お金を貯める人がまだ知らない、使うと幸せになる理由

私たちは、「お金」と聞くと誰もが「使うよりも貯める」ことを意識します。

 

 

特に、無収入だったり、収入が乏しかったりすると。

 

自由に使えるお金があっても、
「できるだけ使わず、貯金しておきたい」と思うのは、私もよくわかります。

 

懐に貯めておけば、「いつでも使える」安心感がありますよね。

 

 

ですが、そもそも「お金は貯めるより、使うからこそ最も効率的に成功する」
という事実を、あなたはご存じでしょうか?

 

 

今回は、なぜお金を「使う」ことによって最短で成功するのか?
その理由を、ご説明していきます。

 

 

「成功しない(妨げる)考え方」を、「成功する考え方」に変える。

 

この「行動」も、私たちの成長を速め、そして成功への近道になると、
私はそのように思います。

 

 

さらっと読める内容なので、一度最後まで目を通してみてください。

 

 

・「お金を使うこと」に罪悪感を感じるその理由

・どんな物でもお金を使えば、必ず得られるものはある
・本当に欲しい物には、お金を使うことを惜しまない

「お金を使うこと」に罪悪感を感じるその理由

私たちは、昔から誰もが「お金は使うよりも、貯めるもの」
…だという風に教育されてきました。

 

 

「将来のために、少しずつ貯めておくべきだ!」
「何かあった時の備えにしよう」
「長い人生、何があるかわからないから貯金しておくのは正しいこと」

 

…と小さい頃から、周りの大人たちから言い聞かされて育ちました。

 

その結果、私たちに何が起こったか、
あなたもよくご存じだと思います。

 

 

そう、反対に「お金を使うのは、悪いこと」という価値観が知らずのうちに、
暗黙の了解のように身についてしまったのですね。

 

 

「お金は貯めるもの」という価値観が、いつの間にか「使ってはいけない!」
…という価値観にすり替わり。

 

挙げ句、「自分の好きに使うのは、悪いこと」のように、
極端な考えにたどり着いてしまったのです。

 

 

特に、ニートやひきこもりなら「現在、自分で稼げていない」ので、
お金を使う時は自分の口座から引き落とすのでもない限りは、

 

萎縮する気持ちも、罪悪感を持つのもよくわかります。
何せ、私も過去にずっとそんな経験をしてきました。

 

 

別に、誰に何を言われたわけでも、お金を「使うな!」
…だなんて、責められたわけでもなくても。

 

ただ、「使う」局面に来ると無条件に、悪いことをしている気分になる。

 

 

そもそも働いていなくて、お金を稼げていない中「使う」時には、
「働いてないのに、お金なんか使っていいんだろうか…」と、
自分で自分を責めてしまう。

 

「人と同じことができない」自分に自信をなくしてしまう。

 

 

…かといって、会社勤めをしていてもそれはそれで、
「汗水垂らして稼いだせっかくのお金を、使うなんて…」と、
ためらってしまう。

 

 

お金を「貯めるか、使うか?」は、
私たちの生活上での、大きな悩みの一つと言えます。

 

あなたも、お金のことで苦しんできたのではないでしょうか。

 

 

 

店

 

 

 

お店できちんと購入したにも関わらず、「お金を使うこと」
に私たちが罪悪感を感じるのは、一体なぜでしょうか?

 

 

それは、やはり「お金は汚いもの」「使うより、貯めるのが正解」と教育され、
まるで「使うこと」そのものが悪いことと、思い込まされて育ってきたからです。

 

 

例えば、少し考えてみてください。

 

子供の頃、欲しいおもちゃを見つけて、
親に「これ、買って」と言った時。

 

親はそのおもちゃの値段を見て、あるいは見もせずに「ダメ」と言います。

 

 

親としては、「買い物の目的は、おもちゃを買うことじゃない」
「ムダを省いて、なるべく節約したい」など、色んな思いがあるでしょう。

 

 

しかし、子供としては「買って」と言った矢先に「ダメ」と言われれば、
「おもちゃを買うのはダメなこと」つまり、

 

「好きな物をお金を使って買うのは、悪いこと」
…という認識になるのも、不思議ではありません。

 

 

しかも、次違う店に行った時、また同じようなやり取りが繰り返されれば。

 

子供は「ああ、やっぱりお金を使うのは悪いことなんだ…」
と思ってしまっても不思議ではないですよね。

 

 

「それはちょっと、極端な例でしょ」と、あなたは思うかもしれませんね?

