人間関係が難しい、と悩んだ時に読みたい記事

生きている以上、人との関わりは切っても切れないもの。

 

 

自分とは違う人と関わるからこそ、
時には意見の行き違いがあったり。

 

思わぬ言い争いに発展したり、
ということもありますよね。

 

 

なるべくなら、誰とも「良好な関係」を築いていきたいですが、
実際はそううまくもいかないこともあります。

 

 

そんな時、うまくいかないことに必要以上に囚われないために。
知っておきたいことがあります。

 

 

・親しい間柄でもひどい言葉を言われることはある

・ある程度妥協すると、トラブルも防げる?
・我を通すより相手を尊重することを優先する

親しい間柄でもひどい言葉を言われることはある

例えば、普段は親しく何でも話せるような間柄でも。

 

時に、些細なことからケンカになったり。

 

はたまた、
思わぬひどい言葉を言われてしまうこともあります。

 

 

理解している、し合っていると思っているからこそ。

 

確かに、ケンカやトラブルに発展することは、
少ないかもしれません。

 

 

なぜなら、普段から意思の疎通ができていたり。

 

コミニュケーションを積極的に取っている相手ほど、
「何を考えているかわからない」ということが減るからですね。

 

 

話せば、やはりそれだけ相手のことが見えてもきます。

 

 

「ああ、こんなことを考えていたんだ。」

 

「気分が悪そうと思っていたけど、どうやら勘違いだったみたいだ。」

 

「意外と、共感点があった。仲良くできるかも…」

 

 

実際に、
話してみたからこそこのようにわかることもありますよね。

 

 

つまり、お互い分かり合えている…と思うからこそ。

 

トラブルもなく、安心して心地よい空間を過ごせるのは、
まぎれもない事実。

 

だからこそ、私たちは無意識にも「分かり合える人といると、安心」
だとも思うのかもしれません。

 

 

しかし、実際お互いに心ある人間です。

 

時には、気分の悪い時。
何となくモヤモヤする時。ありますよね。

 

 

そんな時には、
やはり少し話すだけでもケンカになることもあります。

 

ひどい言葉を言われることも。
逆に、言ってしまうこともあります。

 

 

ですが、それはお互いに完璧ではない人間である以上、
仕方のないことだと私は思っています。

 

 

神でも仏でもないのだから、
気分の悪い日もあって当然。

 

まして、互いに価値観や考え方が異なるのですから、
意見の食い違いなど「全くない」ほうが、かえって不自然。

 

 

あなたは、そのようには思いませんか?

ある程度妥協すると、トラブルも防げる?

例え、親しい間柄や普段信頼している人相手でも。
予期せぬ言い争いや、トラブルが起こることもあります。

 

 

そんな時、「信頼しているのに!」…のように憤慨してしまうと、
あなたの気分も途端に悪くなります。

 

どころか、
裏切られたような気分にすらなるのではないでしょうか。

 

 

普段、信頼していて心地よい空間を作れる関係だからこそ。

 

私たちは、「そんな相手が、傷つけるようなことを言うはずがない」と、
どこかで思ってしまいがちです。

 

 

やはり、信頼関係があるからこそそんな相手に心を許し、
楽しく過ごす意識も芽生えるのだと思います。

 

 

ですが、少し考えてもみてください。

 

やはり、いくら信頼関係があったとしても。
私たちは、互いに「全く異なる人間」ですよね。

 

 

だからこそ、時にはちょっとした価値観の違いから、
思わぬ言葉を言われて傷つくこともある。

 

逆に、自分では「何てことない」と思った軽い言葉も、
言ってみれば深く傷つけてしまうことも、あるかもしれない。

 

 

 

つる

 

 

 

人によって、物事のさじ加減や基準、
感じ方など千差万別です。

 

だからこそ、自分の基準で判断すべきではない、
とこのブログでもお伝えしています。

 

→一般論や常識に振り回されると「生きるのがつらい」と感じる理由

 

 

この程度で、傷つくと思わなかった。

 

これは、一種の「期待」でもあると、
私は自分の経験からそう思うようにもなりました。

 

 

だからといって、「こんなことを言ったら、傷つくかもしれない…」
と常に考えていると、何も言えなくなってしまいます。

 

 

人を傷つけたくない、という思いがあるなら。

 

