ネットで稼ぐ方法を選び、お金の不安を取り除く

誰しも、生きていく上で必要なのがお金。
生きるためには食べていかねばならないですから、収入がないと
困ったことになりますよね。

 

それがわかっているからこそ、そして私たちには予知能力などなく、
「先が見えない」という不安があるからこそ、お金に執着する人が
多いのかもしれません。

 

 

「お金を得ることで安心したい」「不安を取り除きたい」
この思いは、世界中の人々に共通している思いですね。

 

だからこそ、社会の不安定な「縦の関係」に身を置いて稼ぐのでなく、
これからは「ネットで稼ぐ」ことが、あなたの将来の安定へと繋がります。

 

 

・今の時代は既に「働かずに稼ぐ時代」

・なんのために働くの?自由に生きるのって悪いこと?
・働くことの意味がわからないなら、いっそ働かない

今の時代は既に「働かずに稼ぐ時代」

今は、ネットが普及しているいわゆる「情報社会」ですね。

 

ネットを使って、情報のやり取りはもちろんのこと、
家にいてもパソコンやスマホ一つあれば、お金を稼げる時代です。

 

一昔前と違って、情報社会に慣れ親しみ、その快適さのとりこになった人々は、
ネット社会の発展と共にパソコンと身一つで「働かずに稼ぐ」方法を知り、
その魅力に気づく人がどんどん増えてきました。

 

 

それでも「お金を稼ぐ」と言うと、「=汗水垂らして働く」と連想する方が
まだまだ多いのが、この国の現状です。

 

情報社会となり、ネットであらゆることが可能になり、もちろん「働かずに稼ぐ」
ことすらも可能になった中で、なぜ今もなおそういった考え方が
広く浸透しているのか、あなたはお分かりでしょうか?

 

 

それはやはり、私たちが子供の頃から親や周囲の大人たちが「会社勤めで働く」
様子を目の当たりにしており、そもそも「働かずに稼ぐ方法」を実際に
行っている人もおらず、ましてそんな方法がある、ということを誰もが
教えてくれなかったせいですね。

 

 

つまり、ネットが普及し、情報社会となった今でもなお、
「ネットを使って、働かずに稼ぐ」方法や手段そのものが、まだまだ
浸透していない、極めてマイナーな選択肢、ということになります。

 

そして、「ネットで稼ぐ」という事実そのものに対して、一般社会の人々は
嫌悪感を抱いていたり、正当でないと思い込んでいる節があるのも事実ですね。

 

 

 

パソコンと聴診器

 

 

 

つまり、ネットで稼ぐという手法を実際に取り入れている人が周りにおらず、
「どんなものかわからない」からこそ、わからないものには真っ先に
「疑い」を持ってしまう。

 

よく知りもしないものを疑いの目で見てしまったり、「本当に大丈夫?」と
思ってしまうのは、むしろ極めて正常な反応です。
反対に、「どんなものかわかりもしない」のに頭から信じて、「大丈夫!」と
思える人のほうがうさんくさいし、「もっと疑えよ」と思ってしまいますよね。

 

 

例え今はその実態がよくわからなくても、知らなくても徐々にわかってくる
ことで、「ネットで稼ぐ」ことへの「不審」や「不安」は消えます。

 

少し、考えてもみてください。
私たちは、わからないからこそ不安に思い、「知りたい」と思うし「大丈夫」
である、その根拠が欲しいと思います。

 

 

つまり、一度調べて「実態をよく知った」ものに関しては、自然と安心するし、
今まで疑問に思っていたことや謎が解明されたからこそ「大丈夫」と
正当なものとして、認識を改めることができるわけです。

 

ネットビジネスやアフィリエイトに関しても、同じです。
一度調べたり、話を聞いたり、記事を読んだりして「どんなものか理解した」
からこそ、安心して取り組もうという気持ちもわいてくる。

 

アフィリエイトについて、下記で詳しく説明していますので、
まだご覧になっていなければ一度、参考にしてみてくださいね。
→情報商材アフィリエイトを選ぶべき理由

 

 

今や、既にこの国でももちろん、世界中で「ネットで稼ぐ方法」を選び、
「働かずに稼ぐ」術を習得し、悠々自適に生きている人が増えています。

 

 

だからこそ、時代に乗り遅れない意味でも、そしてこれからあなたが
「働かずに自由に暮らせる未来」を手に入れる意味でも、会社勤めよりも遥かに
得をするアフィリエイトビジネスに参入するのは、正しい選択と言えます。

 

せっかく目の前に「自由に暮らしていける手段」があるのに、それを怪しむだけで
手を出さないのは、チャンスをドブに捨てているのと同じ。
賢明なあなたは、そのように思うのではないでしょうか?