 

ですが、例えば普段から親が「買い物を渋る」
傾向にあれば子供はなおさら、その影響を受けるものです。

 

 

子供にとっての親は、絶対的存在です。

 

親の言うことは正しいし、親のすることは正しい。

 

怒鳴られでもすれば、
無条件に「自分がいけないことをした」と思ってしまう…。

 

 

そんな親が、普段から「節約だ」と無料のものに執着していたり、
なかなか財布を開かなれば子供はそれを見て、
「お金はなるべく使ってはいけないもの」と思って、当然ですね。

 

 

お金は「貯める」よりも「使う」からこそ、
私たちはどんどん成長していける、というのに。

どんな物でもお金を使えば、必ず得られるものはある

「お金を使う」のは、何も悪いことではありません。

 

 

確かに子供の頃は親の価値観にならって、「お金を使うこと」
と、その意味を決めていたかもしれません。

 

あるいは、周りを見回してみれば「節約」「節制」と、
誰もがお金を「貯める」ことに必死で、
「積極的に使う」人など、あまりいなかったかもしれませんね。

 

 

ですが、私たちにはもうこれまで生きてきた中で身につけた、
「知識と経験」があります。

 

もう、あなたが「親や周りの言うこと」に従う必要はないし、
自分で「正しい」と思ったことを実行できる、意志と分別はあるはず。

 

 

つまり、もう「お金を使うのは、悪いこと」という、
小さい頃に植えつけられた、
誰のものかもわからない価値観は手放してもいいのです。

 

それは、例えあなたが今どんな状況だったとしても。
お金を稼いでいようが、いまいが関係ありません。

 

 

何も、人のお金を湯水のように使え、
…などと言っているわけではありません。

 

ただ、「あなたが使うことを許されたお金」ならば、
そのお金を「使う」ことに罪悪感を持つ必要は一切ない、ということです。

 

 

なぜだか、わかりますか?

 

それは、人間というものは「お金を使わないうちは、成長の幅に限度がある」
からです。

 

言いかえれば、「お金を使えないと、いつまでも成長できない」
…ということなのです。

 

 

どういうことか、ご説明していきます。
ここからが重要なので、最後までお付き合いください。

 

 

 

本棚裏

 

 

 

小さい頃、親におもちゃを「買って!」と言っても「ダメ!」と言われるのに、
一方で本や物語、
参考書などは言わずとも買ってもらえた経験、ありませんか?

 

 

私の場合は、祖父母が顕著にその傾向を持っていました。

 

一緒に買い物に行っても、あまり興味がなくてもとりあえず「本を買え」と言う。
それも、漫画ではなく物語や小説のような、「文字の多いもの」。

 

 

なぜ、おもちゃはダメなのに本ならいいの、と子供心に思ったものですが、
大人になった今ではその理由がよくわかります。

 

熱心に、私の話に耳を傾けてくださるあなたなら、
とうにおわかりのこととかもしれませんね。

 

 

そう、「本なら買ってくれるのは、その「本」が新しい知識を与えてくれるから」
ですね。

 

…というよりは、「本なら、知識も増え勉強にもなるけど、
漫画やおもちゃなら得られるものはない、と周囲の大人が思っているから」
が、より正確でしょうか。

 

 

だからこそ、より「知識を得られ、勉強になるものを選ぶようすすめる」。

 

簡単に言うと、「小さい頃から勉強して、賢い大人になってほしい」
という、大人の願望が込められていた、というところでしょうか。

 

 

しかし、大人になった今改めて考えてみると、「本から知識を学ぶ」
つまり、
「自分の知識を増やしてくれる物に対しては、お金を使うべき」
という考え方には、私も同意できます。

 

 

かと言って、「おもちゃや漫画からは得られるものがないから、
お金を使うべきではない」という考え方は、個人的には同意できません。

 

なぜなら、どんな物からでも「学ぼう」という意志と意欲さえあれば、
「知識を得る」ことができるからです。

 

 

例えば、漫画なら細かい観察力や豊かな感性、物語の構成力など。

 

ゲームやおもちゃなら、
今までに持っていなかった未知の創造性や、斬新な発想。

 

ストーリーのあるものなら、
感受性が豊かになったりと、得られるものは無限大です。

 

 

そもそもの話、「漫画」や「ゲーム」や…というくくりは関係なく、
どんなものにせよ、「自分以外の人が作ったもの」ですから、
そこには「自分以外の、価値観や視点」が盛り込まれているわけですよね?

