。

 

 

アフィリエイトで稼げない人は、「結果が出る前にやめてしまう」人たちです。
「稼げない」と勝手に見切りをつけ、後一日待てば反応や成果が
あったかもしれないのに、「もうやめよう」と諦めて脱落してしまう。

 

そして、「やっぱり働かずに稼げるなんて、ウソなんだ…」と自己完結して、
「雇われて自由を犠牲にし、お給料をいただく」社会のシステムに入っていく。

 

 

文句や不満を言う人は、多く「行動しようとしない人」です。

 

行動の選択肢や可能性があるのに、それを実際に選ぼうともせずただ
「自分が変える」ことより「現状が勝手に変わる」ことを望んでいる。
行動しないのに、現実が変わる可能性はたったの1ミリもありません。

 

→成功するために正しくお金を使う方法を学ぶ
→意識を変えることで自然と行動も変わってくる

 

 

そのことに気づき、実際に「自分の現状を変える」ための行動をためらわず
起こした人だけに、「働かずに暮らせる自由な未来」は待っています。

 

最初から目の前の可能性を諦め、やがて理不尽な社会に溶け込むことを選ぶのか。
「働かずに暮らせる未来」を本気で信じて、少しずつでも行動していくのか。

 

 

あなたが劇的に「幸せになれる」可能性を秘めているのは、果たしてどちらの未来か。
ここまでの文章を読んでくださった賢明なあなたなら、とうに理解しておられると思います。

 

働かずに稼ぐ仕組みづくりを成功させるため、以下の記事もおすすめです。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。