落ち着いている人が取り入れている成功の習慣

人間とは、意外と単純なもの。

 

焦って結果を出そうとする時よりも、
「なるようになる」と大きく構えた時のほうが、
良い結果を出せたりします。

 

 

このブログでも、結果より過程を重視するとうまくいく、
とお伝えしています。

 

→焦りや不安に支配されない人間になるために

 

 

無用な失敗は、できる限り避けたいからこそ。

 

何事も「落ち着いて」取り組む方法を、
今のうちに身につけておきましょう。

 

 

・いきなり結果を出そうとするから失敗する?

・失敗する考え方を少しずつ排除する
・まずは、一日少しだけでも「落ち着く」体験を重ねる

いきなり結果を出そうとするから失敗する?

私も、実際に「結果を出すこと」に囚われて、
焦って失敗したことがあります。

 

あなたにも、似た経験がおありでしょうか。

 

 

結果を出したい、早く成功したい…と思うからこそ。
どうしても、うまくいかない現状にイライラしたり。

 

私たちは、「できないこと」に囚われ、
気分を悪くしてしまいがちですよね。

 

 

ですが、そんな時にもやはり必要なのは「冷静になること」。
うまくいかないことに囚われて、結果ばかり気にしていても。

 

やはり、物事がうまく進むきっかけになるか、
と言われれば当然NOですね。

 

 

そもそも、なぜ「焦ってもうまくいかない」と頭ではわかっているのに。

 

私たちは、ついついうまくいかない時に限って、
結果を焦ってしまうのでしょうか?

 

 

それは、やはり「うまくいかない結果に納得がいかない」からですね。
納得がいかないあまりに、自分の手で「何とかしたい」と思うからこそ。

 

 

「ああすれば、うまくいくんじゃないか?」

 

「こうすれば、ひょっとして好転するかも…」

 

 

と、望む結果を出すためにあれやこれやと試行錯誤します。

 

納得がいかないのは、
やはり「気持ちがスッキリしない」からですね。

 

 

誰でも、うまくいかないよりうまくいったほうがいいに決まっている。

 

納得いく結果を得て、
スッキリ晴れやかな気分を味わいたいからこそ。

 

私たちは、「何とか、うまくいかせよう」と頭をひねります。

 

 

ですが、実際は「うまくいかないこと」に囚われている時こそ、
かえって失敗する経験が増えるもの。

 

私も、何度も味わってきました。

失敗する考え方を少しずつ排除する

「うまくいかないこと」「結果がなかなか出ないこと」に囚われると、
途端に失敗の連続になる。

 

その理由を、あなたはご存じでしょうか?

 

 

やはり、「落ち着いている時」と、「焦っている時」
には私たちにはわかりやすい差ができます。

 

それは、「焦っている時」には決まって思考が濁り、
ロクなことを考えない。

 

→自分を客観視する癖をつけるとネガティブからポジティブになれる

 

 

そして、「落ち着いている時」には、視野が広くなり柔軟な発想ができる、
ということです。

 

 

考えてもみてください。

 

「焦っている時」には、そもそもその「焦り」に囚われている時。

 

「焦り」という感情一つに囚われて、
それが嫌で「早く何とかしたい」と思う。

 

 

そんな状態で、気分よく物事をこなすことなどできませんよね。

 

もっと言えば、思考が濁った状態で成功に繋がるひらめきや、
質の良い記事が書けるはずがありません。

 

→つい考えすぎるあなたへ。先々のことを考えない方法とは?

 

 

 

あじさい

 

 

 

焦る時に、失敗する「悪循環」を生み出す、最大の原因。

 

それは、やはり「失敗する思考」
で物事を無理やり続けることにありました。

 

 

つまり、「今は、成功に繋がる考え方ができない」とわかっているのに。

 

そんな時に、濁った思考でいくら頭をこねくり回しても、
「成功に繋がる」ことはありません。

 

 

なぜなら、そもそも焦りに囚われた「心に余裕がない」状態なので、
人のことも、自分のことも大事にできていないからですね。

 

 

アフィリエイトでも、心に余裕を持って文章を考えるからこそ、
人の気持ちを想う心優しい、温かな記事が書けます。

 