 

だからこそ、究極を言えば「どんなものも」私たちの成長の足がかりになるんです。

 

 

ですから、「漫画だから」「ゲームだから」と最初から「得られるものなどない」
と決めてかかるのは、凝り固まった価値観だと私は思っています。

 

 

学ぶ意志さえあれば、どんなものからでも得られるものはある。

 

そして「お金を払って得られたもの」であればあるほど、
得られる知識や知恵はより、多くなります。

 

一体、どういうことでしょうか。

本当に欲しい物には、お金を使うことを惜しまない

なぜ、無料のものよりも「お金を払って得たもの」の方が、
多くの知識や知恵を得られるか、あなたはご存じですか?

 

 

それは、無料のものにはそもそも、大したコストがかかっていないからです。

 

例えば食品なら試食コーナーでは、
食パンの一カケラくらいは置いてあるかもしれません。

 

しかし、まるごと一斤試食させてくれるところはまずありませんね?

 

 

それは、「試食にお金をかけていては、店が赤字になるから」ですね。
つまり、試食は文字通りただの「お試し」です。

 

 

店側も、「お試し」にお金をかけて力を入れるくらいなら、
「有料」のものを精魂込めて作ったほうが、
遥かに効率よく稼げるのはわかっています。

 

 

「無料、タダ」のものにはお金や労力がかかっていない。

 

つまり、そのぶんだけ「得られる知識や知恵が少ない」
ので、「成長できる機会が少ない」ということですね。

 

 

パソコンや家具も、値段が上がれば上がるほど質や性能が良くなるように、
商品や教材も、無料よりも有料になればそれだけで格段に質が上がります。

 

 

お金を払えば払ったぶんだけ、「より価値のあるもの」をいただける、
ということですね。

 

 

 

長椅子

 

 

 

「そんなこと、今更言われるまでもなくわかっているよ」
と、あなたは思われたかもしれませんね。

 

確かに、無料より有料のほうが価値も質も高いのは、
誰しもわかっていること。

 

 

ですがそれでも、残念なことに「無料にこだわる」「お金を使いたくない!」
という気持ちが勝って、「本当に欲しい、高いもの」
を我慢して、安物で済ませてしまう人がいます。

 

 

何も、安物が悪いだとか無料がいけない、
だとか極端なことを言っているわけではありません。

 

 

ただ、「本当に「欲しい」と思った商品を買い渋る」と、
いつまでも頭の中に「欲しかったのに、結局買えなかった…」
という思いがくすぶって残り続け、モヤモヤするのです。

 

 

実は私にも、そんな経験があります。

 

ずっと欲しかったCDを、買える状況にあるにも関わらず、
買えずに渋った結果。

 

そのCDは後に、通販サイトで品切れ続出になってしまいました。

 

 

人間というものは、「手に入らない」とわかれば急に「もっと欲しくなる」。

 

気づいた時にはもう手遅れ、「欲しい」という思いだけが残って、
どこをかけずり回っても、もう定価で手に入らない商品になっていました。

 

 

「ああ、あの時買っておけばよかった…」と激しく後悔した気持ちは、
今も心のどこかで消えずに、残り続けています。

 

結局そのCDは、今も手に入れることができずに時間だけが過ぎ去り。
残るのは、「買えなかった」という気持ちの悪い後悔でした。

 

 

もう、おわかりですよね。

 

 

「本当は欲しいと思っているのに、我慢」したり、
「本当は高い方が欲しいのに安物を選んだり」すれば、
結局後で後悔することになるのは、私たち自身なのです。

 

 

一度「欲しい」と思って、その商品を「買える」状況にあるのなら、
そんなに自分に厳しくせず「奮発して、欲しいものを買う」ことを、
許してあげるのが、心も満足する唯一の方法です。

 

 

結局、買えずに後悔するくらいなら。

 

いっそ出費になっても、思いがけない買い物になっても、
「買う」ことを選べれば、絶対に後悔はしませんよね。

 

 

