成功したいなら好機を逃さず活かす人になる

どうせ生まれてきたからには、
成功して究極の自由を味わってみたい。

 

 

誰しも、一度は思うことです。

 

あなたも、今「働かずに暮らせる自由な未来」を夢見て、
勇気ある行動を始めたばかりかもしれませんね。

 

 

しかし、ブレずに夢見て突っ走っている最中にもどうしても、
長い下積み期間にくじけそうになるもの。

 

そんな時に、またやる気を取り戻して進むためにできること。

 

 

・先延ばしの癖を克服しておきたい理由

・成功するには余裕を持って始める
・くじけそうな時、ちょっと立ち止まってみたいこと

先延ばしの癖を克服しておきたい理由

あなたは、ご自分の夢に向かって進んでいる最中でしょうか。

 

あるいは、昨日今日決意を固め、
動き出したところでしょうか。

 

はたまた、まだ決意が固まっておらず、
なかなか前に進めていないかもしれません。

 

 

いずれにせよ、私たちがこのブログで目指すのは
「働かずに自由に暮らせる未来」

 

そして、大前提としてそのために
「どうせ始めるなら、早く動き出したほうがいい」のは、まぎれもない事実。

 

 

考えてもみてください。

 

同じことを始めるにも、今日、明日始めて行動を重ねるのと。

 

ためらっていつまでも始められず、結局始めるまでに
1ヶ月、2ヶ月…とかかってしまうのと。

 

どちらが「より、最短で成功する人になれるか?」など、
もはや言うまでもありませんよね。

 

 

それに、私たちは誰もが「今日も明日も、
同じ一日が来る保証などない」んですよね。

 

つまり、今日無事に一日を過ごせたからといって、
明日も同じように平和で平凡な一日が来る保証など、
どこにもない。

 

→健康な体の時にできることをやっておく

 

 

 

錠剤

 

 

 

未来の見えない世界に生きているからこそ、
突然の事故や事件などの危険は、回避できないこともあります。

 

ましてや、この世の中には自分の人生に絶望して、
周りを省みず平気で人のことを傷つける輩も存在します。

 

 

他にも、自然災害や病気、突然の発作など。

 

数え上げれば、私たちに「日常的に潜む危険」など、
それこそきりがありません。

 

 

だからこそ、成功した人は誰もが口を揃えて
「今、始めるのが最大の吉」だと主張します。

 

仮に、不幸が降りかからないとしても、私たちはそもそも
「今日この時が一番若い」わけですから、
このチャンスを活かすのが最善ですね。

 

 

人間ですから、「先の見えない不安、失敗するかもしれない不安」
に怖くなって、「後でいいや」「明日でいいや」と
先延ばしにしたくなる気持ちも、本当によくわかります。

 

何せ、私も10年ほどくすぶって今、
ようやく動き出す決心ができた人間です。

 

 

しかし、やはり「今すぐ」始めるからこそ。

 

例えば5年、10年後を想像してみると
「あの時、早くに始めておいてよかった」と思える未来が、
きっとやってきます。

 

 

早くに始めれば始めるだけ、
病気や怪我で動けなくなるリスクも低くなります。

 

それに、早く始めるほどに「早く成功し、早く自由になれる」
のはもう、言うまでもありませんよね。

成功するには余裕を持って始める

そして、もう一つ
「やりたいことは、なるべく早く始めたほうがいい理由」があります。

 

 

それは、人間はそもそも
「一足飛びにはいかない生き物」だからです。

 

 

つまり、いくら気持ちはやる気満々で、「早く成功したい!」
「早く成果を上げたい!」と思っていても。

 

身体や能力は、なかなか思うようにはついてこない。

 

 

どころか、仮に一日24時間、無休で取り組んだとしても、
どんなことにしても「たった一日頑張って成果が出ること」
はありません。

 

 

だからこそ、私たちは思うように伸びない能力にもどかしくて結果を焦る。

 

更には、「手に入れたい理想」が大きいほど現実とのギャップに嫌になって、
くじけそうな要因にもなるのだと思います。

 

 

成功する人は、「最初からズバ抜けた知識や知恵、才能を持っていた人」
ではなく「成功するまで、決して諦めなかった人」だと、
私は自分がアフィリエイトを始めて強く実感するようになりました。

 

 

 

空と基地局

 

 

 

というのも、私も当初、始めた頃はうまく記事が書けない、
そもそも何を書いていいかわからない。

 

時間がたつばかりで、
書いていることは支離滅裂のつまらない文章…
ということを繰り返していました。

 

 

書いても書いても、成果も出ない。

 

時間をかけて一生懸命やっているのに、
まるでその努力をあざ笑うかのように、変化のない毎日。

 

 

成果ばかり求めていた頃は、ずっと苦しい思いで一杯でした。

 

記事を書くことそのものが、当初は正直苦痛でなりませんでした。

 

 

今から思えば、それも当たり前ですよね。

 

「書き方もわからない中、ただがむしゃらに書く」ことを繰り返す、
我流の「正しいやり方」ではなかったわけですから、不安になって当然です。

 