なんのために働くの?自由に生きるのって悪いこと?

そもそもの話、人々はなぜ自分の自由時間をほとんど犠牲に、働くのでしょうか。
もっと言えば、なぜ地位や名誉にすがり、出世を望む人が多いのでしょうか。

 

 

それはやはり、「お金のためだ」「生きていくためだ」というのが
大きな理由でしょう。
しかし、極端な話「生きていくためにお金が必要」なら、
フリーターや日雇いでも、その日食べるぶんには困らないし、
仮にお金が無くても、今日明日突然飢えて死ぬこともありません。

 

 

つまり、生きていくためには何も「多額の収入を得る必要はない」わけです。
そして「雇われて働く」以上は、やはり収入を増やしたい!と思ってもそれには
「伴って労働時間も増える」ので、結局自由にはなれませんよね。

 

安定を手に入れ、自由になりたいからこそたくさん稼ぎ、将来の不安のないよう
暮らしていきたいはずなのに、一方で「働く時間を増やす」せいで、
一向に自由になどなれやしない。

 

 

生きるために働いていたはずが、いつの間にか「働くために生きる」ように。
これでは、生涯のほとんどの時間を「会社のために尽くす」結果になってしまい
自由どころの話ではありません。こんなこと、誰しも望んでいないはずです。

 

そして、一般社会に生きる方々、ひいては日本人に多いのが
「楽して儲ける」=「悪」という国や社会の戦略による価値観。
(詳しくは、下記の記事で説明していますので、参考にどうぞ)
→「もう仕事したくない」と思ったから働くのをやめた話

 

 

 

4つのビル

 

 

 

「自由に生きたい!」「楽して生きていきたい!」と誰しもが望んでいる一方で
ひとたび他人がそれを実現している、と知ればふつふつとわき上がってくるのが
嫉妬や妬みという、後ろ暗い感情。

 

もちろん、全ての人がそうだとは言いませんが、特にこの国の人々は
「働いてお金を稼ぐことこそ正義」だと思う人が多いからこそ、
「働かずに楽してお金を稼ぐ」と聞くと、それを無条件に悪だと
決めつける傾向があります。

 

 

「働かずに」と聞くと、「こっちは苦労してるのに、あいつだけずるい!」
という感情がわき上がり、「自分も自由に暮らしたい」と思いはするのに、
いざ「働かずに暮らせる手段」があり、それが浸透していないとわかると
「なんか正攻法じゃなさそうだし、やっぱりいいや」となる。

 

つまり、彼らが何を恐れているかというと「人と同じでなくなる」要するに
「多数派でなくなる自分」を恐れている、ということですね。
→一般論や常識に振り回されると「生きるのがつらい」と感じる理由

 

 

この国の人々は、今も「働くこと」に疑問を感じ、不満を持ちながらも
「どこかおかしい」と感じながら、それでもなおその「おかしさ」の正体を
突き詰めようとする勇気ある人は、ごく少数です。

 

「おかしい」と感じているのなら、「おかしくない方法」を選べばいいのに、
そうすることもなくただ「現状が変わる」ことばかりを望み、不満を垂れる。

 

これでは、いつまで経っても「自由になれる」日など来ません。
本当の自由を手に入れられる人とは、「自分の頭で考え、「本当に自由になれる
方法」を選び行動したからこそ、心から納得いく生活を送れている人」です。
→ついダラダラしてしまうあなたへ。強迫観念は捨てていいんです
→自分で考える力をつける。「違い」を探すメリット

 

 

最初から諦めている人、自分にとっての「自由」がなんであるか、
考えようともしない人に「本当の自由」が手に入るはずがありません。

 

しかし、今この文章を読み、「自分の人生」を自分で決めようとする賢明な
あなただからこそ、その少数の「勇気ある人」になれると、そう思いませんか?