焦って、「結果を出すこと」に囚われて書いてもそこにあなたの「本音」や、
心優しい想いは一つも乗らない。

 

 

つまり、「焦りに囚われている時」にできる最善策は、
「焦りに囚われるのをやめる」ために、

 

「今は他のことをしよう」と一旦気持ちを切り替えて、
「今行っていることをすっぱりやめる」ことでした。

まずは、一日少しだけでも「落ち着く」体験を重ねる

実は、私も少し前までは「焦り」にすぐに囚われて、気分を悪くする…
という厄介な癖を持っていました。

 

 

人間である以上は、誰にも「調子のいい時」「悪い時」があります。

 

昨日は、調子がよくスラスラ進んだ。
…ということがある一方、今日は調子が悪く一向に進まない。

 

…ということもありますよね。

 

 

そんな時、「調子が悪いこと」を良しとしなかった私は、
ついつい
「昨日みたいに、うまくできるまでやろう!」と濁った思考の中、
「やり続けること」を自分に課していました。

 

 

どうしても、「調子が悪い自分」を認めたくなかったんですね。

 

その結果が、「昨日は調子がよかったんだから、今日もできるはず!」と、
調子の悪い自分に無理を強いること。

 

 

当然、今日は昨日と違って「調子が悪い」ので、
同じようにうまくいくはずがありません。

 

 

例えるなら、「調子の良かった」昨日は10の力を出せていたとしたら。
「調子の悪い」今日は、打って変わって5までの力しか出せない。

 

 

そんな状態なのに、「できるはず!」と自分にムチ打って、
5を何とか10にしようと、躍起になっていた。

 

こんな状態で、気分が悪くならないはずがありませんよね。

 

 

「できないこと」を無理に「できる!」と自分に「頑張ること」
を強要しているのですから。

 

 

 

つつじ

 

 

 

当然、こういった経験をすると気分は最悪になります。

 

「できない」のに、無理して「できる」までやるなんて無茶もいいところですし、
思考が濁った状態なので、視野は狭くなり作品の質も散々です。

 

こうなると、結局「なんの学びにもならない」んですよね。

 

 

今は、それに気づいたからこそ。

 

私は、「気分の悪い時、調子の悪い時」にはなるべく、
早めに「今していること」を切り上げるようにしています。

 

 

あるいは、落ち着いてやる意識を持てば。

 

ただそれだけで、「焦り」に支配されなくなるので、
ある程度は「焦っていた時よりは」望みの結果を出せることもあります。

 

 

しかし、やはり「気分がよくない時」には、大部分で
「今、その物事を行っても楽しく感じられない」んですよね。

 

 

やっていて、楽しくない時には質も良くならない。

 

なぜなら、「焦り」と同じで「楽しくない」ことに囚われ、思考が濁る。

 

あるいは、やっていて楽しくないので「一点集中して、全力を尽くせない」
からですね。

 

 

楽しくない、と感じたならいっそやめてしまうと、
そこから思考は濁らなくなります。

 

普段の考え方と同じですね。

 

→話し合いはお互い冷静な時にするとうまくいく?
→考えすぎる人から脱却するために。「シンプルに考える」と意識する

 

 

そして、焦りに囚われそうになったら、一度深呼吸してみる。

 

そこから、「落ち着いて」やる経験を一日5分だけでも、
行うことで結果も自然と違ってきます。

 

 

私も、焦りそうになった時には意図的に「落ち着こう」と意識して、
一旦集中力を高めます。

 

そのお陰で、前よりも焦りに囚われ、
うまくいかないと思考を濁すことが随分と減りました。

 

 

結果的に、焦らず落ち着いて取り組んだほうが、何事も結局気分よく、
効率よく過ごせるんですよね。

 

だからこそ、焦った時の一番のミソは「できないことに、
必要以上に囚われない」ことだと思います。

 

 

できない、と思ったならいっそのこと取りやめるか。
はたまた、「こういうこともある」と受け流すか。

 

 

あまり深刻化せず、気楽に考えながら成功を目指したいですね。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来


「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

りうるが全精力を尽くして作り上げた、ここでしか手に入らない貴重な無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。