人間関係のトラブルを避けるために。人を○○する癖をつける

あなたは、知っていますか?
人間関係のトラブルを起こす時には、多く一定の法則があるということを。

 

人間は、誰しも一人では生きていけないからこそ、なるべくなら他人とも
いい関係でありたいし、平和に過ごしたい。
誰しも、そんな風に思いますよね。

 

 

この記事を読めば、意識を見直し人間関係のトラブルになる原因を
知ることができるので、以後対策を立てて行動することが可能になります。

 

もちろん、アフィリエイトでも「相手の立場になって考える」癖が身につくため
十分活かせる意識です。一度、最後まで読んでみてくださいね。

 

 

・人の考えを決めつけない。自分の物差しだけで測らない

・人の話を聞く。「聞き役」の重要性とは…
・自分のこと「ばかり」だとトラブルになりやすい理由

人の考えを決めつけない。自分の物差しだけで測らない

例えば、人の考えを「自分の物差しで測って、決めつける」ことをしてしまう
人がいます。

 

私にも当然当てはまることなのですが、一度人との話し合いで折り合いが
つかず、流れがどんどん悪い方向になった時にやってしまったことがあります。
それは、「人の考えや感情を、勝手に決めてしまった」こと。
つまり、どういうことだかお分かりでしょうか?

 

 

人は特に、思考が濁っていたりと視野が狭くなっていれば「自分の物差しで
人のことを測る」ことをしてしまいがち。
つまり、例えば「今日は晴れだから、いい気分だな」と自分が思えばそれを人に
当てはめて「きっとあの人もそうに違いない」と決めつける。
「雨だから、不機嫌だ」と思えば、他の人も「きっとそうだ」と決めつける。

 

自分の思いや考えを素直に言うと、「ああ、こんなことを言うなんてきっと
相手は驚いたに違いない、嫌な思いをしたに違いない」と
「自分が思ったことを、そのまま相手の思いとして当てはめる」。

 

 

自分が言ったことを、相手も「自分と同じように受け取る」とは限りません。
当然、人それぞれ考え方が異なるからですね。
それなのに、最初から「こう思うに違いない」と決めつけてしまう。

 

私も、過去に人との話し合いで「こんなことを言ってしまったから、きっと
あの人はああ思ったに違いない」と決めつけたことがあります。
実際に「そうではなかった」ことに気づいたのは、意見の確認をしたから。

 

 

そして、「自分の意見を決めつけられた」相手が当然、気分をよくする
はずもありませんよね。

 

「私の意見を、勝手に決めないで!」…このように言われてしまいました。
至極、当然の意見だとその時深く反省したのを、覚えています。

 

 

なぜ、このようなことが起こるのかあなたはその理由がお分かりでしょうか?

人の話を聞く。「聞き役」の重要性とは…

上記のような「決めつけ」が起こる一番の原因は、やはり「自分の物差しで
相手を測ってしまうから」です。
つまり、自分の基準で考えるあまり、相手が「自分とは違う人間で、違う感性や
価値観、考え方を持っている」ということに考えが至らない。

 

「こう言えば、こう」「自分はこう考えたから、それが普通だ、当たり前だ」
のように、「自分を基準にして考えてしまう」のですね。

 

 

相手が「自分とは違う人間で、違う考え方をする」可能性を、そもそも考えない。
特に、視野が狭くなっていたり「何か一つの物事に囚われており、冷静に
考えられない」状態の時に、起こりやすいことです。

 

人それぞれ、顔形や個性が違うように人の数だけ、考え方や価値観があります。
日本の人口が約1億2000万人なら、1億2000万通りの考え方があります。

 

 

少し、考えてもみてください。
例えば物語。小説によく出てくる表現が、「1章」「2章」…と章を分ける中で
それぞれに「違った視点から」話を構成する、というもの。

 

Aさん、Bさん、Cさんの「3章」からなる物語だとすれば、当然3通りの
考え方がそこには生まれます。
同じ物事でも、Aさん視点ならば「こう見えた」ということがBさん視点、
Cさん視点ならば「全く別の考え方をしていた」ということも、
珍しくありません。

 

 

だからこそ、「この時はこう思うのが当たり前」という「常識や当たり前」は、
どこにも存在しません。
→一般論や常識に振り回されると「生きるのがつらい」と感じる理由

 

「自分の物差しで測る」ことをやめるためには、まず「人には色んな意見がある」
ことを念頭に置いて、人と接する必要があります。
そのために、「人の話を聞く」ことが重要になってきます。
一体、どういうことでしょうか?