働くことの意味がわからないなら、いっそ働かない

私たちは、生まれた時から既に「将来、大人になったら働くこと」と、一にも
二にも個人の自由や考え方などなく、決めつけられています。

 

 

例えば、専門学校や大学に入るにしても、行き着く先は最終的には「働くこと」。
そもそもの話、「将来、働く時に役に立つ」ことを前提に学校通いをするのが
当然の認識となっていますし、もっと言えば「生まれた時から、学校通い」を
義務づけられているため、そこに「嫌だ」「行きたくない」などの選択肢など、
そもそも存在しません。

 

 

義務だ、と自分よりも立場が上の大人たちから言われれば、当然子供は
逆らうことをしません。
理由も何もなく、ただ「義務だから」と学校通いを強制され、果てには
「働くこと」を当然のように強要される。

 

「働くこと」にしても「学校」にしても、大人たちは口を揃えて「義務だ」
「して当たり前なんだ」とは言っても、肝心のその「理由」をまともに
教えてはくれません。

 

 

ただ「将来、立派な大人になるためだよ」と訳のわからない、理由とも言えない
理由で子供を丸め込み、まるで自分たちの所有物のように従わせます。

 

そこに「できない」人間がいる、できないことに一人で悩み苦しむ人間がいる、
嫌でたまらない人間がいる、などとはハナから考えもせず。

 

 

 

パソコンのキーボードとモニター

 

 

 

私たちは人間ですから、一人一人個性もあり得意なこと、苦手なこと、
できることやできないことも違っていますよね。

 

ある程度の基準はあっても、人によって「できること、できないこと」が違う
からこそ、味もあり個性は引き立ち、そこに人間らしさが生まれます。

 

 

それを、今の国や社会のシステムはどうでしょう。
「できない」個人を認めようともせず、「できない」ことで人の何倍も苦しみ、
今まで誰にも言えないつらい思いを抱えてきた誰より辛抱づよい人間を、
更に上から責め立てるように「どうしてできないの!」とがなり立てる。

 

まるで、「できない」ことが「ダメなこと、いけないこと」だと言うように。

 

 

働くことにしても、学校教育にしても優遇されるのはいつも
「大人の言うことを聞く、要領よく出来のいい優秀な子」。
問題児扱いされるのは、いつも「言うことを聞かない、出来の悪い困った子」。

 

必死になって頑張って、「できない」ことをバネに周りに追いつこうと
いつも努力しているのに、それでもなお叱られて、人間性を否定されて。
これでは、伸びるものも伸びないどころか、そもそも
「大人たちが、伸びるはずの芽を摘んでいる」のと同じことですよね。

 

 

人間性を否定され、できないことを責められて傷つかない人間はいません。
必死で頑張ったのに、認めてもらえず悔しい思いをかみ殺したこと。
あなたにも、そのようなつらい経験があるのではないでしょうか。

 

人の芽を摘み、潰さんとする今の社会や国の教育方針に、もう真っ直ぐで
芯の強いあなたが、これ以上振り回される必要などありません。

 

 

冒頭でも言ったように、これからは「働かずにネットで稼いでいける時代」です。
だからこそ、一昔前と違って今の私たちには「できない」と思っても、
その「できない」個性を十分に尊重できる場があります。
私たちを肯定してくれる「居場所」に、私も救われることができました。

 

もう、学校に行けないことや働けないことで悩む必要などどこにもありません。
「やりたくない」なら、「やりたくない」と真っ当に自分の意見を発信し、
そこから「やりたいこと」に向かって進んで行ける道が、目の前にあります。
→「働きたくない」なら、本気で自由になれる方法を探す
→新しいことを始めるのが不安な時読みたい記事

 

 

私たちには、ネットがあります。アフィリエイトがあります。
決して、八方塞がりなどではありません。自由に生きられる道があります。

 

その道を信じ、手に取る勇気を持ったからこそ、チャンスを活かせます。
やがて成功者になり、働かずに自由に暮らせる未来を手に入れられます。

 

今の自分の生活を変えたい。本気で自由を手に入れたいと思うのなら、
今があなたの人生で一番、行動するチャンスに恵まれた時です。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。