まず、私たちにできることは「相手を配慮する」ことではないかと、
そう思います。

 

 

配慮、つまり「それを言った時の相手の反応を予測する」ことですね。

 

例えば、「こう言ったら、傷つけるかも…」と思う恐れがあるのなら。
そんな時は、言い方を変えることはできます。

 

 

言い方一つで、人は感じ方、受け止め方も変わるもの。

 

上から、がなり立てるように言うのでなく、
優しく思い巡らすような気持ちを持って、冷静に言葉をつむぐ。

 

 

これは、アフィリエイトにも通じる重要な意識です。

 

 

冷静に言われれば、自然と相手も聞く耳を持ってくれます。

 

怒鳴られると、「うるさいなあ」としか思わなくても。
言葉の掛け方一つで、「同意」を取り付けることもできるんですね。

 

 

相手を配慮しながら、
その中で自分の伝えたいことを確実に伝えていく。

 

そうすることで、トラブルも随分と減るのではないかと思います。

我を通すより相手を尊重することを優先する

そして、例え相手に「ひどいこと」を言われたことがあっても。

 

 

「そんなことを言うなんて、信頼してたのに!」
と傷ついてみせるよりも、
「こういうこともあるよね」と、冷静に寛大に受け止める。

 

そのほうが、
結果的に私たち自身の気分を悪くする時間を減らせます。

 

 

確かに、思わぬことを言われてショックだったり。

 

時に、意見の食い違いでケンカに発展すると予想外のことだけに、
「なんで?」と思う気持ちも出てきます。

 

 

ですが、「起こったこと」は既にもう変えられないこと。

 

だからこそ、その起こったことにショックを受けその衝撃に浸るよりも。

 

私たちができる有益なことは、
「起こったことを必要以上に気にせず、受け流す」ことではないでしょうか。

 

 

考えてもみてください。

 

お互いに、例えば「一緒にいる時間が長いほど」嫌なところ、
いいところ両方が目にもつきます。

 

 

普段から、距離があれば嫌なところは見えない代わりに、
いいところにもなかなか気づかないこと。
ありますよね。

 

 

信頼し、理解し合える人というのはそれだけ
「コミニュケーションを取る時間が長い」んですよね。

 

だからこそ、互いに嫌なところもいいところも認めて、
いい関係を築けるのではないでしょうか。

 

 

つまり、嫌なところにいちいち目くじらを立ててもトラブルに発展するだけ。

 

最善なのは、
相手の嫌なところを「必要以上に気にしない」ことでした。

 

 

 

葉っぱ

 

 

 

もちろん、あまりに気になることは一度「口に出して、指摘する」
のも一つの手だと思います。

 

ですが、そこで改善するかどうかは相手の意識であって、
私たちの問題ではありませんよね。

 

 

当然、いくら言っても改善の意識がない人もいます。
それは、個々の価値観の問題かもしれない。

 

つまり、「私はあなたのこういうところが嫌だ」けど、
その本人は別に「嫌だ」と思っていない。

 

だからこそ、改善するべきとも思っていないのかもしれません。

 

 

そんな時、「あの人、あれだけ注意したのに全然直そうとしない…」
と腹を立てて過ごすよりも。

 

改善の意識がないとわかったなら、「あの人にとっては、問題じゃないんだ」
とむしろ割り切り、気にしないほうが有意義な時を過ごせます。

 

 

「問題」かどうかを判断するのは、私たち個人の価値観によるもの。

 

→善悪の判断を下す人ほど、生きるのがつらいと感じやすい

 

 

問題を問題視しすぎて、気分を悪くするのは決して、
あなたが望んだことではないはずですね。

 

 

だからこそ、感情的に「間違ってる!」と相手を正そうとするよりも。

 

必要な意識は、「時には妥協する」こと。

 

また、「まあいいか」と寛大な心で物事を見ることであると思います。

 

 

私も、以前よりも少しずつ「まあいいか」と思える頻度が増えたので、
お陰で心を乱しイライラする時間が劇的に減りました。

 

 

相手を尊重しながら、自分の意見も伝えてみる。
伝えたところで、何も変わらなくても必要以上に気にしない。

 

 

同じ時を過ごす期間が長い相手とほど、「まあいいか」
の意識を持って、心地よい空間を作り上げていきたいと、
そう思いませんか。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。