臨機応変に生きるだけであなたの不満は9割消える?

不満を溜めては、イライラしてしまう。
その原因を、あなたはご存じですか?

 

 

そして同時に、知っていますか。

 

人間は、「自分の考え方を変えることで、
今すぐ不幸にも、幸福にもなれる」ということを。

 

 

できるなら、同じ時間を「幸福に」過ごすためにも、
気分が悪くなる考え方は避けたいもの。

 

常に楽しく、苦しみとは全く無縁…というわけにはいかなくても、
なるべく多くの時間を「楽しく過ごす工夫」ができます。

 

 

この記事の最後には、今より満たされた気分でいる自分を想像して。
軽い気持ちで、読み進めてみてください。

 

 

・不幸になる理由は無い物ねだり。発想の転換をする

・ストレスを溜めないためにはまず「不満を溜めない」
・周りの環境を変えるよりも「自分の考え方を変える」?

不幸になる理由は無い物ねだり。発想の転換をする

少し、事例として私の話を聞いてください。

 

あなたの人生を好転させる、きっかけとなると思うので、
そのまま読み進めてみてくださいね。

 

 

ふと、時間を確認しようと時計を見てみれば、止まっていました。

 

 

最初見た時は、「ああ、電池切れかな。替えなきゃ…」と思っただけで、
深くは考えませんでした。

 

「今すぐ」替えるには少し、集中力が切れてしまうため。
「後で」替えることにしました。

 

 

しかし、やはり日々の「習慣」は、すぐ私たちの身につきます。

 

時計一つ止まっただけで、大した不便などない。
そう、頭ではわかっていました。

 

ですが、何気なく「止まったことを忘れて」何度か時計を見るたびに、
「ああ、そっか。止まってたんだった…」とそこで思い出すのです。

 

 

そこでふと、少し考えてみました。

 

時計なら、別に「止まったことそのもの」が不便で仕方ない、
というわけではありません。

 

けど、日々の習慣のせいでついつい止まったことを忘れて、
「今何時かな?」と何度も確認してしまう。

 

 

そのたびに、止まっていたことを思い出す。

 

これは見方によれば、「不便な状態」だと言えます。

 

なぜなら、「いつも動いているものが動いていない」のですから。
当然、「確認できない」という点で、不便と言えますね。

 

 

しかし、少し考えてみてください。

 

一方で「たかが時計一つ止まったくらい、なんてことない」
…と、思うこともできるわけですよね。

 

作業が一段落つけば、電池を入れ替えるつもりでした。

 

そうすれば、また「止まってしまった不便な置物」は元通り、
「時間を確認できる、便利な機械」へと昇格するわけです。

 

ですが、あえて半日ほど電池を入れ替えず「止まったまま」にしてみました。

 

 

なぜ、わざわざそんなこと?…と思われるでしょうか。
特に、大きな理由があったわけではありません。

 

しかし、「いつもそこに当然あると思っているもの」の存在に、
止まったことで初めて気づかされ、ふと思うことがあったのです。

 

 

それは、「確かに、あると便利。だけど、
ないから『不便だ』と判断するのは、『ないものねだり』にならないかな?」

 

…ということでした。

 

つまり、「ない」状態でも「慣れてしまえば」、
そう不便なく馴染めるのではないか?…と思ったんですね。

 

だから少しだけ、試してみたわけです。

 

 

最初のうちは、当然「ある」と頭の中に習慣づいているわけです。

 

やはり何度か、動かない時計を確認しては、
「止まっていたんだ」と思い出していました。

 

しかし、1時間たち、2時間たち。

 

時が過ぎれば過ぎるほど、
やがて「動かない(ない)」状態に慣れる自分を実感していました。

 

 

「ああ、別にないならないで、そんなに不便でもなかったな。」

 

 

そう冷静に思うだけで、「なんで止まってるの!不便だな」
と不満に思うところ、「環境に馴染む」ことに成功していました。

 

もちろん、「不便」になげくこともできる一方。
「便利」さに感謝することもできるわけです。

 

一度「ない」状態を試した上で、後者を選びたい、と思ったため、
後に時計の電池は入れ替えました。

ストレスを溜めないためにはまず「不満を溜めない」

これを読んで、あなたはどのように思われたでしょうか?