むしろ、「ああ、あの時買っておいて本当によかった…」
と思える時が来るかもしれません。

 

「勇気を出して買ったんだから、大切に使おう」
という気持ちになり、十分元が取れるくらい大事に使うかもしれません。

 

 

それに、「本当に欲しい」と思っている物ですから、
「買えずに後悔すること」はあっても、
「買って後悔すること」は、まずないはずです。

 

 

今まで買えずに我慢したからこそ、
その商品の価値を誰よりもわかっているはずですものね。

 

今まで、お金を使うことをせず、大事に扱ってきたあなただからこそ、
「浪費家になる」心配はまずないと、私はそう思います。

 

 

「心から欲しい」と思っているからこそ、その商品は自分にとって、
「本当に価値のある物」なのかもしれません。

 

 

他の誰かが、同じ物を見て「くだらない」と思うことも、
もしかするとあるかもしれない。

 

けどそれでも、「自分で」「自分にとって価値あるもの」を選べれば、
それでいいじゃないですか。

 

なぜなら、実際に「使う」のは「他の人」ではなく、
「自分自身」だからです。

 

 

だとしたら、そのあなたの「想い」を心から尊重して、
「買う」ことを選んでみるのも、ご自分を大事にすることの一環です。

 

なぜなら、「欲しい」という願望を素直に満たせて、心が満足するから。

 

 

本当は欲しいと思っているのに、その想いに反して逆の行動を取ると、
いつまでも気持ちは満たされません。

 

 

一方で、本当に欲しいからこそ素直に買えれば、
その時点でもう、もんもんと考え込む必要はなくなるわけですね。

 

もう「手に入った」のですから、後はその商品を思う存分使うなり、
自由時間を満喫すればいいだけです。

 

 

私も、過去に「買えずに後悔した」経験があるからこそ、
今欲しい物は思い切って「買える」ようになりました。

 

そして、本当に欲しい物を買える清々しさを、
体験できるようになりました。

 

 

いつまでも買い渋らず、「欲しいから、買う」と決断する、
思い切りの良さを身につけられて、心の底から良かったと思えています。

 

本当に欲しい物だからこそ、
買って「後悔した」ことはただの一度もありません。

 

 

欲しい物を買えずに、
いつまでも満たされない気持ちを引きずり成長のない未来。

 

「本当に欲しい」と思えばすぐに買えて、「さっさと買えて良かった」
と心が満たされ、成長につながる未来。

 

私は、これから迷うことなく後者を選ぼうと思いました。

 

それに、お金は貯めるよりも、使うほうが結果的に、
成功が早くなる明確な理由もあったのです。

 

→貯金が趣味。そんなに貯めてどうするの?

 

 

お金に対する意識を変えれば、最短で成功できる未来が、
また一歩確実に近づくのです。

 

お金を使うのを渋ったせいで、今後10年成功しないリスクよりも、
欲しいものには潔く使い、自己投資し「成長する」未来を、
正しく選び取りたいですね。

 

 

今だけ、お金の不安や悩みを取り払う講座、限定開催中です。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

 

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来

「もう一生、働きたくない!」

「自分の人生、自分や大切な家族だけのために、自由に過ごしたい!」

こんなあなたに朗報です。


期間限定、「ブログ開始半年で『稼ぐ力』を身につけた」私が贈る、

「誰にも頼らず、一人で稼ぐ力が身につくメルマガ講座」開催中!




「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



以下の「究極の自由」を、私と一緒に手に入れてみませんか?



・寝ていても遊んでいても、生活費を「永久に、二度と働かずに」稼げる自由。


・「好きな時に、好きな人や大切な人とだけ」、関わることを選べる自由。


・嫌な人とは「二度と会う必要のない」、人間関係のしがらみから100%、解放される自由。


・欲しいものを買いたい時に、値段を見ずに好きなだけ買える、お金の自由。


・その気になれば、親や同居人も養えるほどの、圧倒的な額を稼げる自由。


・仕事などせずとも、どこに住んでいつ旅行しようが好き放題の、圧倒的自由。


・「働くこと」に縛られない、何時に寝るのも起きるのも自分で決められる自由。


・今後一切、永久に「働いていないこと」や「将来のお金の不安」に悩まされない自由。


・贅沢に、趣味や特技を堪能できる余裕の額を、圧倒的に稼げる自由。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。