 

 

 

公衆電話

 

 

 

「色んな意見がある」ことを知るために一番早いのは、実際に「色んな意見が
ある」現場に触れる、というものです。
つまり、「たくさんの人の話を聞く」。

 

…とは言いましたが、何も実際に「たくさんの人」である必要はありません。
自分と、人の意見が違う…ということを確認できれば十分なので、
一人だけでも「意見の交換」を行ってみることが有効だと、そう思います。

 

 

実際に、面と向かって「話す」ことでなくても、例えば今はネットやSNSで
気軽にたくさんの人とも意見交換できますよね。
注意深く、相手の話を「聞く」意識を持つだけで、見えてくるものがあります。

 

例えば、真剣に聞こうとしなければ「相手がどう思っているか、何を考えて
いるか?」ということは見えてはきません。
身近な人との普段の話にしても、適当に聞いているのかいないのかわからない
態度でいても、話は一つも耳に入ってはきませんよね。

 

 

時には「聞くのがめんどくさい」「長々と話して、早く終わらないかな…」と
思うこともあるかもしれませんが、一度想像力を巡らせて「相手の言葉から、
相手が何を考えているのか知る」意識を持つと、自然と思考が柔軟になります。

 

「相手の想いや、考え方を知りたい」ということに意識が向くので、
それはすなわち視点が「自分のことから、相手を見る意識に切り替わる」ため
より、相手の想いや気持ちを言葉の端々から想像できるようになるからです。

 

つまり、聞き役を買って出ると意図して「相手の考えを知り、自分の柔軟性を
高める」チャンスになる、ということですね。

自分のこと「ばかり」だとトラブルになりやすい理由

人と話をしている時、「自分の話にばかり持っていく」人がいます。

 

相手が、相手のことを喋っている時に「ふ〜ん、そうなんだ。あ、私はさ…」
と言った具合に、事あるごとに「自分の話にしてしまう」。
彼らが、そのことを意識しているのか無意識かは私には判断できませんが、
いずれにせよ「話を食われた」わけである「もともとの話し手」は当然、
いい気分がしませんよね。

 

 

人に、自分のことを「話したい、聞いてほしい」と思う気持ちもわかります。
誰だって、辛かったことや苦しかった経験は分かち合って共感してほしいし、
嬉しいことは一緒に喜び、偉大な功績は「褒めてほしい!」と思いますよね。

 

人間である以上、承認欲求がありますからそれはむしろ、当然のことです。

 

 

しかし、一方でやはりその「承認欲求」を持っているのは、何もあなたや私
一人だけではありませんよね。
大差はあれ、世界中のほぼ全ての人が持っている、「認めてほしい、
わかってほしい」という欲求。
→人に期待しない生き方を身につける。期待すると疲れるだけ

 

だからこそ、人に対しても「話を聞いてほしい」と思うのは一人だけではないし、
要するに「あなたが話したいのと同じように、相手も聞いてほしいと思ってる」
…ということですね。

 

 

自分のこと「ばかり」で、相手のことを考えられない人は、相手に対する
「尊重」の意識が欠けているのではないかと、そのように思います。
尊重、つまり「相手を大切に想い、大事に扱う」ことですね。

 

自分が大事に扱ってほしいように、相手も大事に扱ってほしいのは当然のこと。
だからこそ、アフィリエイトでも自分本位の人はいつまでも稼げませんし、
「人を思いやる文章を書く」からこそ、成約が取れるのはうなずけますよね。
→コピーライティングをブログに取り入れれば稼げる理由
→「行動できない人」を卒業できれば、成功に一歩近づける

 

 

 

毛糸のハート

 

 

 

当然、人それぞれ色んな考え方がありますから、中にはあなたや私とは
相容れない、どうしても理解できない意見の人もいるでしょう。

 

そんな時に、無理して「理解を示す」必要など、ないと私は思います。
理解していないのに、理解した「ふり」をして本心とは違う反応を相手に返すのは
他ならない、相手を尊重していることにならないと思うからです。

 

 

かといって、わざわざ「私はそうは思わない」という主張をしても、相手に
よっては「反抗された」と受け取ってしまいかねません。

 

考え方が相容れなくても、相手を「尊重する」ことはできます。
理解せずとも、受け入れて「話を聞く」ことはできますよね?

 

 

適当にスマホを見ながら話を聞かれても、聞いているのかいないのかわからない
態度に相手は腹も立ちますが、真面目に向き合って聞いてくれた、と感じれば
当然自分を「尊重してくれた」という意識は通じるので、
トラブルにはなりません。

 

人は、自分を尊重されていない、いい加減に扱われたと感じた時に多く
腹を立てます。なぜなら、適当に扱われたことにより「バカにしてるのか!」と
攻撃態勢のスイッチが入るからです。

 

 

考えてもみてください。動物だってそうです。
ペットや道行く野良猫にしても、邪険にされれば攻撃的になりますが、優しく
撫でれば例え最初は警戒していても、やがて心を委ねてきてくれます。

 

自分をいい加減に扱われて、悲しくならないはずがありません。
「自分のことばかり」で人を省みない人は、当然トラブルを引き起こしやすく
人に「自分から与えていない」ので、感謝されることもありません。
→アフィリエイトにおいて成功するマインドとは?
→今すぐ満たされたい人のための「幸せになれる方法」とは?

 

 

話にしても、相手を尊重して真剣に向き合う。
アフィリエイトも、相手の立場になって考え、親身になって寄り添う。
いつだって、心揺さぶられるのは「自分を尊重してもらえた」と感じた時です。
自分を大切にしてくれるからこそ、心も落ち着き穏やかにもなれます。

 

最後まで読んでくださる、誰より人の気持ちのわかる、心優しいあなたですから
きっと、これから目を見張るような温かい文章や、人を想う行動を重ねて
より与える人として、素晴らしい貢献をしていかれるのだと思います。

 

 

おごり高ぶらず、自分のことと等しく人のことを尊重しながら。
冷静に今の自分の能力を見極めて、共にどんどん成長していきたいものですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。