 

「何となく、言いたいことがわかった」かもしれないし、
「イマイチ、何も感じなかった」かもしれませんね。

 

 

私が言いたかったのは、「時には柔軟に考えることで、
同じ物事でも、見え方や感じ方が違ってくる」ということでした。

 

一体どういうことか、あなたはおわかりでしょうか。

 

 

少しだけ、考えてみてください。

 

ないものねだりと同じで、普段そこに「当然のようにある」もの。
例えば、パソコン、スマホ、机、イス、布団、枕、テレビ…。

 

これらを当然のように、「ある、使える」と思って過ごしていると、
やはり「使えなくなった時」、不満を垂れる原因になります。

 

 

「いつも動いてるのに、なんで今日は動かないわけ?」
…という風に。

 

 

もちろん、「今あるもの」を便利に使えば、時間の短縮になる。
だからこそ、それは極めて賢い選択だと言えます。

 

少し工夫して、効率よく時間を使うからこそ、
短時間でもたくさんの物事をこなせるのですよね。

 

 

例えば、文章にしても。

 

「紙のノートに一文一文」書くよりも、
パソコンを使い、指先一つで作業したほうが、よほどはかどります。

 

料理も、まな板も包丁も使わずに全部を一から、
手作業で行う人など、まずいません。

 

 

しかし、それが「あること、使えること」にいつしか慣れて。

 

「動いて当然」という気持ちでいると、
やはり突然動かなくなった時、戸惑うのも事実なのでした。

 

 

…とは言っても、やはり私たちの生活を助ける「便利なもの」ですから、

 

何もそこに「ある」のに、
「ないことを想定しろ」などと言っているわけではありません。

 

当然のように利用しているからこそ、
それだけ「生活に馴染んだ、大事なもの」なのですよね。

 

 

しかし、例えば「突然動かなくなった、使えなくなった時」にも、
想定外のことに「慌てる、不満を垂れる」より。

 

冷静に、臨機応変に対処したほうがずっと、
心の安定を保てると、そうは思いませんか?

 

 

早い話が、例えば時計が動かない時。

 

「昨日まで動いてたのに!不便だな!」とイライラするよりも、

 

「あ、止まってる…まあいいか。なくても何とかなる」と、
気にせず「深刻にならない」ほうが、気持ちにブレなく過ごせます。

 

 

パソコンが壊れたからと、「ないと困るのに!動いてよ!」
と、一人眉間にシワを寄せるよりも。

 

「壊れちゃった。新しいの買おう」と、
気持ちを切り替えるほうが、心を乱されずにいられますよね?

 

 

つまり、時には臨機応変に「自分の考え方を変える」意識が、
私たちの心の安定に繋がる…とそのように感じました。

周りの環境を変えるよりも「自分の考え方を変える」?

臨機応変に、つまり場合によって。

 

「どうにもならないこと」を「どうにかしようとする」のでなく、
「どうにもならない」ならいっそ割り切って、「流れに身を任せてみる」

 

これができれば、自然と生活の中で不満が減ります。

 

 

少し、考えてもみてください。

 

例えば、パソコンが壊れて動かない時。

 

いくら何度も再起動し、叩いてみても、動かないものは動きません。

 

動かないものが、叩いた途端に新品さながら、
スムーズに動き出すかというと、そんなわけがありません。

 

 

こういう場合の「最善策」は、こうです。

 

「家電量販店に行く、あるいはスマホで「新しいパソコンを注文する」。

 

こうすれば、もう「動かないパソコンにやきもきする」ことはなくなりますよね。

 

 

あるいは、修理に出すこともできます。

 

いずれにせよ、「動かないものを何とかしようとする」よりはよほど、
現実的で、「動かない」ことにとらわれない方法と言えます。

 

 

やはり、お気に入りだからこそ、急に壊れればショックを受けます。

 

気に入っていた洋服を捨てる時、私も名残惜しかったですし、
やはり愛着があればあるほど、残念な気持ちにもなりますね。

 

 

しかし、やはり「修復の余地がある」ならまだ、やってみる価値はありますが、
そうでないなら時には、割り切ることも必要だと思います。

 

壊れたものを、いつまでも大事に取っておいても、
見るたび残念になるだけで、役には立ちませんものね。

 

 

 

洗濯物

 

 

 

そして、もう一つ「臨機応変に生きる工夫」があります。

 

 

例えば、いつも「ある」ものが「ない」状態、壊れた状態になっても、
すぐにどうにかできないこともありますよね?