 

しかし、そんな私も月日をへて。

 

ようやくたどり着いた、「アフィリエイトの正しい仕組みづくり」の講座にならい、
正しい書き方をマスターした今となっては。

 

「一日2〜4記事書いても、余裕を持って休憩時間を取れる」
ところまでレベルアップできました。

 

 

何も、決して自慢をしているわけではありません。

 

ただ、「諦めずに続ければ、必ず実力がつく」ことを
身を持って体験したので、
事例としてあなたの糧になれば、とそう思いました。

 

 

このように、人間は多少の個人差はあれど、
「コツコツ継続することで、
力を溜めて少しずつ成功へと近づく」生き物です。

 

 

だからこそ、今すぐ焦ってどうこうしようとするより。

 

デンと構えて、落ち着いて一つ一つ、「今できること」
をこなすほうが結果的に気分よく効率よくできる。

 

そして、一足飛びにはいかないからこそ、
「今すぐ始めて、力を溜める」のが最短で成功する、
唯一の道だとそのように思います。

くじけそうな時、ちょっと立ち止まってみたいこと

いくらやっても、思うように実力がつかない時。

 

学んでも学んでも、それを生かせているのかわからないほど、
キレのない文章しか書けない時。

 

 

特に、最初の頃は「まだ基礎ができていない状態」。
学ぶことも多く、とても大変な思いをします。

 

やはり、「一足飛びにはいかない」からこそ、
学んだことが「身につく」までにも時間がかかりますよね。

 

 

順調に、学んだことが実力として文章に現れればいいのですが、
うまくいかない時につい、くじけそうになる気持ちもよくわかります。

 

 

やはり、学んだからには「結果を出したい」と思って当然です。

 

どうせなら記事を書くのも楽しく、詰まらず順調に進めたいものです。

 

一文一文に悩みながら、焦って嫌な思いをするのは、
ごめんですよね。

 

 

しかし、ここで一つ考えておきたいことがあります。
それが何だか、あなたにはお分かりでしょうか?

 

 

それは、「目先の成果にばかり囚われると、途端にくじけそうになる」
ということです。

 

 

つまり、「頑張ったら、すぐに結果が出る」と期待して、
物事を続けていると、
どうしても「結果が出ない時」に諦めて、くじける要因になる。

 

 

 

止まれ標識

 

 

 

「そもそも、結果を出すために頑張って力をつけているんだから、
結果が気になるのは当たり前じゃないか!」

 

 

あなたは、こんなふうに思われたでしょうか?

 

確かに、「働かずに自由に暮らせる未来」を手に入れるために、
ブログで記事をたくさん書く必要がある。

 

だからこそ、「記事作成」の能力を高め、
効率よくこなすことが結果的に、最短での成功に繋がる。

 

 

これは、決して何も間違っていません。
しかし、少し待ってください。

 

 

このブログでも何度も言っているように、
ブログを「なんのために書くのか?」というと、
それはつまり「読者の心を軽くするため、役に立つため」です。

 

 

だからこそ、第一目的が「お金を稼ぐこと」や
「ブログ記事のスキルアップ」になってしまうと、

 

やはり目先の成果ばかり気になるので、
肝心な「読者のこと」という意識が抜け落ちてしまいます。

 

 

そうすると、どうなるでしょうか?

 

新しいことを学ぶ姿勢の高い、賢明なあなたですからもう、
言うまでもないかもしれませんが、

 

「人の心を揺さぶれない文章の量産」では、
いつまでも結果も出ずに、やがて諦める要因にもなります。

 

 

何度も言いますが、
私たちがブログを行う上で一番に考えるべきことは
「読者の役に立つ意識」です。

 

これをおろそかにすると、反応がない、上達がない、成果がない、
結果が出ないの「ないない尽くし」となってしまいます。

 

 

仕組みづくりも、
結果や成果を焦る気持ちは痛いほどにわかります。

 

しかし、やはりいくら願っても「一足飛びにはいかない」
のが私たち人間です。

 

 

仕組みづくりの完成には、時間がかかります。

 

一方で、諦めるのは一瞬でできます。
諦めたらそこで全てが終わります。

 

せっかく月日をかけて、時間と労力と精神力を注ぎ込んだ
「自由な未来への道」が、一瞬にして崩壊します。

 

水の泡です。

 

 

だからこそ、長い目で見て「一週間、一ヶ月後の成果を思うよりも、
一年後手に入れた自由な未来」を思う存分夢想する

 

 

こうすることで、少なくとも「結果が出ないことに焦り、
不安になりやがて絶望し、くじけてやめる」ことは確実に防げます。

 

 

くじけそうになった時、先が見えずもうやめてしまおうかと思った時に
気持ちを立て直すためにできること。

 

それは、
「一ヶ月後の成果を思うより、一年後の自由を夢想する」こと。

 

 

苦しい時こそ、未来を存分に夢想してモチベーションを上げ、
一緒に「働かずに自由に暮らせる未来」へ日々一歩ずつ、
近づいていきましょう。

 

雑談やご感想があればこちらからどうぞ。