父親の不倫。自己啓発によって変わることができた母と私

父親の不倫をきっかけにして、母親は変わりました。

 

それまで人生で一度も、見向きもしなかった…もっと言えば、
存在すら知っていたかどうかも怪しい「自己啓発」の本やサイトに
のめり込むようになりました。

 

 

母にしてみれば、父の不倫はそれはそれは衝撃だったようです…
当時は「裏切られた」という思いが強かったみたいで、
そんな「かわいそうな自分」を癒してくれるもの、すがれるものを、
何でもいいから見つけたかったのだと思います。

 

母の影響で、私も自己啓発の本を読むようになりました。
自己啓発の世界を知り、その考え方や気持ちの持ちようを知り、
やがてはその世界に没頭するようになりました。

 

 

初めて自己啓発の本を読んだ時、衝撃を受けたのを今でも覚えています。
「ああ、こんなに優しい言葉を掛けてくれる世界があったんだ」…
拭っても拭っても、涙が止まりませんでした。

 

それ以来、つらい時や落ち込みそうになった時、
母が買いためた自己啓発の本を読みあさっては、一人で
心を落ち着ける練習をしていました。

 

やがて次第に、自分の心がだんだん落ち着いてきました。
前より穏やかになり、気持ちの波も少しずつ治まってきました。

 

 

結果的に、今は母も私も、とても穏やかな気持ちで毎日を過ごせています。
私にしてみれば、状況は変わっていないかもしれない。

 

未だにニートだし引きこもりだし、働くこともしたくないしで
私が当時「束の間の自由」だと言っていた頃と、変わったのは心の持ち方。
けど、逆に言うとその「心の持ち方・考え方」一つで、
人生は「楽しくもなる」し、「つらくもなる」んだと身に沁みて実感しました。

 

同時に、深く思うようになったのは、
「どうせ同じ時を過ごすんだったら、楽しく笑って過ごしたい」ということ。

 

 

少し心も落ち着いた当時の私ですが、それでもまだ平穏は訪れないようでした。

 

→愛犬の世話を通して、見えた世界。初めて「働く」ことを選択