 

パソコンなら、修理して戻ってくるまで時間がかかる。

 

買い替えるにしても、やはり届いてセットアップし、
使えるようになるまで時間がかかります。

 

 

その「どうにかできない時間」を、「不便だ、不快だ…」と、
イライラしながら過ごすこともできます。

 

しかし、その一方「ないならないで、楽しく過ごそう」と割り切って、
気にせず、快適に過ごす努力もできますよね。

 

 

時には臨機応変に、自分の「嫌な考え方」を変える意識を持って。

 

「あるものは便利に」「ないものは気にせず」過ごせると、
不満が消えてより快適に過ごせると、そう思います。

 

 

「不便」を「便利」にする工夫もできる。

 

けど、できない、無理だ…とわかっているものに不満を持ち、
「なんで、どうして」とイライラするのは「ないものねだり」にしかなりません。

 

私も、これに気づかなかった頃よく一人でイライラしていました。

 

 

時に、「今あるもの」に感謝しながら、
「いつも当たり前に使っているもの」が使えなくなった時には。

 

不満に思うよりも、「ああ、いつも動いてくれてたんだ」と、
感謝できると、嫌な考えも一瞬で吹き飛びます。

 

 

後に待つのは、「多くの時間を満たされた気分で過ごせる、
快適な未来」です。

 

→幸せになる方法を探していても絶対に幸せになれない理由

 

 

不便な環境を「快適にする工夫」、
そして不便な環境でも、「なるべく気にせず、快適に過ごす工夫」。

 

不幸や不満は「なるべく短く」、
幸せや感謝は「なるべく多く」感じながら、

 

一日一日を、満たされた気分で過ごしていきたいですね。

 

 

更に、より幸せに過ごすための参考に、以下もあわせてどうぞ。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。

 

無料メルマガ、期間限定公開中!
今の生活を変えたいなら、下記からどうぞ↓

働かずに自由に暮らせる未来

「もう一生、働きたくない!」

「自分の人生、自分や大切な家族だけのために、自由に過ごしたい!」

こんなあなたに朗報です。


期間限定、「ブログ開始半年で『稼ぐ力』を身につけた」私が贈る、

「誰にも頼らず、一人で稼ぐ力が身につくメルマガ講座」開催中!




「反応・収益を上げる力が身につく


7日間の完全無料・メール講座」





「人の心を文章一つで動かし、稼げるようになるスキルを身につける。」





期間限定、完全無料特典付き!

ここでしか手に入らない、書いてあることを実践すれば必ず、

「金輪際、働かずに自由に暮らせる未来」があなたにも実現できる、

無料PDFファイル。


限定特典1限定特典2


※このブログでは、実はメルマガがメインです。

ブログ以上に有益で稼げる情報提供をしているので、無料の今のうちにお早めに登録することをおすすめします。


なお、期間限定配信ですので、予告なく終了する場合がございます。

その場合、いかなる理由があっても再配信はいたしません。



以下の「究極の自由」を、私と一緒に手に入れてみませんか?



・寝ていても遊んでいても、生活費を「永久に、二度と働かずに」稼げる自由。


・「好きな時に、好きな人や大切な人とだけ」、関わることを選べる自由。


・嫌な人とは「二度と会う必要のない」、人間関係のしがらみから100%、解放される自由。


・欲しいものを買いたい時に、値段を見ずに好きなだけ買える、お金の自由。


・その気になれば、親や同居人も養えるほどの、圧倒的な額を稼げる自由。


・仕事などせずとも、どこに住んでいつ旅行しようが好き放題の、圧倒的自由。


・「働くこと」に縛られない、何時に寝るのも起きるのも自分で決められる自由。


・今後一切、永久に「働いていないこと」や「将来のお金の不安」に悩まされない自由。


・贅沢に、趣味や特技を堪能できる余裕の額を、圧倒的に稼げる自由。



完全無料のメール講座・登録は↓からどうぞ




反応・収益を上げる力が身につく7日間の完全無料・メール講座
名前
メールアドレス 必須


※お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
※ご登録いただいたメールアドレスは厳重に管理致します。
外部への貸し出し、漏洩、共有などは一切ありませんのでご安心ください。